なんとなく覗いたら、なんか私の質問に関連した質問が掲載されていたので、拝見しましたが、正直言ってお二方のおっしゃっている意味がよくわかりませんでした。
私は素人的考えて母の場合はアドレアマイシンよりも毒性の弱いエビルビシンの量を多めに投与したほうが、効果が高いと主治医が判断したものと理解していましたが、将来、再発があったときのために薬物耐性の起こりやすいアドレアマイシンを
とっておくという意味合いも強いのかなとフッと思ったりしています。そのところはどうなのでょうか?
結局母はCEF(エビルビシン100mg)の投与の第1回目(3週間に1回を6クール)を昨日受けました。
主治医の話によるとこの量での投与は何箇所かの大学病院ではすでに実施されているという話なので、投与する量は問題ないというお話だったのです。とりあえず1回投与して、その後の血液の変化でこの後のことを考えようということです。
できるだけ最善の治療をしてもらいたいと思っていますが、最近、知人の肺転移が発覚したこともあり、遠隔転移はもう現時点で治療しても止められないような気がして不安です。

関連質問URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=92827

A 回答 (5件)

追加です。


全身に転移しないように抗癌剤を使います。
もしすでに全身に転移していたのならば、それは抗癌剤でやっつけることはできません、残念ながら。現代医学の限界です。

しかしながら、手術適応の乳癌では、全身に転移していることはまれですので心配することはないと思います。
    • good
    • 0

MiJunさんの指摘通り、アドリアマイシンとエピルビシンをうっかり間違えました。

アドリアマイシンが改良されて、エピルビシンができたのです。あとは間違いはないと思いますが。申し訳ありません。
    • good
    • 0

MiJunですが、jug先生の回答で少し気になる(恐らく誤記?)ところがあります。


>アドリアマイシンは、エピルビシンよりも心臓への毒性が低い改良された薬なので

これは逆ではないでしょうか?
つまり「エピルビシン」は「アドリアマイシン」よりも心臓への毒性・・・・
ではないでしょうか・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0

アドリアマイシンは、エピルビシンよりも心臓への毒性が低い改良された薬なので、今は後者を用いるのが一般的です。

現在の100mgという投与量は主治医がいうように問題ないと思います。

それから、遠隔転移の問題ですが、もし将来起こったとすれば、もうすでに発見できないくらい微少な転移巣はすでに存在しているのです。ご質問のCEFは、あくまでも手術した局所のとりきれなかった癌細胞をたたくのが目的なので、遠隔転移の問題とは切り離して考えてください。

この回答への補足

判りました。薬の件は納得しました。
それから遠隔転移のことですが、潜在的にすでに転移があった場合、今の治療は
してもしなくても将来的には転移という形ででてくるのですか?
今の抗がん剤治療では遠隔転移の病巣は消せないという意味に理解しても良いのでしょうか?

補足日時:2001/06/22 16:48
    • good
    • 0

MiJunです。


臨床での「エピルビシンの耐性」に関しては分かりませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「乳癌術後補助療法についてのNIH(アメリカ合衆国厚生省)の声明」
http://www.naika.or.jp/fellow/kaishi/12/124/kusu …
(固形癌に対する自己末梢血幹細胞移植併用の大量化学療法)
http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/surgery2/mamma.htm
(乳癌はどんな病気?-最近の乳癌についての情報-)

ご参考まで。

参考URL:http://www.nagumo.or.jp/cancer/library/text/b042 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセンチネルリンパ節転移の為・・追加で抗癌剤投与をする事になったのですが

母が乳癌と告知をうけ色々な検査の結果、
半年間抗癌剤のCAF療法した後、手術をする事になりました。
ステージはII転移があったらaなかったらbと言われました。
センチネルリンパ節生検の結果、転移があった場合はbになってしまうのでしょうか?
その場合、リンパ節郭清の手術をする事になりますか?

また乳がんの種類(?)など、
『組織型 普通
 腫瘍径 小さい
 脈管侵襲 なし
 組織異型 中等~高度(再発しやすい)
 ホルモン剤感受性 効かないタイプ
 遺伝子 HER-2 陽性 再発しやすい ハーセプチンの対象
 リンパ節転移  なし』

↑のように詳しく書かれている方がいますが、それは先生が教えてくれるのでしょうか?
私も毎回、母の診察には付き添っていますが、そのように詳しく話してもらっていません。聞いたら教えてくれるのでしょうか?

しこりは2.5cm、しこりの周りに枝分かれするように癌が広がっているそうで悪性度は高いとだけ言われました。
それは再発しやすいという事なのでしょうか?生存率に関係してきますか?
先生に聞いたのですが、治癒されている方はたくさんいますというだけでハッキリと答えてくれません。

それからもう1つ質問です。
センチネルリンパ節に転移があった為、今までのCAF療法と同時にパクリタキセル療法もする事になったのですが
先生がカルテに書き忘れたのか?
抗癌剤治療室の方へは伝わっておらずCAF療法しかうけないで母は帰ってきました。
時間があまりにも早かったのでおかしいと思い、
パクリタキセルをやったのか病院へ問い合わせた所、
カルテに書いてなかったのでやってないと今日担当してくれた看護士さんに言われました。
でも診察の時に先生からは今日から一緒にやるという説明をうけ、
同意書も本日が開始日でした。

その事を看護士さんに伝えたのですが、
先生はもう帰られたとの事
しかも抗癌剤治療専門で違う病院から来て頂いてる先生なので、
次は一週間後。。。

診察は9~12時と13~15時の間のみで予約がぎっしりの為、
その1週間後も電話にでられるかわからない、
次の3週間後の診察の時に先生に聞いてみてはいかがですか?と
言われたのですが、3週間も放置で大丈夫なのか心配です。
乳がんは進行が遅いと言われますが、
パクリタキセルをやるのはリンパに転移があったから...
しこりなど大きくなったりの進行は遅くても
リンパから流れたりするのは早いんじゃ!と心配で仕方ありません。
3週間の間にリンパから転移したりなどはありませんか?

それとも明日、乳腺専門医の担当の先生に聞いてみた方が良いでしょうか?
抗癌剤の事はわからないと思うのですが、
母が1クール目の治療の為に入院した時も
毎日見に来てくれていたので・・・
抗癌剤治療の内科の先生とは二人三脚のようです。

抗癌剤治療の説明をうけた時に頂いた紙に、
何かわからない事や疑問に思った事はいつでも連絡下さいと書いてありました。
その言葉を信じて電話したのですが、
実際は物凄く迷惑な声をされカルテに書いてないんだから
あなたの勘違いなんじゃないですか?的な事を言われたり、
3分も話していないのにもういいですか?みたいな事をいわれ
電話をガチャぎりされました。
同意書を渡したのもその看護士さんなのに..
今日から開始って書かれていたのにTT
ヒステリックな感じでとても恐かったです。トラウマになりそうです。その看護士さんがたまたまだったのかもしれませんが。
でも治療室の責任者はその人なんですよね。少し不安です。
明日電話するのも正直憂鬱なのです・・少し凹みました。
でも電話して聞いてみた方が良いでしょうか?
どうかご教授下さいm__m

母が乳癌と告知をうけ色々な検査の結果、
半年間抗癌剤のCAF療法した後、手術をする事になりました。
ステージはII転移があったらaなかったらbと言われました。
センチネルリンパ節生検の結果、転移があった場合はbになってしまうのでしょうか?
その場合、リンパ節郭清の手術をする事になりますか?

また乳がんの種類(?)など、
『組織型 普通
 腫瘍径 小さい
 脈管侵襲 なし
 組織異型 中等~高度(再発しやすい)
 ホルモン剤感受性 効かないタイプ
 遺伝子 HER-2 陽性 再発し...続きを読む

Aベストアンサー

 リンパ節に転移があったらIIbになります。しこりが大きいのでまず抗癌剤治療をして、手術のようですね。CMF治療とパクリタキセル治療(PAC治療)をするとのことですが、CMF治療を3週間に1回、通常4回から8回行った後、PAC治療を3週間に1回を4回、または一週間に1回を8回行います。CMF治療が終わってからPAC治療になるはずなので、今度の診察日に確認してください。抗癌剤は副作用が激しいので、一度に二つ以上の治療はしないはずです。
 乳癌は進行が遅い癌なので、1,2ヶ月くらい治療が遅くなったとしても慌てることはありません。
 現に、3週間ごとといっても、白血球が少なくて、治療せずに返されることもままあります。
 看護師さんももうちょっと気使いしてくれてもいいのにねえ…お母さんの病気平癒を心からお祈りします。
 
 

Q骨転移、リンパ転移の治療に強い病院を教えてください

岐阜多治見に住んでいる、61歳、男性です。5年前の膀胱がんが骨とリンパに転移しており、現在放射線と化学療法(GC)を受けております。近くで骨転移、リンパ転移に強い病院を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を教えたところ、知人は地方からはるばるその東京の病院にセカンドオピニオンでかかり、とても気に入られてそのまま素早く手術を受けて、夫は感謝されました。
初めに告知を受けた病院の治療法とかなり違い、病院によってこんなにも違うのか?と驚いていました。

今の時代、セカンドオピニオンは普通だと思いますので、よさげな病院をお探しになられて、トライしてみるのも一つの手ではないでしょうか。
乳がんでは骨転移、リンパ転移していても、かなり長く生きていらっしゃる方もたくさんいますから、あきらめないで頑張ってください。

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を...続きを読む

Qガンの転移について 手術が原因でガン細胞が散って転移する可能性は?

ガンの転移について、以前より気になっていたことを質問します。ガンの手術をすれば誰でもいくらかは出血しますが、その時ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?
つまり、手術によってガンの移転を促進するリスクがあるのでは?と昔からぼんやりと思っていたのですが。

Aベストアンサー

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主治医は「実は、そのリスクがあるんです。」との回答でした。結果、私は他の所見からガンの転移の可能性が高かったので細胞診を受けず直接手術を受けた経緯がありました。術後の切除物の病理検査の結果はガンでした。そして散ったかもしれないガン細胞や取り残された小さなガン細胞を排除するために、手術と平行して免疫療法を受け、そのときから6年以上経っている現在でも免疫療法を受けてます。

「検査のための細胞診」や「手術を行う際に微細に散るかも知れないガン細胞」「取り残されるかも知れない微細なガン細胞」を排除するためにも、免疫療法の併用が有効と私は考えてます。尚、免疫療法に関しては、私の過去の回答を参考になるものがあるかも知れません(下記URLはその一例)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主...続きを読む

Qがんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発

がんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発がんより速いのですか。速いのならどれくらい速いのですか。

Aベストアンサー

⇒速いのならどれくらい速いのですか。
患者の免疫が有るか無いかに因るので,これは医者にも誰にも判らない。癌細胞に訊るしかないと思います。。

Q乳癌で、手術をするか否かについての選択。 2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移あり

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌からの出血などのリスクを考えると、今取っておくのも悪くはないそうです。そして、摘出するのであればサイズが小さい今が取りどきでもあると話がありました。また、リンパ節カクセイすることで腕のむくみが改善できるかもしれないともいわれました。(片腕が現在かなり浮腫んでいます。)


主治医からも、何が正しい選択なのかははっきりと言えないとのことを言われます。
他、原発乳癌を摘出することでのメリット、デメリットはあるでしょうか?
決めきれずに悩んでおります。

以上は母の話になります。ご意見ありましたら何なりとお願いいたします。

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌...続きを読む

Aベストアンサー

年齢が若いので
他の場所へ転移したら
手術ができなくなります
また
結果的にも手術をしなかった方が良かったとは
なりません
したがって
言い方は悪いですが
チャンスに掛けます
早い機会に手術に踏み切るのが
正解と思われます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報