電子書籍の厳選無料作品が豊富!

文英堂のシグマベストのこれでわかる物理のこの問題の④がわかりません。どうしてこれが時計回りに回転するのですか?解説も書いてあるのですが全く理解できません。

「文英堂のシグマベストのこれでわかる物理の」の質問画像

A 回答 (2件)

No.1です。

ああ、失礼、文章に間違いがありますね。全文正しく書き直します。

電流の向きに対して、磁力線は「右ねじ」の向きに発生します。

磁力線の向きとは、「N極からS極に向かう方向」です。

③が分かって、どうして④が分からないのでしょうか? 不思議です。

④の場合には、上の導線の周りに「反時計回り」の磁力線が、下の導線の周りに「時計回り」の磁力線が発生します。
  ↑No.1では、この「下」が正しく書かれていませんでした。一番肝心なところなのに。
従って、磁石の回転軸の位置では、両方が合成されて磁力線は「左→右」の方向です。
ということは「左方向にN極があり、右方向にS極がある」のに相当します。従って、磁石のN極は「右」を向こうとします。つまり「磁石は時計回りに動く」ということです。

2つの磁力線があるときには、その2つをベクトル合成したものがその位置の磁力線となります。

電流によって発生する磁力線の方向、その磁力線の向きは「どちらにN極が置かれたものと等価か」というように考えればよいと思います。
    • good
    • 0

電流の向きに対して、磁力線は「右ねじ」の向きに発生します。



磁力線の向きとは、「N極からS極に向かう方向」です。

③が分かって、どうして④が分からないのでしょうか? 不思議です。

④の場合には、上の導線の周りに「反時計回り」の磁力線が、上の導線の周りに「時計回り」の磁力線が発生します。
従って、磁石の回転軸の位置では、両方が合成されて磁力線は「左→右」の方向です。
ということは「左方向にN極があり、右方向にS極がある」のに相当します。従って、磁石のN極は「右」を向こうとします。つまり「磁石は時計回りに動く」ということです。

2つの磁力線があるときには、その2つをベクトル合成したものがその位置の磁力線となります。

電流によって発生する磁力線の方向、その磁力線の向きは「どちらにN極が置かれたものと等価か」というように考えればよいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!