よくバラエティー番組などで「近日公開!」と予告で告知するのですが、

この「近日公開」という言葉って何週間後のことを意味しますか?

A 回答 (4件)

作り手の都合が基準になるようです。

知り合いにも近々会いましょうなんて言って会う気がなければ、何時まで経っても連絡こないとか。近日の定義は数日も含まれるが、近い将来という定義もある。まさに発言、発表する側や聞く側にファジーな表現の一つである事は間違いない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

人によって定義は違うんですね。

お礼日時:2016/07/12 11:39

明確な数値基準はありません。


当分の間、が数十年に及んだケースもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/12 11:38

英語の「Coming soon!」の「soon」と同じですよ。



英語の辞書を引けば「すぐに、まもなく、そのうちに」って、いったいどれだけ待たせるのか? という感じですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほどですね。

お礼日時:2016/07/12 11:38

結構、曖昧に使うみたいですね。



http://coco.to/calendar_coming
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答そしてリンクのご提供ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/12 11:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qよくわからない言葉の意味

以下は辞書で調べても見つからなかったか、理解できなかった言葉です。

・古典的 (→のような例文は可能ですか?「古典的な戦術やな。」つまり、「昔風な」のような使い方は現代でされていますか?)
・ニュアンス (使い方がいまいちよくわかりません。例文で教えて頂けると有難いです。)
・正統派 「正統派アイドル」
・一粒で二度おいしい
・やーさん
・珍道中
・ぴんきり
・ななめ読み
・アドモアゼル

以上の九つがわからない言葉です。
一つでもわかる方いましたら是非教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

・古典的 (→のような例文は可能ですか?「古典的な戦術やな。」つまり、「昔風な」のような使い方は現代でされていますか?)

可能です。昔風ということに、使いふるされた、基本的なという意味も含まれます。

・ニュアンス (使い方がいまいちよくわかりません。例文で教えて頂けると有難いです。)

「あの人の言葉にはどんなニュアンスが含まれるの?」
「彼女のメイクはニュアンスがあって個性的だ」

・正統派 「正統派アイドル」

伝統的な手順を踏む、正しい道を通る…?

・一粒で二度おいしい

一石二鳥。

・やーさん

やくざ

・珍道中

おかしな二人組が連れだって歩くようす。たいていトラブルや可笑しいことが起こる。

・ぴんきり

ぴんからきりまでの略。ぴんはトップ、きりはビリ。

・ななめ読み

サッと目を通す程度の読み方。

・アドモアゼル

マドモアゼルではないですか? フランス語で「お嬢さん」、英語のミスにあたる。

Q「内数」という言葉の意味がよくわかりません(ToT)

こんにちわ。
日本の難民政策に関して調べていたところ、
→http://www.moj.go.jp/PRESS/060224-1/060224-1-4.html
というサイトを見つけたのですが、実際にこのページを覗いてみると、

(注1 )認定のカッコ内は,難民不認定とされた者の中から異議申立の結果認定された数であり,内数として計上されている。

という表記がありました。
そして「内数」という言葉の意味がよくわからず、岩波の広辞苑や講談社の類語大辞典などで調べてみたのですが、どちらにも掲載されておらず、インターネットで“内数”と入力しても、その意味を説明してくれているページはみつかりませんでした。
一体“内数”とはどういう意味なのでしょうか?
皆様のお知恵をお借りしたいです。
よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

統計資料などで、主たる値に補足的な値を添えて記入する場合、
主たる値に補足的な値が含まれているならば「内数」です。
逆に、主たる値に補足的な値が含まれていないならば「外数」です。

↓使いわけの例(最初にhitしただけで特に深い意味はありません)
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/news/jihou/jihou0611/632_50.htm

ご質問の例ですと、例えば、46(15) という表記について、
「認定のカッコ内は,難民不認定とされた者の中から異議申立の結果認定された数」
だけでは、15は46の中に含まれているのかいないのかわかりませんが、
「内数」とあるので、15は46の中に含まれている、
つまり全体の数は46,一発認定は31であることがわかります。

もし、「外数」とあれば、15は46の中に含まれていませんから、
46は一発認定の数で、46+15=61が全体の数ということになります。

YAHOO!辞書の大辞林には載ってました。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?dtype=2&p=%C6%E2%BF%F4

統計資料などで、主たる値に補足的な値を添えて記入する場合、
主たる値に補足的な値が含まれているならば「内数」です。
逆に、主たる値に補足的な値が含まれていないならば「外数」です。

↓使いわけの例(最初にhitしただけで特に深い意味はありません)
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/news/jihou/jihou0611/632_50.htm

ご質問の例ですと、例えば、46(15) という表記について、
「認定のカッコ内は,難民不認定とされた者の中から異議申立の結果認定された数」
だけでは、15は46の中に含まれてい...続きを読む

Qよく一代法華という言葉を聴きますがどういう意味でしょうか。

よく一代法華という言葉を聴きますがどういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

 『一念発起』(いちねんほっき:思い立って仏道に入ること。 あることを成し遂げようと決心すること。)の間違いかなぁと思ったら、あるんですね『一代法華』。
どうも他宗派の家で一代限り法華宗の信徒となることのようです。

参考URL:http://www.kosaiji.org/hokke/nichiren/bokken.htm

Q「い」は「ゐ」。「え」は「ゑ」。では「う」は?

子ども用五十音表(あかさたなはまやらわん)では、「わ」の列では「い」の代わりに「ゐ」が書いてあり、「え」の代わりに「ゑ」が書いてあります。では、「う」の代わりはないかと探すと、何も書いてありません。「う」に代わる文字は何なのか?教えて戴ければ幸いです。・・・我が子(幼稚園生)から質問されました。

Aベストアンサー

結論としては、読みが同じでも文字が違うと言うことは、
「元々は、発音が違っていたのだけれど、時代と共に発音が同じになってしまったので、一緒になってしまった文字があるんだよ」
と、お子さんに教えてあげると良いと思います。
「ゐ」と「い」、「ゑ」と「え」、それぞれが違った発音だったので、文字も違っていたのです。
そして、これは発音されなくなるとともに、使われなくなった古い文字で「旧仮名遣い」の中にだけ残っている文字なのです。
「い」や「え」の代わりの文字ではありません。
私は子供の頃、そう教えられて納得できました。

そして、「う」は「う」しかありません。
ただ歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)だと、「ふ」は「う」と読まれることがありました。
「いろは歌」もそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF%E6%AD%8C
http://www.h3.dion.ne.jp/~takekosi/IROHA/one/one.htm

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならん
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

お子さんに、一度に色々教えても混乱するかも知れませんが、もし、旧仮名遣いに感心があるのなら、
「けふ」と書いて「きょう」
「てふてふ」と書いて「ちょうちょう」
という様に読まれていたということも、順を追って教えてあげるのも良
いかも知れないですね。
リンク先には、歴史的仮名遣いの背景や「てふてふ」の名前の由来、また、こういった書き方が残されていた理由など興味深い話が載っています。
ご関心があれば、ご覧になって見て下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa488611.html
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kenji99/b007.htm

私も、いろは歌を教えておいても損はないと思います。
小さいお子さんには、まだ早いかなぁとは思いますが、意味までは理解できなくても、お子さんが、いろは歌にご関心を持てば、「あいうえお」は文字を覚えるために規則正しく並べられた文字の羅列であって、わ行に「う」しかないのも感覚的に理解できると思います。

*  *  *  *  *

「ゐ」と「ゑ」発音の変化を以下にまとめてみました。

《発音の変化》

【奈良時代】
・ゐ [wi] = ウィ
・い [i] = イ
・ゑ [we] = ウェ
・え [e] = エ
・や行の「え」 [je] = イェ

【平安時代】
・あ行の「え」[e]とや行の「え」[je]が合流した。
・「ゐ」と「ゑ」は、それぞれ独立し、区別されていた。
 (この時代に成立したとされる、
         冒頭の「いろは歌」にも表記が残されている。)
          
【鎌倉時代】
・「ゐ」と「い」の混同が顕著となる、13世紀に統合された。
         ([wi] → [i] 、「ゐ」 「い」 = イ)
・「え」と「ゑ」の混同が顕著となり、13世紀に統合された。
           ([we] → [je] 、「ゑ」 「え」 = イェ)

【室町時代】
・「ゐ」 「い」どちらも[i](イ)と発音された
・「ゑ」、あ行の「え」、や行の「え」は全て[je](イェ)と発音された。

【江戸時代】
・18世紀中頃には、「え」や「ゑ」の発音が[e]に変化し現代と同じになった。

【明治時代以降】
1946年(昭和21年)には表音式を基本とした『現代かなづかい』が公布され、現代の発音を反映した仮名遣いが採用された。
これにより、歴史的仮名遣いにおける「ゐ」は全て「い」に書き換えられ、同様に「ゑ」も全て「え」に書き換えられた。
現代では、「ゐ」も「ゑ」も一般に使われなくなった。

《参考資料》
・【ゐ】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%90
・【ゑ】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%91

あと、こちらもご質問の参考になると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa352817.html

結論としては、読みが同じでも文字が違うと言うことは、
「元々は、発音が違っていたのだけれど、時代と共に発音が同じになってしまったので、一緒になってしまった文字があるんだよ」
と、お子さんに教えてあげると良いと思います。
「ゐ」と「い」、「ゑ」と「え」、それぞれが違った発音だったので、文字も違っていたのです。
そして、これは発音されなくなるとともに、使われなくなった古い文字で「旧仮名遣い」の中にだけ残っている文字なのです。
「い」や「え」の代わりの文字ではありません。
私は...続きを読む

Qテレビ朝日「クイズプレゼンバラエティー Qさま!」

本日の、テレビ朝日「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」の7月15日(月)放送分。
「この言葉の丁寧な言い方は何か?」という問題の7問目に、
「ぜひお願いします」→「○○○○○なければお願いします」というものがありました。

この、○○○○○の中に何が入るかを答えるのですが、

正解は、ごろあわせで、「さしつかえ」なのです。・・・がぁ~?
意味がぜんぜん違うでしょ?
おかしいでしょう??

妻と、19歳の息子に問いかけると、

妻、「そんな細かいこと、どうでもいいやん!」
息子、「お願いします。という趣旨は同じなのだからいいんと違うの?」

しかし私は、どうでも良くないと思います。

妻は、「著者に手紙でも書けば??!!」と呆れ顔で答える始末です。

漢検ブームを盛り上げたりしている番組なので、そんな無責任なこととは思えません。

そこで、自分なりに調べてみました。

広辞苑には、”ぜひ”は「是と非。道理にかなうこととかなわないこと。よしあし。正邪。」や、「どうあっても。きっと。」とあります。

対して、”さしつかえ”は「さしつかえること。都合の悪い事情。さわり。さまたげ。支障。」とあります。

日本語大辞典では、、”ぜひ”は「必ず」ともありました。

weblioのサイトの類語辞典には、願い・求めなどについて是非は、{是非とも ・ 是が非でも ・ 何があっても ・ 何がなんでも ・ どうあっても ・ 何としても ・ どうしても ・ 無理にも ・ 至上の(要請) ・ (~を)最優先で ・ しゃにむに ・ たっての(要望) ・ 切に(願う) ・ 「必ずネ」 ・ 「絶対だよ」 ・ 「折り入って(お願いが~)」 ・ (~には~が)不可欠 ・ 「曲げて(お願いしたい)」}などとの記載がありました。

どう解釈しても、” 同じ意味で、丁寧な言い方 ” とは思えません。

「できる大人のモノの言い方大全」話題の達人倶楽部(編)、という本からの出題のようですが、

皆さんどう思われますか?

「ぜひ」?、ご回答よろしくお願いします。

本日の、テレビ朝日「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」の7月15日(月)放送分。
「この言葉の丁寧な言い方は何か?」という問題の7問目に、
「ぜひお願いします」→「○○○○○なければお願いします」というものがありました。

この、○○○○○の中に何が入るかを答えるのですが、

正解は、ごろあわせで、「さしつかえ」なのです。・・・がぁ~?
意味がぜんぜん違うでしょ?
おかしいでしょう??

妻と、19歳の息子に問いかけると、

妻、「そんな細かいこと、どうでもいいやん!」
息子、「お願いします。...続きを読む

Aベストアンサー

私はおかしいと思いました。
これは婉曲表現への書き改めですね。
「丁寧な言い方」という条件ではかろうじてありかとも思いますが、「是非」にある切迫した響きは無くなってしまいますね。
敬語でも「是非」はよく使われています。古文では「是非とも」が多いようです。というか相手に敬意を表しながらお願いする場合に使うように思います。「必ず来てね」「絶対来いよ」の敬語的な表現ではないでしょうか。
「是非お願いします」で既に丁寧表現になっていると思います。「何とぞ」への書き換えはできると思いますが丁寧の度合いは同じぐらいでしょう。

「さしつかえなければ」では「ものの言い方」を変えるという意味ではありとは思いますが、かえって慇懃無礼な印象を受けます。「特に理由が無いならこうしてくれ」という物言いですからね。是非に含まれている話者の熱意や願望が含まれなくなってしまいます。
「是非とも清き一票を私にお願いいたします」→「さしつかえなければ清き一票を私にお願いします」
全く違っています。
この「さしつかえなければ」とか「よろしければ」、果ては「よかったら」などは最近相手に住所や名前の記入をお願いする時の用語みたいになってしまっていますが、私は強制の慇懃な言い方に過ぎないと解釈しています。

細かいことをほじくって遊ぶクイズですから「細かいことだからどうでもいい」「主旨は同じだからどうでもいい」というのはちょっと違います。
それとこの掲示板では普通なら見過ごすような言葉の細かいことの是非も論じるわけですから、細かいことはどうでもいいならQAの否定につながると思います。

実際番組あてに手紙(メール)を出すと返事がもらえることはあります。私は実際制作している人から番組中の不明点(引用なのか番組独自の研究なのかわからなかった)を説明してもらったことがあります。(「ためして合点」という番組です)

私はおかしいと思いました。
これは婉曲表現への書き改めですね。
「丁寧な言い方」という条件ではかろうじてありかとも思いますが、「是非」にある切迫した響きは無くなってしまいますね。
敬語でも「是非」はよく使われています。古文では「是非とも」が多いようです。というか相手に敬意を表しながらお願いする場合に使うように思います。「必ず来てね」「絶対来いよ」の敬語的な表現ではないでしょうか。
「是非お願いします」で既に丁寧表現になっていると思います。「何とぞ」への書き換えはできると思いま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報