こんにちは。
いま簿記3級の勉強をしているのですが、
この問題の減価償却累計額がなぜ
49,000になるのか理解できません、、
(減価償却費の出し方は分かります。)
すみませんがどなたか詳しく
教えてください!
以外、問題文です!
*
平成26年2月1日に取得した備品
(取得原価:420,000円、残存価格:ゼロ
耐用年数:10年、償却方法:定額法、
記入方法:間接法)が不要になったので、
平成27年7月31日に380,000円で
売却し、代金については翌々月末に
受け取ることにした。
なお、決算日は3月31日とし、
当期首から売却時点までの減価償却費は
月割りで計算すること。

解答
(借方)
減価償却費 14,000
減価償却累計額 49,000
未収入金 380,000
(貸方)
備品 420,000
固定資産売却益23,000

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

26.2.1~26.3.31 二ヶ月間 \42,000✕2÷12=¥7,000


26.4.1~27.3.31 十二ヶ月間 \42,000
前年度までの合計 ¥49,000

27度分は 27.4.1~27.7.31 二ヶ月間 \42,000✕4÷12=¥14,000

参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北のトラさん
ありがとうございます!
分かりやすく計算して頂いて
ありがとうございました!
分けて計算したら分かりました!

お礼日時:2016/07/12 18:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 勘定科目一覧について

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえたと思うのですが、

2級については、上記のようなサイトが少なく
勘定科目一覧が見当たりません。

商工会議所のHPには以下のようなページもあるのですが、
pdfファイルの2ページめ、冒頭にありますように、
すべての勘定科目が掲載されているわけではありません。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kamoku.pdf


そこで質問させていただきたいのですが、

市販の独学用のテキストで勘定科目一覧の載っているものは
あるのでしょうか。
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえ...続きを読む

Aベストアンサー

試験対策用として、「全て」の勘定科目の一覧表は、ないと思います。
なぜなら色々な業種があるので、多数の勘定科目があるからです。
もしも試験対策としての一覧表を作成するならば、
今までの出題実績から集めるほかにありません。

三級をすでに学習されたのであれば勘定科目が、
資産、負債、純資産と収益、費用と分類できることはご存知だとおもいます。
仮に始めて見る勘定科目であっても、どこに分類できるか、
推測することは容易ではないですか?

日商試験にでは、第一問が仕訳問題となっていますが、
勘定科目群より選択しなければなりませんので、
全てを暗記する必要もありません。
商工会議所の勘定科目一覧が理解できていれば、充分だと思います。

全ての一覧表はないのですが、
独学者用テキストでオススメなのは、
ネットスクール出版の『サクッと』シリーズで、
・サクッとうかるテキスト
・サクッとうかるトレーニング
があります。

お探しのものをお伝えできなくてごめんなさい。
少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

試験頑張ってください。

Q簿記3級 減価償却累計額について

みなさんこんにちわ。
次の問題でなぜ減価償却累計額が90,000円になるかわかりません。どなたか教えて下さい。
 平成12年11月30日に備品(取得日:平成11年4月1日、取得原価:300,000円、減価償却方法:定額法、耐用年数:5年、残存価額:取得原価の10%、記帳方法:間接法、決算日:3月31日、1年決算)を、230,000円で売却し、代金は一ヶ月後に受け取ることとした。なお、減価償却費の計算は月割りによる。

解答
未収金     230,000   備品     300,000
減価償却累計額 90,000    固定資産売却益20,000

読みにくいとは思いますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

取得原価300000で耐用年数5年ということですでに計上されてる減価償却累計額1年分が
300000×0.9÷5=54000

さらに今年分の減価償却を月割りということなんで4月からの8か月分
54000×8÷12=36000

これをあわせると90000になりますが・・・
きちんとした正解だと
借方
未収金230000
減価償却累計額54000
減価償却費36000

貸方
備品300000
固定資産売却益20000

となります。
減価償却累計額の計上は決算整理仕分けでやることなんで、期中売却では今年の分に属する分は減価償却費として計上します。

まー、3級では質問文の回答でもいいのかもしれませんが・・・2級では間違いなく質問文の回答だと×もらいます。

Q簿記の勘定科目の見分け方

簿記3級で、自分で勘定科目を書く問題のときに
資産と収益、負債と費用
がおなじような意味に捉えてしまい、貸方借方を逆に書いてしまいます。
勘定科目を暗記するしかないのでしょうか?量が多く暗記に自信がないので見分け方が有りましたら教えてください。

Aベストアンサー

「取引の8要素」をまず覚えることには、賛否両論有ります。以下のリンクは、賛成、反対各々の観点で解説したものです。
http://www.eczen.com/sub/index005.html
http://kanrikaikei-sys.com/2012/04/360/

私も、簿記の勉強を開始したころは、これを意識していました。
しかし、途中で意識するのをやめてから、学習の進度が急に進むようになりました。

取引の8要素を意識した仕分けは、以下のように考えます。
 現金100円の売上の仕訳に対し、
 現金は資本である。
 売り上げると現金=資本は増える
 よって、現金を左に書く
 売上は収益である
 売り上げると売上=収益は増える
 よって、右に書く
 以上により、
 (現金)100/(売上)100

これは、簿記の基本と言えば基本です。
そこで、私も学習当初は、一つ一つの勘定科目が資産、負債、費用、収益、純資産のどれに属するかを覚えようとしました。
しかし、なかなか覚えきれるものでは有りませんし、覚え間違いしてしまうと、記憶を修正するのも容易では有ません。

私が仕訳に開眼したのは、簿記3級レベルのほとんど全ての仕訳は、
 (現金)100/(売上)100
を2~3回変形させれば、得られるということです。
売上時の代金の受け取り方を変えるのは、この(現金)を(売掛金)等に置き換えれば良い。
仕入れ時は、この逆なので、
 (仕入)100/(現金)100
仕入れ時の代金の支払方を変えるのは、(現金)を(買掛金)等に置き換えれば良い。
これだけで、簿記の試験に出る仕訳の8割ほどは、片側は迷わず左右どちらかが分かります。
他のものも、ほとんど、そこから、もう1回相手科目の入れ替えをすれば、得られます。

実は、この考え方は、「伝票会計」のベースです。
言い換えると、「伝票会計」をマスターした時点で、私は仕訳に開眼することが出来ました。

あと1ヶ月ほどですが、GWを遊ばずに勉強すれば、必ず、合格できます。
頑張って下さい。
 

「取引の8要素」をまず覚えることには、賛否両論有ります。以下のリンクは、賛成、反対各々の観点で解説したものです。
http://www.eczen.com/sub/index005.html
http://kanrikaikei-sys.com/2012/04/360/

私も、簿記の勉強を開始したころは、これを意識していました。
しかし、途中で意識するのをやめてから、学習の進度が急に進むようになりました。

取引の8要素を意識した仕分けは、以下のように考えます。
 現金100円の売上の仕訳に対し、
 現金は資本である。
 売り上げると現金=資本は増える
 よっ...続きを読む

Q決算時の減価償却費、減価償却累計額の計上

決算時の減価償却費、減価償却累計額の計上

減価償却費は期中に売却した固定資産についても計上しますか?

減価償却累計額についても期中に売却や除却しても計上しますか?

質問が間違っていたらすみません。

Aベストアンサー

減価償却費とは、固定資産を用いて獲得した収益たる成果に対する、企業の努力たる費用を表します。

つまり、固定資産の利用が企業の収益獲得に結びつけば、必ず、固定資産の価値が減価した、として、「減価償却費」が計上されます。

よって、減価償却費は期中に売却した固定資産についても計上します。

さらに、減価償却累計額は減価償却費の対照勘定ですので、減価償却費が計上されているのであれば、計上されています。

Q簿記2級での勘定科目について質問です

10年ほど前に簿記2級の資格は取ったのですが、転職に向けてまた受験しなおそうと勉強しています。

勘定科目についての質問なのですが、まず貸倒引当金繰入勘定は貸倒償却と同じと思って良いのでしょうか?(10年前は貸倒償却/貸倒引当金というように仕分けしたのですが、問題集には貸倒償却という勘定科目が出てきません。精算表などの場合は勘定科目のヒントがあったりして修正できるのですが、普通の仕訳の問題だと勘定科目リストがない場合、浮かんできにくいのです。)

Aベストアンサー

> 貸倒引当金繰入勘定は貸倒償却と同じと思って良いのでしょうか?

そうですね。使われ方は同じです。

あえて相違点を挙げれば、現在一般的に用いられているのは「貸倒引当金繰入」のほうであり、「貸倒償却」は一般的ではない科目と位置づけられています。

Q簿記2級【減価償却累計額】について教えてください。

簿記2級【減価償却累計額】について教えてください。
「問題」
次の決算事項にもとづいて、精算表に記入しなさい。なお、会計期間は1年である。
建物:償却方法 定額法:耐用年数 30年、 残存価値 取得原価の10%
(注)建物1,500,000のうち500,000は当期に購入したもので、
   決算日までに6カ月が過ぎている
【精算表】
試算表の欄:建物 1,500,000(借方) 建物減価償却累計額 30,000(貸方)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記のような内容ですが 疑問なのは、(注)のところです。

500,000は当期に購入したもので、決算日までに6カ月⇒ 購入して1年未満⇒ 500,000については減価償却累計額は0だと思ったのですが(確か定率法の式:取得原価ー減価償却累計額×定率 の計算で1年目は減価償却累計額を0にした気が・・・)。

回答を見ると、500,000も月割りで計算されています。
定率法と何が違うのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・簿記2級の問題に出てくる旧定額法による計算方法を示します


1)従来からある建物1,000,000の今期の減価償却費

1,000,000÷0.9÷30=30,000


2)今期中に取得した建物500,000の今期の減価償却費

500,000×0.9÷30×6/12=7,500(6ヶ月分を月割償却)

1)+2)で


減価償却費 37,500  建物減価償却累計額 37,500


>500,000は当期に購入したもので、決算日までに6カ月⇒ 購入して1>年未満⇒ 500,000については減価償却累計額は0だと思ったのですが>(確か定率法の式:取得原価ー減価償却累計額×定率 の計算で1年目>は減価償却累計額を0にした気が・・・)。


「・・・した気がした」という思い違いと推測します。

例えば500,000円の備品を償却率15%の定率法で処理する場合も、1年目は6ヶ月分で月割償却します

500,000×0.15×6/12=37,500

減価償却費 37,500 備品減価償却累計額 37,500

Q簿記3級で支払手数料を含む勘定科目は何ですか?

簿記3級で支払手数料は固定資産購入した時は固定資産の代金にいれますがあと有価証券と固定資産のほかに支払手数料をほかの勘定科目の代金にいれてしまう勘定科目は何かありますか?

Aベストアンサー

逆に入れないのを覚えたほうがいいですよ。
3級では出ませんが、自己株式といって自分の会社の株を買うときに払った手数料は取得原価に入れません。
他の資産は基本的に入れちゃうもんだと思ってOKです。

その資産を買うのにかかったトータルのお金=取得原価

ですから。

Q減価償却費、減価償却累計額について

簿記2級の勉強をしています。考えれば考えるほど、頭の中が分からなくなってきたので教えてください。
備品に対して定率法で減価償却を行う。償却率20%、残存価額:所得原価の10%である。備品金額A円と備品減価償却累計額B円があります。
計算式を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
定率法の計算式は以下の通りです。

1年目   取得価額 × 法定償却率
2年目以降 (取得価額 - 前年度までの償却累計額)× 法定償却率

つまり、未償却価額に償却率をかけたものが、その年の減価償却額となります。
計算結果は年間の償却金額なので、年度の途中で取得した場合は、取得
月からその年度の最終月までの月数の金額になります。

備品減価償却累計額とは、既に償却済みの累計金額のことです。
評価勘定とも呼ばれ、備品の簿価のうち備品減価償却累計額の金額の
分だけ償却済みなので、実質的な備品の価値は

備品 - 備品減価償却累計額

ですよ。 ということです。 備品を直接減らす直接法というものも
ありますが、取得価額が貸借対照表に現れなくなるので、償却累計額
を使って実質の簿価を表現する方法で、間接法と言います。

簿記を学ぶ上では、貸方勘定科目になりますが、意味合い的には資産の
マイナス評価なので、実際の財務諸表では借方にマイナス表記する方が
一般的です。 問題に従ってください。

減価償却費は、費用の勘定科目ですね。

(例)取得価額 1,000,000 償却率 20%であった場合の減価償却の計算

1年目 1,000,000 × 20% = 200,000

仕訳:
借 減価償却費 200,000(費用の発生) / 貸 備品減価償却累計額 200,000(備品資産のマイナス評価)

2年目 (1,000,000 - 200,000) × 20% = 160,000
3年目 (1,000,000 - 360,000) × 20% = 128,000
        :
というように少しづつ、償却額が減っていきます。

厳密にいうと、19年度の改正で19年4月1日以降に取得するものは
償却保証額(取得原価 × 償却保証率)と上記の計算結果を比較して
償却保証額に満たない場合は、

(取得価額 - 前年度までの償却累計額) × 改定償却率

で計算した金額を減価償却費として計上し、備忘記録 1円になるまで
償却します。 この辺は気にしなくてもよいとは思いますが・・

ご参考
↓↓↓
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2106.htm

最近の簿記検定の問題が、どのくらいその改定を意識しているか
知らないので、なんとも言えませんが基本的には定率法は、

(取得価額 - 前年度までの償却累計額)× 法定償却率

とお考えください。

以上、なにかあれば補足してください。

こんにちは
定率法の計算式は以下の通りです。

1年目   取得価額 × 法定償却率
2年目以降 (取得価額 - 前年度までの償却累計額)× 法定償却率

つまり、未償却価額に償却率をかけたものが、その年の減価償却額となります。
計算結果は年間の償却金額なので、年度の途中で取得した場合は、取得
月からその年度の最終月までの月数の金額になります。

備品減価償却累計額とは、既に償却済みの累計金額のことです。
評価勘定とも呼ばれ、備品の簿価のうち備品減価償却累計額の金額の
分だけ...続きを読む

Q簿記3級の勘定科目の覚え方

簿記の学習をはじめました。
勘定科目を覚える必要がありますが、数の多さに戸惑っています。
皆様はどの様にして覚えましたか。
アドバイスやちょっとしたテクニックなどありましたら回答をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

勘定科目・・・。確かに初めて見た時はあまりの多さに唖然としましたねぇ。「こんなのどうやって覚えるねん!」みたいな。(笑)

勘定科目を覚える前に、まず会社ではどういった取引があるのかを知ることから始めたほうがいいと思います。
聞いたことのある取引(現金の出し入れ、備品の購入、商品の売買など)もあれば初めて聞く取引(手形の扱い方、減価償却、決算整理事項など)もあるでしょうから、まずはそういった取引の時にはどういった仕訳をするのかをひとつひとつ確認していく作業が大事です。

簿記の学習を始めたということは簿記検定を踏まえてのことだと思いますが、今すぐに勘定科目を覚えなくても簿記の学習を進めるうちに自然に覚えてしまうものですので、じっくりと取り組んでみて下さい。
3級ですとある程度パターンが決まっているので、慣れてくるとちょっと物足りなくなるかもしれませんが。

がんばって下さい。

Q減価償却費と減価償却累計額について

現在簿記3級の勉強をしております。
固定資産の売却の仕訳と勘定記入(間接法)の問題を解いておりますが
どうして減価償却累計額は貸方に記入して
減価償却費は借方の方に記入するのでしょうか?
できるだけわかりやすく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の3級ということでしたら、仕訳の対象については、
・収益
・費用
・資産
・負債
・資本
この5つが発生したり、増減したりするものだという
ところまではわかっていますよね。

仕訳で

減価償却費 / 減価償却累計額

というのは、借方で「減価償却費」という費用が発生し、
貸方で「減価償却累計額」という負債の増加を示したものです。

減価償却費は、固定資産を1年間使い、1年分使い古した
費用のことです。それに伴い、資産取得してから、累計で、
これだけ資産の価値が目減りしてきてますよというのが、
減価償却累計額のことです。


人気Q&Aランキング