今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろのドアにあたりました。相手も少しよけたらしく左の塀に擦ってしました。左よけた衝撃で右の方の運転席が開かなくなりました。

保険屋さんに話した相手のいいぶんが一時停止しないで右折してきて直進してるクルマにつっこんだ。と言ってるらしいです。

自分のいいぶんはまががり始めた頃には車いなかったし相手がいつ気づくかによって自分が一時停止したかどうかわかるとおもいます。仮に自分が右折途中で相手が右折してきた車にきずいた場合は一時停止したかわからないとおもいます。そこで引っかかるのが右折途中で車にきずいた場合一時停止したか相手はわからいのに一時停止もしないで右折してきたってゆえるんですかね?
直進してる車に思いっきりとびだしたら普通に相手の運転席のドアにおれのバンパーが当たるはずだとおもいます。そもそもミラーでうつってなくて自分が5キロ未満で右折して相手が60キロ以上で直進を走ってたら必ずぶつかると自分はおもいます。

こういったケースの場合過失割合はどうなるんでしょうか?

保険屋さんは
相手2
こちら8

質問者からの補足コメント

  • 相手は直進してきて曲がってくる車にきずいたはずでは?

      補足日時:2016/07/13 15:25
  • 当方右折側ですこちらからは壁があり見通しの悪いT型交差点を右折中、直進者と接触しました

    直進者側からは右折車がよく見える状況です

    右を確認し左を確認後、右折しようとしたところ
    右から車が来てるのは見えたのですが、車間距離があった為行けると判断し横断した所、

    直進が行かせないようにとブレーキ一切なし

      補足日時:2016/07/13 16:41
  • あちら側の言い分としては直進している所いきなり一時停止なしで側面に追突された。スピードは60走行していたと主張しています

      補足日時:2016/07/13 16:43
  • こちら側の主張は

    相手がなんキロでもかまわいんですけど走行し一時停止をしていないのを見たと言うなら何故ブレーキをかけずにハンドルを切ったのか?スピードを出していて間に合わなかったからでは?

      補足日時:2016/07/13 16:45
  • 車と車があったた場合はかんけいないんですよね
    自分の場合は直進してきた車のバンパーが自分が乗ってる車の左のドアの前と後ろなんですよね相手も一時停止せずに右折してきたのがわかったならばブレーキ踏むとおもうんですけどそれとも相手が60キロ以上のスピード出しててよそ見ってゆうか前みてなくて右折途中の車にきずかずブレーキも遅くなるってことですし相手がどのタイミングで俺の車にきずいたかってこともある。右折途中に俺の車にきずいたら一時停止してるかしてないかは分からないはず、相手が一時停止してないで俺が右折してきたと相手の保険屋さんに話したみたいですけどどーも不自然だと思いませんか?俺が一時停止しないで右折してきたのがわかったなら相手が直進してくるんでブレーキ踏むなりして事故回避は出来たはずです。それとも速度制限が40キロのところに対して60キロ以上出しててブレーキが間に合わなかったとかですね

      補足日時:2016/07/13 19:06
  • 相手が右折してきたのわからなかった場合ははなしがちがってきますけどね

      補足日時:2016/07/13 19:24

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>右折してるのがわかったらスピードおとすなりブレーキ踏めたでしょってはなしなんですけど



その通りです。
ですから100:0にならないんです。
それが相手の過失2割なんです。

>相手が右折してきたのわからなかった場合ははなしがちがってきますけどね

この点を最も勘違いしていますよ。
わからなかったかどうかは過失に関係しません。一切関係しないんです。
    • good
    • 0

まず、文章からでは事故自体がはっきりと判りませんが・・・


基本的に、過失割合が8:2でも7:3でも貴方に取って何が困るのですか?
何が困るから質問しているのでしょうか?
双方上乗せ保険に加入しているなら保険屋さん同士に任せて置けばいいでしょう?
交通事故には行政上の罰則・刑事上の罰則・民事上の罰則がありますが
自己比率は民事に対して関係しますが・・・
他の二つには、直接関係しません
又、上乗せの保険料も1事故に対して、来年からの保険料が3等級ダウンするので
8:2でも7:3でも一緒ですよ!
それから、保険会社さんには、過去に起こった膨大な事故の資料があります
それに沿って出て来た過失割合は、ほとんど正しく、又逆らっても
貴方に何ら影響ないので、保険屋さんに全て任せればいいでしょう
    • good
    • 1

信号のない交差点で同幅員、直進vs右左折の場合は30:70が基準割合、双方の過失により10ないし20の修正がかかります。

保険会社が20:80と言ってきたのは修正要素があったということです。

>何故ブレーキをかけずにハンドルを切ったのか

 昔の車はタイヤがロックすると道路に真っ黒いブレーキ痕が残りましたが今時の車はABSの制御が鋭くプロが見ないとブレーキ痕は分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

車と車があったた場合はかんけいないんですよね
自分の場合は直進してきた車のバンパーが自分が乗ってる車の左のドアの前と後ろなんですよね相手も一時停止せずに右折してきたのがわかったならばブレーキ踏むとおもうんですけどそれとも相手が60キロ以上のスピード出しててよそ見ってゆうか前みてなくて右折途中の車にきずかずブレーキも遅くなるってことですし相手がどのタイミングで俺の車にきずいたかってこともある。右折途中に俺の車にきずいたら一時停止してるかしてないかは分からないはず、相手が一時停止してないで俺が右折してきたと相手の保険屋さんに話したみたいですけどどーも不自然だと思いませんか?俺が一時停止しないで右折してきたのがわかったなら相手が直進してくるんでブレーキ踏むなりして事故回避は出来たはずです。それとも速度制限が40キロのところに対して60キロ以上出しててブレーキが間に合わなかったとかですね

お礼日時:2016/07/13 19:06

>信号も標識もなく道幅も同じような道路



この場合、教習所で習ったとおり

・直進優先
・左方優先

です。

ですから今回は
ほぼ全て質問者さんが悪い事故です。
9:0でも良いくらいの事故内容なので
8:2で打診を受けているなら
それで手を打つ方がお得ですよ。

質問文を何度読み返しても
質問者さんが一方的に悪い事故ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相手は一時停止しないで右折してきたと相手の保険屋さんに話してみたいですけど右折してるのがわかったらスピードおとすなりブレーキ踏めたでしょってはなしなんですけど右折した俺がくずくずゆっても仕方ないですけどね

お礼日時:2016/07/13 19:21

あなたが一旦停止したとして、そこが一旦停止の標識が


あったかどうかで違ってきます
そこで、「ミラーで確認して車が来てないのがわかり」と
ありますが、横から来る車はミラーには写らないんでは
ないでしょうか。
文章から状況をつかみにくくて、私が判断できなくて申し訳
ないのですが、下記サイトが参考になるかと思います

http://kashitsu.e-advice.net/car-car/69.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一時停止の標識も止まれもありませんでした。ミラーに映らないじゃミラーの意味がないですよね?

お礼日時:2016/07/13 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q若干特殊な現場での過失割合

過去の質問をある程度拝見させていただきましたが、
私と似たようなケースがなかったため書き込ませて頂きます。

先日事故に合ってしまったのですが、現場だけ見ると
[現場]T字路 [相手]左→右の直進 [私]突き当たりを左折
ですので、2:8~3:7で私の過失が多くなると思われます。
ただ通常の道路とは少しばかりケースが違います。

[現場] ̄\_____ ・相手が来た側が距離が短くかなり急な坂道
    ̄\   __ ・左側と突き当たり道路の角が擁壁になってお
     |  |    り、非常に見通しが悪い
     |  |   ・直進車線がせまく、突き当たりの方が               道路が2倍近く広い

上記が現場の状況です。突き当たりにミラーがありますが、突き当たりからですとミラー角度の問題で「坂を上りきった先が視認しにくくなっています」。逆に坂道側からですと、突き当たり側の道路がミラーで見通せます。
そしてそれぞれの車の状況です。
実は私の車は事故の5日前に納車したばかりだったため、傷つけたくない一心でかなり注意深く運転していました。
そのため、ミラーで坂道に車がいないことを確認した後、見通しの悪い左側を目視するために、徐行状態で前に顔を出したところを左から追突された形です。
通常あれだけ急で見通しが悪い坂道であるため、地元の人間はほぼ徐行状態で降りてくるところを、相手側車はかなりのスピードを出しているようでした。

私としては通常通りの過失割合では納得がいかないのが正直なところです・・・。
どなたか今後のアドバイスや、経験談等どのようなことでの結構ですので返信していただけると幸いです。
長文失礼いたしました。

過去の質問をある程度拝見させていただきましたが、
私と似たようなケースがなかったため書き込ませて頂きます。

先日事故に合ってしまったのですが、現場だけ見ると
[現場]T字路 [相手]左→右の直進 [私]突き当たりを左折
ですので、2:8~3:7で私の過失が多くなると思われます。
ただ通常の道路とは少しばかりケースが違います。

[現場] ̄\_____ ・相手が来た側が距離が短くかなり急な坂道
    ̄\   __ ・左側と突き当たり道路の角が擁壁になってお
     |  |    り、...続きを読む

Aベストアンサー

T字路交差点の事故だからといって、「判例タイムズ」の「過失相殺率の認定基準」の中にある「T字路交差点の事故」類型の適用もしくは準用になるわけでは必ずしもありません。今回のケースもまさにそうです。

まず「認定基準」本の表92~99を見てください。持っていなかったら、保険会社にFAXしてもらってくださいね。特に重要なのは表96~99の双方右折車のケースです。これを見て少し疑問に感じないでしょうか。双方右折車のケースだけで、右折車対左折車や左折車同士のケースがどうして記載されていないのか。結論から言えば、いわゆる「交点の生じない事故」だからです。

「交点の生じない事故」というのは、双方の車がそれぞれの走行車線の範囲内を逸脱しないで走行している限り生じない事故のことであり、双方の車の進行路の軌跡を描いてみて、交点が生じないことからそのように言われています。典型例は、対向車同士のセンターオーバー事故で、自車線を走行している限り交点は生じません。先ほどの例に戻ると、突き当たり路側からの右折車と右方交差道路側からの左折車は交点が生じないし、突き当たり路側からの左折車と右方交差道路からの左折車や左方交差道路からの右折車も同様です。唯一交点が生じるのは、突き当たり路からの右折車と右方交差道路からの右折車のケースだけなのです。96~99はまさにそうだし、図に描いてみれば簡単にわかることですね。つまり、「T字路交差点の事故」類型として前提にしているのは「交点の生じる事故」なわけで、交点の生じない事故は別の事故類型で考えるということです。

以上の前提知識を基に、本件事故について考えてみてください。質問者は突き当たり路側からの左折車でした。他方、相手車は左方交差道路側からの直進車です。交点が生じますか。逸脱しないかぎり交点が生じないケースなのです。だから、今回のケースは「T字路交差点の事故」のケースではないことも理解されたことでしょう。大切なことは、衝突地点です。どちらが逸脱し、相手車線に進入したのか。

T字路交差点の事故だからといって、「判例タイムズ」の「過失相殺率の認定基準」の中にある「T字路交差点の事故」類型の適用もしくは準用になるわけでは必ずしもありません。今回のケースもまさにそうです。

まず「認定基準」本の表92~99を見てください。持っていなかったら、保険会社にFAXしてもらってくださいね。特に重要なのは表96~99の双方右折車のケースです。これを見て少し疑問に感じないでしょうか。双方右折車のケースだけで、右折車対左折車や左折車同士のケースがどうして記載されていな...続きを読む

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は右前のバンパー、ヘッドライト、フェンダーです。

こういったケースでは過失割合はどうなるのでしょうか?

保険会社からは

相手7
こちら3

を提示してきました。こちらの保険会社もそれで納得しています。

ただ自分としては8対2ではなくては納得がいきません。

こちらの言い分は止まっていたので譲ってくれたと思い進んだら左後方からぶつけられた感じなので
とても避けることはできなかったという事です。明らかに相手が出るタイミングを間違えたか操作ミスかに思います。

そこのT字路は民家が車にぶつけられないように少し下がって建てられており、左折しようとする車は
直角に曲がるT字路よりは早く直進車を発見しやすいような道路です。

相手は70歳を超えていて仕事で配達をやってる最中に起きました。
あまり相手の方を悪く言うのも大人げないのですが警察の方も認めるほど少し反応が鈍い方だと
思います。事故後の対応もこちらで全部してその後の謝罪の連絡も一切なしです。

相手には怪我がなかったのですがこちらは首と腰が痛く只今通院してます。
なので人身事故にさせてもらいました。

自分の保険会社の担当は7-3で納得していてこちらが納得していない旨を伝えても事務的な処理しかしていない気がします。
納得いかないのであれば相手の保険会社と話してみたり、直接 相手の方と当事者同士で話してみればいいと言ってます。
操作ミスとかわき見であって、相手がそれも認めれば8-2位にはなる余地はあると。

相手の保険会社は操作ミスもわき見もない、車の破損もチェックして現場検証もしてから言ってるんだとの事です。
こちらの保険会社は私が相手の保険会社から聞いた所によると現場検証もしていなくお互いの車の破損状況もみていないで事故に対する意欲がみられないと思うとおっしゃってました。
こちらの保険会社にそれを伝えたら後日また人を向かわせると言ってました。ワゴン車に関しては決まりがあって現物を見ることはできないそうです。

真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます。
左前がぶつかってて出合い頭にぶつかっているのであればまだわかるのですがどうも納得いきません。

相手の保険会社にも途中で2週間程連絡も無しに待たされ、整備工場からも「どうなってるんですか?
そろそろ代車を返してください」と催促がくる程で、総合的に非常に不安ですし一体何を信じていいのかわかりません。

加害者とも話しましたがやはり相手が操作ミスを認めない限り過失割合はかわる事はないのでしょうか?

後もしわかればこういったケースでは免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?
免許センターに問い合わせても具体的な事は言えないとのことです。

長文すみません。

画像は相手側の運転席側から見た事故現場です。
警察がチョークで付けた後を元に位置取りしてます。


ご意見聞かせてください

よろしくお願いします

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。

信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りが民家がたくさんある所です。

こちらのワゴン車が直進をしていたら左方に左折しようとして止まっている軽自動車がいたので
すぐに止まれるよう時速15キロ程まで落とし軽自動車が出てこないのを確認した上でそのままのスピードで通り過ぎようとしました。
自分の車が相手の車を半分程過ぎたあたりでぶつけられました。

接触箇所は左のスライドドアの後ろ半分からリアバンパーにかけてです。

相手の車は...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じようなものです。交渉事が苦手な人もいますし、大好きな人もいます。
質問者様の保険会社あるいは担当者は交渉事が苦手なのでしょう。

質問者様が30:70で納得できないのであれば、質問者様の保険会社と相手側に「私は相手車の動向に注意し、15km/h程度に減速して直進したが、交差点中央部付近まで進行後、右折を開始した相手車にぶつけられており、本来は0:100と考えるが、交差点内の事故であるのでそれでは示談できないだろうから15:85までは譲歩する」と伝え、修理工場へは自費で修理代を支払っておきましょう。

それでも質問者様の保険会社が動かなかったら、次回更新時には保険会社を変えればよいのです。人身事故となっていますし、相手が職業運転手であることから、相手と直接交渉すれば、15:85や20:80は十分可能な話です。

>真後ろからの追突以外では左前がぶつかっても左後ろがぶつかっても過失は同じだと言ってます

現場を見ないからそんな放言がでるのです。40~60km/hで走行する広い道の交差点なら、衝突箇所が前方か後方かは過失割合にほとんど影響しませんが、住宅街の狭い交差点で、しかも15km/h程度の低速度あれば判例上、修正要素として考慮されています。

>免許の付加点数と言うのはこちらはどのくらいつくのですか?

相手にけががありませんから、質問者様には基本点・付加点とも加算されません。

保険会社の事故処理担当者にとって、東京地裁民事交通訴訟研究会編集の別冊判例タイムズ16号『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版は、いわばバイブルです。
報告を受けた事故状況が、判タ16号のどの図に分類されるかを確認し、その過失割合を基本として交渉します。ご質問のケースは判タで30:70ですから、質問者様の保険会社はそれが妥当と判断しているのでしょう。

しかし、示談というのはそもそも交渉事です。お店でモノを買うとき、値引き交渉をするかどうか、するならどこまで粘るかと同じ...続きを読む

Q車同士の接触事故の保険1対9割合に激怒。

先日、自動車をぶつけました。
路肩に止めていた私が発進しようとした時に後ろから
来た車が側面を擦るような形で接触。
傷が残りました。

当初、警察を呼んで話合いの結果、保険を使うことで了解を得て
直すことになりましたが、相手側が9対1の割合に納得がいかないとのこと。

どんな事故でも100%悪いという判断はされないとのことですが
相手はそれを知らなかった様子。

全部責任を持って直すと言ったのに、1割出させるとは何事だ!と激怒。

保険会社にお任せしていると伝えても、保険会社の回答に納得がいかないらしく
私に責任を取れと言っています。

毎日何回も電話が鳴り、脅しもするようになりました。
はっきり言って怖いです。
このままだと何をされるかわかりません。

相手はベンツです。
通常の人ならば1割負担を理解して和解になるはずですが
通常の考えが通らない人です。
警察を呼んで保険を使うことを了解したのに100%相手が
負担するはずだと思い込んでいた先方と
最低でも1対9だと知っていた私。
事故現場でそんな話しませんが食い違いがあったようです。

民事に係わってくるのでしょうか?
保険会社は1対9と言っているので今回は保険を
使わないで示談にするほかないでしょうか?

逆に傷つけられた立場だったらと考えると脅しは良くないですが怒る気持ちも
よくわかります。
いくらぜんぽう不注意だといっても相手には払う意志がないのです。
助けてください。

先日、自動車をぶつけました。
路肩に止めていた私が発進しようとした時に後ろから
来た車が側面を擦るような形で接触。
傷が残りました。

当初、警察を呼んで話合いの結果、保険を使うことで了解を得て
直すことになりましたが、相手側が9対1の割合に納得がいかないとのこと。

どんな事故でも100%悪いという判断はされないとのことですが
相手はそれを知らなかった様子。

全部責任を持って直すと言ったのに、1割出させるとは何事だ!と激怒。

保険会社にお任せしていると伝えても、保険会...続きを読む

Aベストアンサー

事故の現場で動揺していたからといえども、もし全部責任を持って直すと言ってしまったのなら、口約束であっても示談としての効力を持ちます。

ですので、本当にそのようなことを言ってしまったのなら、保険会社に頼み込んで、100対0で処理をしてもらってください。

保険会社も過失割合についてはある程度柔軟に対応してくれます。双方動いていたとしても、それなりにあなたに非があるような形で話を持っていき、相手が回避困難ということになれば、100対0にすることも可能です。

通常このような場合は、契約をしている代理店に間に入ってもらって、事故の進め方を相談するのですが、あなたの代理店は何も動いてくれないのですか?それともネットか何かで入っているのですか?

いずれにしても、電話で脅してくるような相手ですので、弁護士を入れたところできれいに解決をするとは思えません。あなたの修理代の1割はもらえないけど、保険会社をうまく誘導して100対0の事故として処理してもらってください。それが一番だと思います。

Q車で直進中。横から激突。保険は2対8。どうして?

優先道路を制限速度内で直進中にT路地から一時停止線を無視して進入してきた車と激突しました。激突直前に急ブレーキを掛け、急停止しましたが、相手は反対側を見ていたため、そのまま激突されました。おかげで前方バンパー左側が破損し、相手ドライバーも責任を認めています。
しかし、両者の保険会社が話を進めて行く中で保険負担は相手が8、自分が2という結果でした。
おかしくないですか?こちらとしては、青信号を進行中に赤信号を無視してきた車両にぶつけられたと同じです。(さらに自分は一時停止もしてますし・・・)
自分の保険会社は「アメリカンホームダイレクト」。相手は「日新火災」で業務用車です。相手の会社は最大50万円までは支払える保険であるため、それ以上の金額はこちらで負担して下さいというもの。これではやられ損です。エンジンの修理が不可能となれば、車を購入せざるおえません。世の中の車両保険ってこんな感じなのでしょうか?それとも保険会社の権力差なのか?
保険に詳しい方、全額先方で負担させる方法など豊富な知見のある方のご回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

あまり都合のよくない情報は書かれて居ない中での質問に見えます。

「相手の会社は最大50万円まで支払える保険であるため。」
これ、おかしいと思いますが。
対物賠償で50万と言う保険はまずありません。
50万と言うのが適応されるのは、時価額が50万円を切っている様な車で、治すと言う場合にのみ50万円まで負担する。と言う時に適用される特約の内容と思います。
そう考えるとあなたの車は修理代が時価額を超えている経済的全損状態の車ではないかと思えます。

優先道路と書かれていますが、優先道路と優先権のある道路とは違います。
優先道路は、非優先道路側に、前方道路が優先道路であると言う標示がある事、貴方の道路の側で、中央線が一切途切れずに、交差点を通過している。条件が必要です。
これがない道路は、優先権のある道路であって、優先道路ではありません。

優先権のある道路の場合の過失割合で、相手7、貴方3が通常の過失割合がスタートになります。

過失割合での無過失の基本の考え方を勘違いされている方もいますが、無過失を主張できるのは、
・一切の法的違反をしていない。
・回避措置が行えない。
・事故の予見性がない。
状態です。
動いているかどうかは関係ありません。

回避措置には、相手に対しクラクションなどで危険を促すなどがあります。
脇の道路から車が出始めていたのをあなたが知って居たのであれば、警告、回避などを行って居なければ、過失が問われる事になります。


車両保険は、自分の車に対して掛ける保険で、相手の車の保証は行いません。
保険の内容を勘違いされているようにも思えます。

あまり都合のよくない情報は書かれて居ない中での質問に見えます。

「相手の会社は最大50万円まで支払える保険であるため。」
これ、おかしいと思いますが。
対物賠償で50万と言う保険はまずありません。
50万と言うのが適応されるのは、時価額が50万円を切っている様な車で、治すと言う場合にのみ50万円まで負担する。と言う時に適用される特約の内容と思います。
そう考えるとあなたの車は修理代が時価額を超えている経済的全損状態の車ではないかと思えます。

優先道路と書かれていますが、優先道...続きを読む


人気Q&Aランキング