出産前後の痔にはご注意!

すみません、長文となりますm(__)m

5/21に自己都合で 退職 しました。
就業中からうつ症状がありました。

が、退職を機に うつ症状が強くなり 、また 過呼吸のように胸が苦しくなり 心療内科に行きました。
仕事による 適応障害と診断されました。

ハロワークに行き 失業手当を行い
7/11が初日 の認定日でした。
自己都合のため失業手当まで 給付制限期間があります。約3ヶ月。

特定理由離職者 や 傷病手当金 には該当しないのでしょうか???また 診断書は まだもらっていません。
文章分かりづらかったら すみません。教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。ハローワークに確認しました。やはり 退職後の診断で 特定理由離職者に該当しないとのことでした。

      補足日時:2016/07/14 09:21

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>特定理由離職者 や 傷病手当金 には該当しないのでしょうか



おそらくは、口頭にて退職する意思を会社側へ伝えたのだと思います。(ゆえに離職票の離職理由に自己都合の記載となったのです)

在職中に、医療機関を受診し診断書を書いて頂いて、厚生・労働担当へ出されると産業医がいれば、産業医と面談して以後どうするかを決めることになると思います。
結果として、当面休業して治療に専念するのが適当と言うことであれば、手当ての受給が可能であったと思います。
また、会社側として長期病気休暇になるのなら、治療のため異端退職と言うような判断をした場合には、離職票の離職理由に特定の理由として記載がされたと思います。

今回は、順序が逆になってしまったのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ハローワークに確認したところ やはり 順序が逆でした(。-_-。)ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/14 09:28

ハローワークでそれ伝えましたか?



労務不能だと、いくら待機しても認定されませんよ?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

働く意欲 伝えてます。
ただ 退職後の 適応障害の診断は 特定理由離職者にならないそうです。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/14 09:31

「この人は当面働けません」のような診断書があれば


自己都合でも期間制限は外されるはずです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

診断書は 退職日までが 有効とのこと。
わたしの場合 退職後 心療内科に行き
診断されたので 特定理由離職者にはならずとのことでした(。-_-。)

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/07/14 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q適応障害で退職する場合について教えて下さい。

適応障害で退職する場合について教えて下さい。
適応障害と診断され、休職中のものです。
休職中にだいぶ回復して普通に生活できるようになってきたので今後についての決断を考え始めました。色々悩みましたが会社を辞めようと思っています。お医者さんからも以前の環境に戻ることはすすめられないと言われ、自分の中でももう一度やっていこうとは思えなかったので・・これは自分にとって前向きな選択だと思っています。
そこでとても悩んでいるのが会社を辞める際の手続きなどについてなどです・・・・。
ある程度普通に生活出来てきているとはいえ、会社に関係する事柄については未だに恐怖心もありとても会社の人たちと普通に話せる状況ではありません。。出来るだけ関わらないで手続きを取りたいのですが・・・それは単なる甘えでしょうか。。会社の方からは自分の口でしっかり伝えることが出来るようにしてほしいと言われましたが、恐くて出来ません。。
主治医の先生にも相談しようと思っていますが、経験者様や他のご意見が聞ければと思い質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

nohiti04さんのお気持ちはお察しします。
お察しした上で、経験上、まずお伝えしておきたい事があります。
どんなに嫌な思いされた会社であっても、ご自身で「最善の礼は尽くした」と思えるような形で退職してください。
「逃げるようなまね」「後足で砂をかけるようなまね」は、長い人生の中でめぐりめぐって、思わぬ形で自分自身に降りかかる事もあり得ます。
それを踏まえた上で、ご自身で最善策を考えられるのが一番いいとは思いますが、一応、具体的な提案をさせて頂きます。

まず、退職する際は、会社の規定に従うのが原則です。
多くは、「1ヶ月前の辞意表明」が規定されていると思いますので、直接提出が難しいようであれば、1ヶ月後付けでの「退職願」を郵送します。
退職願だけを送るのではなく、非礼を詫びる一文を添えるのも、一応、常識です。
休職中は、会社側がnohiti04さんの雇用保険や厚生年金などの経費も負担しているという点も、頭の片隅には入れて置かれた方がいいでしょう。

「退職願」を受け取ると、おそらく電話連絡など、何らかのリアクションが会社側からあると思いますので、最低限、この連絡に対する応対は、ご自身でされる必要があると思います。
「受理しました」と言われるか、「解雇」を告げられるか、「罵声!」を浴びせられるかは分かりません。
いずれにしても、ここで再度非礼を詫びれば、最低限の形にはなると思います。

後になって、「自分が甘え過ぎてたのかな」と後悔しない事が、一番大切だと思いますよ。
すっきりとした気持ちで、新しいスタートが切れるといいですね。

nohiti04さんのお気持ちはお察しします。
お察しした上で、経験上、まずお伝えしておきたい事があります。
どんなに嫌な思いされた会社であっても、ご自身で「最善の礼は尽くした」と思えるような形で退職してください。
「逃げるようなまね」「後足で砂をかけるようなまね」は、長い人生の中でめぐりめぐって、思わぬ形で自分自身に降りかかる事もあり得ます。
それを踏まえた上で、ご自身で最善策を考えられるのが一番いいとは思いますが、一応、具体的な提案をさせて頂きます。

まず、退職する際は、会社の規...続きを読む

Q傷病手当金が貰えない!?

私の就業中の健康保険被保険者期間は2年2ヶ月。
1/16~2/15まで未消化有給休暇を使って通院・療養をしていました。
今もなお通院治療中です。

退職日は2/15でしたが有給休暇扱いです。

職場パワハラによる適応障害で就労不可能と医師の診断が出たからです。

この場合は傷病手当金は給付されないのですか?

ある質問サイトで『退職日が有休だと給付対象にならない』との情報を目にしたことがあります。
その人も勿論かなり困っていました。

病気療養中で今でさえ既に多額の医療費がかかっているため納得できません。

傷病手当の申請が通るか、また、無理な場合の救済措置があるのか、気が気でなりません。


長文失礼致しました。
ご回答をお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ですから前回回答したように。

傷病手当金を受給するためには、まず3日連続して休職します、これを待期期間といってこの3日間は傷病手当金は支給されません。
そして次の4日目から傷病手当金が支給されることになります。
もちろんこの期間に対する質問者の方が就労不能であるという医師の意見書が必要です。
またこのように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書があれば継続給付といって傷病手当金が支給されます、ただし退職時に健康保険の被保険者期間が1年以上あることが条件です(支給される期間は最初に支給されてから1年6ヶ月です)。

傷病手当金の受給には出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類あるいは会社の記載がいるので会社の協力が必要です。
また医師の就労不能と言う証明も必要です。
具体的には健保から申請書の用紙を貰って、その用紙には医師の意見を書く部分がありそこに就労不能と言う意見を書いてもらいます、あとは会社の証明する部分は会社が記載して、出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類を付けて健保に提出します。
医師に意見を書いてもらうのは病院で質問者の方自身がやらねばなりませんが、他のことは通常は会社の総務辺りがやってくれるものです。
ですからそれをやってくれるように、会社に協力を申し入れるのです。
それが健保で認められれば途中で退職しても継続給付と言う形で傷病手当金は支給されます、その期間は支給開始から最大で1年6ヶ月です。

それから失業給付についてですが。
失業給付の受給の条件の一つは働ける状態にあるということです、一方傷病手当金は働けない状態であることが前提です。
ですから傷病手当金を受給していれば、失業給付は受給できません。

そういう場合には、安定所へ受給期間の延長をします、最大3年(本来の1年と併せて4年)の延長が出来ます。
そして病気が良くなり働ける状態になったときに、仕事を探すのであれば失業給付を受けることが出来ます。
手続きとしては退職後30日を過ぎてから1ヶ月以内に雇用保険者証と離職票を持って安定所へ行き申し出てください(医師の診断書もいると思います)。
代理人に依る書類の提出あるいは郵送に依る提出が認められています。
そして働けるようになったら受給の手続きをします(このときも医師の診断書がいるはずです)。

ということであり、有給休暇に関しては

重要なのは在職中に受ける傷病手当金と退職後に受ける継続給付の傷病手当金の違いです。
前述のように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書があれば継続給付といって傷病手当金が支給されます。
ですから在職中に有給休暇を使えばその期間は傷病手当金は支給されません、しかし有給休暇であろうと休んでいれば退職後に継続給付として支給される条件は揃っているということです。
つまり有給休暇の場合は支給される条件は揃っているが、給与が出ているので傷病手当金は支給されないと言う解釈なのです。
ですから有給休暇で在職中に休んでいても傷病手当金の請求を健保にすることです。
ただ繰り返しますが傷病手当金は出ませんよ、有給休暇で給与をもらっているからです。
すると貰えないのなら請求する必要はないと考える人がいますがそれは大間違いです、もらえなくても請求を出すことによって退職後に継続給付が支給される条件がそろうと言うことになって退職後に継続給付が受けられるのです、もらえないから請求しなくていいということで請求をしないと支給される条件が満たせず退職後の継続給付は受けられません。

と言うことです。

>この場合は傷病手当金は給付されないのですか?

ですから継続給付は受けられます。

>ある質問サイトで『退職日が有休だと給付対象にならない』との情報を目にしたことがあります。

それは間違いであり、このサイトの回答でもそういう誤答が非常に多いのです。
ただ前提として提出した傷病手当金の申請書を健保が傷病手当金に該当すると認めた場合です、可能性としては低いですが健保が検討して却下するというケースもゼロではないですから。
ですから本当は健保が認めてから退職したほうがより良かったということです。

ですから前回回答したように。

傷病手当金を受給するためには、まず3日連続して休職します、これを待期期間といってこの3日間は傷病手当金は支給されません。
そして次の4日目から傷病手当金が支給されることになります。
もちろんこの期間に対する質問者の方が就労不能であるという医師の意見書が必要です。
またこのように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書があれば継続給付といって傷病手当金が支給されます、た...続きを読む

Q適応障害を理由に退職をしました。

私は先日、正社員で入社したばかりの会社を適応障害を理由に退職をしました。年齢は29歳の男です。上司の理不尽な言葉や頭を毎日のように叩かれる等のストレスから精神科に行き、適応障害と診断された時は複雑な気持ちになりました。自分が悪いのだと反省をし、出社をしようとしましたが出来ませんでした。このままでは今よりひどい状態になると思ったのと、私の年齢で次の仕事が厳しいと考えましたが、悩んだ結果退職をしました。現在も精神状態が安定していないのですが、快復する方法はありますでしょうか?参考までに皆様のご意見を頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

お身体は大丈夫でしょうか?
お気持ち分かります。
私(女です)も似たような経験がありまして、毎日先輩(男性)から『バカ・デブ・ブス』や『役立たず』『辞めろ』等の言葉を言われ、意味もなく叩かれ、他の先輩も黙って(たまに笑って)見ているだけで助けてくれず、怒りや悲しみを堪えて仕事をしている時期がありました。
当然病みますよね。
出来ない事は自分が一番分かっていますから。
そしてもちろん耐えきれず辞めました。
きっと誰だって辞めると思います。
あなたはまだ29歳ですし、あなたより年上でも仕事を探している方は居ます。
焦ったり無理する事は避けて、落ち着いた頃に改めて仕事を探してみてはいかがでしょうか?
今はまだ出来ないと思いますが、時間が経てば変われます。
辛い記憶って忘れようとしてもなかなか消えませんけど、そのぶん他人に優しく出来る力は出来たはずですよ。
次は焦らずゆっくり自分に合った職場を探してみてください。
今は不景気で仕事を選ぶ余裕なんてないと言われますが、自分自身が元気で居なければ何も始まらないです。
あなたが生きていく事で、一番大切なものはあなた自身だと思います。
とりあえず、今はゆっくり休んでくださいね!

偉そうにすみません。

お身体は大丈夫でしょうか?
お気持ち分かります。
私(女です)も似たような経験がありまして、毎日先輩(男性)から『バカ・デブ・ブス』や『役立たず』『辞めろ』等の言葉を言われ、意味もなく叩かれ、他の先輩も黙って(たまに笑って)見ているだけで助けてくれず、怒りや悲しみを堪えて仕事をしている時期がありました。
当然病みますよね。
出来ない事は自分が一番分かっていますから。
そしてもちろん耐えきれず辞めました。
きっと誰だって辞めると思います。
あなたはまだ29歳ですし、あなたより年上で...続きを読む

Q病気で退職後の失業保険について

身体を壊してしまい、しばらく休職していたんですが、会社に迷惑をかけるので、退職しました。
この場合失業保険は待機期間なしでもらえるんでしょうか?
それとも医師にもうしばらくは働けないという診断書を書いてもらったほうがいいのでしょうか?診断書があれば直ぐに失業保険がもらえると聞いた事があるので…

病気の方はほぼ治りかけなので、医師に働けるか働けないか自分で伝える感じだと思います。
先週はそんな感じで聞かれたので。

全くわからないので、どうか皆様の知識をかしてください。
よろしお願いします。

Aベストアンサー

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしていることになります。

保険は、就職の意欲がある方に対して支給されますので、次の方には、資格があっても、受給できません。
(1)病気や怪我の為に、すぐには就職できない時。(労災保険の休業補償、健康保険の傷病手当金などの支給を受けている場合も含みます)
(2)妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できない時
(3)定年などで退職して、しばらく休養しようと思っている時
(4)結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができない時
(5)自営をはじめた時。(準備を開始した段階を含む。収入の有無を問いません)
(6)新しい仕事に就いた時(アルバイト、パート、派遣、見習い・試用期間、研修期間を含み、収入の有無を問いません)
(7)会社・団体の役員に就任した時。また、現在役員に就任している場合(事業活動及び収入がない場合(名前貸とか)にはハローワーク窓口で相談)
(8)学業に専念する時
(9)就職することがほとんど困難な職業や労働条件(賃金・勤務時間など)にこだわり続ける時
(10)雇用保険の被保険者とならないような短時間就労のみを希望する時
(11)親族の看病などですぐには就職できない時
このように、再就職に向けて前向きな活動ができない場合には支給してもらえないようになっています。

うつ病などが理由で会社を退職した場合にはどうなるのかというと、やはり支給はありません。
ただし、受給期間の延長を申請することができるので、うつ病が克服できて働けるという状況になった場合には問題なく支給してもらえます。

貴方の場合は、働く意欲があると、判断されれば受給できますが、自己都合退職ですから、手続き終了後、約4か月後に受給開始となります。ハローワーク紹介の事業所に就職されたなら、条件を満たせば、就職祝い金が支給されます。

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしている...続きを読む

Q退職した後に傷病手当金を請求できますか?

はじめまして。質問させてください。うつ病中に休職していたのですが、傷病手当の事を知らずに退職してしまいました。退職後には請求できないのでしょうか?

Aベストアンサー

中小企業で労務をやっている者です。

傷病手当金の時効は2年です。期間内であれば請求は出来ます。

ただ、医師の証明が必要になりますので、
病状によっては書いてくれない場合があります。

また、在職期間中から病気だったとの証明になりますので、
会社側の証明も必要になります。

うつ病を患っている貴方には大変労力のいる作業になると思います
無理せず体調の良いときに手続きを行って下さい。

Q適応障害で会社を辞めたいのを理解してほしい

いきなりの質問申し訳ありません。

私は32歳男性で、先週くらいから体調を崩し
今週の火曜日に精神科で『適応障害』と診断されました。

原因は仕事だとお医者さんも仰っており
昨日、嫁にこういう事情で会社を辞めたいと伝えたところ

明日から会社へ行き働くように言われました。

いろいろと相談したのですが、どうしても辞めたいと伝えたのですが
『辛いのはわかるけど、皆辛いんだし
休んでいると余計に出社できなくなるよ?』
『辞めるなら次の就職先見つけてからじゃなきゃ・・・』
と、懇願されました・・・。

嫁も心を鬼にして、私の為に言ってくれているのはわかるのですが
どうしても辞めたいことを伝えると
『じゃあ相談の意味がないじゃない、自分でもう決めているんなら・・・』
と捻くれてしまい・・・
泣きならが、行って欲しいと言われて
負けてしまい、『明日から行く』といってしまいました。


正直、『やっと辞めれるんだ・・・』と思ってたことから一変
『明日、また会社にいかなければいけない』と考えてしまうと
体調がさらに悪くなり、頭痛、不眠がひどくなり
現時刻まで起きております。

冷静に考えると、やはり無理だと考えているのですが、
どうやって嫁を説得したらよろしいでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

いきなりの質問申し訳ありません。

私は32歳男性で、先週くらいから体調を崩し
今週の火曜日に精神科で『適応障害』と診断されました。

原因は仕事だとお医者さんも仰っており
昨日、嫁にこういう事情で会社を辞めたいと伝えたところ

明日から会社へ行き働くように言われました。

いろいろと相談したのですが、どうしても辞めたいと伝えたのですが
『辛いのはわかるけど、皆辛いんだし
休んでいると余計に出社できなくなるよ?』
『辞めるなら次の就職先見つけてからじゃなきゃ・・・』
と、懇願されました・...続きを読む

Aベストアンサー

貴方って本当に優しい方ですね。自分が「適応障害」である事の症状、頭痛、不眠、等を奥様に訴える事、奥様が「辞める前に次の職場を決めて辞めろ」と言うのは経済的な面ですが、貴方自身はこれだけの症状がありながら次の職場で働く事は出来ますか?出来ないでしょう?お金が大事か、体が大事か、そう思ったら奥様を連れて精神科の担当医に合わせて、説明してもらう事、奥様が納得するまで、その上で今後貴方が働けないとの前提で、どう収入を確保して行くのか、という問題になると思います。現時点で奥様は貴方が病気である事を理解していないです。ずる休みとしか思ってないです。これは長期療養が必要です。頑張って下さい。

Q傷病手当受給中の各種保険、年金、所得税金、住民税はどうなるのでしょうか

傷病手当受給中の各種保険、年金、所得税金、住民税はどうなるのでしょうか?
また、財形貯蓄や持ち株会などの積み立て類の支払いはどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

補足された質問の考え方で合っています。

傷病手当金は、健康保険法
「第六十二条  租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金品を標準として、
課することができない。」
の適用となり、所得税で差し引かれることはありません。

傷病手当金の性質がそもそも所得が無い期間の最低限の生活保障ですから
そこに所得税を課す、というのは給付の目的に反するわけです。

Q適応障害で休職する人は今時珍しくない?

社会人です。仕事を休みがちになったため、上司から内科を受診して診断書を出すように言われました。

内科では検査値にも異常はありませんでした。ただ、これまでの症状や経過を述べたところ、「職場のストレスによる適応障害だと思う」と言われ、できれば転職を考えたほうがと言われました。また、適応障害の診断は内科としては下せないので、今仕事を休んでいる理由づけや今後の休職を希望するためにその診断が必要ならば、心療内科の受診を勧めると言われました。

上司からは内科を受診せよと言われただけなのと、もし心療内科を受診して本当に「適応障害」と診断されたら心理的に抵抗があるため、とりあえず内科の診断書のみをもらってきました。

しかし、現代社会では「適応障害」になる人もきっと珍しくないですよね?それならばやはり心療内科を受診して「適応障害」と診断してもらい、仕事は1カ月くらい休んでその間に傷病手当金の請求を一度だけして、その後フェードアウトするように退職してその後しばらく手当金を受給し続ける・・・ほうが転職活動にも余裕がもてるかな?との考えも浮かびます。

実際のところ、会社に「適応障害」の診断書を提出する人は珍しくない=偏見はそんなにもたれない、でしょうか。心療内科も受診するか、内科だけにしてさっさと気持ちを切り替えるか(でも貯金は減りますね・・・)、迷っています。

社会人です。仕事を休みがちになったため、上司から内科を受診して診断書を出すように言われました。

内科では検査値にも異常はありませんでした。ただ、これまでの症状や経過を述べたところ、「職場のストレスによる適応障害だと思う」と言われ、できれば転職を考えたほうがと言われました。また、適応障害の診断は内科としては下せないので、今仕事を休んでいる理由づけや今後の休職を希望するためにその診断が必要ならば、心療内科の受診を勧めると言われました。

上司からは内科を受診せよと言われただけな...続きを読む

Aベストアンサー

公務員やそれに準ずる立場(独立行政法人など)の場合は退職させることはほとんど無いので、気楽に休職して治療に専念して下さい。
他のお答えにもありますが、少なくとも半年は休職することになるでしょう。
また、忙しくない部署への異動も希望により認められることが多いです。

ただ、一度退職したら再就職はかなり困難だと思って下さい。
この不況時に、同じく障害を持つ求職者はたくさんいます。
障害者枠で採用されても契約職員(早い話パート)がせいぜいです。

Q自己都合による退職 特定理由離職者になる為には?

約5年勤めた会社を今月退職します。
以下についてご教示いただければ幸いです。

Q1
数ヶ月間、耳の不調が続き日常生活にも支障をきたしたので、病院へ行ったところ、医者に「突発性難聴」と診断されました。ストレス・睡眠不足も原因になるということなので大事を取って、会社を退職することにしました。
診断書の附記欄には「・・・・約2週間の精査か療を要する」と記載されています。

この内容で、「特定理由離職者」のやむを得ない理由(聴力の減退)の範囲として判断してもらえるのでしょうか?


Q2
社員が「特定理由離職者」になった場合、会社側は「助成金」が受けられない?など会社側のマイナスとなることはあるのでしょうか?

小さな会社なので、会社側が離職票に「自己都合」と書かれた所に、こちらが「異議あり」とすることが、精神的に難しい状況です。。(何を言われるか・・・)
また、本人も自己都合で異議なしとした場合でも、ハローワークの窓口で、実は病気が原因でやむを得ない状況だったので退職しました。と言えばくつがえるのでしょうか?

分かり難い内容で恐縮ですが
どなたか助言をいただければ幸いです。

約5年勤めた会社を今月退職します。
以下についてご教示いただければ幸いです。

Q1
数ヶ月間、耳の不調が続き日常生活にも支障をきたしたので、病院へ行ったところ、医者に「突発性難聴」と診断されました。ストレス・睡眠不足も原因になるということなので大事を取って、会社を退職することにしました。
診断書の附記欄には「・・・・約2週間の精査か療を要する」と記載されています。

この内容で、「特定理由離職者」のやむを得ない理由(聴力の減退)の範囲として判断してもらえるのでしょうか?


Q2
社...続きを読む

Aベストアンサー

的を得ない回答ばかりが続いていますが、きちんとした判断基準があります。
それ(以下URLのPDF)を見ていただいたほうが早いと思います(PCからごらん下さい)。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/pdf/03.pdf

7ページ目をごらん下さい。

あなたの場合でしたら、「突発性難聴により勤務継続が困難であり、かつ、そのことを配慮した上の配置転換・業務内容変更をもってしてもなお勤務継続が困難である」との「2つの条件をともに満たす」ことが必要で、かつ、医師の診断書によって「勤務の継続は困難である」と客観的に証明してもらうことも必要です。

要するに、自分で勤務継続が困難だからやめた、というのでは、単なる自己都合退職に過ぎません。
辞める前に、まず、傷病や障害に配慮した配置転換や業務内容変更が行なわれることが前提で、それをもってしても傷病や障害が重いために退職せざるを得ない、としたときに、そこで初めて、特定理由離職者として認められる可能性が出てくるのです。
そして、なおかつ、そのこと(「配置転換や業務内容変更を行なってたとしても、傷病や障害ゆえに職務に耐えられない」ということ)を医師の診断書で証明しないとなりません。

あなたが書かれている内容を拝見するかぎり、これらのことを満たしてはいません。
であれば、特定理由離職者とはなり得ないと思います。
 

的を得ない回答ばかりが続いていますが、きちんとした判断基準があります。
それ(以下URLのPDF)を見ていただいたほうが早いと思います(PCからごらん下さい)。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/pdf/03.pdf

7ページ目をごらん下さい。

あなたの場合でしたら、「突発性難聴により勤務継続が困難であり、かつ、そのことを配慮した上の配置転換・業務内容変更をもってしてもなお勤務継続が困難である」との「2つの条件をともに満たす」ことが必要で、かつ、医師の診断書によって「勤...続きを読む

Q転職活動、在職中の会社、適応障害で悩んでます

30代の会社員です。
昨年から業務過多と仕事のプレッシャーでなどで体調を崩しやすくなっていたのですが、先週、体調と自分の精神状態に違和感を感じて心療内科で診察したところ適応障害と軽度のうつ病と診断されました。医者からはできれば休職してほしいと言われました。上司にはその診断を伝えたところ、とりあえず1週間ほど休暇をもらうことができ、その後、自分がどうしたいのかを伝えることになりました。本当であれば休職するのが自然の流れなのですが、ちょっと複雑なのです。

実は昨年後半から転職活動をしていました。今年1月にある会社の1次面接が受かり、あと数日後に最終面接にのぞむことになりました。しかし、最終面接の結果が出る前に休暇期限も過ぎるため、会社に出て今後自分がどうしたいのかを伝えなければなりません。

今の会社を3月末でやめることは決めています。病気になった原因は今の会社であることは自分では認識していますが、お世話になった会社なので円満退社というレベルでなくても、出来る限りの引き継ぎなどのケジメをつけて辞めたいのです。今の自分は会社ではある程度のポジジョンなので1カ月ではやめられないと思います。最低2カ月は要すると思います。これまで他の退職者もだいたい2カ月だったはずなので。転職先の内定は決まってはいませんが、もし内定が決まった場合、4月には入社してほしいと言われています。

そこでで、色々と悩んでいることや分からないことがあります。

●在職している会社に何をどう報告・説明しようか悩んでいます
(1)3月いっぱいで退職することを前提に、2月いっぱい休職、3月で引き継ぎをして退職(転職先が決まらなくても)
(2)休職をしないで、2月から引き継ぎなどしたあと3月末で転職先が決まらなくても退職(在職中は仕事の見直し、勤務制限を設けてもらう)
(3)転職先の内定が決まるまで転職活動がばれないように今の会社で働く(在職中は仕事の見直し、勤務制限を設けてもらう)
…など、色んな選択肢があり、どうしたらいいのか迷っています。

●1カ月休職した場合、転職先に心の病気であることがばれるのか?(源泉徴収票提出とか?)

●転職先の内定が決まった場合、転職先と在職している会社で何かしらのやりとりは発生するのでしょうか?

●休職中に転職先の内定が決まった場合、現職の会社に転職が決まったことを伝えなくていいのでしょうか?休職しているのに転職活動していたのか?と言われそうなので。。

本当であれば内定が決まって退職します…と伝えられたらいいのですが。。
一ヶ月くらいは治療に専念したいので休職したいのも本音です。。
なんだか自分自身何をどうしたらいいのか整理できていない状態です。
ぜひみなさんのご意見を教えてもらえると助かります。

30代の会社員です。
昨年から業務過多と仕事のプレッシャーでなどで体調を崩しやすくなっていたのですが、先週、体調と自分の精神状態に違和感を感じて心療内科で診察したところ適応障害と軽度のうつ病と診断されました。医者からはできれば休職してほしいと言われました。上司にはその診断を伝えたところ、とりあえず1週間ほど休暇をもらうことができ、その後、自分がどうしたいのかを伝えることになりました。本当であれば休職するのが自然の流れなのですが、ちょっと複雑なのです。

実は昨年後半から転職...続きを読む

Aベストアンサー

●在職している会社に何をどう報告・説明しようか悩んでいます

最近は、精神障害での労働災害認定も得やすくなりつつあります。
すなわち、精神障害であることをカミングアウトすると共に、「病気になった原因は今の会社であることは自分では認識しています」と伝えれば、ぶっちゃけ会社としては腫れ物扱いで。
「一応、労基署にも相談しようかと・・」とでも付け加えりゃ完璧。
その状況で辞意を伝えれば、会社は引継ぎだの何だとの言わず、諸手を挙げて「どうぞ!」と言うでしょう。

あるいは、休職からそのまま退職と言うのも一般的です。
病気による休職は、就業困難なワケで、引継ぎも就業ですから。

●1カ月休職した場合、転職先に心の病気であることがばれるのか?

基本的には告知しなければ、調べる術はありません。

精神障害の労災認定件数の増加に伴い、採用に際し精神障害の既往歴を気にする会社が増加中であることは確かで、バレたら、まともな会社は採用を見送るでしょう。

弊社では、社労士の指導で、精神疾患を含め既往歴,通院歴に関しては、「上記に間違いありません」と言う書類作成の上、本人の署名を貰います。
言うまでも無いですが、後日、精神疾患による労働トラブルがあった場合、虚偽告知,告知義務違反等で防衛する目的で、そう言う会社も増えているとは思います。

「軽度のうつ状態」くらいなら、告知義務違反にはならないと思いますが、「軽度のうつ病」「適応障害」だと、告知しなければ、義務違反や虚偽告知になります。
ただ・・・再発さえしなければ、トラブルも発生しませんので、その場合は、たとえ虚偽告知であっても、その事実は判りませんけどね。

道義的な問題と、トラブル時は法律問題も含みますが、正直に告知した場合は、採用は非常に厳しいです。
そこら辺りは、ご自身で良く考えて下さい。

●転職先の内定が決まった場合、転職先と在職している会社で何かしらのやりとりは発生するのでしょうか?

前職調査などと言われるもので、法律では禁じられています(就職先からの問い合わせに、前職側が回答することが問題です。)から、まあ、それほど心配する必要はないと思います。
ただ、取引関係があったり、間接的でも共通の取引先とか、何らか繋がりがある場合など、水面下で連絡があるケースも、珍しくはありません。

●休職中に転職先の内定が決まった場合、現職の会社に転職が決まったことを伝えなくていいのでしょうか?

法律上、告知義務はありませんし、在職中の求職活動も禁じられていません。
むしろ、就職,転職が簡単では無い時代なので、次の就職先を決めて転職などは、もはや一般的と言って良いかと思います。

●在職している会社に何をどう報告・説明しようか悩んでいます

最近は、精神障害での労働災害認定も得やすくなりつつあります。
すなわち、精神障害であることをカミングアウトすると共に、「病気になった原因は今の会社であることは自分では認識しています」と伝えれば、ぶっちゃけ会社としては腫れ物扱いで。
「一応、労基署にも相談しようかと・・」とでも付け加えりゃ完璧。
その状況で辞意を伝えれば、会社は引継ぎだの何だとの言わず、諸手を挙げて「どうぞ!」と言うでしょう。

あるいは、休職からそのま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング