南スーダンのJICA関係者救出のニュースがありましたが、けっきょく自衛隊の輸送機は使わずに「チャーター機」で無事脱出したとのこと。自衛隊の飛行機が行かない(行けない?)危険地域に飛ぶこの「チャーター機」って一体どこの会社なんでしょうか。
検索しても全く出て来ません。
民間軍事会社? 
それとも他国に頼んで軍用機をチャーターしたってこと?

A 回答 (4件)

南スーダンは元々英国領だった地域ですね。

このようなところはいまだに旧宗主国と結びつきが強いのが特徴です。

アフリカには100人乗せられるようなチャーター機はないでしょう。飛行機はあってもそれを飛ばせるパイロットもすぐには探せないはずです。

したがって、英国またはフランスあたりのチャーター機会社に連絡して必要な機材とパイロットを確保したのだと思います。地中海を跨げば数時間で到着できます。

日本では信じられませんが、外国特にアメリカ・フランスあたりには軍人上がりで紛争地帯で輸送機や哨戒機などを飛ばしたことがあるパイロットがたくさんいます。危険手当を払えば、危険な場所でも飛んでくれます。
 飛行機は落ちても乗客の保障はしない、逆に落とされた場合の保証はJICA(日本政府)がする、というような条件をだせば、パイロット同様飛行機を出してくれるチャーター会社はそれなりにあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。機体はお金の問題なので日本政府が保証するのは問題無いでしょうし、先進国の元軍人で身元がはっきりしているパイロットが確保できれば-あり得そうな話ですね。リスクを取れない日本人と、生死も含めてリスクに値段を付けられる欧米人、全く違うなあと改めて思います。

お礼日時:2016/07/15 07:07

使われたのはC-130の民間型のL-100だという話を聞きました。

これだと南アフリカあたりの民間航空会社が保有しています。またあちらのパイロットは軍人あがりも多いので、払うものさえ払えば受けてくれるんじゃないですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。欧州だけでなく南アにもそのような会社・パイロットはいるのですね。

お礼日時:2016/07/18 23:23

テレビでは、医療設備が付いているので、政府専用機でなく小型ジェットをチャーターしたと言っていました

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。医療設備付きとは緊張感が伝わりますね。

お礼日時:2016/07/15 07:00

自衛隊が行く前にJICAが自力で、民間航空会社をチャーターしたそうですよ



あと辺を飛ぶ、民間機だとウガンダ航空でしょう
http://www.akdn.org/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。防衛省と外務省の縦割りもありそうですね。

お礼日時:2016/07/15 06:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング