ステンレスの鍋を綺麗に磨きたい。

A 回答 (4件)

用意するのは家の中で一番大きな鍋。

ここに水を半分ほど入れ、重曹を入れた沸かす。
沸かした鍋に汚れを落としたい鍋を入れ10分ほど沸かす。そのまま一晩放置。
後は歯ブラシなどで汚れた部分をこすり、全体をスポンジで磨けば綺麗になります。

汚れが酷くない時は、重曹ペーストを歯ブラシで汚れた部分をこする。後は全体をスポンジで磨けば綺麗になります。
汚れが落ちない時は重曹ペーストを塗って10分ほど放置してください。


http://eaterior.exblog.jp/12075547
    • good
    • 0

メラミンスポンジで綺麗になります。


台所の流しなどもこれで磨いています。
水だけで良いので楽ですね。
    • good
    • 0

研磨剤 ホーミング クレンザー(液体タイプ) 400gが、使いやすいです。

研磨剤の粒子が小さいので、傷がつきにくいが、あまりこすると、筋が入ります。
なお、こびりついた汚れがあれば、一度水を入れて、沸騰させると、柔らかくなり取れやすいです。
    • good
    • 0

雑巾でゴシゴシ



どれぐらいピカピカにするのですか?網の目の大きさは?網の線は直線ですか?線径は?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水垢取りの洗剤を薄めずに使ったらステンレスに蛇口は綺麗にすぐに綺麗になりました。ついでにホーローの洗

水垢取りの洗剤を薄めずに使ったらステンレスに蛇口は綺麗にすぐに綺麗になりました。ついでにホーローの洗面ボールを原液で洗いすぐにお水で綺麗にしましたが乾いたの見ると筋のようになっていました。またステンレスの下のタイルも少し白くなってシミの様になってしまいました。元どおりに治す方法はありますか?教えてください。洗剤はプロの方も使われる酸性の液体です。

Aベストアンサー

元には戻りません

ピカールで磨いてください
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%94%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB&hl=ja&source=univ&tbm=shop&tbo=u&sa=X&ved=0ahUKEwiwm_zd9c3TAhUMzbwKHSxaAgsQsxgIKA


プロ用の酸性の洗剤を薄めずに使えば、表面の酸化被膜が取れちゃった状態になりますので、元には戻りませんよ。
それを研磨剤で磨いて段差(筋)を無くして目立たなくするぐらいしかありません

表面が侵された状態ですので、毎回、洗ったらすぐにドライヤーで乾燥させてください、水が触れた状態にしておくと、すぐにまた色が付着しますよ

Qアルミ鍋とステンレス鍋の違いについて教えて下さい!

アルミ鍋とステンレス鍋の違いについて教えて下さい!

Aベストアンサー

はじめまして

少し誤解があるようなので書き込みます

アルミは安いというのは間違いです。
確かに素材の原価はステンレスの方が高いですが、販売価格に大幅に影響するほど差はありません。
ステンレスも安物はあります。

光らないという声もありますが、これは表面処理の違いでアルミも顔が写るくらい磨くこともできます。ステンレスの方が鏡の用に綺麗になるのは確かです。

熱伝導・蓄熱性については♯2さんの通りでよいでしょう。

アルツハイマーについては、数年前は「否定」されていましたが、現在は違います。

アルミ成分は、確かにアルツハイマーを引き起こす原因の一つというのが、かなり濃厚になっています(否定から肯定に向かっています)

ただ、アルミ鍋でアルツハイマーになるというのが、ほぼ否定しても良いでしょう。
鍋から摂取するアルミの成分は、すごく微量です。アルミの鍋を使っているから発症するとは考えられないと言うことです。

むしろ、胃薬・食品・その他でのアルミの摂取の方が多です(アルミ鍋は比になりません)

jin-24さんの質問から大分はずれました。ごめんなさい。

はじめまして

少し誤解があるようなので書き込みます

アルミは安いというのは間違いです。
確かに素材の原価はステンレスの方が高いですが、販売価格に大幅に影響するほど差はありません。
ステンレスも安物はあります。

光らないという声もありますが、これは表面処理の違いでアルミも顔が写るくらい磨くこともできます。ステンレスの方が鏡の用に綺麗になるのは確かです。

熱伝導・蓄熱性については♯2さんの通りでよいでしょう。

アルツハイマーについては、数年前は「否定」されていましたが...続きを読む

Qアルミ鍋か ステンレス鍋か

最近、インドカレーの特にキーマカレーに凝っています。

玉ねぎや挽肉等の細かく切った材料を鍋に入れて炒めたり煮たりするのに
アルミ鍋とステンレス鍋のどっちが向いているのでしょうか。

インド人シェフさんのHPでは、アルミ鍋で作っているようで
あのカリカリと音をさせて作っている感じが好きです。

Aベストアンサー

こんにちわ#2です
裏技と言っても自然解凍より少し早い程度です^^;
レンジに比べれば比べものになりませんが...
とりあえず簡単な実験ができます
氷1個をテーブルやお皿の上に置くのとアルミの上に置いて状態を見比べてください
だいぶ違うと確認できるはずです..
調理までに時間あるならこの解凍方法は有だと思います
あと鍋ですが料理人の使って鍋はおっしゃるとおり柄もアルミですので
掴み用のタオルが必要ですね
でもあの手のアルミ鍋とか円柱形のアルミ鍋はアルミ素材も厚くて
時間をかけて煮込むのには適してます
ただ家庭では扱い辛いかもですね
それを考えると雪平鍋もありかと思いますが
雪平を選択するならばステンの手鍋もありかなぁと私は思います
それは雪平は専用の蓋がないからです
煮込みはできれば蓋ができるものが良い(熱効率やガスや電気代金考えると)と思います
なんか変な回答になってすみません^^;

Qステンレス鍋とアルミ鍋、どっちが使いやすい?

いま、ステンレス製の片手鍋を1つ持っているのですが、
お料理を同時進行させるためにもう1つ鍋を購入しようと
考えています。

ステンレス製の鍋は保温力&ふたの密閉力?が高くて、煮物には
向いていると思うのですが、すこし重い感じがします。
ですので、アルミ製は軽そうなので使いやすいのかな?でも
使ったことがないので、思わぬ欠点もあるのかも・・など
迷っています。

ステンレス製の鍋とアルミ製の鍋は、どちらが使いやすいと
思われますか? メリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デメリット
・熱伝導が悪い
・重い(軽い物もありますが、薄すぎると調理にむいていません)
思わぬ欠点は、中国製などで非常に安い物は錆びたりすることもあります。
板厚が薄すぎると炎があたっているところが焦げやすいです。

アルミニウム
メリット
・熱伝導がよい
・軽いので扱いやすい
デメリット
・ステンレスよりやわらかいのでぶつけたりすると、へこみやすい。
・ステンレスと比べると保温性が低い。
思わぬ欠点は、板厚の極端に薄い物・その地域の水道水の塩素濃度が高いという条件がそろうと、「腐食」という現象を起こし、穴が開くことがまれにあります。

結果的には、みそ汁など短時間で簡単な料理はアルミニウムで、長時間煮込むような料理はステンレスで、というような感じです。

どちらにもいえるのは、購入するのであれば「国産」のもので、板厚は最低1mm以上あるものがよいと思います。

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デ...続きを読む

Qステンレス厨房を磨く方法は?

人から譲り受けたステンレスの厨房機器や作業台など、かなりのサビや汚れがあります。
台数もそこそこあり、長年の汚れも酷いので、自分一人で作業するのはかなりの労力を要すると思います。
とりあえず、ケルヒャーを購入して洗おうと考えていますが、サビなどは取れません。
何か良い道具や方法はないでしょうか?
当方、大工作業を得意としているので、後で他用途に使いまわせるものを購入したいです。

Aベストアンサー

電動ドリル?の先につけて使ってる人がいましたよ。
http://shimada.cside.com/NotesDocs/C_Polisher.html
詳しくはホームセンターなどで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報