プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

ある英文を読んでいて分からないところがありました。下記にその文を引用します。

The gradual change of signification in words is a universal feature of human language; and it is not difficult to see why it is so.Even the richest vocabulary must, in the nature of things, be inadequate to represent the inexhaustible variety of possible distinctions in thought.We can meet the continually occurring necessities only by using words in temporary deviations from their ordinary senses.The dullest and most prosaic persons do this, of necessity and often unconsciously; those who have wit and imagination do it more freely and more effectively.Very often these novelties of meaning do not survive the temporary occasion which gave them birth; but when a new application of a word happens to supply a generally felt want it becomes a permanent part of the language, and may in its turn, by a repetition fo the same process, give rise to other senses still mnre remote from the original meaning.Sometimes the primary sense remains in use along with the senses derived from it; sometimes it dies out, so that the word has exchanged its old meaning for a number of new ones.

この文中の Very often these novelties of meaning do not survive the temporary occasion which gave them birth の部分は「非常に多くの場合において、こうした真新しい意味は、それらが生まれた一時的な機会を生き残らない」という訳を作ったのですが、どこか不自然に思えてなりません。とりわけ do not survive the temporary occasion の部分は「一時的な機会を生き残らない」というところが不自然に思われるので、どう訳出したら良いか教えて頂けたら嬉しいです。説明か下手で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 補足です。
    ちなみに Very often 〜 do not survive は部分否定ではないと思うのですが、どうなのでしょうか?

      補足日時:2016/07/16 12:25

A 回答 (3件)

こういう真新しい意味は、それらが生まれた一時的な機会を生き残らない。



こういう新しい意味は、それらの意味が生まれるきっかけとなった一時的な場面が終わるとともに、消え去ってしまう。

surviveのような発想は日本語にないので、意訳するしかないと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
survive という単語は 存続する、生き延びる という意味でも文脈の中ではどうしても意訳するしかないのですね!勉強になりました。

お礼日時:2016/07/17 17:06

not very, not many/much のような「あまり~ない」というのを部分否定という意味での補足であれば


この場合は not が very にかかるわけでなく、
「とてもしばしば~しない」という否定です。

Many people don't believe ~
こういう英語もそうですが、「あまり多くない」ではなく、
「多くの人が~と信じていない」です。

だから、「きわめてしばしば生き残らない」も、very との兼ね合いなど気にせず、
「生き残らない」というのを「なくなる」という表現に置き換えて
「すぐなくなってしまうことがきわめてよくある」のような訳をして問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
not very と勘違いしておりました。勉強不足でした。
survive に関してはやはり文脈上は意訳するしかないのですね!

お礼日時:2016/07/17 17:08

survive= 〜の以後も存続する。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
単に survive=生き残る と覚えていただけなので勉強になりました。

お礼日時:2016/07/17 17:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング