『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ここ、15年ほど、映画館に足を運ばなくなってしまいました。
往年の監督は多く知っていますが、最近の監督がわかりません。
知ってるのはタランティーノくらいです。

詳しい方、よろしくお願いします。
できれば注目の脚本家とカメラマンと俳優もお願いします。

質問者からの補足コメント

  • あと、細田守も知っています。

      補足日時:2016/07/16 22:47

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

とりあえず、邦画についてレスしてみます。



近年注目されている監督ですが、まず挙げられるのは園子温でしょう。奇天烈な作風で、作品によって出来不出来があるのですが、それでも「ヒミズ」や「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」といった映画は語る価値のある作品だと思います。

俳優の麿赤兒の息子で大森南朋の兄でもある大森立嗣も要チェックの監督です。若者を主人公にした作品が多いのですが、いずれも的確な内面描写で感心させられます。

山下敦弘も良い監督だと思います。独特の脱力感ある作風ですが、かなり硬派なテーマも内在させるので見応えがあります。

「アフタースクール」「鍵泥棒のメソッド」で知られる内田けんじ監督は、トリッキィな脚本の書き手でもあり、作品自体も面白くて飽きさせません。

熊切和嘉監督は、ダメな人間を描かせればピカイチだと思います。ただし、ダメさの奥底にある救いを提示しているあたりも天晴れです。

女流監督では呉美保に注目です。描写は正攻法。テーマ性も十分。まだ若いのに巨匠の佇まいを感じさせます。

同じく女流で、奥田瑛二の娘である安藤桃子監督はまだ2本しか撮っていませんが、骨太なタッチは将来が楽しみです。

俳優では菅田将暉が一番の有望株です。。。というか、彼以外に若手で演技が出来る男優は池松壮亮と染谷将太ぐらいしかいません。対して女優は粒がそろっています。ベルリン国際映画祭で女優賞を取った黒木華やヴェネツィア国際映画祭新人賞の二階堂ふみ、他に満島ひかりや門脇麦、前述の安藤桃子監督の妹である安藤サクラなど、人材が目白押しです。

外国映画についてはあまり言及できませんけど、現在間違いなく世界のトップレベルに位置している監督は、オーストリアの鬼才ミヒャエル・ハネケでしょう。カンヌ国際映画祭で大賞を2回獲得していますが、その作風は「インテリジェンスに満ちた鬼畜系」とでも呼びたいような、観客に強烈な印象を残すものです。

ハリウッド系では、個人的にはマーク・ウェブやマシュー・ヴォーンといった、ヒーロー物を手掛けながらも確実に作家性を演出している監督に注目したいですね。

俳優では、英国男優の活躍が近年目立っています。ベネディクト・カンバーバッチとエディ・レッドメインがその代表選手でしょうか。女優ではジェニファー・ローレンスやエマ・ストーンなどのアメリカの若手が頑張っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

冷たい熱帯・・・見ました。残念ながら合いませんでした。そのほかの日本の監督は未チェックです。
菅田将暉・・・CMで見て面白い俳優だと思ってました。ほかは未チェックです。
キック・アス・・・見ました。あれはアッと驚く作品でした。
教えていただいたタレントをこれからチェックしていくのが楽しみです。ベリーサンクス!!

お礼日時:2016/07/17 15:22

クリストファー・ノーラン


リドリー・スコット
リュック・ベッソン
ティム・バートン
デヴィッド・フィンチャー
ラース・フォン・トリアー
    • good
    • 0
この回答へのお礼

便利になりすぎた世の中・・・映画館のスケジュールに合わせて行くのが面倒で・・・昔みたいに途中から見れればいいのに。
教えていただいた中のリドリーとリュックとティムは良く知っておりました。ほかの監督さん・・・あー・・・あの作品の・・・って感じです。これからチェックしていきたいと思います。サンクスです。

お礼日時:2016/07/16 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング