40年先のことを考えると、リストラされるのではないか、倒産するのではないかと不安になります。考えすぎでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ストレスがたまるだけです 杞憂と言うものですよ もし そんな事になっても 大丈夫な様に 資格を持つ事です 何処に行っても


役に立つ
    • good
    • 0

>40年先のことを考えると、リストラされるのではないか、倒産するのではないかと不安になります。



「40年先」という言葉が出てくるところを見ると、10代か20代の方の質問と思います。

発想をかえましょう。
「リストラ」、「倒産」という言葉が出てくるから、サラリーマンということを前提にしていると思う。
「リストラ」、「倒産」が嫌なら、自分の実力だけで食べていけるような職業を選べばいい。

また仮にサラリーマンだとしても、どこの会社でも通用する実力を身に着ければ、リストラや倒産があっても別に怖くはない。

まだ若いんだから、もっと明るい未来を考え、それに向かって努力してください。


>考えすぎでしょうか。

はい、考えすぎです。(しかも、つまらんことを考えすぎです。)
    • good
    • 0

23歳で就職して、40年後にリストラですか。


それまで良い生活ができると思います。

今の年齢を加味して考えてみましょう。
    • good
    • 0

40年後にも、今の終身雇用制度を頑なに維持している企業なんて、ないと思ったほうがいいです。

たぶん、40歳くらいで企業が望む結果が出ているので、能力なしだと判断されると、辞めるか減給に応じるかのどちらかがもっと顕著に。親方日の丸どころでも、役職者は厳しくなります。
    • good
    • 0

先の事を見始めますとキリがありません。


40年先って考えれば長いですよ。
何がどう展開してどうなるかなんて誰も判りませんので、先を見るにしても身近な先程度にして「今」を大事に行きましょう。
    • good
    • 1

企業は人間と同じで、30年で使い物にならなくなると30年ほど前


盛んにいわれました。
あれから30年、家電メーカー、重電メーカーの凋落は
目を覆うばかりです。
平家物語ですね。日本沈没も遠くないでしょう。
考えすぎではないです。絶対倒産しないところは
失業手当もないし、年金がでるまでの天下りも苦しいですが、
40年先も何もしないで無難にすごせば親方日の丸かもしれません。
ただ日が超えるまで退社はゆるされないかも。
どんどん乗り換えていくしかないですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリフォームしたいと考えています。1500万借りて年利1%で30年で返す場合総額いくら払うのか教えてく

リフォームしたいと考えています。1500万借りて年利1%で30年で返す場合総額いくら払うのか教えてください。頭悪いのでよろしくお願いいたします。すこ太衞門。

Aベストアンサー

17,368,374円
http://www.loankeisan.com/ ここで計算できます。

Q倒産した会社をナカヤマでリフォームして住居にしたい

倒産した会社のオフィスを譲り受けました。
交通の便が良いため、リフォームをして住居にしたいと考えています。
リフォーム、リノベーションというと最初に浮かんだのは株式会社ナカヤマでした。
全国展開していますし、大きな会社なので、対応してもらえるのではないかという判断です。
ナカヤマの評判も気になりますし、そもそも、こういったオフィスビルの工事はどこに頼むのが適切かという疑問もあります。
正直言って建築関係はうとく、注意したほうが良いことなどもわからないことばかりです。

倒産した会社のオフィスは、水道やガスなどは通常通り使えますが、シャワールームなどはありません。
バスルームの追加や、トイレの交換が必要です。
キッチンも小さなものしか無く、いわゆるシステムキッチンに変えるのが必須です。
換気扇はかなり小さな古いものが付いているのみで、給湯器も給湯専用のものが備え付けてあるだけです。
その他、コンクリートなので、冬はかなり冷えるように思います。
暖房機器は設置されていますが、光熱費が気になるので、できれば省エネ設計にしたいです。
窓のサッシは比較的しっかりしていますが、当然ペアガラスではありません。
できれば間取りも変更して、住居らしくしたいのですが、壁まで変更するだけの予算は多分ありません。
それと電気工事なども必要になるのかどうかも知りたいです。

また、歓楽街が近いので、防音にも気を使いたいと考えています。
しかし、防音設備について調べてみると、小さな部屋でも数百万円かかるような例しか見つけることができませんでした。
この辺りはナカヤマ、または他のリフォーム会社に頼む際にも相談してみたいとは思うのですが、何かアドバイスが有りましたら、よろしくお願いします。

あとは倒産した会社の別利用ということで、できれば似たような体験をされた方がいらっしゃいましたら、そのあたりの角度からもアドバイスを頂けると幸いです。

倒産した会社のオフィスを譲り受けました。
交通の便が良いため、リフォームをして住居にしたいと考えています。
リフォーム、リノベーションというと最初に浮かんだのは株式会社ナカヤマでした。
全国展開していますし、大きな会社なので、対応してもらえるのではないかという判断です。
ナカヤマの評判も気になりますし、そもそも、こういったオフィスビルの工事はどこに頼むのが適切かという疑問もあります。
正直言って建築関係はうとく、注意したほうが良いことなどもわからないことばかりです。

倒産した会...続きを読む

Aベストアンサー

倒産したオフィス...w
リフォーム関連の前にクリアしないといけない問題がたくさんありそうな気がしますが、
そのあたりは突っ込まず、質問になるべくお答えします。

まず株式会社ナカヤマですが、一級建築士事務所なので、住居のリフォームであれば全般問題無いと思います。
それなりに大きな会社ですので、相談すれば適切なアドバイスをしてもらえると思います。
知り合いのつてが使えないのであれば、なるべく大きな会社にお願いするほうが無難ですね。

質問されている内容を読む限り、水回りなどかなり大掛かりな工事になるのではないかと予想されます。
特殊な部材などで、値段的にも割高になる箇所もでるかと思います。
どうしても必要な物と、妥協できるものと、よく検討されることをオススメします。
倒産したオフィスということもありますが、もともと住居として設計されていないものを直す以上は、通常のリフォームよりも予算は割高になる可能性が高いです。

例えば寝るためにだけ帰る家、お風呂は近くの大衆浴場を利用するなど、妥協が必要になるかもしれません。

断熱については建物の状況や契約にもよりますが、窓交換か内窓で対応するのが良いかと思います。
おそらくブラインドだと思いますが、夜のことを考えると、遮光カーテンのほうがおすすめかと思います(今回の内容からするとかなり瑣末なことになりますが)。

電気工事についてもナカヤマを始めリフォーム会社に相談すればまとめてめんどうみてもらえると思います。
あとは倒産した会社ということで、建物事態の老朽化も懸念されます。念のため耐震補強や防水など、メンテナンスも念頭に置いて相談してください。
特に水漏れ等がみつかるようだと、かなり大掛かりな工事になるかと思います。

防音については、窓サッシを足したり、防音材を足すだけでも足しになります。
おそらくご覧になった防音は、音楽室のような本格的なものではないでしょうかこれだと少し本気をだすだけで1000万円を超えます。
これらは音楽家などのための防音ですので、生活レベルであれば、ここまでは必要ないのではないかと思います。
予算を提示して、相談してみてください。

課題が山積みのようですので、みごと目的が達成できますよう、お祈り致します。

倒産したオフィス...w
リフォーム関連の前にクリアしないといけない問題がたくさんありそうな気がしますが、
そのあたりは突っ込まず、質問になるべくお答えします。

まず株式会社ナカヤマですが、一級建築士事務所なので、住居のリフォームであれば全般問題無いと思います。
それなりに大きな会社ですので、相談すれば適切なアドバイスをしてもらえると思います。
知り合いのつてが使えないのであれば、なるべく大きな会社にお願いするほうが無難ですね。

質問されている内容を読む限り、水回りなどかなり大...続きを読む

Q築40年の軽量鉄骨造亜鉛メツキ鋼板葺

母(60)が住む家を探しております。

年齢的にも大きなローンを組むのが厳しいので


古くても安い家を購入し
リフォームをして住む家をと考えております。

先日、17坪築40年で

建物構造が
軽量鉄骨造亜鉛メツキ銅板葺と書いてある物件を内覧しました。

気になる点は

(1)築年数が古いので耐震性が心配なのですが
耐震性をあげる工事はできるのかと
大体の金額

(2)1973年築だとアスベストの心配が高いか

(3)基礎?(家が下に敷いてる厚いコンクリート)が見える部分は何ヵ所かヒビが入っていたが
やはり見えない中の部分割れてる可能性が高いのでしょうか?

また基礎を補修する事は可能なのか
だいたいの金額も教えていただけないでしょうか…(^-^;

できれば母が住む20年間位は
もって欲しいのですが…
築40年だと厳しいですか?

素人で無知な為に教えて下さい。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

セキスイハイムなのでしょうか。その物件は止めた方が良いと思います。
セキスイハイムは特殊構造なので、一般住宅よりもリフォーム費用が高くつくのです。安く売り出されているのはそのためです。亜鉛メツキ鋼板葺の屋根材は弱いので、建物劣化が瓦屋根の住宅よりも早いのです。売り主もそれに見切りを付けたのです。

Q40W直管式の蛍光灯器具の汚れをとりたい

一般的な事務所などで使われている、40Wの直管式蛍光灯の器具を掃除したいのです。
(白くて逆三角形っぽくなっています)

表面がつるつるなので、洗剤をしみこませた布で拭けばすぐに黒っぽい汚れは取れると思っていましたが、半分もとれません。スポンジ状の「激おち君」でやってみても全くダメでした。

何か良い方法をご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

写真のようなタイプの電灯ですか?
問題の部分は半透明のプラスチックではなくて鉄板ですよね?

それでしたら自動車用の水垢落しが効果的です。
(フツーのワックスでもあり)

ウエス(ボロ布⇒使い古しのTシャツを切ったもの等)に付けてゴシゴシとやると結構いけます。

Q築30~40年経過している家のリフォームは?

築30~40年経過している家でも、リファームは可能でしょうか。
要は、建て替えが出来ない場所なので、フルリフォームして
住むしかない物件なのです。

どんなに現況の状況が悪くても、リフォームは可能でしょうか。

Aベストアンサー

基本的には建築基準法上、
一般的な住宅は四号(建築基準法 第6条より)と呼ばれ、
全く別物ともいえそうなリフォームを行っても、
特別な審査は必要ありません。
そのため設計者の判断によっては、
いかようなリフォームも可能です。

しかしながら、
この四号の要件から外れてしまう場合、
リフォームをしようとすると
建築確認申請の提出が必要な場合もあります。

簡単に四号から外れてしまう要件を挙げると、

・木造 3階建て以上
・木造 延床500m2を超える
・木造 高さ13mを超える
・木造 軒の高さ9mを超える
・非木造2階建て以上
・非木造延床面積200m2を超える
(非木造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造のこと)

となります。
上記の項目にひとつでも当てはまると四号ではなくなるので、
必然的にリフォームの程度によって確認申請が必要となります。
確認申請の書類が残っているのであれば、
確認してみてください。

確認申請が必要となると、
現行の建築基準法に則ったリフォームであること
が要求されると考えてください。
その場合は、
昔の法律と今の法律は違いがありますので、
高さを低くしたり、
建物の耐火性能を要求されたり、
耐震性能について言及される可能性もあります。

ご参考下さい。

基本的には建築基準法上、
一般的な住宅は四号(建築基準法 第6条より)と呼ばれ、
全く別物ともいえそうなリフォームを行っても、
特別な審査は必要ありません。
そのため設計者の判断によっては、
いかようなリフォームも可能です。

しかしながら、
この四号の要件から外れてしまう場合、
リフォームをしようとすると
建築確認申請の提出が必要な場合もあります。

簡単に四号から外れてしまう要件を挙げると、

・木造 3階建て以上
・木造 延床500m2を超える
・木造 高さ13mを超える
・木造 軒の...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報