質問です。

会社の出張で、新幹線のグリーン車や、ビジネスホテルが取れなくて
ラブホに泊まって経費で落とすのは悪いことですか?
※ベンチャーで会社の旅費規程などは教えてもらっていません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

理由があれば大丈夫だと思います。


私はそのような所に出張で宿泊した事があります。
一応、ビジネスホテルとして経営していて実態はラブホでした。
役所の許可の為にビジネスホテルとしたようですね。
田舎でそこしかホテルがないので出張で何度か泊まりました。
領収書も貰った記憶があります。小さな窓で手だけが受付の人の手だけが見えるところで…。
    • good
    • 1

規定が不明なので、私個人の常識で考えると



・グリーン車が使えなかったから宿泊
 チョット、意味が解りません。
 グリーン車の指定が取れなくても新幹線(自由席・指定席)には乗車できます。
 http://railway.jr-central.co.jp/train/shinkansen …
 また、私の知識では、会社の出張で新幹線の「グリーン車」や飛行機の「ファーストクラス・ビジネスクラス」を利用(経費請求)できる者は一定の職位・役職者に限定されており、例外的取り扱いにはそれなりの理由が必要
  ⇒認められなかったら差額を自己負担。

・ラブホに宿泊
 上記のグリーン車が宿泊の理由になるかどうかは横に置いといて・・・適切な宿泊施設が無く、ラブ補に停まったという理由は認められると考えます。但し、何にしても経費請求とは領収証添付が原則と考えますので、領収書が無いのであればダメですね。
    • good
    • 0

グリーン車や航空機のファースト・クラスは各会社の使用クラス規定通りで例外はなし。

泊まり場所は、泊まって支払ったことが証明されるもの。領収がない場合は、会社規定の金額。
    • good
    • 0

仕方無い場合は仕方無いかも・・

    • good
    • 1

ダメじゃない?普通



そんな領収書出せるなんて勇気るけど
    • good
    • 1

規定が分からないのだから、とりあえずやってみては?



かなり計画性が弱いようだから、その辺りはいろいろご指導があるでしょうけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経費を還付して貰うには確定申告をするのでしょうか?

はじめてウェブを使った自営業を営みだしたのですが、
外注したウェブの制作費などは経費として落とせると思います。

既に確定申告の時期は過ぎてしまっていますが、
これまでにかかった経費は申告にいけば戻ってくるのでしょうか?

いろいろググってみたのですが、ちょっと理解がうまく進みませんでした。
お聞きしたいことをまとめますと

・かかった経費はいつまで遡って申告できるのか?

・経費の申告先は確定申告で、年に一回なのか?

・基本的に経費の申告、還付は確定申告でという認識であっているのか?

・通常はいつから始まりいつまでが経費としての対象期間になるのか?

まことに恐れ入りますが、アドバイスいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

1かかった経費はいつまで遡って申告できるのか?

申告書提出期限から1年間です。既に出した申告書の所得金額から経費を引き忘れてたとして、更正の請求をします。
(更正の請求期間の変更がありますが、ここでは旧法で)

2経費の申告先は確定申告で、年に一回なのか?

そのとおりですが、経費を申告するのではなく、所得と納める税額を申告します。

3基本的に経費の申告、還付は確定申告でという認識であっているのか?

あってます。

4通常はいつから始まりいつまでが経費としての対象期間になるのか?

所得税の課税計算は、1月1日から12月31日で行います。


なお、常識的にご存知だと思いますが、事業の経費そのものが確定申告によって還付されることはありません。

Q中国人の派遣する会社を探しています。私は愛知県でビジネスホテルを経営し

中国人の派遣する会社を探しています。私は愛知県でビジネスホテルを経営していまして、中国人ビジネスマンが多くなってきたので受付に中国人スタッフを配置したいのですが、値段が安く、安心して頼める会社を探しています。教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

以前、頼んだことのある名古屋の通訳の会社です。1ヶ月に6回依頼していて値段は他社よりは安すかったと思います。通訳以外で中国本土に弊社の宣伝をしてくれるサービスがあって、中国企業から多数のMailがきて驚きました。   www.dact.jp  ただ依頼して準備期間が1ヶ月かかりましたけど。

Q確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に

確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に30万円と記入して、経費の欄は空白で提出しても良いでしょうか?(自分の中で雑収入と経費を相殺して、純粋な利益の部分だけを確定申告に書くような感じです)

Aベストアンサー

所得税法第百二十条第四項で、確定申告書には「その年において不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行う居住者が第一項の規定による申告書を提出する場合(当該申告書が青色申告書である場合を除く。)には、財務省令で定めるところにより、これらの所得に係るその年中の総収入金額及び必要経費の内容を記載した書類を当該申告書に添付しなければならない。」と規定しています。ですから、収入と経費を相殺してはいけないのです。

また青色申告の場合は、所得税法第百四十九条で損益計算書を添付しなければならないと規定しています。損益計算書を提出するのですから、むろん、収入と経費を相殺出来ないわけです。

ですから面倒でも収入40万円も経費10万円も両方書いてください。

Q自宅兼事務所の経費を会社の経費にできるかどうか

妻が一人だけで株主と取締役を兼務する株式会社を設立しました。 私名義の自宅を妻の会社の本店所在地として登記しました。 妻は実際には別の町で店舗を開いて商売を始める予定ですが、事務処理などを自宅でおこなうと考えています。

自宅の中には、その会社用の事務処理をするための専用スペースがあるわけではなく、自宅で使用しているパソコンを事務処理のためにも使用したりする程度です。 帳簿なども、会社専用の棚を用意するのではなく、自宅にある棚の中に入れておくことになろうかと思います。

このように、自宅兼事務所とはいえ、仕事のスペースと私生活のスペースが明確に線引きできないようなケースにおいて、諸経費 (光熱費や固定資産税など) をいくらかでも会社の経費にすることは可能でしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特に問題無いと思います。

 後々の税務署とのトラブルを避ける為、計算根拠だけはしっかりさせておいて下さい。使用時間割合とか、面積割合とか…

 光熱費や税金の負担だけでしたら特に問題ありませんが、事務所家賃を払うと、御主人の方で確定申告の問題が生じますので、念のため…

Q妻のパートの給与所得と水泳インストラクター報酬の雑所得について確定申告、必要経費、領収書について

私自身は経営者で毎年、妻が扶養で個人で確定申告をしていますので配偶者控除を受けていました。今回、確定申告する際に妻の給与所得が80万円を超え、水泳インストラクターの報酬として30万円ほど雑所得があったため合計所得が103万円をはじめて超えてしまいました。

配偶者控除⇒配偶者特別控除

自分のだけ申告するならば、こちらになるかとは思いますが、妻の雑所得は源泉所得税が3万円ほど差し引かれていますので、夫婦別々に確定申告すれば所得税の還付を受けれる可能性があります。妻は別で確定申告するべきかと思いましたがいくつか疑問があります。

・夫と妻はそれぞれ確定申告するべきかどうか
 夫名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 妻名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 ちなみに医療費は夫婦合わせて10万円を超えます。それぞれ別に申告すると下回ります。
 妻の生保控除は定期積立保険で年間5万円ほど支払っています。

・雑所得から必要経費が発生しているので領収書の添付が必要なのかどうか
 必要経費とは、就業場所までのガソリン代や地下鉄等の交通費、水泳指導に必要な水着やキャップ、 ゴーグル等のユニフォーム類。ちなみに地下鉄等がSUICAなので領収書がないものがあります。

・雑所得から必要経費を差し引いて計算していいのかどうか
 現時点で合計所得が103万円を超えているのですが、雑所得で必要経費を差し引けば103万円以下に なります。雑所得の数値を入力する際に必要経費をあらかじめ差し引いた数値を記載すればいいので しょうか?

以上となりますがご教授頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

私自身は経営者で毎年、妻が扶養で個人で確定申告をしていますので配偶者控除を受けていました。今回、確定申告する際に妻の給与所得が80万円を超え、水泳インストラクターの報酬として30万円ほど雑所得があったため合計所得が103万円をはじめて超えてしまいました。

配偶者控除⇒配偶者特別控除

自分のだけ申告するならば、こちらになるかとは思いますが、妻の雑所得は源泉所得税が3万円ほど差し引かれていますので、夫婦別々に確定申告すれば所得税の還付を受けれる可能性があります。妻は別で確定申告する...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。


奥さんの合計所得金額が38万円以下ならば、質問者は配偶者控除を受けられます。


そこで奥さんの合計所得金額を計算してみます。

①給与所得:

給与収入80万円-給与所得控除65万円=所得15万円

②雑所得:

雑所得=インストラクタ報酬の金額30万円-インストラクタの必要経費

①+②が奥さんの合計所得金額です。①+②が38万円以下なのか、38万円を超えるのかどうかが問題になります。

~~~~~~~~~~~

さて、

>・夫と妻はそれぞれ確定申告するべきかどうか
 夫名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 妻名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 ちなみに医療費は夫婦合わせて10万円を超えます。それぞれ別に申告すると下回ります。
 妻の生保控除は定期積立保険で年間5万円ほど支払っています。

夫婦が別々に確定申告すべきでしょう。保険料や医療費の"名義"はどちらでもいいです。夫婦は「生計を一に」していますから。

>・雑所得から必要経費が発生しているので領収書の添付が必要なのかどうか
 必要経費とは、就業場所までのガソリン代や地下鉄等の交通費、水泳指導に必要な水着やキャップ、 ゴーグル等のユニフォーム類。ちなみに地下鉄等がSUICAなので領収書がないものがあります。

奥さんが確定申告するならば、インストラクタ報酬は「事業所得」ではなく「雑所得」として申告します。
・「事業所得」として申告する場合は、確定申告書に「収支内訳書」を添付しなくてはなりません。
・「雑所得」として申告する場合は、そういう面倒はありません。

なお、領収書などの書類は5年間、保管するようにして下さい。


>・雑所得から必要経費を差し引いて計算していいのかどうか

当然、必要経費を差し引いて計算して下さい。

なお、インストラクタ報酬の必要経費として、ガソリン代や地下鉄等の交通費、水泳指導に必要な水着やキャップ、 ゴーグル等のユニフォーム類はOKです。また、地下鉄等がSUICAなので領収書がないものもOKですが、「?月?日、地下鉄xx線、a駅からb駅、など、詳しく記録しておいて下さい。行き先も記録。

そのほかの必要経費として、自宅で事務作業をするための経費、例えば家賃(または自宅の減価償却費、固定資産税)、水道光熱費、通信費、事務用消耗品費なども認められますよ。

そうすると、合計所得金額は38万円以下になるのではありませんか。詳しく調べてみましょう。

No.1です。


奥さんの合計所得金額が38万円以下ならば、質問者は配偶者控除を受けられます。


そこで奥さんの合計所得金額を計算してみます。

①給与所得:

給与収入80万円-給与所得控除65万円=所得15万円

②雑所得:

雑所得=インストラクタ報酬の金額30万円-インストラクタの必要経費

①+②が奥さんの合計所得金額です。①+②が38万円以下なのか、38万円を超えるのかどうかが問題になります。

~~~~~~~~~~~

さて、

>・夫と妻はそれぞれ確定申告するべきかどうか
 夫名義の控除対象(生保...続きを読む

Q設立前の諸経費(印鑑購入費等)を会社の経費で落とすには・・・

会社設立にあたって、法人の印鑑(実印と銀行印)をつくる予定ですが、会社設立前に購入する印鑑を、設立後の会社の経費で落とすには、どのようにすればよいでしょうか。

創立費や開業費に含めることはできるのでしょうか。含めることが出来る場合、どのような会計処理をすればよいでしょうか。

なお、定款に設立費用の項目を設けてしまうと、裁判所が指定した検査役の検査が必要になってしまうので、この方法は考えていません。

通常の会社設立方法で経費で落とす方法(処理)を教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)OK
(2)OK
(3)NG 実印は個人のものです。

Q確定申告 経費について

はじめて確定申告をします。説明書だけではよくわからないので
よろしければ詳しく教えていただきたいのですが。
仕事の交通費、仕事用に使っていた携帯の通信費は経費として落とせるのでしょうか?
また経費として落とせる場合記入に関しては
『所得』-『経費』=『収入金額等の給与欄』
というやり方でよろしかったでしょうか?
何か間違いがあればご指摘お願いします。

ちなみに青色申告の確定申告書Aを使用しています。

Aベストアンサー

落とせます!
交通費(車の場合は高速道路代や駐車代やガソリン代、電車の場合は切符などは領収書が出ないのでメモでも可)も通信費(FAXやネット代なども場合によって)も落とせます。
私の場合は自宅で仕事をしているので、家賃の5分の1を落としていたりしています。
基本的に仕事で使った分は何でも領収書を取っておきましょう。
もし分からなかったら、税務署の人に聞くのもいいと思います。
 
私も毎年やっているのに分からないことが多くて、確定申告って本当に大変ですよね。お互いに頑張りましょう!

Q会社の経費で社用車を購入

現在、会社経営をしているものです。
このたび、会社名義で中古車を購入しようと考えています。

1、その中古車は、所有者はリース会社、使用者は個人となっています。(つまりローン支払い中の友人から購入するということです)購入時の注意点はありますか?

2、購入後、会社の資産となりますが、中古車の減価償却等の方法はどのような利率になるのでしょうか?ちなみに税務署には書類を提出していないので定率法が採用されるかと存じます。会社的にも定率法でよいと考えています。

3、車庫証明をとらなくてはいけませんが、会社近辺(都内)の駐車場を借りるのもコストが発生しますので、自宅の駐車場(埼玉・無料)で取得しようかと考えていますが、会社の位置、登録の管轄上で問題は発生しますか?

以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#3の 続きです

購入価格が20万円以上だと、残存価格が発生します(通常、定額法だと10%を残存価格として残りの90%を単純に36ヶ月で償却します。
定率法だと5%を残存価格として設定しますが、償却率は毎年の期首帳簿価格(簿価:残存価格、初年度は購入価格が期首価格そのもの)に、0.536を掛けた金額が12ヶ月間の償却金額になります)。

購入価格が10万円以上20万円未満の場合、3年間で全額償却することが可能です。単純に3で割って償却します(初年度が12ヶ月未満でも1年として計算してかまいません、・・うん・・確かそうだったような)

購入価格が10万円未満の場合、一括損金処理ですね。

・中古資産の減価償却年数は、新品時の償却年数、以前の持ち主の使用期間から計算式で計算する方法がありますが、中古車の場合は必要ありません。
#3で書いたとおり、決まっているからです。


>友人と会社(当社)の売買契約になるかと存じますが、 車体価格の決定は何を基準にすればよいでしょうか?
>友人は仮に300万円+ナビ等で30万で2000年12月に買ったとします。2年経ているとして、算定価格を出す基準を教えてください。

以上に書いたとおり、中古車の場合以前の持ち主の償却年数は関係ありません。
中古車の相場として適切な価格を設定してください。

中古車屋さんが、買い取る価格と、販売する価格の範囲内で設定すれば以下の心配もありません(が、チョッと蛇足を加えてみました)。

>多く払うと、友人自体に個人として所得税が発生するでしょうし、
(蛇足:個人の自動車リース料を必要経費として確定申告できないですよね。)

>少なく払うと、会社としては受贈益を計上することになりますよね?
(蛇足:安く買うと減価償却費が少なくなり、課税対象利益が多くなります。そう考えると、会社の得た利益には課税されていると考えられるのでは?)

*なお、所有者であるリース会社と、実質の所有者である友人と、購入者である御社の契約上の処理は別問題です。
他の回答にあるように、幾つかの問題点があります。

ここではあくまでも中古車購入の償却処理についてのみ書いてみました。

#3の 続きです

購入価格が20万円以上だと、残存価格が発生します(通常、定額法だと10%を残存価格として残りの90%を単純に36ヶ月で償却します。
定率法だと5%を残存価格として設定しますが、償却率は毎年の期首帳簿価格(簿価:残存価格、初年度は購入価格が期首価格そのもの)に、0.536を掛けた金額が12ヶ月間の償却金額になります)。

購入価格が10万円以上20万円未満の場合、3年間で全額償却することが可能です。単純に3で割って償却します(初年度が12ヶ月未満でも1年として...続きを読む

Q確定申告に関して。(給与があることを前提に)雑収入が40万で経費10万

確定申告に関して。(給与があることを前提に)雑収入が40万で経費10万の場合、経費で通信費やパソコンの減価償却を記入した際、確定申告の際にその領収書の添付や、減価償却の方法(定額等)の申告は必要でしょうか?それとも、自分で持っておくだけで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>確定申告の際にその領収書の添付や、減価償却の方法(定額等)の申告は必要でしょうか?
領収書の添付は必要ありませんが、減価償却の方法は「収支内訳書」の裏面に記載する必要があります。

参考
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/pdf/26.pdf

Q長期出張に関する経費

1人で有限会社を経営しております。

本社は札幌にあるのですが、
数ヶ月~数年、広島で仕事をすることになりました。

ウィークリーマンションを賃貸で借りて住みます。

通常の短期出張の場合、ホテル代等全額経費になると認識しておりますが、
この場合、家賃等(光熱費等)は全額経費になりますか?

Aベストアンサー

業務のための出張ですから経費に相当します。


人気Q&Aランキング