ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

金やウランなどの重い元素は、中性子星どうしの衝突・合体によって生成されると聞きます。
ところで、それならば金で構成された惑星なども存在するのか? ふと、気になったので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

存在するかもしれませんね。

でも「金ばかりの」ということではなくて、「いろいろな元素が存在する中で、金の比率が高い」ということでしょうね。

でも、そこでは「金」は地球上の「鉄」より価値がないかも。地球では、微量だから価値があるのでしょう。
トマス・モアの「ユートピア」には、「金で便器を作ればよい」という話が出てきましたね。
価値とは相対的、社会的、人為的なもの、ということで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そう考えると超新星爆発時の元素生成も玉葱状に中心から重い元素が生成されるので、金だけの惑星は難しいですね。

打って変わって、その惑星に生物が存在してもしなくとも、何時しか人間がその惑星へ行って資源採集の下、略奪する可能性は否定できませんね。

お礼日時:2016/07/21 22:03

鉄よりも重い元素は超新星爆発で出来る元素なので、


金の惑星は難しいと思いますね。
でも、惑星全体がそうではありませんがダイヤモンドが核に存在する惑星はあるそうです。
http://www.afpbb.com/articles/-/2907100

炭素惑星というのが昔から考えられていて、系外惑星が多く発見されるようになってから、
ダイヤモンド惑星が実際にあるらしいのが判ってきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そう考えると超新星爆発時の元素生成も玉葱状に中心から重い元素が生成されるので、金だけの惑星は難しいですね。

しかし、『難しい』と言うことは『理論上は可能』であるとの認識で問題ないでしょうか。

お礼日時:2016/07/21 22:05

宇宙は無眼ですが、無い可能性が大きい のでは有りませんかね。


人間の考える 空想の世界なら存在するかも。
    • good
    • 0

残念ながら、金やウランなどより軽い元素のほうが多いので、


それらの軽い元素の物質に混ざる形でしか存在しないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金(Au)を人工的に作れない理由を教えてください。

素人なので変な質問をしているかも知れませんがご容赦ください。

すべての物質は基本的に中性子、陽子、電子でできていてその組み合わせが各物質の種類だと、化学の教科書にあったのですが、金に限らないかもしれませんが、なにか反応を起こさせるなどして人工的に物質を作り出したりできるのでしょうか。できない場合その根拠などお教えいただけたらありがたいです。

 素人の勝手な憶測ですが、宇宙はビッグバン当時は水素とかヘリウムとかしかなく、恒星等の内部で高熱や重力により核融合などで重い物質ができてくるというのを聞いたことがあるのですが、人工的に核融合とかを起こさせて金を作れないのでしょうか?

稚拙な質問ですみません。誰か参考意見をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

他の方も書かれていますが、「作れない理由」ではなくて、「作らない理由」になります。

作ることは可能のようですが、やはりコスト面だそうです。
太陽は現在、水素をヘリウムに変える核融合の反応で輝いています。現時点での太陽のエネルギーでさえここまでです。
超新星爆発を起こす際は、どんどん核融合を行った物質が、最後に重い「鉄」になったときに、星の中心めがけて落下するときの衝撃波が星の外側を吹き飛ばすそうです。そのときに、核融合よりもさらに大きなエネルギーを発生するので、「鉄」以降の元素はそこで作られると言われています。超新星爆発の残骸のガスの中に、コバルトなどの鉄よりも重い元素が確認されているようです。

ところが「金」のようなもっと重い元素は、超新星爆発程度のエネルギーでは作られないと聞きました。まだエネルギーが足りないとのこと。
では「金」などのさらに重い元素はどうやってできるかと言うと、「ハイパーノバ」と言われる、スーパーノバ(超新星爆発)を起こす星よりもさらに大きな質量を持った星の最期に起こる、とんでもないスケールの爆発で作られるのではないかと考えられているそうです。

地球上でそのような高エネルギーの場をつくるのは極めて困難だと思います。極限られた空間で、一瞬しかそのような場は作れないと思います。従って、設備にかかる費用も莫大なものになると思いますが、想像すらできません。

我々が普段目にする「金」にもし口があれば、「お前はどこの星の生まれだ?」と聞いてみたいものです。それらの金が金になるのにどれだけの高温と圧力を受けたのか、そしてどこにあった星から来たのか・・・。
なんだか夢のある想像ができると思いませんか。

他の方も書かれていますが、「作れない理由」ではなくて、「作らない理由」になります。

作ることは可能のようですが、やはりコスト面だそうです。
太陽は現在、水素をヘリウムに変える核融合の反応で輝いています。現時点での太陽のエネルギーでさえここまでです。
超新星爆発を起こす際は、どんどん核融合を行った物質が、最後に重い「鉄」になったときに、星の中心めがけて落下するときの衝撃波が星の外側を吹き飛ばすそうです。そのときに、核融合よりもさらに大きなエネルギーを発生するので、「鉄」以...続きを読む


人気Q&Aランキング