岡野史佳の”太陽の下で待っていて”全4巻出ているのですが、以前LALAか花とゆめ(どちらかだったと思いますが)で、続編が確か前編・後編というような形で掲載されていました(かなり前(3~4年以上は前)だったと思います)。
これを読みたいのですが、まだ単行本化されていないようなのです。
もし、単行本化されているなら”題名”を、されてないようなら何の雑誌の何月号に掲載されていたか教えてほしいです。
さらに、掲載されている雑誌が売っていそうなお店も教えていただければ・・・
大変なお願いですけど知っている方がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

タイトルは「虹とトリックスター」ですね。


LaLaDX、掲載誌は1994年11/10号(前・後編どちらかは
確認できず)でした。

ちなみに現時点では単行本未収録ですが、これを挟む形
で「太陽の下で待ってる」と「手のひらに星」がリンク
するため、「手のひら~」のボーナストラックとして日
の目を見る可能性はあります。

下記リンクは岡野さんの公式サイトですのでご一覧を。

参考URL:http://www.planet-f.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごい詳しくありがとうございます。
とても読みたいんです。
単行本になると踏んでいたので、雑誌は買わずに楽しみにしてたんですよ~
なんとか雑誌を手に入れられる様努力してみます。
それにしてもこのサイトって便利ですね~

お礼日時:2001/06/22 15:34

「虹とトリックスター」ですね。


コミックスには未収録で、完結していないようです。
岡野さんのホームページに載っていますよ。
このページを読んでみてください。(^-^)

http://www.planet-f.com/faq/a01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
すっごい気になってたのでさっそく読んでみました。
どうにかして読めないものか調べてみます。

お礼日時:2001/06/22 15:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽の下で映えるメイク

日中、太陽の下で映えるメイクを教えてください!

もうすぐ、外でバーベキューをするらしいのですが、いつも太陽の光の下ではすごいブサイクになります。そのバーバキューに気になっている男の子がくるのでどうしても可愛くいたいです。
おねがいします!

Aベストアンサー

頬がツヤっとしていると、生き生きしているように見えますし、笑顔になったときに特に可愛いらしいイメージになりますよ(^-^)

パール感のあるチークがおすすめです。

Q花とゆめとLalaのどちらかに漫画を投稿しようと考えています。 みなさんから見た 花とゆめとLala

花とゆめとLalaのどちらかに漫画を投稿しようと考えています。
みなさんから見た 花とゆめとLalaの雑誌の雰囲気はどんな感じですか? ちなみに投稿しようと考えているのは女の子2人のゆるっとしたギャグなのですが、どちらの方がむいているのか悩んでいます。
どちらの雑誌も恋愛色が強いかなとは思うのですが...。どちらかの雑誌に投稿したことがある方、いつも読んでいらっしゃる方など意見をいただけるとうれしいです!

Aベストアンサー

個人的にはLaLaの方がファンタジー感が強くて、画面が華やかなイメージです。
花ゆめは設定がファンタジーでもメインは現代を舞台にした作品が多いイメージです。
でも、よーく考えるとどちらも傾向や読者層は同じなんじゃないかなあとも思います。

ただ、漫画の内容とは関係ないのですが、
花ゆめは月2回刊行なので、スケジュールが大変そうだなと思います。
その分、長編漫画なんかは単行本出すペースが早くて、読者的にはうれしいのですが!

あまり参考にならない回答で申し訳ないです。
LaLaも花ゆめも好きなので、質問者さんの漫画を読める日を楽しみにしてます。がんばってください!

Q「太陽の下」の読み

「ほうのもとのびょうどう」を漢字で書くと「法の下の平等」であるということは、多くの方がご存じと思います。

さて、
「太陽の下」の読みは、「たいようのもと」だと私は認識していました。
ところが、最近のことかどうか分かりませんが、
私の周囲でも、テレビでも、
「たいようのした」
と読む人が非常に多いです。

「した」と読んでも正解なのでしょうか?

Aベストアンサー

「した」と「もと」は誰かが書いていたのですが・・・それは失念しました。
ともかく、「した」は高低差、つまりY軸の上下を言い、「もと」は三次元空間のその下にある範囲を言うという様なことだったと思います。

「太陽の下(した)」は、位置関係はわかりますが、太陽の光が降り注ぐところと言うニュアンスを表すには、「太陽の下(もと)」のほうが文学的だと思います。

「法のもと」は、法の力の及ぶ範囲ではという意味で、適切だと思います。「法のした」では、人間が法に潰されているような感じですね。

Q岡野史佳先生の現在

漫画家の岡野史佳先生の作品はすべて読んでいてとても感銘を受け、ホークスのファンになってからも月刊ホークスにて岡野史佳先生の四コマを楽しみに読んでいました。
が、半年以上前に、月刊ホークスの連載を2ヶ月お休みをするとのことで、掲載が止まって以来、いまだに掲載される気配がないので、どうされているのかとても心配です。ネットで検索してみても、これという情報がなく、大好きな先生だけに落ち着きません。
もし、岡野史佳先生が現在どうされているのかしっている方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

ご病気が長引いていらっしゃるようですが、リンク先にもあるとおり、チラチラとお仕事はされているようです。(それでも3ヶ月前の話ですが…)

参考URL:http://blog.mag2.com/m/log/0000062113/108296068.html

Q岡野史佳の”太陽の下で待っていて”の続編について

岡野史佳の”太陽の下で待っていて”全4巻出ているのですが、以前LALAか花とゆめ(どちらかだったと思いますが)で、続編が確か前編・後編というような形で掲載されていました(かなり前(3~4年以上は前)だったと思います)。
これを読みたいのですが、まだ単行本化されていないようなのです。
もし、単行本化されているなら”題名”を、されてないようなら何の雑誌の何月号に掲載されていたか教えてほしいです。
さらに、掲載されている雑誌が売っていそうなお店も教えていただければ・・・
大変なお願いですけど知っている方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

タイトルは「虹とトリックスター」ですね。
LaLaDX、掲載誌は1994年11/10号(前・後編どちらかは
確認できず)でした。

ちなみに現時点では単行本未収録ですが、これを挟む形
で「太陽の下で待ってる」と「手のひらに星」がリンク
するため、「手のひら~」のボーナストラックとして日
の目を見る可能性はあります。

下記リンクは岡野さんの公式サイトですのでご一覧を。

参考URL:http://www.planet-f.com/

Q花とゆめ・LaLaの漫画

最近花とゆめとLaLaの漫画にハマってます。
みなさんのオススメ教えてください♪
切ない・おもしろい・純愛・ギャグなどなど・・・
どんなジャンルでもいいです!おもしろければ^^

私は持ってるのは
*花ざかりの君たちへ
*Wジュリエット
*ぼくの地球を守って
*キス
*彼氏彼女の事情
*フルーツバスケット
*ヴァンパイア騎士
*とらわれの身の上
*学園アリス
*フルハウスキス
*親指からロマンス
*幸福喫茶3丁目
*赤ちゃんと僕
*V・B・ローズ
*世界でいちばん大嫌い
*女子妄想症候群
*桜蘭高校ホスト部
*S・A
このぐらいです^^他にもあるかもです;;
ほんとにオススメ!の漫画教えてください♪

Aベストアンサー

私も白泉社漫画大好きです^^

★てるてる×少年(高尾滋)
→旧家である御城家。代々忍者を使役し平成のこの世でも健在。そこの一人娘忍と忍を守る忍者である才蔵
の主従をこえた切ない系恋愛漫画に入るかな?という感じです。
最初はギャグ風の軽い漫画かなと思うのですが読み進めていくうちに様々な謎がでてどんどんシリアスになっていきます。
忍と才蔵の主従関係であるが故に言えないお互いの気持ちにもキュンッとさせられました^^
同作者の「ディアマイン」もオススメです。 

★おまけの小林クン
→高校一年生、ショタコン・オヤジ娘小林吹雪、サド男・小林千尋、寡黙な小林健吾、どう見ても小学生にしか見えない小林大和の小林四人組がおりなす笑いあり涙ありの学園コメディ。

★ぼくの地球を守って(日渡早紀)
→前世の記憶が甦ってしまった少年少女の苦悩と愛憎の物語。
SFチックかな・・・?最後は感動ですよ^^
この作品はすこし昔のものですが男性ファンも多いです。
単行本では全21巻、文庫本では全12巻で出版されています。
またこちらの作品はぼく球の主人公たちの子供が主人公の「ボクを包む月の光」という続編が続刊中です。

★輝夜姫(清水玲子)
→ある島で孤児として育てられていた子供達。
その島は16歳になると必ず引き取り手が現れるが実際は殺されていた。
それをしった子供達は島から逃げ出すが16歳になると必ず命をおとしている。
生きたいと願った少年・少女は16歳直前再び島へと訪れるがそこで自分達がどのような存在なのかを知った・・・
全27巻と長い上に2,3巻まではちょっとわかりにくいしつまらないかもしれないのですが後半はどんどん面白くなっていくのでおススメします!
また同作者の「月の子」もSFチックで面白いです。
こちらは以前人気劇団によって舞台化されました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4592883411/503
この作者さんのは1巻完結のものでもはまる作品が多いのでオススメです。

★美女が野獣(マツモトトモ)
→ある学生寮を舞台にした学園モノ。
小柄で小動物系黙っていれば可愛い女の子なのに大食らいで本能に忠実な主人公エイミ。
肉体美命のミサオ。
涼しげな美少年の外見を持つが実は可愛いもの大好きなスズ。
一匹狼のワニチンに不思議生命体シモーヌなど個性あふれるキャラが盛りだくさんです♪
「キス」よりも明るい雰囲気の作品ですがマツモトトモ特有の透明感のある絵・ストーリーはかわらずでこちらも私は大好きな作品です。

★綿の国星(大島弓子)
→擬人化された子猫が日常の中で成長していく様子を描く、心あたたまるファンタジー。
どしゃぶりの雨の日、道ばたに捨てられていたところを予備校生の時夫に拾われたチビ猫。猫は成長すると人間になると信じているチビ猫は、いつか時夫の恋人になりたいと願う。やがて目の前に現れた美しい銀色の猫ラファエルは、猫は人間にはなれないと言い、一緒に旅に出ようとチビ猫を誘うが…。(アマゾンレビューより)
完結したのが今から約18年前と昔の作品ですがすごく心温まる可愛い作品です。

★天使禁猟区(由貴香織里)
→実の妹紗羅を愛している16歳の無道刹那。
ある日刹那は、地獄からきた邪鬼(イヴル)たちに女天使アレクシエルの生まれ変わりだと告げられるが・・・。
登場人物一人一人のキャラがしっかりとしていますし由貴香織里独特の世界観がでている壮大な作品です。
彼女の作品も1巻完結でもしっかり読ませてくれるものが多いのでこちらから読んでも楽しめるかと思います。

★MとNの肖像(樋口橘)
→マゾなミツルとナルシストの天草。
お互い本性を周りに必死に隠してきたがひょんなことでお互いの本性を知り・・?!
ラブコメですが主人公は鼻血だすし相手役は自分ラブだしでちょっと他とは一風変わったラブコメですが女子妄想症候群がお好きでしたら十分楽しめます!

★成田美名子作品
『Cipher』や続編の『Alexandrite』も面白いです。
『Cipher』は1980年代後半のマンハッタンを舞台に売れっ子俳優が双子ということを女の子が知り奇妙な同棲生活が始まる・・・という話です。
こちらが気にいったらこの双子の片っぽの友人が主人公の続編もどうぞ♪
サイファとは違った雰囲気で(こっちのほうが明るい)どちらも楽しめると思います。
あとは今連載している『花よりも花の如く』が能の世界を描いたものでこちらもおススメします。

★彼方から(ひかわきょうこ)
ある日女子高生のノリコが爆発事故に巻き込まれたはずみで異世界に飛ばされて、その異世界で「天上鬼」をよみがえらせる「目覚め」として、その天上鬼と一緒に旅をしながら悪と戦って平和を取り戻す!というものなのですがイザークとノリコの雰囲気がっ!(≧▽≦)

あとは日高万里さんの「世界でいちばん大嫌い」は秋吉家シリーズとなっていまして千秋や零が主人公の作品もありますのでもしお読みでなかったらこちらもおススメします。
世界で~とは違って1巻完結だったりと話が短いので集めやすいかとは思います。
ではでは長々と申し訳ありませんでした><

私も白泉社漫画大好きです^^

★てるてる×少年(高尾滋)
→旧家である御城家。代々忍者を使役し平成のこの世でも健在。そこの一人娘忍と忍を守る忍者である才蔵
の主従をこえた切ない系恋愛漫画に入るかな?という感じです。
最初はギャグ風の軽い漫画かなと思うのですが読み進めていくうちに様々な謎がでてどんどんシリアスになっていきます。
忍と才蔵の主従関係であるが故に言えないお互いの気持ちにもキュンッとさせられました^^
同作者の「ディアマイン」もオススメです。 

★おまけの小林クン
...続きを読む

Q太陽の下で見る筋肉について

半年前から筋トレをはじめ、そこしは見栄えがよくなりました。
よく鏡の前で筋肉のつき具合をみるのですが、照明が暗いところではあまり筋肉にハリがみられず、
照明が明るかったり真上にあったりすると、筋肉の影ができてハリがよくみえます。
そこで質問なんですけど、夏の天気のいい日に裸になると、照明が明るいときのように筋肉に影ができるんでしょうか?
シュチュエーションは、夏の晴れた日、朝から昼の間の一番明るい時間帯でのプールサイド、もしくは浜辺です。

Aベストアンサー

夜中に泥酔して公園で裸にならなきゃ良いです。

Q「全2巻」「上巻下巻」「前編後編」の違い

これらの違いって何なんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

mizulemonさんこんにちは
出版の仕事をしていますが、上下巻や前編後編の本は作ったことないので「一般人」っていうことで…。
「全2巻」っていうのは、例えば月刊誌や週刊誌に連載されている漫画なんかで
1巻目が出た時点で連載終了の予定が立っていなくて、何巻まで出るかわからなかった。
また、1巻と2巻が発行された時期がかなり離れていた。
という場合に「全2巻」ということになるでしょう。
「上巻下巻」「前編後編」は、発行する時点でもう分量が決まっていて
1冊にまとめるには多い場合そういう風に分けるのだと思います。
両者の明確な違いはないのではないかなぁ…と思うのですが
あえていえば、「上巻下巻」は同時に発行しない場合があり(1ヶ月程度のずれがあったりすることがある)
「前編後編」は2冊同時…かな?

Q太陽の下で読む、心がさわやかになりそうな本を教えてください。

ここのところ天気も良いので、外でのんびりと読書でもしたいのですがせっかくなら青空の下で暗い本を読むよりポジティブな気持ちになれるものを読みたいので、そんな状況に合いそうなオススメの本がありましたら教えてください。できれば涙が出るような感動もの以外でお願いします。

Aベストアンサー

枡野 浩一 「ショートソング」(集英社文庫)

吉祥寺近辺のカフェで若者たちが短歌を詠む話です。
「ミラクルで奇跡みたいなミラクルで奇跡みたいな恋だったのに」
「ひとりきりサーティワンの横で泣き ふるさとにする吉祥寺駅」
といったような主人公達が作る口語短歌がちりばめられていて素敵です。

吉田 修一 「パーク・ライフ 」(文春文庫)

「スタバ女」と日比谷公園でおしゃべりする小説です。
ポジティブというよりはややフラットですが、さわやかで良いです。

Q12年前ぐらい前の「花とゆめ」に掲載された作品の作者について教えてください

12年前ぐらいに、雑誌「花とゆめ」に読みきりとして掲載された作品の作者名を教えてください。
その内容は、
○男子禁制のミッションスクールに通っている、女学生が主人公
○幼なじみの年下の男の子が隣の家に住んでいて、その主人公に恋している
○幼なじみの子は高校受験前で、主人公に「高校に受かったら、君の一番大事なものをもらいにくるからね。」という。
○ある夜、主人公が目を覚ますと、幼なじみの子が窓からつたって部屋に入ってきてて、「大事なものをもらいにきた」と言われ、それを奪われる。
○次の日、「シスターとして、神と結婚して一生を終える。」と宣言する彼女のところに、幼なじみの彼が来て、「神様になんか、お前をやらない。」と叫んで、ハッピーエンド。

ざっとこんな内容で、確か、デビュー作品だったのではないかと思います。
私は、読んでいてずっと「キス」を奪われたと思ってたのですが、最後で奪われたのはキスではなく処女だったという内容でびっくりしました。

Aベストアンサー

藤田貴美さんの『神様ヘルプ!』だと思います。

平成三年の「花とゆめ」7号に掲載されたものです。

藤田貴美さんの「純情闘争」というコミックに収録されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報