鶏肉の唐揚げにはコラーゲンは含まれていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

鶏肉の唐揚げにはコラーゲンはそんなに多く含まれていないと思いますよ。


肉にはそんなに多くありません。
皮や軟骨に多く含まれます。
鶏ならば、手羽先の方が効率よく摂取できる筈です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

参考になります。

お礼日時:2016/07/26 13:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寒天にはコラーゲンが含まれていますか?

高齢のため関節を痛めてコラーゲンを摂ろうと思っていますが、ゼリーフルーツというものの原料にゼリーではなく、寒天が含まれていました。それでもなんとなく関節にいいみたいなのでそれを食べ続けるべきかどうか知りたくなりました。

Aベストアンサー

ゼリーフルーツ材料の寒天は固形剤としてのものですので
コラーゲンとは関係ないはずです。
私の母も同様の理由から愛用していますが、飲み続けて3ヶ月くらい
から、なんとなくいい感じになってきたとのことです。

ちなみに、体内でコラーゲンを生成するにはビタミンCが必要で
コラーゲンと一緒にビタミンC(できれば天然)を摂ることが大事
だそうで、いろいろ試した結果をご参考までに。

母は、コラーゲン原液(味付きは大変高いです。)に天然ビタミンC
のカムカムジュースをかけて、毎日お風呂上りに摂ってます。
カムカムの天然ビタミンCジュースが美味しいと気に入ってます。

●コラーゲン原液
 http://www.555110.jp/items.html
 ※いろいろ調べましたが、こちらのメーカーは自社製造している
  とのことで、こちらを使用していますが、他にも数え切れない
  コラーゲン製品があります。
 
●カムカム新5倍濃縮飲料
 http://www.amazonherb.jp/#01
 ※2回目の購入以降から10%割引+ポイントもあるので
  こちらのサイトが一番お得でした。

ゼリーフルーツ材料の寒天は固形剤としてのものですので
コラーゲンとは関係ないはずです。
私の母も同様の理由から愛用していますが、飲み続けて3ヶ月くらい
から、なんとなくいい感じになってきたとのことです。

ちなみに、体内でコラーゲンを生成するにはビタミンCが必要で
コラーゲンと一緒にビタミンC(できれば天然)を摂ることが大事
だそうで、いろいろ試した結果をご参考までに。

母は、コラーゲン原液(味付きは大変高いです。)に天然ビタミンC
のカムカムジュースをかけて、毎日お風呂...続きを読む

Q糖質制限食について(白飯の代わりに唐揚げはOKか)

最近糖質制限ダイエットを始めて、ごはん抜きの食生活を送っているのですが、ウェブの情報から、ごはんさえ抜けば、唐揚げを食べてもよいことを知りました。

そこで、毎日、ごはんの代わりに唐揚げを食べているのですが、これって大丈夫なのでしょうか...?やはり、唐揚げを食べても大丈夫といえど、毎日食べるのはさすがに体に悪い(and太る)でしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

糖質制限ダイエット(炭水化物ダイエットかな?)と言われるものは炭水化物を抜くのではなくて減らすって事です、まったく食べないのは身体には良くありません。
栄養バランスを考えた食事で量を減らす方向で考えて下さい。

Q鶏肉の皮のコラーゲン

私は、鶏肉の皮が苦手だったのですが、たくさんコラーゲンが含まれているので低温で油を出してパリパリに調理して食べています。でも、油といっしょにコラーゲンも流れ出ているのでは?と心配してます。パリパリにした状態でもコラーゲンは含まれているのでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

コラーゲンを摂取する上で吸収の良い調理法は、端的には煮ることです。
具体的にはNo.1の回答者様が書いていらっしゃるようにスープが良しとされています。

コラーゲンというのは、酸やアルカリで分解することは出来ますが、基本的に水や脂には溶けません。
焼いて脂を落としてもコラーゲンが減らないのも、脂に溶けないためです。
そもそも生きている時から脂の中に溶け込んではいないし、調理中に流れる脂に溶かされて一緒に流れてしまうという事もないからです。

ただその反面として、食物として摂取しても、こういう状態では吸収しにくいわけですね。(吸収出来ないわけではないですが、効率は悪い)

しかし一定以上の高温にすると、コラーゲンは水溶性に変化します。さほど易溶ではないですが、時間とともに溶け出してきます。
一度この状態になったコラーゲンは、冷えて固まった後でも常温域で水溶性を示すようになり、分子量もある程度小さくなるため、変性以前よりは吸収しやすくなっています。

なので、高温状態で水に溶出させるのが調理法としては優れているのではないでしょうか。
そういう意味で、確かにスープなどは最適だと思いますよ。
この場合、具よりもスープそのものがコラーゲン補給という意味では大事なのでしょうね。そこに吸収しやすくなったコラーゲンが溶けているわけですから。

コラーゲンを摂取する上で吸収の良い調理法は、端的には煮ることです。
具体的にはNo.1の回答者様が書いていらっしゃるようにスープが良しとされています。

コラーゲンというのは、酸やアルカリで分解することは出来ますが、基本的に水や脂には溶けません。
焼いて脂を落としてもコラーゲンが減らないのも、脂に溶けないためです。
そもそも生きている時から脂の中に溶け込んではいないし、調理中に流れる脂に溶かされて一緒に流れてしまうという事もないからです。

ただその反面として、食物として摂取...続きを読む

Q唐揚げ弁当とカップ麺

毎日唐揚げ弁当を食うのと、
毎日カップ麺を食うのとでは、
どちらが不健康ですか?

Aベストアンサー

カップ麺!
インスタントもレトルトも保存料が気になりますね。
毎日取り続けるのは恐いです・・。

それに、おかずが例え唐揚げでも、お米を食べる方が健康的です。

Qとりの皮にはコラーゲンが含まれる?

とりの皮が大好きで、たまにカリカリになるまで炒めて食べてしまいます。

けど、脂肪も多く身体にあまりよくない気がするのですが、とりの皮の栄養素って何でしょうか?

またコラーゲンなんかも含まれているのでしょうか?

Aベストアンサー

鳥の皮には、
コラーゲンは多く含まれています。
多くと言うかコラーゲンを多く含む食品の代表選手(?)みたいなもんです。
ちなみにコラーゲンとは皮膚や軟骨、腱などに多く含まれる繊維状のタンパク質のことを言うそうです。
また鳥の皮には脂肪も多く含まれていますので、
カリカリの鳥皮は確かに美味しいですが、
食べすぎにはご注意くださいませ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報