読書が好きな主婦です。
ホラー、ノンフィクション、フィクション、何でも読みます。

質問の内容ですが。。。
え~っと、早川書房から出版されている、トリイ・ヘイデンの
「機械じかけの猫」という本の最後に「現在、彼女は子供向けの本と、
ノンフィクションを執筆中・・・」と書いてあったのですが、
それらの本について何か、知っている方がいらしたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

子供 本」に関するQ&A: 子供のエロ本について

A 回答 (2件)

作者のオフィシャルホームページがあります。

日本語です。

著作リストもあります。
http://www.torey-hayden.com/japan/the_booksj.htm

参考URL:http://www.torey-hayden.com/japan/defaultj.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

watarukさん。
ご回答、ありがとうございました。
以前、自分でもこのホームページにアクセスしてみたのですが、
なぜか、上手く出来ませんでした。(パソコン初心者なのです)

今回、初めてこのコーナーに参加させてもらったのですが、
こんなに早く回答して頂いて、嬉しかったです。
質問した本についての事も分かったので、とても参考になりました。

お礼日時:2001/06/22 15:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
質問の内容に関して以外にも、興味の有る事が出ていたので
大変参考になりました。

お礼日時:2001/06/22 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自費出版と業務出版(企画出版)共に適したソフト

自費出版を考えています。とはいっても出版業者に依頼するのではなく、自分でIllustratorなどをつかってデータを作って印刷業者に依頼しようと思っています。ISBNも自分で発行できることがわかったので、これなら自分自身で売る以外にもamazonのe委託販売なども利用できると思い、少し夢が膨らんでいます。
質問なのですが、今後将来的に販売がうまくいったら他の手段で出版できるといいなと思ったりもしています。版権も著作権も自分にある形になるので自由にできますが、その場合、普通の出版業者ってどんなソフトを使っているんでしょうか。自分が業者に頼んで印刷してもらうのならIllustratorで事足りますが、インデザインとかのほうがいいんでしょうか。捕らぬ狸の、、、というか典型的な自費出版作者のうぬぼれの質問でお恥ずかしいのですが、将来の将来のことも考えて、普通の出版業界というのはどういうソフトの方があとあと良いのかお知らせいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

フォントにはシリーズがあります。
太い字、細い字、大きい字、小さい字で、日本語に適した文字のバランスが違うので、同じシリーズのフォントでも違うフォントを使います。
このシリーズをフォントセットといいます。

この辺を適当に使っていると、様々な文字の形のフォントが混在したり、細い字用や小さい字用の同じフォントを使い回して文字のバランスが違うなんてことが起きます。

また、無料のフォントには、高解像度での印刷ができないもの、印刷機用のフォントがサポートしていないものなどもあります。
有名どころでは、下記があります。

http://www.ryobi-group.co.jp/projects/printing/font/products/f_mihon.html

http://www.motoyafont.jp/

http://www.fontworks.co.jp/typography

本にするためのソフトを組版ソフトといいます。絵が中心のものでも、ページを通したり、右ページ、左ページの位置を合せたりするのに使います。古くはページメーカ、クォークエクスプレス 、最近では、インデザインなどが有名です。イラストレータも組版用のソフトのひとつです。
http://www.dtp-transit.jp/adobe/illustrator/tutorial/post_1004.html

フォントにはシリーズがあります。
太い字、細い字、大きい字、小さい字で、日本語に適した文字のバランスが違うので、同じシリーズのフォントでも違うフォントを使います。
このシリーズをフォントセットといいます。

この辺を適当に使っていると、様々な文字の形のフォントが混在したり、細い字用や小さい字用の同じフォントを使い回して文字のバランスが違うなんてことが起きます。

また、無料のフォントには、高解像度での印刷ができないもの、印刷機用のフォントがサポートしていないものなどもあります。
...続きを読む

Q中3:読書感想文の本

中学3年生の女子です。
読書感想文の宿題に手をつけようと思っているのですが、
恥ずかしながら普段あまり本を読まないので、どんな本を読んでいいのかよくわかりません。
とりあえず名作を読んでみようと思い川端康成の「雪国」を読んだのですが、
いまいちピンとこなく、私には書きづらいなと感じたので他の本を探しています。

ちなみに、中学1年生のときは太宰治の「人間失格」
中学2年生のときは夏目漱石の「こころ」を読み、感想文を書きました。
この2冊は読んでいてとても興味を引かれたので書きやすかったのですが…

オススメの本がもしございましたら紹介してくださらないでしょうか。
ページ数はできればあまり多くないものがいいなと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
私が中学生三年生の時は教科書に「いちご同盟」が載っていました。
時代は変わるものですね…、それはさて置き。

#2さんのおっしゃる通り、「いちご同盟」はお薦めですね。
読む時期としてはとても適切かと思います。

「人間失格」「こころ」…とヘビー級できているので、
もし少し明るめなものを、と言うことでしたら、このへんでしょうか。

■「坊っちゃん」夏目漱石著 (文芸の滑稽さと、江戸ッ子の人情)
■「スキップ」北村薫著 (自分の青春を失った喪失感)
■「黄色い目の魚」佐藤多佳子著 (淡い恋心と、失うものの大きさ)
■「DIVE!!」森絵都著 (切磋琢磨の中に生まれる深い友情)←長いです

同じく重いもので…とのことでしたら、このへんでしょうか。

■「蛍川」宮本輝著 (幼心で認識する差別意識)
■「明日の記憶」荻原浩著 (病気により失っていく記憶との葛藤)

感想文がんばって下さいね。

Q読書家のみなさん、おススメの本を教えてください。

昨年から、読書にはまっています、20代男性です。
週に1冊のペースで読んでいますので、次に読む本がなかなか見つからなくて困っています。本が大好きな方、おススメの本をぜひ教えてください。できましたら、ここ10年くらいの比較的新書をお願いします。
ちなみに、東野圭吾が大好きでほぼ読破してしまいました。ミステリーが大好きです。読んでいるときにドキドキするような、読んだ後に可哀想で泣けるような、切なくてやりきれないエンディングなんかが好きです。

Aベストアンサー

 ちょっと古い作品ですが、乃南アサ(のなみあさ)著「しゃぼん玉」(朝日新聞社刊)がお勧めです。無軌道な若者が逃亡途中に宮崎の山村にたどり着き、そこに住む人々との暮らしにも馴染んできたが・・・
 2004年に初版が刊行された著者は、96年に「凍える牙」で第115回直木賞を受賞しています。
 最後は泣けますよ。

Q世界文学大系(筑摩書房)

筑摩書房の「世界文学大系(全102冊)」の購入を考えています。1958年から1969年くらいに発行された本です。

しかしネットで探しても、分売しているものは見つかりましたが、セットで売っているものが見つかりません。どこかに販売している古本屋はないでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon

こちらのサイトはご存知でしょうか?
梓書房というところが63000円で扱っているようです。
検索結果が多数だと、検索するたびにランダムに出て来るらしく、一度目の検索では1ページ目に出てきていたのに、二度目に検索したら相当後になってようやく出てきました(^_^;)。

上記のサイトではばら売りで何百冊と出ているようです。それも、同書店が多数を出品しているところが多いので、全巻揃いは無理かもしれませんが、大半が揃うということもあるかもしれません。まとめて買うといえばある程度値段の交渉も可能かと思いますし、残りをバラで揃えるという方法も考えられるかと思います。
また、見つけてくれるように頼んでみるのも一つの手かもしれません。

幸運をお祈りしております。

参考URL:http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon

Qナポレオン・ヒル教材の「株式会社SSI」と「きこ書房」は同じ会社ですか?

きこ書房出版のナポレオン・ヒル本の翻訳者は田中孝顕という人で、SSIの取締役会長も田中孝顕という人です。
そしてどちらもナポレオン・ヒルなどの成功哲学関連を扱っています。
同一人物か偶然の一致かどちらでしょうか?

ちなみにSSIという会社はネットで見る限りでは詐欺だのぼったくりだのでかなり評判が悪いようです。
私自身はこのような成功哲学本などは大好きなのですが、SSIの評判があまりにも悪すぎて少し心配になっています。
ナポレオン・ヒル本はきこ書房から出版されてるものが多いですが、SSIがぼったくるために仕込みで出版されてるなんてことはないでしょうか?
考えすぎでしょうか?
ナポレオン・ヒルは本場アメリカでも本当に大きな評価を受けているのでしょうか?
もちろん、SSIやきこ書房はそのように紹介していますが、実際はどうなのでしょうか?
そもそもナポレオン・ヒルが日本で流行したのはSSIの力が大きいのでしょうか?
だとしたら、SSIの評判からしてただの金儲けのためだけに流行らせただけで、本場アメリカではナポレオン・ヒルはそれほどの評価を受けていないなんてことはないんでしょうか?
その哲学自体が眉唾物やでっちあげだったらと思うと心配になってきます。

詳しい事情をお知りの方がいましたら、ご回答、よろしくお願いします。

SSIやきこ書房がいい会社であることを祈るばかりです。

きこ書房出版のナポレオン・ヒル本の翻訳者は田中孝顕という人で、SSIの取締役会長も田中孝顕という人です。
そしてどちらもナポレオン・ヒルなどの成功哲学関連を扱っています。
同一人物か偶然の一致かどちらでしょうか?

ちなみにSSIという会社はネットで見る限りでは詐欺だのぼったくりだのでかなり評判が悪いようです。
私自身はこのような成功哲学本などは大好きなのですが、SSIの評判があまりにも悪すぎて少し心配になっています。
ナポレオン・ヒル本はきこ書房から出版されてるものが多いですが、...続きを読む

Aベストアンサー

・SSIの子会社が、きこ書房です

下記に経験者の方が感想を書かれています、良い面、悪い面共に
・ナポレオン・ヒル プログラムについて
http://itiba.nlpsuccess.net/0024.html
(上記にてプログラムの各価格表も記載されています)
・SSIについて(問題点の指摘等もあります)
http://itiba.nlpsuccess.net/0007.html

他、多数情報があるようです、一読されてみてはいかがですか
良い面も、悪い面も客観的に書かれている様に感じましたが


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報