ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

日焼けするコツとか早く日焼けする方法とかあったら教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは、


きれいに日焼けをしたければ、ある程度色黒の人以外はSPF15くらいの日焼け止めローションを塗って日光浴されるといいと思います。まだら焼けや、日焼けによって肌がひりひりするのを防ぎながら快適に焼けます。

この場合、日焼け止め?と思われるかもしれませんが、PAの表示がついていなければ、サンバーン(やけど状態を防ぐ)は防ぎますが、サンタン(色を黒くする)防止はあまりないので問題ないです。

色が黒くなれば、皮膚自体の紫外線抵抗力がつくのでオイルなどでもいいですが色が白いうちは、こちらのほうの使用をお勧めします。もちろん、なにも塗らないで焼くのは問題外。

あと、皮膚の角質層にだけ働きかけて色を黒くみせる「セルフタンニングローション」というものがあります。ドラッグストアやクラランスやディオールといったお店で手に入ります。1000円位からうっています。

これは、皮膚の表面にだけ作用するものなので、使用をやめると垢といっしょに2,3日でおちてしまいます。ムラなくローションを伸ばさないとまだらになったりしますし、使用したあとすぐに手をあらわないといけないなどちょっと使い方がめんどう。
色の出具合もメーカーによって微妙に差があるようで、実際に日光にあたって焼くような色がでないこともあります。

ただ、日焼けするまでの数日ぐらいの中継ぎで日焼け止めと併用しながら使うと便利な商品ではあります。
    • good
    • 0

健康度にもよりますが、そのまま太陽の下に寝ればよいのです。



健康度による、というのは、日焼け後に不健康だと皮がボロボロになるからです。
健康なら、細かいのが目立たない程度に取れてゆくだけです。

それようの薬剤もあります。日本では一般市販されているのかどうか不明ですので薬店・薬局で聞いてください。


一般的に言われていることを聞いているのかな?
コーラを塗るとか、醤油を塗って焼くとかの事を?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q効率よく日焼けしたい

日焼けしたいんですが、今忙しくて海に行く時間がありません。
仕方なく庭で寝ころぼうかと思うのですが、そんなに時間もありません。効率よく短時間で小麦色になるアイデアとかありませんでしょうか?
水風呂に入って焼いてまた入ってとか、試行錯誤してみたのですが、やはりサンオイルを塗るのが一番でしょうか?

あと疑問に思うのですが、気のせいか足って体の部分でも焼きにくいことありませんか?

Aベストアンサー

似たような以前の答えもありました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=324575

僕もよくベランダで日焼けしてます。
サンオイルのSPF2を使用しています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=324575

Q曇りでも日焼けできますか?

曇りの日でも日焼けはできるんですか?(完全に太陽が雲で隠れている状態)
できるとしても、晴れの日にはかないませんか?

Aベストアンサー

曇りでも暗闇ではないですよね。
つまり日光が届いているという事なので日焼けはします。
もちろん晴れの日にはおよびません。

Q色白な男性です。日焼けしたいです。

色白な男性です。日焼けしたいです。
私は日焼けというものをほとんどしたことがありません。しかし外で動いていないわけでもありません。
日に当たっても、肌が赤くなり、脱皮するように剥けて、もとの白い肌に戻ってしまうのです。

女性の方に言ったら羨ましがられたのですが、女性にとっては美白でも、男にとってはただのヒヨワに見える要因です。生白い体は自分で見ていても気持ちが悪い時もあります。

日焼け止めなどを付ければ、少し赤くなって元に戻る。付けなければ、激しく赤くなり、元に戻る。こんなことの繰り返しです。サンオイルは試したことがありませんが、なんとなく、より赤くなって元に戻るだけな気がします。

どなたか同じ悩みを抱えていたり、解決法をご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

Aベストアンサー

日焼けにはひとりひとり個人差があります。
あまり無理をせず、日焼け用ローションなどは使用しない方がいいでしょう。

・年齢により日焼けの度合いが違ってきます。一般的には若い方が効果が大きくなります。
・日焼けを行う時の肌の状態や季節によっても異なります。
・日焼けを始めてすぐに肌は褐色にはなりません。回数を重ねていく上で徐々に褐色に近づいていきます。

日焼けには「サンタンニング」と「サンバーン」の2種類があり、区別される事なく「日焼け」とされていますが、肌に与える影響は全く違います。

サンタンニング(小麦色の肌)
サンタンニングは皮膚が「褐色に色づいた状態」の日焼けをいいます。
褐色の肌はメラニン色素によってもたらされます。
メラニン色素は、紫外線が皮膚の深部に浸透するのを防いで、紫外線のエネルギーから、皮膚の細胞とそのDNA(遺伝子)を保護する役目をします。上手にサンタンニングするには、初めは日差し(紫外線)の弱い時間帯を利用し、日差しの強い時には一回の照射時間を短めにして、間隔をあけながら徐々に肌色を作っていきます。

サンバーン(ヤケド日焼け)(皮膚が赤く炎症を起こす症状)
サンバーンは皮膚が「ヤケド」した日焼けをいい、皮膚にマイナスな日焼けです。
肌色が白く、角質の薄い人は、紫外線に対する皮膚の防衛能力が低いために、急に日焼けすると肌がヤケドして炎症を起こします。ヤケドで死んだ皮膚細胞は、やがて剥がれ落ちますが、サンバーンはシミの原因にもなります。また炎症を起こしたままで、強い日差しを繰り返して浴びると、皮膚ガンのリスクが生じる恐れがあります。


以下の特徴がある場合は、1日の日焼け時間を4分~10分にし、色がつき始めたら、週に1、2回にしてください。
特徴
・日焼けしていない時の肌の色は、白色
・強い太陽の下での日焼けでは、サンバーン/皮がむけてしまう
・普通に日焼けをした肌の色は、赤くなる/色が着かない

日焼けにはひとりひとり個人差があります。
あまり無理をせず、日焼け用ローションなどは使用しない方がいいでしょう。

・年齢により日焼けの度合いが違ってきます。一般的には若い方が効果が大きくなります。
・日焼けを行う時の肌の状態や季節によっても異なります。
・日焼けを始めてすぐに肌は褐色にはなりません。回数を重ねていく上で徐々に褐色に近づいていきます。

日焼けには「サンタンニング」と「サンバーン」の2種類があり、区別される事なく「日焼け」とされていますが、肌に与える影響は全く違い...続きを読む

Q肌に直接受ける日光と窓越しに受ける日光の違いは?

直接肌に日光を受けるのと普通の窓越しに受けるのでは何か違いますか?
(紫外線や、体内で生成されるもの等々)
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

UVカットのガラス窓なら直射日光と窓越しの違いは歴然とありますが、一般的なガラス窓なら紫外線も通過するので外気温と窓越しの室内気温の違いぐらいです。

実際、夏の日射しが強い時期にエアコン冷房の効いた車を長時間運転していても国産の右ハンドル車では右手は窓ガラス越しに紫外線による日焼けをすることがありますが、窓越しの日光も当たらない左手は日焼けしないことを経験してます。

なお、太陽光の紫外線は人間が唯一体内で形成することが出来る「ビタミンD」を作り出す働きをしますから、カルシウムの吸収を助け佝僂病(くる病=ビタミンD不足による骨の発育異常)の予防になります。


人気Q&Aランキング