当社では子会社の株式(100%)を所有していますが、子会社の株主総会にその出資者である親会社の株主は出席する権利があると、親会社の取締役がいいだしました。
本当にそうなのでしょうか??
商法のどこをさがせばいいのでしょう??
既に決議通知を作成しているのにかかわらず、なにか波乱が起こりそうで「わくわく」じゃなかった「どきどき」してます。
その関係に強い方、是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

↓shoyosiさんの言われるように、親会社株主は、子会社の株主総会に出席することはできません。

あくまでも、別の会社だからです。ただし、親会社株主は、裁判所の許可を得れば子会社の株主総会議事録の閲覧等が可能です(商法第244条第4項)。私自身、ある企業の子会社の株主総会の運営事務を行っていますから間違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
これで解決しそうです。
休みにサービスで出勤した甲斐がありました。。

お礼日時:2001/06/23 09:18

株主総会は株式会社の最高意思決定機関でその名前の通り、株主以外は出席する権利はありません。

株主でも、議決権のない株主も同様です(商法232条3項)。親会社の株主は親会社の経営方針に賛成の人ばかりではありませんし、子会社の議決権のないこれらの人が出席できることは考えられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり議決権はないと判断してよいのでしょうか。
意見が分かれてしまって、困ってしまいましたが、
もう一度こちらも調べて見ます。

お礼日時:2001/06/22 08:59

株式会社の「定款」に議決権について記載されています。



決算日時点の株主名簿に記載された株主に議決権がありますから、当然、出席できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
出席できるという方と権利はないっていう方と別れてしまいました。。
うーん、困った。。

お礼日時:2001/06/22 08:58

NTT民営化の前夜、NTT側の担当役員が、その100%株主である国(この場合、当時の大蔵省)の担当者一人を前に、株主総会を開催しているのを思い出しましたよ。

そう、碁か将棋の勝負のようでした。くだんの親会社の取締役さんの脳裏にもそんな風景があったりして…。通りすがりですが、思わず書き込んでしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ。ありがとうございました。
なんだかいやな風景ですね。(笑)
こんなことのないよう調べてみます。

お礼日時:2001/06/22 08:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株主総会での決議事項について議決権を有しない株主には、招集通知を出す必

株主総会での決議事項について議決権を有しない株主には、招集通知を出す必要はないのでしょうか?その根拠は、種類株主総会に関する会社法325条という理解でよいでしょうか?これは、6月の定時株主総会でも同じでしょうか?(定時株主総会なのに、種類株主総会というのに違和感を感じるので。)よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 会社法298条2項において「株主(株主総会において決議をすることができる事項の全部につき議決権を行使することができない株主を除く。次条から第302条までにおいて同じ。)」となっていますので、会社法299条にいう株主には議決権を行使できない株主は含まれない、ということになると思います。

Qこれは株主総会の決議事項でしょうか?

剰余金を配当する場合は株主総会決議事項だと思うのですが、無配にする場合も株主総会の決議事項でしょうか?根拠条文はありますか?

Aベストアンサー

配当する場合は、金額などを毎回株主総会にかける。
(中間配当の取締役会設置会社を除く)

株主総会の承認がなければ、無配になる。
総会に無配の議案をかけなくてもよい。かけてもよい。
454条参照

Q株主総会と取締役会決議の瑕疵の比較について

株主総会と取締役会決議の瑕疵の比較についておしえてください.
全く分からなくて困っております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

株主総会の決議に瑕疵があっても当然無効にはなりません。なぜなら、決議取消の訴え(会社法831条)について規定しているからです。

一方、取締会決議に瑕疵があった場合は、一般原則どおり無効になります。なぜなら、特別な規定がないからです。

なお、蛇足かもしれませんが、関連事案として、最判昭和44・12・2は有名です。

Q子会社による親会社株式の取得の禁止

「子会社は、親会社株式を取得してはならない。」のは、どうしてでしょうか。
会社法308条1項の()内により、「親会社の株主総会で、親会社に経営を実質的に支配されている子会社には、議決権が与えられていない。」ので、議決権については、問題がないとは思うのですが…。
ご教示よろしくお願いいたします。

【参考】
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95%E7%AC%AC308%E6%9D%A1

Aベストアンサー

ご参考に
http://www.shinnihon.or.jp/corporate-accounting/ota-tatsuya-point-of-view/2013-09-03.html

Q親会社取締役と子会社の直接取引が利益相反になる可能性

株式会社である親会社の取締役が、その子会社から個人的な物を値引いて買いました。
親会社は子会社の株式の50%を所有しており、他株式は45%と5%を親会社とは無関係な個人が有しています。
この場合、今回の取引は利益相反取引とされる可能性があるのでしょうか?
ご教示宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

文面だけで可能性があるか?という質問であれば、

「可能性はある」です。

ただし、論点は値引き額(幅)に対する、客観的評価だと思います。
親会社取締役という立場でなければありえない値引きであればクロ
ですが、他にも類似例があったり、子会社の値引き決済ルールに
従った通常値引きの範囲であればシロです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報