[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

FDに乗っています。
以前排気温計が壊れていまい(常に1200℃)ました。
そして最近マフラーに手を近ずけた所、やけどしそうなくらい熱かったです。こんなにも熱いものなのでしょうか?
又、ロータリーエンジンには排気温計は必要なものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは、


チューンドロータリーで怖いのは燃調の失敗で薄くなり燃焼温度が上がりすぎてアペックスシールが吹き飛ぶことです。エンジン、タービン交換になります。マニュアルで燃調変更できるのなら排気温度計は不可欠です。コンピュータ付きでブースト変更でちゃんとしたショップならいらないかもしれませんが。排気温が高いのでマフラーチューンしていると出口付近でもかなり熱いのは普通です。貴重なFDですので壊さない様バリバリ走ってください。
    • good
    • 0

FDに限らず、排気温1200℃は異常です。


FCの時代は、空燃費を確認しながらのチューンが困難でしたので、排気温度計を使用してブーストを見ながら走っていたものです。
ちなみに、排気温度は、点火時期を遅らせてガソリンを濃くしてやったら、パワーにつながらない高温になるので、エンジンは壊れにくいとはいうものの、周辺が熱で損傷することがあります。
点火系やブーストに変更がないまま、高温になるようでしたら、負荷がかかった結果ですので、ノッキングでも起こしたらエンジン破損への道をまっしぐらでしょうね。

また、ECUが純正でしたら、ノッキング回避のために点火時期を遅らせることをECUが勝手に実行した結果、排気温が高くなっているのかもしれませんね。

マフラーと、排気温センサの装着されているフロントパイプ周辺の温度は、全然違います。
そばに寄った感覚が書かれていますが、たとえ、400度でも、火傷しそうなくらいの熱さを感じますよ。
    • good
    • 0

どの程度手を入れられているのか分かりませんが、


メーターにある排気温度警告灯は点灯していないのでしょうか?
それであれば特に問題ないと思います。

排気温度が上がるとブーストのタレがありますが、
そういった現象はあるのでしょうか。
なければそこまで気にしなくてもよいのでは・・・

マフラーは出口付近でも水をかければ瞬時に蒸発する程度には熱くなります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Q自動車の排気温度センサーは大体何℃で作動するの?

自動車の排気温度センサーは大体何℃で作動するのでしょうか?触媒に付いていると思いますが、500℃くらいでしょうか?条件を付けるならガソリン機関の値を知りたいです。車種によると思いますが、おおよその値を知りたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自動車の理想燃焼温度は、エキゾーストマニフォールドに出た時点で、約850度前後です。

触媒に排気ガスがたどり着く時点で500~600度前後に落ちてますので、センサーは800度位で反応するようです。



ただし、最近のエンジンは希薄燃焼で高温気味のエンジンもあるので、上記はあくまでも一般的なガソリンエンジンでの数値です。


人気Q&Aランキング