出産前後の痔にはご注意!

江戸時代の水戸徳川家のわかり易い系図を探しています。

江戸時代の水戸徳川家のわかり易い家系図を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://www.tokugawa.gr.jp/
このURLの水戸にあります徳川ミュージアムに問い合わせるのが良いと思います。
まだ家系は続いていますので、系図はあると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

http://www.tokugawa.gr.jp/

↑このページですね。

お礼日時:2016/08/04 12:46

ネットでしらべたらいいでしょう。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水戸黄門について

「さきの副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」とキメの台詞があります。水戸黄門が副将軍の時の将軍って、誰でしたでしょうか?また、時代劇で水戸黄門が多く、長く、また再放送される理由とはどうお考えでしょうか?(個人的に水戸黄門は好きです)

Aベストアンサー

将軍は、5代目の徳川綱吉です。

1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。
名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。
この呼び名がついたのには理由があるります。

光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。
「黄門」とは中納言の唐名のことです。
水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の副将軍」と称されるようになったそうです。

また、光圀は引退後『大日本史』の編纂に着手。
資料を求めて「助さん」「格さん」のモデルとなった家臣を諸国へ派遣したエピソードから「光圀公が諸国を漫遊して悪を懲らしめる」という講談が生まれ、時代劇の定番ヒーローとして語り継がれるようになった。


水戸黄門が永く愛される理由は、
・老人(水戸黄門)が主人公なので御年寄りに人気
・勧善懲悪のシンプルな作りなので子供や御年寄りに受けが良い
・人がめったに死なないため、喜劇のまま終わる。
※他の時代劇では、必ず人が死にます。
・由美かおるのお約束

~~~~~~~~~~~
「変身願望で心理分析」
筑波大学の井上教授は、長寿番組「水戸黄門」の人気の秘密は“変身”にあると。
越後のちりめん問屋のご隠居が印籠を見せただけで、天下の副将軍になる。
普段隠されているものが実は、“こうなんだ”と正体を現す・・・
これが「水戸黄門」の一つの特徴。
私たちは誰でも、自分に100%満足している人は普通いません。
普段の自分と違った別の人間になりたい、より強い人間になりたい!という、色んな願望の現れの一つが“変身”という形なのだと。

将軍は、5代目の徳川綱吉です。

1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。
名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。
この呼び名がついたのには理由があるります。

光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。
「黄門」とは中納言の唐名のことです。
水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の...続きを読む

Q水戸光圀

無知な私に教えて下さい。
水戸の光圀は将軍ではないのに何故あんなに偉い身分なんですか?
どうして皆が「ははぁ~!」となるのでしょうか?
幼稚な質問で本当にスミマセン。
どなたか分かりやすく教えて下さいませ。

Aベストアンサー

幕末に講談師の桃林亭東玉が「水戸黄門漫遊記」を創作してからポピュラーになったようです。「この印籠が目に入らぬかぁ!」「ははぁ~!」」というシーンはTBSのドラマだけ。

もともと水戸家は幕末に「勤王の大本山」とされた藩で、水戸光圀が編纂させた「大日本史(明治39年に完成)」は幕末の勤王志士の歴史観に大きな影響を与えていて、光圀は幕末・明治の読書人に身近な存在でした。光圀は、この「大日本史」に必要な資料を集めるために諸国に家臣を派遣しており、そうしたことも諸国漫遊話しの下地になっているようです。

また、光圀は徳川綱吉や柳沢吉保と時代を同じくし、「生類憐れみの令」に反して牛や羊を平気で食べ、将軍へもずけずけものを言ったため、庶民の受けも良く、名君とされる人です。

光圀自身は徳川家康の孫にあたります。当時の将軍の綱吉は家光の四男で家康の曾孫。神君家康を基準とすればより近い尊い血になります。
さらに、水戸家は水戸と言う江戸に近い地理の上、藩主は江戸定府が定められていましたので、徳川を名乗れる者の中では最も将軍に身近な存在でした。
上記の理由もあって、将軍親政を目指していた徳川綱吉に制度外から意見できる数少ない大名の一人でした。
尾張家・紀州家が将軍の血統が絶えたときに将軍を出す家柄である反面、幕政に関与できない立場にあったことと対比して、禄高が少なく、家格も一段低い水戸家を「副将軍」と位置付けたようです。副将軍と言う役職があったわけではありません(下馬将軍とかのような異名ですね)。

水戸光圀と言う人は、日本ではじめてラーメンや餃子を食べた人です。とても好奇心が強い人で、エピソードに事欠かないので調べてみると面白いですよ。^-^

幕末に講談師の桃林亭東玉が「水戸黄門漫遊記」を創作してからポピュラーになったようです。「この印籠が目に入らぬかぁ!」「ははぁ~!」」というシーンはTBSのドラマだけ。

もともと水戸家は幕末に「勤王の大本山」とされた藩で、水戸光圀が編纂させた「大日本史(明治39年に完成)」は幕末の勤王志士の歴史観に大きな影響を与えていて、光圀は幕末・明治の読書人に身近な存在でした。光圀は、この「大日本史」に必要な資料を集めるために諸国に家臣を派遣しており、そうしたことも諸国漫遊話しの下地に...続きを読む

Q徳川本家、御三家の家紋に違いがあるのでしょうか?

徳川本家、御三家の家紋に違いがあるのでしょうか?
違いがあるのなら、どのように違うのか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>徳川本家、御三家の家紋に違いがあるのでしょうか?

回答から先に述べますと、「若干の違い」がありました。

まずは、「葵のご紋」の使用について・・・。

(1)葵の紋は、京都賀茂神社の神紋であり、賀茂神社の神主、氏子、信仰者に葵紋が広がりました。

(2)三河から伊豆にかけて「賀茂」という地名が残っており、賀茂神社の社領が多くあった名残です。

(3)三河に居た松平氏、伊那氏、島田氏が葵紋を使っていたが、徳川家康が天下を取ると、葵紋の独占を図り、他家での使用を禁止しました。

(4)ただし、本田氏のみが賀茂神社神官の出自であったため、徳川家の独占に対して、
「殿こそ、新田の出であるのであれば、丸に一の「一引紋」に変更されたらいかがでしょう」
と、断り、家康もそれにはさすがに「理の当然」と考え、本田氏も葵紋を使用することを許可しました。

(5)賀茂神社の葵紋は、
そこで、徳川家では丸に三つ葉葵に変形させて、現代で言う「三つ葉葵」の紋を将軍家の紋所としました。
賀茂神社の葵紋は、次のサイトの一番上の右端の青い房に描かれた紋所です。

水戸家では、「茎無し」の三つ葉葵を使用しています。(次のサイトの二段目、左から四番目)
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GGLL_jaJP389JP389&q=%E8%91%B5%E3%81%AE%E7%B4%8B&um=1&ie=UTF-8&source=univ&ei=9TqGTIu_H4ffcZ37uZ4I&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CCkQsAQwAA&biw=1251&bih=561

また、徳川本家でも、家康や秀忠、家光と違って5代将軍の綱吉や吉宗などは「茎」を太くしています。
http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2007/08/30/kamonaoicc.jpg&imgrefurl=http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2007/08/post_1188.html&usg=__jxzriYUf2UeE0LVYQmMrN0hIi4Y=&h=691&w=144&sz=133&hl=ja&start=18&zoom=1&tbnid=2auxicMlXwz1CM:&tbnh=137&tbnw=29&prev=/images%3Fq%3D%25E8%2591%25B5%25E3%2581%25AE%25E7%25B4%258B%26um%3D1%26hl%3Dja%26sa%3DX%26rlz%3D1T4GGLL_jaJP389JP389%26biw%3D1251%26bih%3D561%26tbs%3Disch:10%2C472&um=1&itbs=1&iact=hc&vpx=444&vpy=61&dur=14719&hovh=400&hovw=83&tx=104&ty=267&ei=zjmGTOeJA4XBcfTXwZ4I&oei=rjmGTLfUOYOHcdvXzOwK&esq=7&page=2&ndsp=22&ved=1t:429,r:10,s:18&biw=1251&bih=561#javascript:void(0);



紀州徳川家でも「茎」は描かず、さらには、「葉」の葉脈の数を変えたり変形させたりしています。
(最初のサイトの6段目左から二番目の銀色の紋所・・・もちろん、金色で描かれることもありました。

このように、本家でも違いを顕わにし、御三家なども少しずつ時代と共に変化を見せています。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>徳川本家、御三家の家紋に違いがあるのでしょうか?

回答から先に述べますと、「若干の違い」がありました。

まずは、「葵のご紋」の使用について・・・。

(1)葵の紋は、京都賀茂神社の神紋であり、賀茂神社の神主、氏子、信仰者に葵紋が広がりました。

(2)三河から伊豆にかけて「賀茂」という地名が残っており、賀茂神社の社領が多くあった名残です。

(3)三河に居た松平氏、伊那氏、島田氏が葵紋を使っていたが、徳川家康が天下を取ると、葵紋の独...続きを読む


人気Q&Aランキング