授業で権利と人権の違いというのを勉強しています。

権利はその人固有のものであって個人が主張して行き、獲得していくしかないもの。
人権は生まれた時から保障されているもの

と習いました。

しかし、具体的にどんなものが権利であり人権とはどんなものかよくわかりません。

出来れば例をあげて説明して頂けるとうれしいのです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

権利については、私法と公法共に他の回答でよろしいかと思います。



私が人権の上に生存権があると回答しましたのは、生存権は、生活権と社会権とも言います。

すべての国民が人間らしい生活をすることができるように国家に対して要求する権利です。
憲法25条では、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利と規定されています。

基本的人権のなかではもっとも重要なものとなっています。
この権利が憲法上にでてきたのは、ワイマール憲法(ドイツ1919年)が最初でその後、各国の憲法に取り入れられたものとなってるはずです。
    • good
    • 1

下のNo,5を書いた本人です。

訂正します。

ロックがpropertyと呼んだのは、正確には「財産権」でなく、「所有権」です
    • good
    • 4

回答者の方々が、それぞれ思いこみで回答されているので、書きます。



人権には、包括的権利として、幸福追求権、平等権、
個別的権利にに、自由権、社会権、参政権などがあります。

自由権(国家に邪魔されない権利)には精神的自由権、経済的自由権、人身の自由があり、

精神的自由権には、思想良心の自由、信教(宗教)の自由、表現の自由(広い意味では、言論の自由、集会の自由、結社の自由などを含む)、学問の自由など

経済的自由権には、職業選択の自由、財産権など
人身の自由には、奴隷的拘束をを受けない権利や、刑事訴訟手続における各種権利など

社会権(本当の意味での自由を保障されるために、国家からバックアップを受ける権利)には、生存権を基本に、労働基本権、教育を受ける権利などがあります

参政権(国政に参加する権利)には、選挙権や、公務就任権(公務員になる権利)などがあります。

その他、裁判を受ける権利、国家賠償を受ける権利など


まず、権利とは、したり、そのままにしておいたり、やらなかったりなど、なんらかのことを、法(法律)上、正しいこととして尊重されること、です。

私が勝手に考えた定義です。専門家が論じると「権利」とは何か、は大変難しい問題です。

権利の中でも、人権は、人間である以上、そもそも平等に具わっている権利、をいいます。
他の方も言われているように、権利という概念の中に人権があります。
人権は権利です。

ところで、他の回答者の方が、環境権や平和的生存権などを上げておられました。
この二つは、憲法の条文には出てきません。
しかし、環境権は、内容はともかく、13条や25条などを根拠に認めていこうという流れが大勢です。
平和的生存権の説明は長くなりますので省きます。

いずれにしても、人権の根拠である、個人の尊厳原理を表現した13条から、さまざま人権を認める(新しい人権)のが、今日、普通です。(肖像権、名誉権、プライバシー権など多数)
また、従来の通説は新しい人権を認めるのに慎重でしたが、最近の若手の憲法学者の多くが、一般的自由を13条が保障している、と言いますので、人権は相当多くのものを含んでいることになります。


ところで、冒頭に書きました、みなさんの思い込みについて書きます。

物権(所有権を含む)、債権などの財産権は、経済的自由権として憲法29条に書かれている立派な人権です。
J・ロックが固有の権利として、財産権をpropertyと呼んで重視したのは有名な話しです。
人権として相当な歴史があります

以前、学んだことを大急ぎで書きました。
もれ、間違いなどありましたら、有能な方、ご指摘下さい。
    • good
    • 2

様々ある権利の中の一つとして、人権(人間の持つ当然の権利、の略と考えればいいです)があります。


別物というより、人権は権利のうちの一つです。

権利というのは、「他人に対して何か主張する為の根拠」ということができ、その中の人権というのは、
人間であれば当然に持っているもので、法律などの裏づけが必要でないものと言うことができます。

例えば人権の代表的なものに平等権、人権でない権利の代表的なものに所有権があります。

平等権は人権ですから、男女が平等であること、親の職業に関係なく平等であること、などは当たり前で、
特に各人が何もしなくても、法律などがなくても主張できるもので、誰も否定することはできません。

一方で所有権(物を自分のものだと言える権利)は人権でない一般の権利ですので、例えばその辺にある
車を勝手に自分のものだと言って所有権を主張することはできません。
自分でその車の持ち主から譲ってもらうなどの努力をして始めて、所有権を主張することができます。
人権とは違いますので、当然に主張できる権利ではないわけです。

ややこしいと思うのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0

人権は生まれながらにして日本国民に与えられる権利なので、権利と言う広い意味の中に人権がかけがえのないものとして位置づけられていると考えています。



人権には、平等権(性別や人種、家柄、職業などによって差別されない)、自由権(自由に生きる権利)、社会権(生存権、労働基本権など)、参政権(選挙権、被選挙権、国民審査権など)、請願権、裁判を受ける権利・・・などがあります。

このように見ても、国民が持っているいろいろな権利に「~権」という「人権」を置いているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

人権


選挙権、環境権、平和的(?)生存権など、人であれば、または、日本国民であれば、すべての人が平等に持っている権利。

権利
人権も権利の一種ではあるけれど、人権と対比的に権利といった場合は、いわゆる物権(所有権・占有権・抵当権)・債権などの財産上の権利や、代理権など地位に基づく権利。
    • good
    • 2

権利については、法律体系を「私法」と「公法」に分けてどのように扱われいるのか調べてみましょう。



人権については、私は人権の上に「生存権」があると思います。

回答になってませんね申し訳ありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学校との接続を重視した学習指導案(数学)

今週中に中学校との接続を重視した学習指導案(数学)を提出しなければならなくなりました。
今自分自身考えていますが、どなたか心あたりがあるかたおねがいします。

Aベストアンサー

初めまして。さて、さっそくですが、中学校との「接続」とありますが、とすると専門は中学校ではなく、小学校、もしくは高校になるのでしょうか?学習指導案は他の人も言ってましたが、数をこなすのが大切です。そのためにはどうやって作成すればいいのか?と思われるでしょうね。う~ん、私も数学に携わっていますが、扱う単元で「どこを授業中の一番のポイントにしたいか」を明確にすること、指導案は授業者が行う授業の計画表であると同時に、指導案を見れば今日の授業の流れ、授業者の伝えたい・教えたいポイントはどこか、そのために何を準備し、生徒にどう接すればいいのか等、授業者も見る者もわかりやすくなるよう心がけて作成するとよいでしょう。中学校学習指導案(数学)をじっくり見る時間があるとよいのでしょうけど…苦労するかもしれませんが、自分の身になると信じてがんばってくださいね。

Q権利の主張変更。これは主張側の温情か?権利放棄か?

お世話になります。
概要
法律上や契約書上(もちろん正当に交わされた契約書)で認められている権利を、一旦譲歩した場合、もとの権利を主張することは認められないか?
何度催促しても相手がいう事を聞かない場合、主張する側が条件を譲歩したり、期限を延ばしたり、相手の状態をおもんばかった事は、裁判においては
「権利者側が温情を与えた」、と判断されるのか、
「権利者側が自ら権利を放棄した」と判断されるのか?

詳細
1)たとえば、金を貸した場合、たいてい契約書には以下のようなことが書いてありますね。
「一回でも滞納した場合は、債権者はすべての残債を全額回収できるものとする。債務者はそれに対して異議申し立てはできない。」
さて、借金の返済が滞った場合、債務者はこの条件を盾にして全額回収に掛かるわけですが、そこはやはり人間ですから、どうしても情が入る場合もあるでしょう。
債務者「来週までには必ず金策をするから待ってくれ」
債権者「まあ、わしも鬼やないから、一回ぐらいなら、あんさんを信じて待ちまひょか? 
 しかし、この次は無いで!!! 」

翌週、債務者は滞納分の支払いに応じました。
しかし、また次回の支払いが滞りましたので、債権者は全額回収に掛かりました。すると
債務者「アンタ、一回目の滞納の時に全額回収をしなかったではないか。という事は、
”一回でも滞納した場合は、残債を全額回収する”
という権利は永久に放棄したとみなしますわ。
 よって、今後は滞納したとしても全額回収することはできませんで」
債務者「な、なにを!! 契約書のどこに、”全額回収の権利放棄の条件がかいてあんねん!!!」
確かに、契約書には、こういった場合の全額回収権利放棄の条件、は書いてありませんでした。
こういった場合、どちらの主張が法的に正しいでしょうか?

2)家賃の催促など。
家賃を滞納した店子に対して大家が内容証明で催告書を出しました。
催告書「9月末日までに滞納した家賃を納めない場合は退去していただきます。」

しかし店子は出て行こうとしなかったので再度催告書を出しました。
催告書「先日送付した催告書は配達証明にて貴殿受け取りを確認しておりますので知らない、見ていないは法的に主張できません。
ここに改めて再度通告します。
10月末日までに滞納した家賃を納めない場合は退去していただきます。」

しかしやはり効果がありませんでした。
また催告書を出しました。
催告書「9月、10月に送付した催告書は配達証明にて貴殿受け取りを確認しておりますので知らない、見ていないは法的に主張できません。
ここに改めて再度通告します。
11月末日までに滞納した家賃を納めない場合は、こんどこそ本当に退去していただきます。」

----

こういった場合も、締切日を伸ばしながら何度も催告書を送ることは、
「以前出した催告書に記載した”退去していただきます”という文言に対して、大家側が鍵を変える、とかドアの前でずっと立っていて入室を許可しない、などの実力を行使しないので、
”大家は店子の家賃滞納と居座りを容認していることになる。
よって、今後は大家には催告の権利はない”」
という裁判所の判断になるのでしょうか?

それとも
「こんなにも大家が何度も譲歩しながら温情のあることろを見せているにも関わらず、店子は催告を無視し続けた。よって、店子側には一切の反論の権利はない。最後の催告書記載の刻限のの11月末日を持って退去していないなら直ちに以降行為となる」
という裁判所の判断となるのでしょうか?

詳しい方、お願いします。

お世話になります。
概要
法律上や契約書上(もちろん正当に交わされた契約書)で認められている権利を、一旦譲歩した場合、もとの権利を主張することは認められないか?
何度催促しても相手がいう事を聞かない場合、主張する側が条件を譲歩したり、期限を延ばしたり、相手の状態をおもんばかった事は、裁判においては
「権利者側が温情を与えた」、と判断されるのか、
「権利者側が自ら権利を放棄した」と判断されるのか?

詳細
1)たとえば、金を貸した場合、たいてい契約書には以下のようなことが書いてあり...続きを読む

Aベストアンサー

1.「1回でも延滞した場合は(中略)全額返済を求めることが出来るものとする」は、一括返済を求めることができるが、実際にそうするかどうかは債権者の自由、ということです。つまり、一括返済を求める権利を留保しつつ、その時その時の対応をしている訳です。

なので一括返済を求めなかったからといって、その権利を放棄したわけではなく、今後いつでも権利行使は可能です。


2.まず蛇足ながら、催告書の正当性を担保するのは、当初に交わした契約書の内容次第です。現状が退去請求に該当している状態なら、大家は退去を求めることが出来ますが、内容証明郵便かどうかは単なる伝達手段にすぎないので、それが決定的な要件ではありません。

という前提において、既に即時退去を請求できる状態になっているのなら、賃借人はそれに従わなければなりません。仮に退去請求日が9月から10月、11月に延期されたとしても、即時退去する義務は何も変わっていないということでしょうね。

こういう場合、大家側は後日裁判になることを想定して、何度も請求を行い退去日の延長に応じたし、精一杯の努力を重ねたということを証明するためソフトな対応を取っていると考えられます。

1.「1回でも延滞した場合は(中略)全額返済を求めることが出来るものとする」は、一括返済を求めることができるが、実際にそうするかどうかは債権者の自由、ということです。つまり、一括返済を求める権利を留保しつつ、その時その時の対応をしている訳です。

なので一括返済を求めなかったからといって、その権利を放棄したわけではなく、今後いつでも権利行使は可能です。


2.まず蛇足ながら、催告書の正当性を担保するのは、当初に交わした契約書の内容次第です。現状が退去請求に該当している状態なら、大...続きを読む

Q中学校数学の指導案集や実践事例集を手に入れたい

中学校数学の指導案集や実践事例集を手に入れたいと思っています。
私なりに、書店で探してはいるのですが、小学校の算数の本に比べて、中学校数学の本は系統的にまとめられたものが少なく感じています。
 日々、教科書で授業をしていると、安定はしているのでしょうが、無味乾燥な授業になっているようで悩んでいます。そこで、実績のある授業実践を学び、生徒に力をつけてあげたい(そして自分にも力をつけたい)と思っています。毎時間は無理でしょうから、1単元に1時くらいは、教科書を離れた授業をしてみたいと思います。
先輩方が作り上げた力のある指導案集・実践事例集はありませんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

関連する資料について少しサーチしてみました。(by Google)
中学 数学 指導案集 実践事例集
中学 数学教育 研究|報告|実践
世界 各国 数学 教育 比較
例えば以上のようにサーチすると多くの資料が見つかるようです。

https://library.u-gakugei.ac.jp/etopia/top.html
東京学芸大学 E*Topia (Education+Utopia)

http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
リサーチ・ナビ 国立国会図書館
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102022.php
同 教科書

http://ci.nii.ac.jp/
CiNii Nii論文情報ナビゲータ

http://webcatplus.nii.ac.jp/
連想機能でベストの本探し

http://www.moka-tcg.ed.jp/yuuai/teacher.htm#ji
先生のためのページ

http://fish.miracle.ne.jp/adaken/kyoka/sugaku/math-link.htm
中学校数学の授業に使えるリンク集

http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~851051/maed/009-kota0901.pdf
生徒(あるいは教師)が時に「なぜだろう」と思うことがら

http://ir.iwate-u.ac.jp/dspace/bitstream/10140/1732/1/erar-v59n1p83-91.pdf
数学教育の現状と課題

http://okwave.jp/qa/q5653918.html #4
中学レベルから大学受験までの道のり

以上のようなサイトの情報、或いはそれらのサイトの検索機能を使えば必要な情報が見つかるものと思います。

関連する資料について少しサーチしてみました。(by Google)
中学 数学 指導案集 実践事例集
中学 数学教育 研究|報告|実践
世界 各国 数学 教育 比較
例えば以上のようにサーチすると多くの資料が見つかるようです。

https://library.u-gakugei.ac.jp/etopia/top.html
東京学芸大学 E*Topia (Education+Utopia)

http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
リサーチ・ナビ 国立国会図書館
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102022.php
同 教科書

http://ci.nii.ac.jp/
...続きを読む

Q大日本帝国憲法における権利保障とのあり方との日本国憲法は人権をどんなものとして保障しているか

日本国権法の人権保障は、侵すことの出来ない永久の権利からきてるもので、そこから特質・根拠・分類といけばいいと思っているのですが、大日本国憲法における権利保障がイマイチ分からなくこの2つの対比ができません・・。

Aベストアンサー

どういう趣旨かはいまいちよくわかりませんので、的外れかも知れませんが、とりあえず想定して回答してみます。

大日本帝国憲法(明治憲法)の人権保障規定は俗に「法律の留保」と呼ばれる制限がありました。これは、法律の規定があれば憲法の人権規定は制限できるというもので、人権保障としてはきわめて不十分でありました。そのため、治安維持法をはじめとする各種法律で戦前・戦中において国民の人権は大きく制限されてきました。これを形式的法治主義という言い方をする学者もいるようです(本来の形式的法治主義とは異なったものだとする学者もいます。詳細は専門書などを参考にしてください)。また、「法律」も制定過程からしても民主的なものとはいいがたく、貴族院は非民選議員で構成され、衆議院についても幾多の選挙法の改正は経ているものの、完全な普通選挙のもとで行なわれたものではありませんでした。さらに、緊急勅令や独立命令など、法律によらずして人権が制限されることもありました(現在では緊急勅令や独立命令は禁止されています)。結果、軍の暴走を引き起こし、第二次世界大戦の苦い経験を経て現在の日本国憲法が出来上がったわけです。

日本国憲法の「公共の福祉」の意義について、いわゆる一元的外在制約説を採る学説もかつてはありましたが、それでは明治憲法の「法律の留保」とかわらないということになり、現在ではいわゆる一元的内在制約説が通説的地位を占めています。つまり、「公共の福祉」は人権が衝突した場合の実質的な衡平を図る機能として設けられたものであるとされています。法律によって自由に制限できる人権とはまったく異なります。

学者によって解釈の異なる場面もあり、またかなり端折った部分もあろうかと思いますが、詳細は専門書等に譲ることにします。

どういう趣旨かはいまいちよくわかりませんので、的外れかも知れませんが、とりあえず想定して回答してみます。

大日本帝国憲法(明治憲法)の人権保障規定は俗に「法律の留保」と呼ばれる制限がありました。これは、法律の規定があれば憲法の人権規定は制限できるというもので、人権保障としてはきわめて不十分でありました。そのため、治安維持法をはじめとする各種法律で戦前・戦中において国民の人権は大きく制限されてきました。これを形式的法治主義という言い方をする学者もいるようです(本来の形式的...続きを読む

Q中学校指導案

大学生なのですが、中学校の総合学習で命をテーマに授業案を書く課題が出たのですが、第二次世界大戦など、戦争に関するテレビ番組は多いと思うのですが、中学生に見せることができ、命の大切さを伝えられるような番組をご存じないでしょうか。ぜひ教えていただきたいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。もし手近にいい資料がなければ、”シンドラーのリスト”はいかがですか?

 かなり長い映画なので、特に最後の、”後○×お金があれば、△□の人を救えた・・・”と打ちひしがれる場面を見せられて、生徒達に背景を説明した後ディスカッションしてもらう等如何でしょうか?

 もしまだ見たことが無い生徒さんが居れば、とても考えさせられる内容だと思います。

Q親権とは、具体的にどんな権利のことですか?

離婚協議等でよく耳にする「親権」には、具体的にどんな権利があるのでしょうか?

また、親権を争う際、「相手に負けたくない」という感情によって権利に関する議論だけが目立つのですが、本来は義務もあるはずであって、いやむしろ権利とは義務履行のための手段だと考えるべきとさえ思うのですが、正しい理解と、その理解促進のための教育とか啓蒙活動の実態について教えて下さい。

最後に、よく聞く話ですが、元夫(元妻)が子に会う回数等を取り決めているのに、優位な立場を利用して、実際には約束を履行しないで相手に我慢を強いるという実態は、本当にあるのですか?それは、公的に違反行為として処置できるのではないでしょうか?そもそも親権の中に、相手に合わせなくて良い権利とか、約束を履行しなくて良い権利とか、ないですよね?

Aベストアンサー

親権を取れば文字通り親として養育、教育方針等の決定権と責任を負います。言葉ではそれらしいですが、これまで親としてやって来た事そのままです。なので啓蒙活動はあまり聞きません。

離婚後の子供との面接(面接交渉といいます)は、基本的には別れた親の権利ではなく「子供の権利」です。離婚前に取り決めても、現実には体調不良とか、子供が嫌がってるとか、再婚で新しい父親と一緒に生活する中で混乱を生じるとか、心無い母親ならどうにでも理由を付けられてしまいます。なんせ「子供の」権利ですから、子供の幸せに反する旨の主張されたらどうにもなりません。

最近では面接交渉をきちんと認めよと、法改正はされたそうです。これに関して、数年前に現役の副市長が離婚裁判の判決を不服として裁判官を訴え、話題になりました。母親が子供を連れ去りそのまま離婚、世間の流れでは面接交渉は認める方向で法改正されてたが、裁判官が無視したそうです。その後どうなったか興味あります。

最後に、親が親権を取りたい理由はただひとつ「可愛い我が子と一緒に暮らしたい」それだけが願いです。権利主張や復讐とは無縁です。ただ、会わせないのは復讐ですけどね。こと離婚に関しては理不尽なまでに母親有利です。法改正とやらもガス抜きのためにちょっとだけ変わっただけに見えます。

親権を取れば文字通り親として養育、教育方針等の決定権と責任を負います。言葉ではそれらしいですが、これまで親としてやって来た事そのままです。なので啓蒙活動はあまり聞きません。

離婚後の子供との面接(面接交渉といいます)は、基本的には別れた親の権利ではなく「子供の権利」です。離婚前に取り決めても、現実には体調不良とか、子供が嫌がってるとか、再婚で新しい父親と一緒に生活する中で混乱を生じるとか、心無い母親ならどうにでも理由を付けられてしまいます。なんせ「子供の」権利ですから、子...続きを読む

Q私は今、中学校の夏休みの宿題で人権作文を書いているのですがいじめについて書こうと思っています。

私は今、中学校の夏休みの宿題で
人権作文を書いているのですが
いじめについて書こうと思っています。
実体験をあげたほうが説得力が
あると思うのですが
私自身も、私の身の回りでも、
いじめが起きたことがありません。
なので、最近よく取り上げられている
岩手県のいじめを例にあげようと思ったのですが
やはりプライバシーの侵害というか、
あまり取り上げられた側はいい気はしないでしょうか。
また、こういった場合は
どういうことを書けばいいか
ご回答願いたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。一意見です。
人権作文の中でも子供の人権(いじめ問題)を取り上げることになったのですね?

やはり被害者の家族の方としては、「もう放っておいてほしい」と思うこともあると思いますが、それ以外に「自分たちの体験をもとに、もう二度と悲劇を繰り返したくない」という思いもあると思います。

だから面白おかしい取り上げられたり、営利目的で書かれれば不快でしょうし、真剣に取り上げられれば不快な気持ちはないのではないかと思います。

「どういったことを書けば」ということですが、
・まず、身の回りでいじめがないのに、いじめの問題を取り上げようとしたきっかけ
(他にも障害者の人権や高齢者の人権などテーマはあるはずですよね。なぜ自分がその中でも「いじめ」に着眼したのか)
・(岩手の件に限らず)ネットや新聞、テレビでみたいじめの問題の簡単な引用
(いろいろないじめ問題に関する共通点が見つかれば、そこに突っ込んで、自分の考えを入れる)
・それらの事件を見て自分がどう感じたか。
・今、自分の身の周りにいじめはないけど、これからもいじめが出ないためには自分は何をしたいのか、もしいじめの問題が発生してしまったら、自分はどうしたいのか。
という感じに話をふくらませていけば、書けると思います。

こんにちは。一意見です。
人権作文の中でも子供の人権(いじめ問題)を取り上げることになったのですね?

やはり被害者の家族の方としては、「もう放っておいてほしい」と思うこともあると思いますが、それ以外に「自分たちの体験をもとに、もう二度と悲劇を繰り返したくない」という思いもあると思います。

だから面白おかしい取り上げられたり、営利目的で書かれれば不快でしょうし、真剣に取り上げられれば不快な気持ちはないのではないかと思います。

「どういったことを書けば」ということですが、
・まず...続きを読む

Q公人のプライバシー権の権利侵害と公人が主張できる権利範囲について教えて

公人のプライバシー権の権利侵害と公人が主張できる権利範囲について教えてください


1 公人がプライバシー権の侵害を主張できる権利範囲はどこからこどまでですか?

2 一般私人が公人によって侮辱罪・名誉棄損罪で告訴されることはありえますか?


よろしくご教示お願いします

Aベストアンサー

 判例として、夕刊和歌山時事事件(最高裁判所昭和44年6月25日判決)があります。
 理由から抜粋すると、
「刑法230条の2の規定は、人格権としての個人の名誉の保護と、憲法21条による正当な言論の保障との調和をはかつたものというべきであり、これら両者間の調和と均衡を考慮するならば、たとい刑法230条の2第1項にいう事実が真実であることの証明がない場合でも、行為者がその事実を真実であると誤信し、その誤信したことについて、確実な資料、根拠に照らし相当の理由があるときは、犯罪の故意がなく、名誉毀
損の罪は成立しないものと解するのが相当である。」
 とし、原審の被告人(新聞社経営者)を名誉毀損に問えないとしました。
 つまり、マスコミなりネット投稿者なり、私人が「確実な資料、根拠に照らし相当の理由」をもってそういった記事を書いた場合はセーフという判断がなされています。

参考URL:http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/14-3.html

Q学習指導案について

大学のレポートで新学習指導案と、旧学習指導案の違いを述べよと、学習指導案の作成(具体例をあげて説明せよ)というものが出ました。参考資料はあるのですが、なかなかうまくかけません。締め切りもせまってちょっとやばいです。なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要領では繰り返し同じ内容が出てきたものを、新指導要領では一度きりサラっと教える程度になることが大きいと思います。
例えば、二次方程式の解の公式は中学で習わずに高校に入学してから習い、それを使って二次方程式・不等式さらに三次方程式などへと発展させていきます。使いこなすまでの練習が足りないままで、応用へと進んでしまうのは無茶ではないかと私は思います。現在の旧指導要領では中学で習い、高校1年でも数学Aで習いますから、解の公式があいまいだった生徒も確認できるのですが…。結局のところ、少ない時間数で同じようなことをやらざるを得ないのではないかと心配しています。

参考URLの他に、下記のとあるメールマガジンの記事も興味深いです。
http://www.crt.or.jp/~mmdnosr/Gakuryokuhoukai.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/newcurriculum.html,http://skk.math.hc.keio.ac.jp/edu/usa.htm

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要...続きを読む

Q2次利用が許されている物をただコピーしたものに何らかの権利を主張することはできる?

利用に制限がない旨書かれているものを自分がただコピーした場合、そのコピーしたものに自分は著作権かなにかの権利を主張することはできますか?
もし権利を主張できる場合、どのような表記をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

コピーの仕方で編集著作権が発生する場合(例.判例集。判例自体に著作権はありませんが取捨洗濯したことにより著作権が発生)があります。
表記内容はわかりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報