『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

大正より代々四代一〇〇年に渡り借りている土地を
購入する場合、正規の土地評価額で購入するのでしょうか。
以前借地期間が長い場合、価格低減することが可能だと聞いた憶えがあります。
尚、購入動機は借地者からの場合と、貸主からの場合でも違うのか
御教示頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>借地期間が長い場合、価格低減することが可能だと聞いた憶えがあります。


これは初耳です。
あくまでも借地権割合に依存ではないですか?
低地だけを第三者に売ることは困難だから安くなることはありますけど。

>購入動機は借地者からの場合と、貸主からの場合でも違うのか
これは当然変わりますね。
地主が売りたいと思っているならば、値下げ交渉は利きますが、逆なら売値は高く設定されますし、当然値下げ交渉など応じてもらえません。
路線価は最低価格を決める目安になっても、上限は関係ないので売り主の希望額が全てです。
借地を購入する場合、相続の発生したタイミングが安く購入できるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます。
相続の発生したタイミングですか、参考にさせて頂きます。

お礼日時:2016/08/10 13:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報