自分のお店を開く時の心構えとは? >>

アニメでは「未だ探し途中」って感じのエピソードで終わってしまった、泰と泰麒のその後はどうなったんでしょうか??
原作の小説では書かれているらしいのですが、とりあえず気になっって仕方ないので・・・
どなたか分かる方いましたら宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

omarusiさん こんにちは^^。


すでにたくさんの方の回答が寄せられているので、私からは補足 ですね。
タイキの角が失われたのは、ある人、の裏切りによる攻撃を受けたから。鳴蝕を起こしてしまったのはその攻撃から身を守るため。人間として蓬莱に戻り、麒麟として過ごした記憶を失ってしまったのも、角を傷付けられたため・・・だったと思います。
各国の麒麟たちにもなかなか見つけられなかったのは、タイキを守ろうとするシレイたちが血で穢れ、タイキの気配(力)をいっそう弱くしていたため・・。
小説、お嫌いでなければ ぜひぜひ読んでみてください^^。  本当に面白いですよ。
新刊はいつ出るのでしょうね・・続きが知りたいですよね
    • good
    • 3

できれば原作の小説を読んでほしいのですが、読まないで知りたいと言うのであれば、この下を読んでください。

けっこう細かく書きます。


さっそくですみませんが、名前を忘れましたので仮に「A」と、ある人物を名付けます。
Aは皆からもけっこう信頼のある人でした。しかしそのAが反乱を起こし、泰麒を襲いました。ですが泰麒は蝕により日本に逃れました。
その後リサイが泰の国中探しましたが、ギョウソウも泰麒も見つけられませんでした。そのため、リサイは慶に助けを求めることにしました。
そして慶に到着し、慶王陽子に出会い、出来る範囲で手伝うというのを約束しました。
そして陽子の提案で各国の麒麟が集まり、泰麒を探すことになりました。確か7カ国の麒麟が集まりました。
麒麟の強力もあり、泰麒を見つけましたが、麒麟にあるはずの角が感じられませんでした。上手く表現は出来ませんが、麒麟であって、麒麟でない状態になってしまったのです。
ですが、それでも泰国の麒麟です。リサイとともに泰国へ帰りました。

これで話は終わりです。
自分は説明が非常に苦手なので、この説明でなんとなくだけでも分っていただければ幸いです。
    • good
    • 1

2001年の9月に出て以来、続編は止まっています。


しかし、泰麒奪還の顛末は、新潮文庫「魔性の子」の中で既に書かれておりまして……
順番的に、十二国記以前に発表された作品なのです。
十年以上を経て、同じ事件を違う角度から書いて、内容が破綻したり矛盾が出ないあたり、ものすごいです。舌をまきます。
小野先生、寡作でありますが、もうそろそろ出るんじゃないか、と友人とずっと待っています。
泰国のその後、楽しみです。
    • good
    • 3

泰と泰麒のその後についてはすでに回答されていますので、それ以外で。


アニメは原作を尊重するそうなので、原作が出るまでアニメの続編の作成はしないらしいです。
だから原作の小説が新しく出るまで、アニメの十二国記も止まったまま、と言うことですね(^^;
早くストーリーを知りたいのでしたら原作を読まれることをお勧めします。
    • good
    • 2

黄昏の岸暁の天(上・下) では陽子が呼びかけて


延王や延麒や他の国の王や麒麟が泰麒を探します
麒麟達が本当に一生懸命探して見つけて連れ戻します
西王母なんかも出てきて返ってきた泰麒を直してくれますが
サンシやゴウランと離されてしまいます
片腕を失いまだ体力も戻ってない李斎とサンシやゴウランも
いなく麒麟の力も角と一緒に失ったも同然の泰麒は
それでも驍宗さまを探しに行きました
無事に探し出せるのか私も早く続きが読みたいですけど
まだ出てません
それと 魔性の子 では泰麒が蓬莱にいて十二国に帰るまでの
ことが書かれてます
探しに来ていた麒麟達が幽霊騒動になっていたり
サンシやゴウランが暴走したりと大変です
一緒に読んでみるとより面白いですよ
http://books.rakuten.co.jp/fresheye/01comic/12ko …
に本の詳しい説明がありますよ

参考URL:http://books.rakuten.co.jp/fresheye/01comic/12ko …
    • good
    • 0

鳴動おこしていなくなった泰麒を全12国集まって捜索し、やっとこさ救出されました。

慶国で休養し泰へ帰っていきましたとさ。
って・・・ネタばれすると面白くないですよぉ。
でも小説でも泰のその後がわからいんですけどね。
原作この巻だけちょいとお高くなってますが読まれることをお勧めします

(この質問に専門家や蝕経験者が回答に来たらすごいね

参考URL:http://www.12kokuki.com/shouhin/kodansha/k008.html
    • good
    • 2

小説では、泰で反乱が起き、泰王は行方不明、泰麒は記憶を失い日本に戻ってしまいます。


日本で成長した(高校生になった)が、使令を失った泰麒は、慶王の協力を得て、片腕を失った李斉ただ一人をともに、泰に帰国する場面まで書かれていますが、その後はまだ小説でも出ていないようです。
あまり詳しく書いてしまうとおもしろみがなくなると思いますので、こんなところでいいですかね。小説の方がおもしろいので是非お読みください。他の国の慶、延、泰、巧以外の国についても、書かれています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメ版十二国記の続き

アニメ版は終了しましたが、原作の小説版はまだ続いている十二国記ですが、アニメ版は続きはもう放送されることはないのでしょうか?それと原作の小説では1996年~2001年まで大きく発売の間が開いてますが何故でしょう?小説についてはよく知らないのですが、こう言った小説がアニメ化されることはアニメではよくあることなんでしょうか?これは単行本で発売されてはじめて読むことができるのでしょうか?それとも何かの雑誌で連載されているのでしょうか?原作の初期発売が1992年ですから10年経ってからアニメ化されたことになりますが、随分と経過してからされたものですね(^^)アニメじゃありませんがこう言うのはポポロクロイス以来のような気がします。
長くなりましたが回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

新刊がでないのは、仕方のない事なんでしょうね……。
小野さんは連載、というのが苦手な方のようで、全部書き上がってから発表、という形式をとっているようです。
(「図南の翼」という話は連載形式をとっていたようですが、後書で2度とやらないと書いていたような)
なので基本は全て文庫書き下ろしです。

アニメ化に関してですが、アニメ化の話はだいぶ以前からあったようです。なかなか実現しませんでしたが。
制作陣の中にファンがいて、アニメ化を主張していた、という感じかなと思います。
NHK製作ですし、民放の六時頃からやっているアニメのように人気があるからアニメ化、というのとは若干流れが違うような気がします。もちろん人気がある事は大切な要素でしょうけれど。

アニメの続きは、どうなんでしょうね。
原作がまだ途中という事もあって、中途半端な終わり方なのが寂しいです。
個人的には続きを作ってほしいなとは思います。
ただやはり原作がでなければどうしようもないので、もう作られないのかな……という気もします。
アニメは海客メインだったので、海客の関係しない他の話も作ってほしかったです。

新刊がでないのは、仕方のない事なんでしょうね……。
小野さんは連載、というのが苦手な方のようで、全部書き上がってから発表、という形式をとっているようです。
(「図南の翼」という話は連載形式をとっていたようですが、後書で2度とやらないと書いていたような)
なので基本は全て文庫書き下ろしです。

アニメ化に関してですが、アニメ化の話はだいぶ以前からあったようです。なかなか実現しませんでしたが。
制作陣の中にファンがいて、アニメ化を主張していた、という感じかなと思います。
NHK...続きを読む

Qアニメ十二国記の泰麒(たいき)のその後は?

最近になって『十二国記』のアニメを見始め、すごくハマり一気に見てしまいました。
そこで気になったのですが、アニメでは『風の海 迷宮の岸』の回で
泰麒(たいき)が驍宗を王に選んでからその後、曖昧に終わってますよね?
成長した泰麒は異世界(十二国記の世界)の記憶が消えて日本へ戻ってきているところでアニメは終わっていますが、
どういう経緯で日本へ戻ったのか小説ではこの続きがあるんでしょうか?

もしご存知の方はその後のあらすじを教えて下さい!!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

十二国記、私も大好きです。
「黄昏の岸 暁の天」というサブタイトルの小説があります。
これが「風の海~」の続編とも言えるでしょう。
「あらすじ」とあるので一応書きますが、もしネタばれ嫌!とお思いなら、読まなくて大丈夫ですよー。

陽子の側から書かれています。
泰王驍宗が行方不明になり、戴には妖魔が蔓延します。泰麒も驍宗も行方不明、「賊」が侵入し、戴国内は前例のないほど荒れていました。
王師将軍に抜擢されていた劉李斎は「賊」や妖魔に命を襲われながらも満身創痍で慶の金波宮に助けを求めに来ます。

しかし軍を率いて他国に入るのは、それがその国の民を助けるためであっても、「覿面(てきめん)の罪」といって、王が絶対に犯してはならないことの一つです。軍を向かわせようとしていた陽子は、尚隆に止められます。ですから「大使館のようなものをつくろう。そうすれば戴だけでない、どの国が斃(たお)れても、他の国が助けられるかもしれない」と陽子は考えました。
結局選んだ方法は、泰麒を探すということ。陽子は各国に協力を仰ぎ、麒麟やその使令を借り受け、泰麒を探し出しました。

というのが「黄昏~」の話になります。
このお話の中で、十二国とはどういう世界か、天帝とはどういう存在か、といったことにも近づいて行きます。

そしてお尋ねの「どういう経緯」で日本へ戻ったのか、ということですが。
ある時、文州の轍囲(てつい)という場所で乱が勃発します。轍囲は驍宗ゆかりの土地だったので、驍宗は自ら出兵します。しかし轍囲での乱は長引き、心配になった泰麒は自らの使令である汕子と傲濫を向かわせます。
その隙をついた「賊」は泰麒に襲いかかり、泰麒は鳴蝕(めいしょく。麒麟の悲鳴が起こす蝕と言われています。原作では違いますが、アニメ版では六太が蓬山から出奔のときにおこしていました。実際には普通の蝕ほどでないにしろ被害は甚大です)を起こして日本に帰ってしまった。
鳴蝕の際に記憶は失われたそうです。汕子と傲濫は泰麒の側に帰ることができましたが、記憶が失われているためその存在も知られぬまま、二匹(?)のせいで周りの人々が次々と殺されていきます。
これについては新潮社の「魔性の子」として書かれています。(十二国記には含まれません)
「賊」というのは、アニメには出ていない人物ですが、原作ではすでに登場済みの人物です。(妙なところでネタばれ阻止。知りたかったらおっしゃってくださいね)

アニメの記憶が薄いので、わからないところがあればすみません。
読み込んだつもりでしたが、だいぶ記憶が…
原作のほうがとても面白いですよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%BD%E8%A8%98

十二国記、私も大好きです。
「黄昏の岸 暁の天」というサブタイトルの小説があります。
これが「風の海~」の続編とも言えるでしょう。
「あらすじ」とあるので一応書きますが、もしネタばれ嫌!とお思いなら、読まなくて大丈夫ですよー。

陽子の側から書かれています。
泰王驍宗が行方不明になり、戴には妖魔が蔓延します。泰麒も驍宗も行方不明、「賊」が侵入し、戴国内は前例のないほど荒れていました。
王師将軍に抜擢されていた劉李斎は「賊」や妖魔に命を襲われながらも満身創痍で慶の金波宮に助...続きを読む

Q小野不由美「十二国記」みたいな本でお勧めはありますか?

こんにちわ。
とても好みが限定されていて
わかりにくいかとは思いますが、紹介していただけたらと
思っています。

好みの傾向として
・現実とは違う世界観
・HAPPY END系

好きな本の傾向としては
・ハリーポッター
・小野不由美 十二国記
・茅田砂胡「デルフィニア戦記」
・ロードス島戦記

漫画で言えば
・BASARA
・7SEEDS

みたいなので何かお勧めな本はありますか?
変な質問で申し訳ないのですが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世界観を持つ世界を舞台に、魅力的なキャラクター達が活躍します。

 紗々亜璃須さんの「水仙の清姫」から始まる一連のシリーズも、とても面白かったです。登場人物は様々ですが、どの作品の主人公も生き生きと活躍しています。

 井上祐美子さんの「五王戦国志」は、少し暗めですが、架空戦記としてとても良くできています。イラストもとても綺麗ですし、ぜひ読んで欲しいと思う作品です。この方の作品も、当たりはずれがあまりないので、お薦めです。

 中華風以外ですと・・・

 津守時生さんの作品も一押しです。「喪神の碑」「カラワンギ・サーガラ」が、特にお薦めです。
 「喪神の碑」は、故郷を失った王子が、新たなふるさとを再建していくお話ですが、主人公(王子ではないです)の新米乗組員の成長物語としても、とても面白いです。
 「カラワンギ・サーガラ」は、少女が、未開の熱帯雨林惑星で、バカンスを過ごすところから話がスタートします。この惑星には、様々な秘密が隠されていて・・・

 荻原規子さんの「勾玉」シリーズも、良いと思います。子供向けのシリーズとして出ていますが、大人が読んでもとても面白かったです。シリーズの順序は、「白鳥異伝」「空色勾玉」「薄紅天女」です。神から授けられた、勾玉を巡る壮大なシリーズです。日本神話がベースです。

 金蓮花さんの作品も好みにあうかもしれません。最近の作品ですと、「砂漠の花」「銀朱の花」がお薦めですし、少し古めの作品でもよければ「水の都の物語」が一押しです。

 いろいろと書き出しましたが、お気に入りの作品が見つかれば、嬉しいです。これで失礼します。

 十二国記がよかったのであれば、以下のような作品はいかがですか?中華風で、しっかりした世界を構成している作品が中心です。

 田中芳樹さんの「風よ、万里を翔けよ」はいかがですか?中国の隋の末期に活躍したとされる、伝説の人物「花木蘭」の物語です。彼女が老いた父に代わって男装して従軍するところから話が始まります。

 酒見賢一さんの「後宮小説」も面白かったです。三食昼寝付きと聞いて、後宮に入ろうと思った少女「銀河」が主人公です。

 雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」も、中華風の世...続きを読む

Q十二国記(小野不由美著)はまらなかった方いますか?それとももう少し読めば面白い?

十二国記いい評判しか聞きませんし、熱烈なファンがいることは知っています。
あまりに口コミがいいので、月の影影の海 下巻読み進めている途中ですが評判どおりにはハマりません。
これから面白くなるのでしょうか。なんだか感情移入できません。
宮部みゆきのブレイブ~は面白かったんですが、あまりファンタジーものは読みません。

どんなに検索しても面白くなかったという評判に出会えません。
私だけ?
はまらなかった。もう少しで面白くなる。いろいろ感想をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

わたしは、十二国記は初版の、それも発売されたばかりの頃に買いました。
山田章博さんのイラストにつられて、内容はまったくわからないままに上巻のみを買いました。
その頃は、上下巻の本がたくさん出ていたので、おもしろかったら下巻を買えばいいと思っていたのです。

そして10年の月日が流れ……つまり読む気がおきないままに10年。
作品はアニメ化されました。
これも、はじまってからしばらく見ましたがさっぱりおもしろく感じません。
見るのをやめようカナ、と思いはじめた頃にねずみの楽俊登場!
これで急におもしろくなりました!
それから原作を読み始めましたが、上巻は既にどこにあるのかわからない状態。下巻から読み始めたという悲しいオマケがつきます。

とにかく、ある時から突然おもしろくなる作品だと思います。

Q小野不由美さんの「魔性の子」について質問です

十二国記の「月の影 影の海」「風の海 迷宮の岸」「東の海神 西の滄海」「風の万里 黎明の空」
を読んでから「魔性の子」を読みました。


1.ラストで後藤先生と十時先生も水害で亡くなってしまったんでしょうか?

2.ラストで一人名前が残っていたのは広瀬だと思うんですが、
彼は後藤先生のいるマンションに戻らず山へ行ったのでしょうか?

(高里が言っていた「――山へ・・・・・ってください」とは避難のことですかね・・・それとも広瀬のアパートで読んだ本にあった山?)

Aベストアンサー

1.書かれてはいないが、関係者は広瀬を除き全滅と思います

2.「ラストで一人名前が残る」は、行方不明者リストのことでは?
その1名とは「高里 要」と思います。

Q十二国記 浅野が持っていた拳銃について

 昨日の深夜に十二国記のダイジェスト版を見たのですが、そこで疑問に思ったことなのですが…
 浅野という高校生は拳銃を持っていましたが、彼はどこでそれを入手したのでしょうか?
 公式ホームページでも何か犯罪にでも染まってしまったかのような記述はないですし、ストーリー上でも剣や槍、弓などの武器で争いが起こっている以上、拳銃がどこから出てきたのかが不思議です。
 昇紘は銃口を向けられてそれがどういう使われたかをするかわかっていたようですけど、真意はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

蓬莱(日本)から流れてくるものは、人だけではなく、時には物も流されてきます。
そのようなものを売る市場があり、十二国記の世界には銃はないため、どう使えば良いのか分りません。
だからたぶん、格安で売ってたのでしょう。ので、浅野が買い、磨いて使えるようにしました。

昇紘は仙ですので、海客(浅野達のこと)の言葉が分ります。おまけに海客の言葉か、十二国記の言葉か区別出来ます。
よって子供を殺した直後に海客が襲ってきたら、海客は海客の武器で自分を襲ってきたのだろうと分ります。
だけど、昇紘は天が自分を裁くのであれば、いつ裁かれても構わない。という感じでしたので、今死んでも別に良いという気持ちだったのでしょう。なので余裕があったのだと思います。
というかそれ以前に、仙を斬るには特殊な武器を使わなければならないので、そのくらいでは自分は死なないと、そこでも余裕があったのでは。

Q原作ファンの方へ。アニメ『十二国記』ってどうですか?

『十二国記』は、アニメ版のみチラリと観たことしかありません。その印象だけで言うと、「絵が妙にNHK的 (優等生的) で、無難にやってるな」という感じが否めませんでした。
原作小説は、遠からず読むつもりでいます (今年の読書予定にラインナップしています)。

そこで、原作ファンの方にお聞きしたいのですが、皆さんの目から見て、アニメ『十二国記』のできはどうでしょうか? そして、以下の私の傾向を見て、アニメは私にとって観るに足る出来と考えられるでしょうか?
(あるいは、アニメが先で原作が後なら気にならないかも、という意見もありますね)

私自身は、もうとにかくやたらめったら多くのアニメ作品を観てきましたので、なるべく良い点を探そうとして観るタイプだと思います。特に脚本や作画 (絵の綺麗さだけではなくて、動きにどれだけ気を配っているか) を重要視しますが、仮にそれらにキズがあっても、何か「これは!」という部分があれば、好きになれる方です。

小説原作のアニメ作品についても、アニメとして見るべきところがあれば評価する、原作の変更に関しては、「根幹となる部分」さえはずしていなければ良し、という立場です (もちろん、作画的に受け付けないものもありますが)。

参考までに、小説原作→アニメ化された作品に対する、私の評価を少しだけ挙げておきます。

◎完成度自体に満足、ないしは換骨奪胎した意欲と結果に納得できた作品
ディズニークラシカル作品、『アルプスの少女ハイジ』、『母をたずねて三千里』、『赤毛のアン』、『家なき子』、『宝島』、『未来少年コナン』、『巌窟王』、『涼宮ハルヒの憂鬱』、映画『時をかける少女』

○アニメとして十分楽しめたので、多少の不満には目をつぶれるくらい好きな作品
『キノの旅』、『マリア様がみてる』&『~春』 (3rdシーズンはイマイチ)
『灼眼のシャナ』1&2 (劇場版は期待はずれ)
『スレイヤーズ』 テレビシリーズ (原作未読。映画版は×)

△こきおろすほどではないが、見るべきところが少なかった作品
『星界の紋章』&『星界の戦旗』、『ゼロの使い魔』1&2

×原作のキモをはずしてるでしょ、と思ってしまった作品
映画『ブレイブストーリー』 (宮部みゆきの個性が感じられません)
『図書館戦争』 (絵はキレイだが、キレイなだけ)

こんな感じです。いろいろなご意見をお待ちしています。

『十二国記』は、アニメ版のみチラリと観たことしかありません。その印象だけで言うと、「絵が妙にNHK的 (優等生的) で、無難にやってるな」という感じが否めませんでした。
原作小説は、遠からず読むつもりでいます (今年の読書予定にラインナップしています)。

そこで、原作ファンの方にお聞きしたいのですが、皆さんの目から見て、アニメ『十二国記』のできはどうでしょうか? そして、以下の私の傾向を見て、アニメは私にとって観るに足る出来と考えられるでしょうか?
(あるいは、アニメが先で原作が後...続きを読む

Aベストアンサー

原作に出てこないアニメオリジナルキャラがいらないんじゃないかな
とは思いましたが、アニメはアニメということでそれなりに楽しめました。
楽俊と祥瓊の声がイメージとあってたんで、それがよかったのかも。

Q履歴書の職歴って、誤魔化してても後でバレるの?

 29歳で、ただいま求職中です。昨日、職業安定所で良さそうな求人があったので、応募を申込みました。
まずは履歴書を郵送してその後に面接なのですが、これはおそらく面接を行う応募者をまずは履歴書から見出すのだと思います。私の場合これまでに4つの会社に就職しており、次に勤める会社が5つ目になります。自分ではこの年齢でこの数は多いと感じ、先方にとっては「この人はあまり長続きしないのではないだろうか…。」と思われそうで不安です。

そこで、職歴の1つか2つを記入せずに、記入する職歴の在籍期間を長く書き空白の期間を埋めてしまおうと思うのですが、これってどうなんでしょう。
仮に応募した会社に入社したとして、後になって履歴書に記入してあった職歴に偽りがあったとバレてしまうのでしょうか?

わかる範囲でかまいませんので、みなさんのご意見をお待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。

4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。

退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。

自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。

わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。採用面接にも同席させてもらうこともありますが、面接に来られる人に、前職の退職理由は、必ず、伺います。
その、退職理由が、いかにも自分勝手というレベルの説明をされると、私は、必ず、不採用の欄に署名するようにしています。

転職の回数を問題と考えるのではなく、自分がどんな仕事をしていきたいか、そして、過去4回の退職したくなるシチュエーションが今度の会社であったとき、今度はどう対処するかをきちんと考えておくことが大事です。

ちなみに、私は、「同じ状況になったら、また、退職されますか?」という質問は、必ず、するようにしています。もち、みなさん、耐えます!と返答されます。

わたしは、「そうなってしまったらおしまいと考え、そのような状況にならないようにする覚悟を決めています」くらいのことを言って欲しい、と思っています。

過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。

4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。

退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。

自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。

わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。採用面接にも同席させてもらうこともありま...続きを読む

Q目を押すと、ぎゅっぎゅっと音が鳴る仕組み

目の内側のくぼみを指で強く押すと、ぎゅっぎゅっと音が鳴ります。
みんながそうだと思っていたら、どうやら、そうではないと最近知りました。
親も鳴ります。遺伝でしょうか。

さて、この現象、なぜ起こるのか知りたくなりました。雰囲気としては、空気が入っていて、それを押し出しているような感じです。

どなたかメカニズムを知りませんか?

Aベストアンサー

眼科医ですが、このことが載っている医学書は見たことがありません。

私も鳴るのですが、鳴るときと鳴らないときがあります。医師仲間で話題になったときは、結膜嚢(まぶたの結膜と眼球の結膜は奥の方で袋状につながっている)に空気が入って、それが鳴るのだろうということになりました。

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報