外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

占い師というより霊視するようなお仕事をしていらっしゃる方をご存知でしたら教えてください( ´ ▽ ` )ノ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

霊能力者と称して金儲けをしている人はいるけど、本物の霊能力者なんていない。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帯広市マイマートについて

有名な占い師さんだと聞いたので、大体の場所を手がかりに帯広市の「マイマート」という占い屋さんを探したのですが、見つかりません。
何か電話番号や鑑定料等、情報持っていらっしゃる方教えてください。

あと、北海道の釧路市内でお勧めの占い師さんいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

場所ですが、ちょっと行き過ぎていたみたいですね。

帯広から芽室に向かって走行していくとして、左手にツタヤ→パチンコ店→橋のある信号交差点を左折します。(大きいフクハラの手前です)そのまままっすぐ走って左手に小さいフクハラ、右手に理容室と居酒屋のある交差点をそのまま直進します。少し走ると左手に整骨院、中央分離帯を挟んで右手に赤いネオン管のついた一見閉店しているかのような店があります。そこがマイマートです。

私が行ったときは予約制ではなかったですよ。
結構待ちましたけどね。元は居酒屋さんだった風の造りです。
土日の午後から(1時以降)行った方が確実かと思いますよ。

私も今、占いに行こうかどうか迷っています。マイマートではなく、そこはタロットなんですけどね、なかなか勇気が出なくって・・・思案中です。

今度はきっと大丈夫!気をつけて来てくださいね。

Q新聞のお悔やみ欄をネットで見ることはできないか?

 地方の新聞のお悔やみ欄をネットで見ることはできないのでしょうか。できれば、北海道新聞の情報を知りたいのです。

Aベストアンサー

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fuhou/index.html

この程度が限界です。

Q眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

あくまで健康な人が眠るように死ぬ方法、または眠ったまま二度と起きないという風に死ぬ方法ってあるでしょうか?
これは自殺志願のための投稿ではなくて、自分もいつか死ぬわけですからこんな死に方ができたらいいなと思っています。
医療の現場で行われる安楽死・尊厳死ってこういう方法なのでしょうか?またはこれに近いでしょか?

Aベストアンサー

「突然死」という言葉を聞いたことがありますか?
昨日まで元気だった方が、朝になっても起きてこないので、見に行ったら死んでいた。
こういう事例はよくあるそうです。
10年以上前になりますが、兵庫医大の法医学の教授の講演を聞きました。
テーマは「突然死」
突然死のおよそ80%は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)だそうです。
その中で、就眠中に亡くなるのは、およそ65%くらいだそうです。
急性心筋梗塞でも「眠るように」とはいかず、ある程度は苦しんだ末に亡くなるのでしょう。
私も、眠るように死ねればと思っております。
回答になってなければ、ごめんなさい。

Q本物の霊視をしてもらったことのある方に質問です

霊視されたことのある方ではなく、『実際に霊視されてこの人は本物だった』という方のみに質問があります。
当たった・ハズレたではなく、「本当に見える」タイプの人について教えて下さい。
「言葉では説明できないけれど、あ!この人は本物だな」と思った瞬間を教えて下さい。
言葉や文章では難しくて説明しにくい思うんですけど、こういう見方や指摘をされて本物だと思ったということでもかまいませんので何かあれば教えて下さい。もちろん非科学的なことでもいいですし、人には理解されにくいかもと思っていることでもかまいません

Aベストアンサー

私は基本的にインスピレーションですね。でも見てもらったからその通りにするわけではないので、真実かどうかは関係ないです。

真に本物だったと確証を得た人は二人です。そのうちの一人は他でも言っているのですけれど・・・
昔世話になったお坊様ですけれど、ある日突然我が家にやってきて「お宅に娘さんが居ますよね」といいます。
そして「娘さんは何代か前に貴方と同じ家族構成の先祖が居ます。その方は14-16歳で亡くなり、その末娘さんが貴方の末娘さんの守護をしています。そしてその娘さんには観音様がついています。その観音様は貴方のお婆様がお寺に地蔵さんと共に奉納なさったものです」というのです。そしてそれは妻の家の話で、私は自分の家より妻の家との縁が深いというのです。
「そんな事少し調べればすぐ判るし想像できるよ」というかもしれません。しかし妻の家は代々浄土真宗なのです。浄土真宗をご存知ならお分かりでしょうが、地蔵とか観音像とかありません。しかもそのお坊様には一言も妻のことは話していませんし、我が家とは何の利害もありません。
祖母は既になくなっておりますし「おかしいねぇ」といいながらも親戚中に聞いて廻りました。そして1年後に漸く判ったのです。先祖に同じ家族構成の先祖が居ることが判明。更に祖母が娘(義母の姉妹)の嫁ぎ先の菩提寺(浄土真宗ではない)に観音像と地蔵を奉納したことが判明しました。
家族が調べても1年かかった事実です。しかも住職も既に変わっていてどの観音像かわからない。仕方なく写真に取ってきてみてもらうことにし、住職に経を上げて頂いて写真に撮り見せました。住職は「この三体の内のいずれかだと思いますけど」とおっしゃっていましたが一応全部で十数体撮りました。お坊様はその三体の一つを指して「この観音像です」とおっしゃったのです。
ここまで来て信じない理由はありません。お坊様は密教系の方なので観音像を収めた寺とも関係ありませんし。
自発的に「守って頂いているならお礼をいいに行こう」という事になり娘が成人するまで妻の実家の菩提寺に参るついでに毎年お参りしました。

私は基本的にインスピレーションですね。でも見てもらったからその通りにするわけではないので、真実かどうかは関係ないです。

真に本物だったと確証を得た人は二人です。そのうちの一人は他でも言っているのですけれど・・・
昔世話になったお坊様ですけれど、ある日突然我が家にやってきて「お宅に娘さんが居ますよね」といいます。
そして「娘さんは何代か前に貴方と同じ家族構成の先祖が居ます。その方は14-16歳で亡くなり、その末娘さんが貴方の末娘さんの守護をしています。そしてその娘さんには観音様がつ...続きを読む


人気Q&Aランキング