ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

会社で給与の天引きをしてもらおうと思い、経理の方に尋ねると、この会社はしていない、と言われました。
理由を聞くと「財形貯蓄は天引きされたお金を銀行が運用資金として利用するから、銀行に何かあった場合には
元金の保証が出来ないリスクがあるよ」と言われました。

下のURLを見ると、正確には社内預金と財形貯蓄があるようなのですが、どちらも銀行・会社に何かあった場合は
リスクはつきものなのでしょうか?

それなら会社で定期預金を個別に申し込んでもらい、それを会社預金の代わりにする事など他の方法はあるのでしょうか?

私は「貯金が苦手なので天引きしてほしい」というだけなのですが・・よろしくお願いします。
http://money.msn.co.jp/banking/column/columncon. …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 まず、財形貯蓄と社内預金を区別して考えてください。

 前者は銀行預金と同じリスクで会社が倒産しても関係ありませんが、後者は倒産すると無くなるリスクがあります。

 財形貯蓄には実利的メリット(補給金と利子非課税と優先貸付)がありますが、デメリットはありません。(預け下ろしに多少の手間がかかりますが、財形目的なら問題にはならないでしょう) 積極的に利用されることをおすすめします。

 なお財形には普通・住宅・年金の種類がありますが、原則として住宅にしておくのが基本です。 メリットはあってもデメリットはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
財形は住宅がいいんですか。てっきり「一般」なのかと
思ってました。。
業績は順調なのですがどうも社内預金に会社は消極的な
ようで・・。

お礼日時:2004/07/24 16:17

KAMOCHAさんの回答の補足ですが、補給金(正式には給付金といいます。

)は会社によってはない場合もあります。(あくまでも会社が任意につけるものです。)
それから、社内預金より財形貯蓄のほうがリスクは低いですが、ゼロではありません。会社が財形貯蓄に採用した商品によっては、証券などで運用するために元本割れすることもありますし、銀行預金であったとしてもペイオフの影響を受けます。
比較的、積立定期や定期積金(信用金庫などで扱っています)だと貯めやすいので、それを給与の振替口座にセットして始められてはいかがでしょう。

参考URL:http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/guide/zaikei.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL詳しく載ってますねー。
いくら探してもこんなサイトが出てこなかったので
助かります。
ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/28 10:43

 一般・住宅・年金の違いを補足しておきます。



 基本形は一般で、補給金がありますが、免税や特典はありません。
 年金は補給金と免税がありますが、特典はありません。
 住宅は補給金と免税と特典があります。

 よって選択は住宅がベストとなります。
(いかなる突発事態があろうと絶対に年金に使うとか5年以内に絶対に解約すると決定している場合は例外ですが、まずそんな決定はあり得ないでしょう)

 住宅と年金は、そのお題の目的に使用しなかった場合に限り、5年分だけ利息が課税対象になります。 要するに目的に使わなくても一般より有利です。

 また、住宅はその目的に使用する場合、貸付の額と利率が優遇されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何だか難しい。。。
でも住宅購入の為じゃない人でも使えるんですね。
参考にします。

お礼日時:2004/07/28 10:41

財形貯蓄は、銀行などに預ける「預貯金型」と保険会社に預ける「保険型」等が有ります。



財形貯蓄も普通の預金と同じく、銀行が破綻した場合
でも、1000万円までは保護されます。
保険についても、保険契約者保護機構で一部は保護されます。
銀行の財形で1000万円以内であればリスクはありません。
ただし、会社で財形貯蓄制度がなければ利用できません。

>それなら会社で定期預金を個別に申し込んでもらい、それを会社預金の代わりにする事など他の方法はあるのでしょうか?

会社の担当者に手間がかかるので嫌だと云われたら出来ません。

一つの方法は、給与の振り込まれる銀行で、毎月一定の日に一定額を自動引き落としで積立預金又は定期預金へ振替える方法が有ります。
殆どの銀行が、このサービスをしていますから、銀行に聞いてみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
個人で積立預金や定期に振り替えるのが手っ取り早い
みたいですね。
一度問い合わせてみます。

お礼日時:2004/07/24 16:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毎月、給料から天引きされてる財形貯蓄、会社を辞めるとどうなります?

財形を毎月1万ぐらいしてるとして、
給料から天引きされていて、
その場合、会社を辞めてしまった場合、

財形はどうなるのですか?
入金がないままずっと残る?
それとも、定期などに振り返られる?

財形は、会社に入っている人しか
できないものなのでしょうか?

どうか、どなたか緊急で教えてください。

Aベストアンサー

会社で契約している財形でしたら,退職時に解約されて今まで貯めていた分が戻ってくると思います。
そのまま継続して財形貯蓄を行いたい場合は別途手続きが必要になったかと思います。

私が前にいた会社では,退職時に解約されて今まで貯めていたお金が戻ってきました。
すっかり忘れていた貯蓄だったし,結構な金額になっていたので嬉しかったと記憶しています。(自分で貯めたお金ですが・・・)

1万円で5年財形貯蓄していたら60万円戻ってくると言う計算ですね(利息があるので,もう少し多いかもしれません)
会社によって形態が異なるかと思いますので会社の人事ro経理に確認されてみてはどうでしょうか?

Q財形貯蓄をしているけど・・もっと有利な貯蓄方法は?

25歳男です。
毎月10万円財形貯蓄をしています。
よく分からないので、財形貯蓄に給料から天引き
する形をとって貯蓄しようとしてきたのですが、
預金利率の面で、インターネットバンクとかを
見ていると年利率1%のところもあったりして、
他にも貯蓄方法でより有利な金利なものが
あるのかもしれないと思い始めました。

財形は利息に税金がかからないものだと
思っていたら、550万??までの分だけだと
知ったし、利率もいくらなのかいまいちよく
分からないので、財形の分を減らして、
他の貯蓄に回そうと思っています。

利率が高く、財形より有利で、元本保証?
の貯蓄の仕方をどなたか教えて下さい。。

財形ってお得なのですか?・・

Aベストアンサー

端的に申し上げて、財形のメリットは唯一つ
「天引きで貯まる」
点に尽きると思います。
と、いきなりかなり大げさな表現で失礼させていただきましたが、知らないうちに貯まると言うのはやはり大きいと思います。
毎月10万円と言うのはすばらしい金額ですので、例えば半分の5万円をそのまま財形貯蓄をされて、残りの5万円でいろいろなリスクのある商品を研究されるのもいいかもしれませんね。
元本保証の商品以外にも、投資信託といったリスクのある商品で手ごろにできるのもが今はたくさんあります。
これからいろいろ経済の勉強をされる一環としても、投資信託に触れるのも個人的にお勧めしたい点です。

最後に愚念ながら一言。
現在ローリスクハイリターンな商品と言うのは存在しません(昔はありましたが)。
リターンがいい商品は、やはりどこかにリスクがあるものだと思った上で投資されることを助言申し上げます。

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q28歳の平均貯金額はどのくらい?

こんにちわ。
私は28歳なのですが、同年代のみなさまがたはいったいどのくらいの貯金があるのかとふと不安になり質問させていただきました。

これから本気でしっかり貯めてみようかと思います。
是非目標にして頑張りたいので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、
最初に一人暮らしか実家にいるかでかな~り変わってくると思いますよ。
一人暮らしだと、住居、食費、光熱費で最低でも7万~10万くらいは毎月そのままでていっちゃいます。それを計算すると。。。ふうっ~!
なので、自宅から通ってる人のなかには1年で200万くらい楽勝でためているひともいれば、マンション借りて仕事している人ではほとんど貯金できてないひとも少なくないとおもいますよ。
要は、自分のライフスタイルにあわせてこつこつとやってけばよいのではにかと思ってます。自分の中で1ヶ月にむりせず貯金できる金額をかんがえて、目標金額設定するといいとおもいますよ。あんまりムリしすぎると続かないので、車とか、家(!)とか結婚資金(結婚なさっているなら失礼)具体的にもつと励みになるとおもいます。
ちなみに、私は一人暮らし、東京だったんで貯金はなかなか~。人と比べるなんて情けなくてできません(笑)わたしも、がんばろっと。

Q採用はもらったけど年間休日100日・・・

こんにちは。
皆様の意見を聞かせてください。
私は今26歳です。
今までは、正社員の仕事を3年、あとは派遣の半年契約を何度かしてまいりました。
経験した業務は、経理、入力業務、受付、一般事務です。
資格は、日商簿記3級、エクセルワード一級です。

この度、長く続けられる職をと考え正社員の就職活動を半年間してまいりました。

そして一社から採用の連絡をいただきました。
私は正社員で働いていた頃、家族経営の会社で(私以外はほとんど親戚たち)わががま言い放題の社長の娘や、親戚というだけで、給料の差をつけられたり、私だけ残業代の出ないのに日々残業をすることが不満で退職をし、今回の転職では
大企業で、年間休日115日以上を探してきました。

しかし大企業となると応募者は増えなかなか採用されませんでした。

今回採用されたところは、中小企業ですが面接で聞く限り、事務の方たちもなかなか退職されないらしく居心地がいい会社の様です。面接をしていただいた社長や部長も、とても感じの良い方で残業もほとんどないそうです。
しかし唯一気になるのは年間休日が100日ということです。

今まで休日が125日あるところばかり勤めていたので100日で、このさき続けていけるか自信がありません。しかし、親やハローワークの方はこんな良い条件はないし、今は就職難なので正社員は本当に難しいんだと言われ、確かに就職活動は大変でしたし親にも安心はさせてあげたいとは思います。

条件としては、給料17万 ボーナスは夏冬あわせて4ヶ月です。私の地域ではこの年収は平均ですが年間休日が少ないので良いとは思えません。

もう転職はしたくない為かなり悩んでいます。
もし皆さんでしたら、どう決断しますか?
また年間休日が100日ぐらいの方がおられましたら、
今の休日に満足していますか?

意見を聞かせてください。

こんにちは。
皆様の意見を聞かせてください。
私は今26歳です。
今までは、正社員の仕事を3年、あとは派遣の半年契約を何度かしてまいりました。
経験した業務は、経理、入力業務、受付、一般事務です。
資格は、日商簿記3級、エクセルワード一級です。

この度、長く続けられる職をと考え正社員の就職活動を半年間してまいりました。

そして一社から採用の連絡をいただきました。
私は正社員で働いていた頃、家族経営の会社で(私以外はほとんど親戚たち)わががま言い放題の社長の娘や、親戚という...続きを読む

Aベストアンサー

NO.3の方が言われているように年間休日120日以上なら確実に土日祝は休みの計算になるのですが、この差の20日間がいつなのかはわかっているのでしょうか?

たとえば、祝日は休みではない会社もありますし、祝日がある週の土曜日は出勤という会社もあります。
もし、前者だとGWはないということになりますし、後者なら3連休はないということになります。
毎月各週土曜日出勤などと確実に決まってるのなら、3連休できる時もあれば、駄目な時もあるといことにもなります。

世の中には色々な条件の会社がある事は確かです。
他の方の状況もそれぞれと思いますが、これだけは譲れないというものも人によって様々ですから、質問者さんの採用が決まった会社の条件をもう一度確認し、それなら大丈夫と自分で納得できるかどうかを良く考えて決められた方がいいと思います。

私にとっては休日は絶対に譲れない条件ですから、転職活動した時も年間休日120日以下の会社は対象にしませんでした。本当はそんな条件など言ってられない年齢、35歳をとっくに過ぎている年齢だったのにです。ですから、私だったら休日100日のこの会社には入社はしません。
後々不満に思ってしまうことが自分でわかっているからです。

ただ、質問者さんの環境(求人が多い地域なのか、経済的な面など)がわからないので、無責任な事は言えませんが、まだ26歳ならば採用の門戸は広いと思いますので、検討の余地はあると思うのです。
数年前、私も同じ立場でしたから、就職活動はとっても大変な事も、親御さんを安心させたいというお気持ちも、よく分かります。
でも、仕事をしていくのは質問者さんご自身ですから、納得できる会社を選ばないと後が辛いです。

あの、質問者さんは女性の方ですよね。女性という前提で書きましたが、もし男性ならば、話は違ってこの会社に就職することをお薦めしますけど。
まあ、このような考えもあるということで。
失礼しました。

NO.3の方が言われているように年間休日120日以上なら確実に土日祝は休みの計算になるのですが、この差の20日間がいつなのかはわかっているのでしょうか?

たとえば、祝日は休みではない会社もありますし、祝日がある週の土曜日は出勤という会社もあります。
もし、前者だとGWはないということになりますし、後者なら3連休はないということになります。
毎月各週土曜日出勤などと確実に決まってるのなら、3連休できる時もあれば、駄目な時もあるといことにもなります。

世の中には色々な条件の会...続きを読む

Q個人年金と財形年金はどっちが得?

 30代の会社員です。

個人年金(どの会社に入るか決めていません)と会社の
財形年金(みずほ銀行)を将来の為、入ろうと思います。

この低金利の時代、入ってもメリットはあるのでしょうか?
財形年金は500万ぐらいまで非課税ですし…

どっちにしろ自分がもらう時に、保険会社や銀行が倒産していたら、
かなり利率は下がるのでは?

詳しい方、いま年金等やっている方!
ご指導ねがいます。

Aベストアンサー

 質問者様のリスク許容度に応じて個人年金(確定拠出年金)に加入することをお勧めします。何故ならば税制優遇のレベルが格段に違うからです。

>財形年金は500万ぐらいまで非課税ですし…
 これは余り期待しないほうがいいです。例えば金利1%の預金に100万円預けたとするとその利息は年一万円です。ここから20%の課税が免除されたとして預金者の利益はわずか2000円にしかなりません。これならもう少しでも有利な金融商品を探したほうがマシです。
 比べるに確定拠出年金は掛け金が全額所得控除の対象になり、例えば年収600万円の預金者が年間100万円積み立てたとすると20万円程免税されます。これだけでも財形年金とは雲泥の差ですが、その他にも運用益には非課税である事や受け取り時に公的年金と合算しての公的年金控除も受けられる等のメリットも受けられます。
 
>どっちにしろ自分がもらう時に、保険会社や銀行が倒産していたら、
かなり利率は下がるのでは?
 利率が下がると言うか0になります。1000万以上の預金があれば元本割れすらします。


人気Q&Aランキング