痔になりやすい生活習慣とは?

目の病気・飛蚊症について

30代の男性です。最近、右目だけ飛蚊症?と思う症状が出てきました。でも30代で発症するものなのでしょうか?
また、仮に飛蚊症だとしたら、完治しないらしいですが、本当ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も30代で飛蚊症になりました。


ちなみに、近視です。

完治はしないと言われましたが、気にならなくなるとも言われました。
「毎日、それに焦点を合わせて、増えたとか減ったとか気にしないのよ」
と看護士さんにアドバイスされました。
そうしたら、たまに白い壁とか見ると確かにあるな、と思う程度で
普段の生活では、忘れています。
それを飛び越して見たいものに焦点を合わせていると、慣れたんだと思います。

どちらにしても、一度眼科で確かに飛蚊症かどうか診断してもらった方がいいですよ。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目 症状 これは飛蚊症の症状?

二年くらい前から飛蚊症です。二ヶ月くらい前から、医師に見せて異常はなくて良かったです。

最近気づいたんですが、飛蚊症の症状はだいたいわかるんですが、白い壁とかを見ると無数のチカチカした様な細かい物が広がって見えるんです。
これは飛蚊症の症状でしょうか?

Aベストアンサー

私も、30年来の飛蚊症ですが、白い壁などを見た時に、
茶色い糸くずや糸ミミズのようなものが、いくつも見えるのでしたら、
飛蚊症の症状だと思います。

Q僕は去年に左目飛蚊症になりました。 右目はなにもなかったのですが 今日左目をつぶってみると右目も飛蚊

僕は去年に左目飛蚊症になりました。

右目はなにもなかったのですが

今日左目をつぶってみると右目も飛蚊症になってる気がするのですが

これは飛蚊症に慣れてるからそう見えるのですか?

お願いします。

Aベストアンサー

左目に出たときに、お医者さんにはいかれましたか?。
もしも、行ってないというときには是非とも受診をしてください。
突然の飛蚊症は、バックに違う病気があることがとても多いからです。

また、飛蚊症と間違えやすい症状というのもあります。
飛蚊症は物理的な疾病なので、医師が状態を目視確認することもできますが、神経性のものだと、目視確認できません。
小さな光が明滅しているというようなものは、飛蚊症と間違えやすいですが、別の症状です。

Q左目に黒い点が見える

焦点から少し左にずれたところに黒い点が見えるんです。
それに焦点を合わせようとすると目の動きと一緒に移動するので常に焦点の左にあるのですが。
2~3日で見えなくなる時もあれば、2週間くらい消えない時もあります。
以前近くの眼科でも検査したのですが、傷があるわけでもなく、はっきりとした原因がわかりません。
何かの病気の兆しなのか、精神的なものなのか・・・
経験ある方、または専門の方教えてください。

Aベストアンサー

現役の眼科医です。
yamachan30さんのおっしゃる通りです。
飛蚊症は毎日外来で多い日には10人くらいの訴えを聞くことにあるありふれた主訴の一つです。
まず気のせいではないので、ご安心ください。

その場合は、必ず散瞳薬を使用して瞳を大きく開かせて、眼底の検査をしますが、大きく分けて、60歳以上のお年寄りに多い後部硝子体剥離と若い人にも起こる生理的飛蚊症という診断がほとんどです。
生理的飛蚊症は40才代では硝子体中の離水による老化現象と判断され、30才代までは生まれつきの飛蚊症=胎児期の硝子体中の血管の名残りが成長してから壁から離れて見えるものといわれてます。

他に眼底の出血やぶとう膜炎でも飛蚊症は起こりえますが、その辺を眼科医が見逃すとは思えません。

なお後部硝子体剥離の1割前後に網膜裂孔という小さな網膜の穴が見つかることがあります。
この穴を放置して、さらに網膜はく離を起こした場合のみ手術適応になります。
裂孔だけの場合は、レーザー光線だけで外来で補強手術が可能です。
網膜はく離は、強度近視の人に比較的多い病気です。

眼科の検査で、なんの心配もないと言われた場合は、お気になさらないことです。
また自然と見えなくなっていくことが多く、かといって完全に消えるわけではないので、気にして探せばまた見つかるものです。

現役の眼科医です。
yamachan30さんのおっしゃる通りです。
飛蚊症は毎日外来で多い日には10人くらいの訴えを聞くことにあるありふれた主訴の一つです。
まず気のせいではないので、ご安心ください。

その場合は、必ず散瞳薬を使用して瞳を大きく開かせて、眼底の検査をしますが、大きく分けて、60歳以上のお年寄りに多い後部硝子体剥離と若い人にも起こる生理的飛蚊症という診断がほとんどです。
生理的飛蚊症は40才代では硝子体中の離水による老化現象と判断され、30才代までは生まれつきの飛蚊症=胎...続きを読む

Q飛蚊症でコンタクトは・・・?

最近コンタクトレンズに興味を持っているのですが、
以前視界にに黒い点が気になるようになり眼科に行ったところ
飛蚊症と診断されました。
特に目に異常は無いので気にすることは無いよといわれたのですが、
この際コンタクトレンズを作る際問題になることはあるのでしょうか?
現在の目の状態は、近視が結構強く(0.1以下)、乱視も少し入っています。
あと、最初はお試し感覚でできるので、1dayタイプのものがいいなと思っているのですがどうでしょうか?
目のこと、コンタクトレンズに詳しい方のご助言、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も10代の頃から飛蚊症ですが、コンタクト普通に使っています。
飛蚊症は、気付いて間もない頃は、視界の影が絶えず気になって煩わしいものですが、そのうち慣れて気にならなくなると思いますので、気長に付き合っていってくださいね。

コンタクトですが、私は主に1dayの乱視用を使用してます。
(アレルギー性結膜炎があって途中で症状が出ると2weekだとかえって無駄にしてしまうので)
確かに2weekに比べ1dayは装用感は少し劣ります。
ですが、コンタクト初心者さんには1dayの方がおすすめかなと思います。
使い初めの頃はコンタクトレンズの着脱だけでも結構大変だったりします。なので外した後のケア(洗浄など)がついぞんざいになって、目のトラブルの原因になる場合もあるようです。
ですので最初は1dayで始めてみて、慣れてきたら2weekに変えるなどしてみてはいかがかなと思います。

因みに私も強度の近視+乱視ですが、何とか矯正できています。
質問者様も大丈夫だといいですね^^

Q飛蚊症によるレーザー手術について

母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。
大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。

手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、
約2時間半後、視界がクリアになった時、
まだ小さな斑点が残っていることに気づき、
すぐに眼科に電話をしました。

保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。
飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。

当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、
すぐに眼科へ問合せるよう母に促しました。

-------------------------------------------------------------

電話した内容は下記です。

1)まだ飛蚊症が治っていません(という報告)

2)再度、レーザー手術となったら、手術代36,000円をまた支払うのか?

--------------------------------------------------------------

窓口の女性に伝えた後、かなり待って手術を担当した先生が電話に出ました。
すると、逆ギレ風に
・そんなに慌てないでください。
・何が言いたいんですか?
・手術費用はまたかかります。 と言われたようです。


私は腑に落ちないのです。

レーザー手術後、ちゃんとレーザーで除去できたかチェックしたの?
先生の確認不足なんじゃないんですか?

それを何の謝罪もなく、ふてぶてしい態度にて、
「慌てるな」とか「また手術代かかる」とかよく言えたもんだなと思っています。


手術代は医療保険で給付される予定なのですが、
そうは言っても、一旦、自腹で支払う訳です。

レーザーによる目の負担だってありますし、そんなに何度も何度も
手術したくないという患者の気持ちはまるで考えず、
上から目線の眼科医の態度に疑問を感じてます。


そこで、下記について質問させてください!

--------------------------------------------------------------
(1)母は以前、もう片方の目の飛蚊症でレーザー手術を受けましたが、
  1度で完治しました。

  ですが、飛蚊症によるレーザー治療というのは、
  1回のレーザー手術で完治しないケースもあるのですか?


(2)手術して2時間後、まだ飛蚊症が完治していない場合でも、
  レーザー治療費を2回支払わなくてはならないのでしょうか?

----------------------------------------------------------------

まさかこんなことになるとは思わず、眼科医の態度を心から残念に思います。


母は、もう片方の目の検査のため、
1週間後に再度その眼科に診察へ行く予定です。
完治しなかった目の検査も再度することになるでしょう。
現在も視界が遮られる状態ですから.....


レーザー治療をすすめられても、お金がかかるので、
治療をせずに帰ってくると言っています。


質問内容についてご存知の方、教えて頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。
大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。

手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、
約2時間半後、視界がクリアになった時、
まだ小さな斑点が残っていることに気づき、
すぐに眼科に電話をしました。

保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。
飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。

当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、
すぐ...続きを読む

Aベストアンサー

飛蚊症のレーザー治療と言うのは、
飛蚊症の原因になっている硝子体の中の「ゴミ」に
レーザーを照射して、細かく分解して、目立たなくする
だけのことで、「ゴミ」がなくなるわけではない。
つまり、ゴミを「除去」する手術ではないのですよ。

どの程度のゴミが残っているのかわかりませんが、
小さすぎると、レーザーが上手くゴミに当たらずに、
網膜に当たってしまう危険もあります。

なので、ある程度、気にならなくなったのならば、
それで治療完了、という手術です。

不満足というのならば、医師と相談してください。
2回目の治療費がかかるかどうかは、
どの程度の大きなゴミが残っているかどうか
という問題とも絡んできます。


人気Q&Aランキング