現在国の財政赤字が取りざたされています。
毎年国債を発行して赤字は増すばかり
何兆円にもなるそうですが、この借金をすべてチャラ
にしたらどうなるのでしょうか?

何兆円の借金なんて想像も付かないので、そんなもの
チャラチャラ、、、とうのではだめでしょうか?

御教授のほどよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>どんどんお金をすって、すって、いけばいいんじゃないでしょうか。


>一度にたくさんやらないで少しづつするとか・・・。
お金は世界のバランスで動いているのはご存知ですよね。
1ドルが125円とか毎日変動していますよね。
この1ドルが125円とか云うものは、通貨供給量と、その国の信用力(経済力)と将来性(経済動向・政治方針)等によって決まります。
もし、国がお金が足りないので勝手に通貨供給量を増やせば、その国の信用はなくなります。信用がなくなると1ドルが500円にもなりかねません。
今までコーラを125円で変えたものが500円になってしまったらどうなりますか(済みません、ちょっと、はしょっています。)
日本は何でも輸入に頼っていますよね。
食糧・石油・鉱石等を海外から、国の信用を元に買っているわけです。
輸入するものが全て高くなったら、日本の経済は破綻します。
日本の経済が破綻したら、やはり世界恐慌が起こるでしょうね。
    • good
    • 0

こんにちは。



国債というのは、国の借金ですよね。国とは行政で責任を持つべき一番上の組織です。

そもそも、国債がこんなに膨れ上がったのは、1975年だったかな?本来、国債というものの使い道でない、「財政赤字を埋める為の国債発行」、赤字国債を作ってしまったからなのです。これはそもそも、財政法第4条で許可されていない行為で、当時の政府が自ら法律違反をしてしまったことによります。

さて、こんなキッカケですから、無効だとしてチャラに・・・って考えもあるかもしれないけど、そうすると、日本の行政で一番責任ある組織が、借金踏み倒しを、それもちょっとやそっとの額じゃない・・・をするってことですよね。

こんなことしたら、あらゆる責任がチャラになる事が許され、恐慌やインフレ以前に、日本という国のあらゆる秩序が破壊されるでしょう。どんな悪事をしても、した者勝ち、弱い者は強い者にしいたげられ、殺されても何も文句言えず・・・という社会になります。

参考URL:http://www.urban.ne.jp/home/nob/zaisei.html
    • good
    • 0

国は借金漬けでも、国民の大部分はお金持ちなんです。


膨大な個人金融資産が(平成10年度末で約1,300兆円と、米国に次いで世界第2位の規模)有るのです。

ただ、日本経済の将来と生活が不安なので、貯蓄にしたままで、ものを買わないから景気が悪いのです。
個人消費が増えれば、景気回復も早いのです。

国が、明るい将来像を描いた政策を出せば、この問題は解決するのです。

景気回復-企業業績回復-税収増-国債償還-赤字国債減

こうなるのが、理想的なのです。

国債をチャラにしたら、世界中が恐慌になり、餓死者がごろごろ出ます。

また、お金をどんどん印刷してばらまいたら、お金の価値が下がり、物凄いインフレになって、ビールが5000円なんてことになります。
    • good
    • 0

 同じような質問が過去にありました。


国債は各種年金の原資となっていますので、年金制度が破産します。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=84498
    • good
    • 0

国債というのは国が責任を持って、他の諸外国や、自国の国民や金融機関に対して、いつまでにこれだけの利子を払いますから買ってくださいということで販売をするものですよね。


言ってみれば商品です。もしお金を先にもらって商品が届かなければ信用をなくしますよね。前にお金を払ったのに、商品を渡してくれなかったお店からあなたは再び買おうとするでしょうか?
また、商品が届くと思ってお金を払った人は、その商品を他の人に売ろうとしていたのかもしれませんよね。お金だけ払って商品が届かずに、お金が入る当てが無ければ破産してしまうかもしれませんね。
日本の国債が破綻すれば、世界経済は恐慌に陥ります。
20世紀はじめの世界恐慌は、第2次世界大戦を起こすことで収拾がつきました。

この回答への補足

ありがとうございます。なんとなくわかってきました。
でも国は、お金をすることが出来るわけですよね。

どんどんお金をすって、すって、いけばいいんじゃないでしょうか。
一度にたくさんやらないで少しづつするとか・・・。

自分でも少し変なことを言ってるのはは分かるのですが
御教授のほどお願いします。

補足日時:2001/06/22 02:43
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律系資格取得のステップアップ

私は法律系の知識は全くありませんが、これから勉強していこうと思っております。
そこで法律系資格を目標にしようと考えておりますが、最終的に弁護士資格を目指すとして、資格のステップアップ順を教えてください。

Aベストアンサー

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃるように、一概に無駄という訳ではありませんが、多くの人に当てはまるものだと思います。法律資格を勉強するには、多大な時間と費用と気力を必要とします。これから自分のプライベートの時間は大幅に制限が加わりますし、友達や家族との時間も大幅に制限が加わります。質問者さんが現在どういう立場かは分かりませんが、もし勉強に専念するのならば、その間に仕事(バイト)等をしないとなると、その間に得られるはずだった給料等も得られない(若しくは減る)事になりますし、社会人としての経験も得られない事になります。その間、家族等に扶養してもらうことになると、家族にも負担をかける事になります。

最終目標を達成するまでに時間がかかればかかるほど、それだけ失う利益も大きくなるし、社会との関わりも制限されるし、自分のモチベーションをどう保つかも考えないといけません。途中で脱落して、今までのお金と時間が無駄、というのが最悪のパターンです。ちなみに私はこの最悪のパターンに陥る人を多数見てきました。こういう人は予備校のパンフレットの甘い宣伝文句を見て軽く考えて勉強をはじめた人で、現実問題としてかなり多くを占めています。

3.仮に弁護士資格に途中で脱落しても他の資格への移行ができること。
失礼ですが、仮に弁護士の勉強に挫折したとした場合、弁護士の勉強で得た知識は高度な内容ですから、それは別の法律資格に活用する事ができます。ステップアップならぬ、いい意味でのステップダウンという事ですね。司法書士試験にも応用が利きますし、行政書士や宅建は比較的容易に取得できると思います。法学検定やビジネス実務法務検定の4級・3級あたりなら2~3日の勉強だけで取得できると思います。

ただ、これから法律の勉強をはじめるうえで、いきなり難関資格を目指すことにとまどいがあり、順番にステップアップして行きたいという気持ちはよく分かります。

従って、現実問題としては、法学検定(4級)やビジネス実務法務検定(3級)が一番簡単な法律資格で、たいした勉強時間も必要ありませんから、とりあえずこれらのいずれかを勉強してみて、自分の法律に対する適性や、どのくらい勉強時間が取れそうだとかのシミュレーションを行うというのはいかがでしょうか。ちなみに自分に法律に対する適性があるかどうかを調べる事は個人的には非常に大事なのだと思います。なお、弁護士を目指す以上、法学検定4級やビジ法3級程度の資格には満点近くで合格できないと逆にやばいぐらいだと思って自分を追い込んで勉強するべきだと思います。

最後に、弁護士資格取得には、私が思うに地道な努力もそうですが、他にも頭のよさとか才能とかも必要なのだと思います。従ってもしこれらに自信がなければ、勉強をする前の今の段階できっぱりあきらめて別の道を検討するというのも賢い選択肢のひとつである事を付け加えておきます。弁護士以外にも、質問者さんの目指すべきもっと良い道があるかも知れません。

以上、長くなりましたが参考になりましたら幸いです。

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃる...続きを読む

Q【財政措置13兆円、事業規模28兆円、財源は50年国債】財政措置と事業規模ってどういう意味ですか?

【財政措置13兆円、事業規模28兆円、財源は50年国債】財政措置と事業規模ってどういう意味ですか?

合計で41兆円?それとも合計で28兆円でうち13兆円が財政処置に使うってこと?

この拠出ってインフラ再整備に必要なお金を言葉を変えて国民に使われる風に演出してもう交換時期を過ぎてもお金がなくて交換できていないインフラに回すってことでは?

だから最初からインフラの再整備費用が必要だけど財源がないから景気回復に使うって言葉を変えて赤字国債を発行しようとしている。

この認識で合ってますか?

財政措置の13兆円ってインフラ再整備に使うお金で事業規模っていうのはインフラの土木業界界隈に28兆円の儲けが出るって話ですよね。

なぜ国が13兆円でインフラ再整備してねって土木業者に発注したら、土木業者は15兆円もどこから他に湧いて来るんでしょう。

Aベストアンサー

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A6%8F%E6%A8%A1&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=ka-YV93pEaff8Afy4ZuABg#newwindow=1&q=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E3%81%A8%E3%81%AF

Q法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

Aベストアンサー

公務員試験III種、市役所初級、消防・警察III類など。

Q財政支出は国債費,及び社会保障費で半額を超えています。大量の赤字国債発行と超高齢化でどうなるの?

現在,財政のうち国債の返還と利息の支払いだけで25%,社会保障関係費だけで32%,合計で57%です。

これが,⇒60%⇒70%⇒80%⇒90%⇒となっていったら,財政は破綻するのでは?

ちなみに,赤字国債をいくら発行しても日本は大丈夫と言っても,日本人の総預金高は1500兆円,そのうち,1000兆円以上はもう使っているのです。

ちなみに,1990年には国債費と社会保障関係費は26%でした。

もし,アベノミクスが失敗したらと仮定して,日本はどうなるのでしょうか?

答えに対しては,汚い言葉を使う方,相手を誹謗中傷する方はコメントをお控え下さい。

Aベストアンサー

「降る雪や明治は遠くなりにけり」と詠ったのは中村草田男だった。今や明治どころか、戦後さえも遠くなり、その意味も知らない輩がボウフラのようにわく御時世である。
日本経済で「戦後」といえば、1945(昭和20)年から55(昭和30)年頃までをさす。56年の経済白書(年次経済報告)で、経済企画庁が「もはや戦後ではない」と宣言したのだった。日本は1954年から高度経済成長期に入り、それはオイルショックによって73年に終わった。

以上のような基礎知識があれば、若田部昌澄の「敗戦後のインフレは年率59%であった」という記述も、昭和20年代のインフレ率は平均59%だった、として理解できる。1.6を10乗すると約110になり、日本経済史の常識に合う。
というのは、明治初期から現在までに物価は数千倍または約1万倍になっていて、その内訳は、明治初期から昭和19年までに約10倍、昭和20年から30年(戦後)に約100倍、その後に数倍(10倍未満)という概算である。
戦後100倍という数字は、戦時中の統制価格と闇価格の大きな開きをどう計算処理して引き継ぐかなどでも変わってくるだろうが、あくまで大まかな計算である。その昭和20年代の中でも、昭和25年頃にはインフレどころかデフレが起こっている(24年にドッジ・ラインが布かれたため)。
一方、昭和21年のインフレ率は300%とも500%とも言われる。北村行伸(一橋大学教授、専門は応用計量経済学)によれば1024%だったという。これは前述のような計算処理の相違によるものかも知れない。北村は昭和21年のそれをハイパー・インフレと述べている。

さて、日本は今後そのようなハイパー・インフレに陥るだろうか。アベノミクスが失敗したとしても、すぐにハイパー・インフレになることはあるまい、というのが大方の予想である。
ただし、1946年のマイルド版(まろやかにしたもの)が起きる可能性はあるだろう。預金封鎖、新円切替が強行され、戦時国債が紙くずと化した、あの1946年である。戦時国債は別名を愛国公債といい、戦時中に乱発されていた。
要するに、インフレを起こして円の価値を毀損せしめれば、国債を棒引き(借金を帳消し)にもできるわけだ。身も蓋もない、醜い手段ではあるが。

「降る雪や明治は遠くなりにけり」と詠ったのは中村草田男だった。今や明治どころか、戦後さえも遠くなり、その意味も知らない輩がボウフラのようにわく御時世である。
日本経済で「戦後」といえば、1945(昭和20)年から55(昭和30)年頃までをさす。56年の経済白書(年次経済報告)で、経済企画庁が「もはや戦後ではない」と宣言したのだった。日本は1954年から高度経済成長期に入り、それはオイルショックによって73年に終わった。

以上のような基礎知識があれば、若田部昌澄の「敗戦後のインフレは年率59%...続きを読む

Q法律系資格への幻想・・・

こんにちは。いつもお世話になります。以前からネットなどを見ていると、掲示板や、通信教育のなどの所に、司法書士、社労士、行政書士は安定の仕事、また、掲示板では、資格をとり転職などど書かれているのを見るのですが、法律系の資格に対する世間一般の幻想ってひどくないでしょうか??法律系資格=安定、仕事がる。と思っている方があまりにも多い気がします。私自身、10年前に社労士の資格を所得しましたが、私の周りで法律系の資格で高級とりの人は1人もいません。テレビなどで出ている方は本当に一握りの方だと思います。事前に仕事の需要があるか調べもせずとりあえず所得と考える方が多いんでしょうか??

Aベストアンサー

確かに年収が500万以上平均とか書いてありますね。40以上の人間なら民間企業の平均賃金のほうが高いです。

ただ企業の中で本部はエリート職種ですし そこで行われている仕事が法務である事が ステイタスとしてはやる仕事としては よい印象になるのでしょうね。

但し これは社員同様 いや 社員よりご都合主義で経営者に雇われている外部の便利屋さんでして 社員がやるより安く効果的に出来なければ雇わないし 必要なときだけでいい。これを質問者さんの言う需要という話であれば 
一番最初にリストラされるのは 実は派遣労働者よりも 外注請負ですよね。しかも みんなが法律知識を得るだけで 資格取得者の経済価値が更に下がる=教育機関は儲かる

つまり 今勝ち組は予備校と学校法人 学生と資格取得者ではありません。

でも社労士を所得?して其の仕事が出来ているならたいしたものですね。

年収400万は個人事業者では勝ち組ですから。

Q880兆円の財政赤字 子供手当てや学校 高速無料化 財政破綻は将来的に

880兆円の財政赤字 子供手当てや学校 高速無料化 財政破綻は将来的に起りますか?

Aベストアンサー

 消費税は打ち出の小槌ですので、20%にでも30%にでも出来ます。さすがに一気に30%にはできませんが、取りあえず10%にして、その後5年ごとに、福祉や弱者救済を名目に5%刻みに上げていけば、庶民は欺されたことに気付きません。
 政権交代によって、消費税を上げるハードルはかなり低くなりました。
 民主党は自民党政権の箱物政策による無駄な公共工事によって巨額の財政赤字が作り出された尻ぬぐいをするためと言い、自民党などの前政権は子ども手当や高速道路無料化などのバラ撒きによって財政赤字が拡大されたと言うでしょう。
 国のお金がないから、国民は負担をせい!(実際の言葉はもっと穏やかでしょうけど)
 民主党が今度の参議院選挙で多数を取ると、暴走に近い政策もシャンシャンと通りそうな気がします。

Q法律関係の【入門的な資格】は何でしょう?

こんにちは。
法律を勉強して、生活や就職に役立てていこうと思っています。
そこで質問です。
パソコンのシステムなら「初級シスアド」…のような、
法律関係における「入門的な資格」は何なのでしょうか?
まずはこれから勉強して、そして次にステップアップするような資格です。
資格ってものすごくたくさんの種類があるので、ちょっと混乱して、
このように質問することにしました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

資格試験は、法令に基づいたものが多いので、何らかの法律を勉強することになります。

私は、こんな系統があるのではないかと思います。

総務経営系資格

行政書士<社会保険労務士<中小企業診断士<司法書士

会計系

簿記2級<簿記1級<税理士<公認会計士

建築系

宅地建物取引主任者<マンション管理士<不動産鑑定士

建築そのものなら建築士があります。

参考になれば

Q財政破綻の危険性が取りざたされ、消費税の必要性が議論になっている、日本

財政破綻の危険性が取りざたされ、消費税の必要性が議論になっている、日本社会の現状を踏え、元気な日本をつくるためには、何が必要とされているのでしょうか?

Aベストアンサー

元気な日本をつくるために必要なこと。
それは、なんといっても経済を前向きに動かす事です!

逆に不景気になると元気がなくなります。
不景気で、多くの人が不幸になり、自殺が激増しています。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740-1.html

では、なぜ、経済が動かないか。それはデフレだからです。
デフレだと、物を買うことは損だからです。
物の値段が安くなることが分かっているのなら、当然、消費を控えますよね?
デフレを止めて、経済を前向きに動かす!には2つ方法があります。


■方法1
⇒ 日銀が国債を買い取る。

日銀は日本政府の子会社にあたる存在ですから、国債を日銀が買えば、返す必要がありません。
さらに、日銀法と財政法を改正すれば、今制限されている買取額も増やすことが出来ます。

こうすると、どうなるのか?

政府が使えるお金が増えるので、確実に雇用が増えます。
雇用が増えれば、賃金も増えるので消費が増えます。景気が確実に回復します。
教育や先進分野への投資もでき、日本を元気にできます。
ちょっとわかりづらいですが、日銀が払う国債の代金は日銀券(円)です。世の中にお金が出てきます。円が増えれば、デフレ・通貨高が終わります。
デフレも終わるので、手控えられていた消費が増え、さらに景気が良くなります。民間の投資も増えます。
すぐに元気な日本になります。


■方法2
⇒ 政府発行紙幣し、日銀に引き取らせる。

1と本質は同じです。
政府が政府発行紙幣を作るという手もあります。
たとえば、政府が毎年20兆円分の「政府発行紙幣」をつくり、日銀にそれを買い取らせれば、毎年20兆円分予算が増えます。
こういったことを書くと、計算すらせずに「ハイパーインフレ」になる!と叫ぶ輩もいますが、
20年近く日銀が酷いデフレ政策をつづけている日本なら、20兆円分の政府紙幣を作っても、今は実質マイナス1%ですから、1%程度のマイルドすぎるインフレにしかなりません。
30兆円発行しても2%程度のインフレです。(普通はこの程度ではインフレとすら言わないでしょう)

※これらの数字は日本のマネーサプライM3の残高(1079兆5000億円)から簡単に計算できます。

ちなみに、ハイパーインフレは年13000%のインフレですから、政府発行紙幣を14京円分発行しないとおこりません。


★不景気時に絶対やってはいけないこと
⇒ 緊縮財政(大増税など。不景気でこれをやったら必ず失敗します)

かつて、フーバー大統領、井上蔵相が不景気のときに緊縮財政を行い、それぞれ世界大恐慌、昭和恐慌を起こしました。税収も激減して財政も悪化しました。アルゼンチンの破綻も同様。
橋本龍太郎首相も緊縮財政を行い、日本経済を目茶目茶にしました。(後に誤りだった事を橋本首相自身が認めています。)

橋本首相の緊縮財政(1996年(H8)~1998年(H10))により、景気・雇用悪化、自殺者増大
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740-1.html

橋本首相の緊縮財政(1996年(H8)~1998年(H10))で公債残高も激増
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/004.htm


今、必要なのは中央銀行から政府へのお金(¥)の流れを作ることです。
緊縮財政は、経済を止める自殺行為であり、最悪です。
なお、単なる赤字国債の発行による公共投資は、国民の貯蓄が国債に向かってしまい、お金が貯蓄に吸い取られてしまうので効果はあまりありません。


<景気回復の流れ>
中央銀行→(方法1・2)→政府→(公共投資)→国民(民間)
※国民(民間)のお金が増え、景気回復する

<不景気・恐慌にする最悪の流れ>
国民→(増税)→政府→(国債返済)→中央銀行
※国民(民間)経済がストップし、今以上のデフレ、大不況になる

<赤字国債>
政府→(公共投資)→国民→(国債購入)→中央銀行
※デフレになり、雇用・技術が海外流出する

元気な日本をつくるために必要なこと。
それは、なんといっても経済を前向きに動かす事です!

逆に不景気になると元気がなくなります。
不景気で、多くの人が不幸になり、自殺が激増しています。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740-1.html

では、なぜ、経済が動かないか。それはデフレだからです。
デフレだと、物を買うことは損だからです。
物の値段が安くなることが分かっているのなら、当然、消費を控えますよね?
デフレを止めて、経済を前向きに動かす!には2つ方法があります。


■方法1
⇒ 日銀が...続きを読む

Q法律系資格について教えてください。

質問させて下さい。法律系職業についてです。

司法書士、行政書士、公務員系、裁判所事務官など法律資格職は様々ありますが、自分が目指すとして今、大学生なのでいきなり司法書士はハードルが高いです。

法学検定の存在を知り、次回4級を受けようと思います。

法律系資格として、そのほかにステップアップとなるくらいの難易度のものはどのようなものがありますか?パンフレット等見てもあまり体系的に書かれてないのでわかりにくいです。

法学検定まずは目指して法学の基礎知識付けようと思いますが、そのほかどのような資格があるでしょうか?

法学検定の存在も最近知りました。

Aベストアンサー

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんでした。でも、ステップアップの方法としては悪くなかったように思いますけどネ。宅建を最初にかませたのは私が法学初心者(大学の専攻などは全く違いましたし、、、汗)で独学だったため、全く知識がなくどうしてもかなり低い段階から始める必要があったため民法が比較的易しく入っていた宅建で肩慣らしをした感じです。
ただし、宅建⇒行政書士はかなり難易度に開きがあったので行書の時は結構ヒヤヒヤでした(^^;おそらく行政書士⇒司法書士もかなり難易度に開きがあるので、私には予想でしか言えませんが、行政書士に受かる力があっても司法書士のために相当量の勉強が必要だと思います。
司法書士の前に行政書士あたりでもかませればすこしは自信になったり、自分の力を確認できるんじゃないでしょうかネ。

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんで...続きを読む

Q4年半で、250兆円の借金増の内訳

小泉純一郎氏が、首相が就任して、わずか4年半で、250兆円もの借金が増えてしまったようなのですが、どのような経緯で、こんなに増えてしまったのでしょうか?
あまりにも金額が多すぎて、よくわかりません。

Aベストアンサー

小泉総理時代にも公共事業は行われていました。
減らしただけです。なぜ日本は破産しないのか、それは国債の償還が滞り無く行われているからです(償還が出来なくなったとき破産と呼ぶ)
なぜあんなにも借金を増やしたのかといえば、一番大きかったのはデフレの収束に見通しが立たなかった中景気(輸出)を下支えするために市場介入をわんさかやったからだと思います。
財政投融資を止めて短期の財投債をたくさん発行したことも一因していると思いますので、「帳簿上増えた」という面もあったと思います。


人気Q&Aランキング