出産前後の痔にはご注意!

気になったのですが、何故天皇が要らないと思う人が大勢居るのですか?
天皇は日本統一の象徴だと思っています。それに税金の無駄遣いとおっしゃる方がいらっしゃいますが、まあ、無駄なところもあるかもしれないですけど、沢山の国との交流には必ずしも天皇は必要だと思います。他の国と違って日本はすごいと思います。例えを挙げるなら中国など、皇帝がいても何年かしたら誰かに倒されまた違う皇帝が即位しますが、天皇は大体弥生時代ころからずっと続いています。これは誇れることだと思いますし、続けていかなければいけないと思います
誤字脱字、不自然な文すみませんm(_ _)m
文を作るのが苦手なので

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

天皇家が不要といっているのは共産系の左翼だけですよ。


ところで、現在国民の大多数が天皇家を支持する理由は自分なりに考えたのですが次の点でしょうか?
1 現在の天皇が天皇の責務を忠実に守っている(憲法上の国事行為のほか、皇室外交、祭祀、国民の慰撫にいたるまで、ほとんどプライベートがない状態で責務をこなしている)
2 国民の生活に天皇が介在していない(天皇の有無にかかわらず日常生活がかわらない)
3 世界最長の王室であり、世界的な権威をもっている
4 天皇家が日本の民族宗教ともいえる神道の頂点であり、日本という国がまとまっている根本にある。

といったところでしょうか?
これに対し、天皇家を反対する人は次のとおりでしょうか?
1 天皇家をなくすことにより国民を分裂させ、しいては日本の国勢を低下させる(これは反日国家、反日主義者が日本の国力を低下させようとしている)
2 共産主義はすべての階級をなくすことが目的であり、そのためには王室は不要である。
3 天皇に国民が持つ憲法上の権利がなく、自由がない。

反対する人の中で、共産主義、反日は1,2を支持し、3はふつうの国民の中にも思っている人はいると思います。

現在の天皇家存続賛成を圧倒的な支持で占めている理由は上記の4つのうち1,2が大きいと思います。
なので、仮に将来天皇が身勝手になり、自分のことしか考えず国民なんか知らんとなるような皇族となった場合や、天皇が独裁者となり、国民の生活の自由を制限することとなった場合には、天皇家の存続は危ぶまれますが、それは遠い将来あるかもしれませんが(天皇家の存続の歴史の中であったことはないですが・・・というかありえないのでは?)、すくなくとも、現在の天皇、皇太子にいたってはそれは問題ないのではと思っています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

的確な回答ありがとうございますm(_ _)m私も1.2.4には共感?も、持てますし、3も平等という考えには反していますが別に我々の権利が侵されるような権力を持っているわけでもないのでいいと思います

お礼日時:2016/08/15 20:59

<天皇は大体弥生時代ころからずっと続いています。


これは誇れることだと思いますし・・・・>

 長いと何が良いんですか。
生きている間に何か有意義な事をしたかどうかが誇れる基準でしょう。

 長いのが良いのなら、四大文明だかの国々の方が長い。
日本は辺境の地方でしょう。日本が縄文式の生活している時には、中国では青銅器の立派な容器が有りました。
 
 その辺境の民族で系図が長いと云っても、長いだけ。
文化でも字だって、中国からの伝来でないですか。

 日本は辺境の地の民族で、人種も南方や北方からの流入した混血の
人。
それが、元の出身民族に歴史が有ると云って自慢できるのでしょうか。
 
 系図が長いと何が良いんです。
精々、ギネスに書いて貰って満足する位でしょう。


 今の皇室、雅子妃の病気は 長いだけで古臭い祈祷師みたいな生活をしていて、何ら生きていく目標が無くなったからでないでしょうか。

 ◆優秀で元外交官のたまご? だった人を選んできて、
皇室だか宮内庁だかの “歪んだ環境” が今の病気の元でしょう。

 新鮮味の無い、ただ長いだけ祈祷師然を取り柄としている
“歪な環境”から こうなっているのを反省する必要が有る、そうは思いませんか。

何か反省は有りましたか。

 もし、長い系図に憧れるのなら、皇室にはハイミスが沢山居るのですから、是非立候補してはどうでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(_ _)mですが、あなたが何をおっしゃっているのかが少し理解にかけますし、そもそもの質問の回答になっていません。命題をずらすような事はやめてください。それに加えて確認したいのですが、あなたは歴史は必要ないという考えでよろしいですか?歴史のない国ほど中身の無い空っぽな国はないと思いますw誤字脱字すみませんm(_ _)m

お礼日時:2016/08/15 20:53

日本共産党の「綱領」にそう書かれているからです。



以下、共産党綱領より抜粋
「天皇条項については、「国政に関する権能を有しない」などの制限規定の厳格な実施を重視し、天皇の政治利用をはじめ、憲法の条項と精神からの逸脱いつだつを是正する。
 党は、一人の個人が世襲で「国民統合」の象徴となるという現制度は、民主主義および人間の平等の原則と両立するものではなく、国民主権の原則の首尾一貫した展開のためには、民主共和制の政治体制の実現をはかるべきだとの立場に立つ。天皇の制度は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべきものである」

このところの共産党は、「その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべき」だと記されていることを理由に、天皇制を廃止すべきだと言っているわけではない、と必死に言い訳していますが、同項目に、

「一人の個人が世襲で「国民統合」の象徴となるという現制度は、民主主義および人間の平等の原則と両立するものではなく、国民主権の原則の首尾一貫した展開のためには、民主共和制の政治体制の実現をはかるべきだとの立場に立つ」

と記されていることから、共産党は案に世襲制である「天皇」という位は不必要である、と暗にほのめかしており、天皇という位を排除して、共和制に移行すべきだと言っていることがわかります。
そのために「天皇は不必要だ」という世論を醸造し、将来情勢が熟したとき、ねつ造された「国民の総意」によって天皇制を廃止すべきだ、と言っているのです。

日本に「共産党」が誕生したのは1922年。第一次世界大戦が終結した4年後です。
第一次世界大戦中に起きた「ロシア革命」によってロシアがソ連の一部となり、ソ連を席巻したのが1917年。1919年に開催された第一次世界大戦の講和会議によって中国の主張が受け入れられなかったことから中国国内で勃発した「五四運動」。中国共産党はこのような社会環境の中で誕生しました。1921年7月のことです。

日本共産党が誕生したのはその翌年。
日本的に考えると、当時は第一次世界大戦の戦争特需の反動で押し寄せた「戦後不況」の影響にさらされている、その真っ只中でした。

中国でもそうなんですが、この「共産主義」という考え方は、システムとするととても魅力的なんです。ただ、どうもそこに至る「手段」や「方法」が何かおかしい。

中国でこのことに気づいたのは「中国国民党」の蒋介石でした。彼は軍事的な教育システムとしてはソ連のシステムを採用するのですが、思想の面ではソ連の思想ではなく日本の思想を取り入れて軍事教育を行いました。ただ、それでも彼の意図しないところで、彼がコントロールすることが不可能なレベルにまで蒋介石国民党の中に共産主義が蔓延してしまった為、のちの彼は絶望することになります。

ところが日本では、既に「民主主義」という考え方がある程度浸透しており、国際関係においてもこの考え方を根本としていました。
お隣の中国、「蒋介石」そのものはとてもよかったのですが、あれだけの人口と国土を抱える中国。ここに蔓延した「共産主義」は、現地の日本人に想像を絶するような「悲劇」をもたらしました。ですが、当時の日本は外交面においてはあくまでも当時先進的であった「民主主義」の考え方を貫き通し、現地日本人を救出しようとしませんでした。

このことから、日本の民間人特に「軍部」の中で政府に対する不満が鬱積し、日本国政府を排除しよう、という動きが生まれます。
ですが、この根源にあったのも「共産主義」と同様な発想で、ただ、明治憲法下では「現人神」として位置付けられている天皇陛下の存在があり、この存在を除外することは難しい、ということを当時の日本の共産主義者たちも気づき始めます。

共産主義者たちは、当初は天皇陛下そのものを含めて政治システムの中から排除しようとしていたのですが、これが難しいということがわかると、今度は「天皇陛下を労働者の代表とし、それ以外の政治家たちは政治システムの中から強制的に排除すればよいのではないか」という考え方が浸透し始めます。(このような考え方を、「国家社会主義」と呼びます。私的に表現すると「右翼マルクス主義」と表現したほうが的確じゃないかと思いますけど)

この後、度重なるクーデターが日本国内でも勃発するようになり、(「満州」も当時は日本国の一部のようにして考えられており、その結果起きたのが「満州事変」です)特に2.26事件以降は「暴力」以外の方法によって次第に日本国政府が日本の軍部に乗っ取られるようになります。(民主主義にしたがって、合法的に)

第二次世界大戦も、このような「日本国政府への不信感」と「度重なる不景気」の中から、一種必然的に勃発したものであってこの一連の流れの中で天皇陛下が関与したのはたった1回だけ。2.26事件において、陛下に「輔弼(助言やサポートをする役割)」を行える人が殺されたり、又は殺されたと勘違いされたりして、憲法という制度上、天皇陛下以外に指示を行える人が一人もいなくなってしまった状況下で、事件を起こした犯人を逮捕し、処罰するよう指示を行った、そのたった一つの場面だけです。

ですが、現在の日本共産党の綱領では、このような過程の中で起きたすべての事件が、あたかも天皇陛下の独裁によって、半ば強権的に行われたかのようにして記されています。

そして、私たちが戦前に「右翼」によって実行されたと考えている事件はそのほぼすべてがこのような「右翼マルクス主義者」によって行われています。
現在共産党の人たちが目指している社会とは、どのようなきれいごとを述べようが、自分たち自身が批判している「マルクス主義」を実現することに他なりません。

かつてのマルクス主義者たちが行った過ちを、あたかも天皇陛下や、現在に至っては安倍首相がやったかのようにして吹聴し、それでもやっぱり「マルクス主義を目指すべきだ!」と必死に主張しているのが現在、「天皇は必要がない!」と声高に叫んでいる人たちだと思います。
    • good
    • 3

天皇制を廃止すれば民主主義的な選挙によって天皇を総理大臣にも国家元首にもできるからです。

    • good
    • 2

何故天皇が要らないと思う人が大勢居るのですか?


    ↑
大勢はいませんよ。
90%の国民が支持しています。
要らないてのは、少数派です。

要らない、という人は天皇によりメリットが
理解できないからです。


○天皇制の意義

色々な意義がありますが、根本は国民を統合する力がある、
ということです。

途上国が途上国であるのは、色々な原因がありますが最大のものは、
国民が統合されていない、ということです。
どうして統合されていないか、といえば、国民に、
国民であるとの連帯感が無い、薄いからです。
イラクやアフガンがその典型です。

イラク人、アフガン人という意識が希薄なので、
国民がまとまらず年中ゴタゴタしています。
中国なども、大正時代の留学生ですら、中国人であるという
意識はほとんど無かった、と言われています。
皆、北京人、上海人です。

日本だって、幕末時は薩摩藩人、会津藩人という意識の方が
強かったのです。
そこで、山縣有朋と西周が相談して天皇を持ってくることにしました。
お前等は、薩摩藩人という以前に、天皇が治める日本という
国の国民だ、日本人なのだ。
これが成功したわけです。
これを国民国家といい、アジアで最初にこの国民国家樹立に
成功したのが日本で、中韓などは大きく遅れを取りました。

1,独自性
先人は、中国に対する独自性の発露の為、天皇という
呼称にしたのです。
現代では、欧米に対する独自性の徴表という意味を持っています。
独自性を持たない国は衰退します。

2,歴史を観て下さい
幕末、天皇がいなかったら日本は列強の植民地にされていた
かもしれません。

3,公、という概念の醸成
オリンピックや国体とかの催しものはみな、国家を国民に意識させる為に行われているのです。
国旗や、国歌などもその類いです。
その中でも、天皇というのは強力なツールです。
天皇は生きている歴史であり、歩く国家なのです。
人々は天皇に接し、想うとき否応なしに日本国家や
日本の歴史を想起します。
米国もこれを羨ましがり、天皇の存在は17個師団の軍隊に相当する力があると分析しています。

4,汚職だらけのアジア諸国の中で、日本は比較的清潔でした。
それは、汚職は天皇に対する犯罪で、絶対に許せない、
という考え方が強かったからです。

5,かつて官僚は、政治家などは選挙区の代表に過ぎないが我々は天皇の官吏として、日本全体の事を考える立場にある、と誇り高く仕事をしていたのです。

6,戦後、社会主義革命の嵐が吹き荒れました。
その前に立ちはだかったのが天皇制です。

7,権威と権力を分離し、もって独裁を防止する。
 権力は徳川将軍が手にしていたが、権威は天皇にあった。
 池田大作が政権をとり、独裁を敷こうとしても、
天皇制は大きな障害物になるでしょう。

9、象徴性
選挙で選ぶとなると政治家みたいな人が選ばれることになります。
    • good
    • 5

個人的には天皇制は絶対に残すべきだ、と考えていますが、敵の正体を知るために「天皇不要と考える人」のことを書いてみます。



まず、天皇を不要という考え方の人が一番最初に言うのは「人間はみんな平等」ということです。
そして次のように言説が分かれます。
A 天皇は特権階級で、人間の平等に反するから廃止すべき
B 天皇は象徴として一般人が持つ権利(選挙権など)がないから、平等にするために廃止すべき
ということです。

このような考え方の基本は17世紀後半、ルターの啓蒙思想にあります。
啓蒙思想そのものが、王族や貴族と農民などの庶民が「同じ人間であり平等である」と説明し「だから王政を廃止するのは正しい」という考え方になります。

この啓蒙思想を理想として起きたのがアメリカの独立戦争(イギリス王国からの独立と民主主義の樹立)とフランス革命であります。

その後、多くの国で独立戦争がおきるのですが、さらに19世紀になってもう一つの動きがありました。それはマルクス=レーニンによる「共産主義」というものです。
 啓蒙思想は産業革命と相まって、王族などの特権階級を廃止したりイギリスのように憲法による制約を加えたりしたのですが、そうなると今度は金持ち(ブルジョワジー)が権力を振るうようになり、庶民である労働者(プロレタリアート)は貧困に落ちていきました。
 「これはおかしい」ということで、金持ちから財産を取り上げ、全員平等を目指したのが「共産主義」の根本になります。お分かりだと思いますが、共産主義では王や貴族などの特権階級どころか金持ちさえ許容されずすべてが「労働者」であることをめざしたわけです。

「天皇不要と考える人」はこのいずれかの考え方をもっています。
一番マイルドなのは啓蒙思想的な「人間平等」の思想です。こういう人はどちらかというとBの考え方をもっています。皇族はかわいそう、と発言する人もいます。

一番過激なのは共産主義的な考えを持つ人です。彼らにとっては金持ちや特権階級は「労働者の敵」であり、共産化をするには打倒さなければならない標的であるといえます。かれらの考え方は主にAになります。

実際のところ1960年代や70年代の安保の頃は、そのカウンター思想として共産主義(社会主義)がありました。過激な思想と行動力をもった日本赤軍は共産主義ですし(赤は共産主義の色)、中核派なども共産主義です。当時は「天皇制を打倒して、労働者の天国を日本に作ろう」という共産主義的な考え方が一定レベルにあったのです。学生運動は共産運動とほぼ同じでした。
ですから当時はAの考え方をしている人も多くおり、いまでも年配の方はそういう理由で天皇制を批判します。

ところが1989年にソ連が崩壊し、中国も資本主義的な経済を取り入れたために、共産革命主義者は減っていきます。左翼の力がドンドン衰え、今では社民党も共産党もかつての勢いはありません。
しかし「人間は平等」という啓蒙思想は民主主義の基本でもありますので、いまではマイルドなBの考え方で天皇制を批判する人のほうが増えた、ということです。

絶対数として天皇批判派は多くないでしょう。少なくとも政治の旗色は保守勢力のほうがおおいので、左翼は少数であるといえます。しかし、彼は「社会を変えよう」という意思をもち声を出していますので、それが大きい声に見えるのでしょう。

私は皇室存続派ですが「天皇制」と言う言葉は使いますよ。学術的に表すには必要な言葉だからです。また天皇は機関である、という美濃部学説も支持します。

その上で陛下にはいつまでも健やかであってほしいですね。
    • good
    • 2

世界の主要国は、そのすべてにおいて歴史の長い血族を信用します。



つまり先祖のしっかりした人だからです。
裏を返せば、天皇要らないという人ほど、先祖を遡れない薄っ平い人ということです。
例えば帰化人やその子孫。
先祖が犯罪者などはまさにそんな人です。
だって遡られたら恥ずかしくなりますからね。

江戸時代まで穢多・非人だった人なんて、苗字はありませんでしたし。
だから多くの人は、うちは武士の過程で~みたいに勝手に思っています。
これは隣の韓国でも一緒。
李王朝時に、今の苗字に統一されました。
他の朝鮮独自の苗字の人間は淘汰され、多くの平民は奴婢という奴隷で白い着物を着せられて、苗字も与えられず、日韓併合時にようやく奴隷解放されて、苗字を名乗ってよいことになりました。
この編は、日本の明治時期の新戸籍制度と一緒です。

つまり、明分の無かった人が天皇を嫌う図式が成り立つのです。

され、今の日本を振り返ってみて、その身分のない人を思い出してみてください。

先祖の偉い人で、現在貧しい人は珍しいですね。
格式も未だに高いと思われます。
子孫も勝手に結婚とかできなていないと思われます。
やはり、そういう人は、有名人か家柄格式を重んじると思います。

中でも天皇家は神代より続く、世界で唯一の系譜のしっかりした一族です。

この歴史の長さが、国の長さなのです。

なので、日版人というアイデンティティの短い人ほど、天皇なんて要らないと言います。

例としては、沖縄やアイヌ。
江戸時代まで他国でしたから。
日本人ですらいたくない連中ですね。
特に沖縄は、中国人帰化人ばかりです。
熊襲・出雲・蝦夷の人は、平安時代にはもう日本人でしたからね。
未だにその時代を懐かしむ人もいないでしょう。

なので、国歌斉唱も国旗掲揚も反対な人が天皇反対を唱えます。
    • good
    • 3

しがみつき皇帝の座を奪う考えは、お隣の国では、いつもやってる事だからですね。

歴史の象徴と皇帝を混同しているのです。馬鹿たれの発想ですね。頭が悪いから操られ命を落とすのです。狂っているから殺しで、生きています。そいつらの馬鹿と縁を切ら無いと生存出来ません。
    • good
    • 1

大勢なんていないですよ。

ほんの少しだけで、大声をあげて目立つだけです。無駄で税金って言いますけど、天皇家の莫大なん財産を没収したんですから、税金を使いたくなければ、まず没収した財産を戻してあげてからです。
天皇陛下のお気持ちのお言葉、生前退位をしたいなどかけらも聞き取れなかったですが。国民の象徴として、これからもやっていくが、何分にも歳をとって、予定通りの行事もできなくなる時もありで欠席もあることをお許し願いたい、と理解しました。
よくもまあ、解説者は、デタラメ解釈まで放言のしぱなしで、オツムのほどを疑うばかりです。

右翼でも国粋妄想者でもないですが、天皇陛下万歳三唱組です。
    • good
    • 5

>何故天皇が要らないと思う人が大勢居るのですか?


大勢なんていないよ。
大きな声を上げている人がいるだけです。
そこから察してみましょう。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング