腸内細菌の代謝についてご存知でしたら教えてください。
腸内細菌は善玉菌として、乳酸発酵をするものがあげられますが、悪玉菌として、Klebsiella属の代謝をぜひとも教えてください。腸内細菌ですからおもに糖を資化していると思いますが、その代謝物はなんでしょう?また、乳酸をさらに低分子化することはありますか?

お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

偏性嫌気で酢酸生成、ですか。

腸内ということでいいんですよね。
私もそんなに詳しいわけではないのですが、文献を見てみますと偏性嫌気条件である大腸でマジョリティ(グラムあたり10の10乗~11乗)を占めるバクテロイデス、ユウバクテリウム、ビフィドバクテリウム、ペプトストレプトコッカス、クロストリジウムなどはいずれも主要代謝産物として酢酸(や乳酸、プロピオン酸、酪酸)を生成する、とあります。これら個々の菌種の代謝がどの程度解明されているのかは私もちょっと知りませんが、私のやっているビフィズス菌の場合、ビフィズム経路という特異的代謝経路によって、理論上2モルのグルコースから3モルの酢酸と2モルの乳酸を生成します。
悪玉菌を抑える有機酸をたくさん生成する菌はいちおう善玉菌とされていますので、善玉でも悪玉でもないユウバクテリウムや日和見菌に分類されるバクテロイデス、クロストリジウムよりビフィドバクテリウムが酢酸生成は多いのかもしれません(自信なし)。

乳酸菌の場合、ヘテロ発酵するものはむしろ好気的な条件に傾いた時に酢酸を多く生成するようですね。
べつにビフィズス菌を宣伝してるわけじゃないのですが(^。^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にほんとにありがとうございます!いまKlebsiellaと同定した菌が、酸生成してるのかと思って・・・。何度もお答えいただいてありがとうございました!感謝します!

お礼日時:2001/06/26 23:27

専門は善玉菌なんですが・・(^・^)


文献でしたら、ここなんていかがでしょ。
[Klebsiella][metabolism][fermentation]のキーワードで158報検索されました。

最近はKlebsiellaは窒素固定遺伝子の研究対象としてもけっこう使われてるようですね。

参考URL:http://www.healthy.pair.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!窒素固定の研究ですか。それはまた面白そうな研究ですね。英語はすこぶる苦手ですが、やっぱり世の中最新情報は英語の文献なのですね・・・。早速読んでみます。で、しつこいようですが(^_^;
専門家の方にもうひとつ教えていただきたいのですが、偏性嫌気で酢酸生成の代表的な菌ってなんでしょう。(ごめんなさい m(_ _)m、お礼の欄なのに・・・)

お礼日時:2001/06/26 01:04

Klebsiellaは2,3-ブタンジオール発酵というものを行います。

糖分解で生じたピルビン酸2分子から2-アセト乳酸ができ、アセトインを経て最終代謝産物である2.3-ブタンジオールが蓄積します。これは合成ゴムの原料であるブタジエンに簡単に変換できます。

一般的な糖ならだいたい資化でき、嫌気条件下で40%以上の収率で2.3-ブタンジオールが蓄積するとのこと。乳酸を低分子化することはないと思われますが、乳酸→ピルビン酸の反応を触媒する酵素を持っていれば乳酸を素に2.3-ブタンジオールができ、乳酸量が減ることは考えられます。

この回答への補足

ありがとうございます。大変参考になりました。酢酸なんかできるかと思ってましたが・・・。違いましたね・・・。参考文献等ご存知でしたらぜひ教えてください。一応探してみましたが、病原菌としての文献が多く、代謝についてあまり記載されたものが見つかりませんでした。

補足日時:2001/06/24 23:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコール発酵の定義

アルコール発酵って、酵母の発酵のことだけをいいますか?
アルコール発酵の定義を教えて下さい!

乳酸発酵の定義も出来れば教えて下さい・・・。

あと、アルコール発酵と乳酸発酵以外に食品を生成する発酵の型ってありまか?

質問すること多くてすみませんが・・・・。

Aベストアンサー

こんにちは。

この場合はwikipedia参照が分かりやすくて良さそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%99%BA%E9%85%B5

人間から微生物まで、地球上の動物は糖分を分解してエネルギー
を取り出して活動しています。
この内、酸素を用いずに糖分からエネルギーを取り出すプロセス
(嫌気性反応)として、「アルコール発酵」や「乳酸発酵」があります。

アルコール発酵の定義としては、上記のwikipediaの記載で良いかと
思います。酵母によらないアルコール発酵についても記載があります。

乳酸発酵も同じ嫌気性(酸素を用いない)反応で、最終生成物として
乳酸を産出します。
http://www.geocities.jp/msakurakoji/900Note/07.htm

また、発酵とは広義には「微生物を利用して食品を製造すること」と
なりますので、有名なところとしては「納豆」や「しょうゆ」や「くさや」など
様々な発酵食品があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%86%97%E9%85%B5%E9%A3%9F%E5%93%81

また、ここに記載がありますが、他の発酵の型として有名なものに
「酢酸発酵」があります。

ちなみに、発酵と同じく微生物の作用ですが、結果として食用にならない
状態に変化すると「腐敗」ということになります。

こんにちは。

この場合はwikipedia参照が分かりやすくて良さそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%99%BA%E9%85%B5

人間から微生物まで、地球上の動物は糖分を分解してエネルギー
を取り出して活動しています。
この内、酸素を用いずに糖分からエネルギーを取り出すプロセス
(嫌気性反応)として、「アルコール発酵」や「乳酸発酵」があります。

アルコール発酵の定義としては、上記のwikipediaの記載で良いかと
思います。酵母によらないアルコール発...続きを読む

Q善玉菌と悪玉菌の違い

善玉菌と悪玉菌の違いについてなのですが、善玉菌が宿主に良い作用をもたらす菌だということはわかりましたが、それはつまり、オリゴ糖などを餌にしている菌と言い換えることができますか?また、悪玉菌はそれらを餌にせず、主にアミノ酸を餌としているものといえますか?
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪玉菌にもいろいろあります。腐敗物を作る腐敗菌、毒素を作る毒素菌、生体を食べる菌、特定の病原菌・・・などなど。

善玉菌にもいろいろあります。悪玉菌を捕食する菌、乳酸菌等の有機酸を作って腐敗物の生成を抑えて発酵を促す菌、・・・など。

もっと知りたい場合は、Wikipediaで「腸内細菌」を検索してみてください、「善玉菌と悪玉菌」の章があります。

Q大豆は体に有害?

毎日 大豆を湯がいたものを食べてます。

先程 大豆の発酵食いがい
例えば 豆腐等は発酵させてないですが
有害・甲状腺等色々な病気を あげてありました。
(インターネットで検索)
うちの兄が 白血病でなくなっているのですが
母が きな粉を食べ過ぎたからかも…みたいな事を
言ってたのを 覚えてますが…
私は イソフラボンの錠剤は 下痢しますが
大豆を煮たものは 大丈夫なんで
つけたものを 圧力で湯がき 味つけなしで 食べるのですが
ちょっと 気になりました。。
どなたか 知識あるかた
教えてください。

Aベストアンサー

過剰摂取や間違った摂取法により、どんな食物でも有害になり得ます。
大豆にはいろんな成分が含まれており一方を立てればもう一方が立たなくなり結果病気の要因となり得ると言う事だと思います。
本当に有害だったら大問題になっていますよ。
栄養バランスを考えて適量を摂取することが一番です。

Q【腸内フローラ・整腸菌を増やすと】オナラが臭くなくなるのはなぜですか? 納豆の納豆菌を毎日食べてい

【腸内フローラ・整腸菌を増やすと】オナラが臭くなくなるのはなぜですか?

納豆の納豆菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?

ヨーグルトの乳酸菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?

毎日食べている人に質問です。

あとなぜ整腸菌を増やすとオナラが臭くなくなるのか科学的な仕組みを教えてください。

Aベストアンサー

>【腸内フローラ・整腸菌を増やすと】オナラが臭くなくなるのはなぜですか?

それはありません。仮に臭うのであれば腸内が浄化されていないのでしょう。
便秘が解消されていないだと思います。


>納豆の納豆菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?
>ヨーグルトの乳酸菌を毎日食べている人のオナラは臭くないですか?

先程の回答と同じです。腸内環境が改善されていない人は何を食べても同じです。
納豆やヨーグルトで簡単に腸内環境が改善されるのであれば薬品会社は潰れますし、消化器科の医師も半減されますよ。

Q今発酵食品について調べてます。整腸作用のある微生物は・・・。

発酵食品に含まれる微生物限定。
乳酸菌以外にありますか?
また、逆に整腸作用のない微生物についても教えてください。

Aベストアンサー

整腸作用のある微生物で代表的なものと言えば、乳酸菌以外ではビフィズス菌の他、納豆菌がありますね。
ビフィズス菌は乳酸菌と一緒にされることも少なくありませんが、厳密にはすこし性質が異なります。
納豆菌は腸内の悪玉菌をやっつけてくれる善玉菌で、乳酸菌、ビフィズス菌の活躍を補佐します。
従って、普段から納豆を食べている人の腸内菌は、乳酸菌やビフィズス菌の働きが活発だそうです。
ある意味、天然の下痢止めともなっています。
ただ本当にお腹を壊したときは、ちゃんと医師に診てもらってくださいね。

>逆に整腸作用のない微生物についても教えてください。

腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌」の3種が生息しています。
上に書いた乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌は善玉菌であり、整腸作用があります。
これら以外の菌には基本的には整腸作用はないと言えるでしょう。
しかし悪玉菌といえども全体としては人間の役に立っているのです。
悪玉菌は食べたものを腸内で腐敗分解させるためその名前がありますが、人間の役に立つビタミンなどの
有益な物質を生成する働きもあり、少しは役に立つ部分もあります。
悪玉菌として代表的なのが大腸菌とウエルシュ菌です。

日和見菌というのは名前の通り、そのときそのときで優勢な方の味方になる
やや性格の悪い(笑)菌です。体調の良いときは善玉菌の味方をし、体調の悪いときは
悪玉菌の味方をします。従って体に良い健康生活を送れば、日和見菌も宿主である人間の
味方になってくれます。よく「バランスの良い食生活を送りなさい」と言われますが
これは善玉菌の勢いを強め、日和見菌を自分の味方に付ける健康生活を送るための
良い手だてだということですね。

日和見菌に関しては下を参照ください。

http://zendamakin.jp.net/hiyorimikin.html

整腸作用のある微生物で代表的なものと言えば、乳酸菌以外ではビフィズス菌の他、納豆菌がありますね。
ビフィズス菌は乳酸菌と一緒にされることも少なくありませんが、厳密にはすこし性質が異なります。
納豆菌は腸内の悪玉菌をやっつけてくれる善玉菌で、乳酸菌、ビフィズス菌の活躍を補佐します。
従って、普段から納豆を食べている人の腸内菌は、乳酸菌やビフィズス菌の働きが活発だそうです。
ある意味、天然の下痢止めともなっています。
ただ本当にお腹を壊したときは、ちゃんと医師に診てもらってください...続きを読む

Q腸内細菌はなぜ生きていられるのですか?なんで?

腸内細菌はなぜ生きていられるのですか?なんで?

免疫系に排除される細菌との違いは?

どれもLPS、ペプチドグリカンなど自然免疫が働くスイッチがてんこ盛りだと思うのですが。
(スイッチがあっても系が走らないよう阻害されているから、というのは容易に思い付きますが、どうやって??)

Aベストアンサー

恐らく質問者様が求めている答えではないとは思いますが、腸管内の防御因子には以下のようなものがあります。

物理的防御
・粘液
・腸絨毛の上皮細胞の入れ替わりの加速

特異的免疫
・パイエル板
・各種免疫グロブリン

非特異的免疫
・ディフェンシン、リゾチウムなどの抗菌物質(補体)
・遊離型TLR


物理的防御は分かりやすいですね。粘液で細菌を押し流したり、上皮細胞を積極的にアポトーシスさせることで上皮細胞に取り付いた細菌を引きはがすわけです。
小腸の中でも十二指腸や空腸ではこれらが発達しており、細菌の定着を許しません。
細菌が腸絨毛に多量に接着すると上皮細胞上のTLRが刺激され、粘液の分泌や細胞の入れ替わりの亢進が起きるのではないかと推測されていますが、厳密には不明です。
ちなみに粘液は上皮細胞の一種である杯細胞やパネート細胞などから分泌します。

一方、回腸や結腸では細胞の入れ替わりが緩やかであるため、細菌が定着しやすいです。
TLRとは腸上皮細胞の細胞膜表面に発言したり、遊離型が全身の各種分泌腺から分泌されており、LPSやペプチドグリカンなど、細菌の構成物質と反応するレセプターで、細菌の種類に合わせて様々な種類があります。
遊離型のTLRには細菌の弱毒化の効果もあるようです。
上皮細胞などはこのレセプターの信号で細菌の量を分析していると考えられています。


特異的免疫は、一般的によく言われる免疫系ですね。
パイエル板(腸)や扁桃腺(喉)など、人体には積極的に外部物質を取り込み、リンパ球に触れさせて外部物質の抗原分子パターンを分析する組織があります。
ここで得られた抗原の情報を元に各種免疫グロブリン(IgG、IgM、IgAなど)を消化管内や口内、皮膚表面に分泌します。
これには単純な抗原に対する攻撃ではなく、体に害のない物質を見極め、そういう物質には免疫を抑制するという免疫寛容という機構もあります。これはアレルギー症状の抑制につながるとして研究されてますね。


非特異的免疫系は細菌に障害作用を持つ物質、デフェンシン、リゾチウムなどを分泌する作用です。これらは細菌を化学的に破壊する作用があり、パネート細胞から分泌されています。


腸ではこれらの防御機構によって細菌数を調節しているようです。
また、グラム陰性菌と陽性菌など、菌の種類によってそれぞれの防御系は効果が違いますので、細菌の種類も制御していると考えられています。

しかしながら具体的にこれらの防御機構がどのように調節され、どのように働くことで腸内フローラを適切に制御しているかは分かっておらず、各研究組織にて研究されています。

恐らく質問者様が求めている答えではないとは思いますが、腸管内の防御因子には以下のようなものがあります。

物理的防御
・粘液
・腸絨毛の上皮細胞の入れ替わりの加速

特異的免疫
・パイエル板
・各種免疫グロブリン

非特異的免疫
・ディフェンシン、リゾチウムなどの抗菌物質(補体)
・遊離型TLR


物理的防御は分かりやすいですね。粘液で細菌を押し流したり、上皮細胞を積極的にアポトーシスさせることで上皮細胞に取り付いた細菌を引きはがすわけです。
小腸の中でも十二指腸や空腸ではこれらが発達して...続きを読む

Q発酵発芽玄米について

ネットで発酵発芽玄米というのを見つけたのですが、これは普通の発芽玄米とは違うのでしょうか?
そこには白米と玄米との違いはかかれていましたが、普通の発芽玄米との違いはかいてありませんでした。
どうちがうのでしょうか?
それとも一緒でしょうか?

Aベストアンサー

#1です。こんにちは。

>ちなみに具体的に一般的な発芽玄米とはどのくらい栄養が高いのか(ギャバが普通の発芽玄米より○倍とか)お分かりでしたら教えてください。
 →GABA数値
  白米1.0、普通の玄米2.1、発芽玄米15~20、発芽直前玄米35

>発芽直前玄米というのが一番栄養が高い
 →発芽までいってしまうと、今度は大きなエネルギーを発芽で消費してしまうために、栄養価が下がるそうです。

よろしかったでしょうか。

Q腸内共生細菌の重さについて

私の知識が間違っていたら申し訳ありません。

動物細胞の大きさ・重さは大体決まっているので、ヒトは平均60kg→細胞の数は60兆個となる。□kgのヒトなら□兆個の細胞がある。

ここまで合っているでしょうか?

先日ヒトの腸内細菌は100兆個いるというのを知りました。
細菌が動物細胞の10分の1大きさとしても、上記の考えだと10kgはあることになります。
腸内細菌は10kgもいるのでしょうか?
しかしそう考えると60kgのうち50kgがヒトを構成する細胞の重さとなるのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

腸内細菌は成人で500種類以上1キロ近くになるそうです。

Qハーブ発酵シャンプーとは?

ハーブ発酵シャンプーが抜け毛対策に効果的と知りネットで『ハーブ発酵シャンプー』で検索したのですが、具体的な商品名が出てきません。
どのような商品がハーブ発酵シャンプーなのでしょうか。
ご存知のかた宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

↓こちらでしょうか?

ご参考になれば幸いです。



http://members.chello.nl/msano/manual.html

http://revive-hair.com/

http://hena.ohah.net/ikumo/hair2.shtml

http://www.shinnihonhakko.com/?page_id=300

http://www.mycorea.com/shopdetail/018001000013/order/

http://www.mandahakko.com/goods/E1500.php

http://www.paulportershow.com/

Q「腸内細菌が少ないと体重の増加が速い」

ある通俗本に、腸内細菌が少ないと体重の増加が速いと書いてありました。本当でしょうか?多分意味するところは、腸内細菌の活動が活発だと代謝が活発なためエネルギー消費が大きいということでしょう。理屈は通っていますよね?

Aベストアンサー

>腸内細菌が少ないと体重の増加が速い

あまり関係がないと思いますが、敢えていうならば腸内細菌が人間の消化できないものを消化して助けてくれている、という感じになりましょうか。
腸内細菌に栄養を食われて人間が損をしているという関係は成り立ちませんし、腸内細菌が活発だと人間の代謝も活発になるということもありません。


おすすめ情報