80過ぎの父についてです。もう15年以上前に咽頭癌を患いました。
初期だったので手術と背中への放射線治療をし
その後、転移などなく元気に過ごして来ました。

先日、背中がチクチクするような痛痒さを感じ
外科でCTを撮ってもらいました。
先生からは
「いいですね〜。ん、でも少し気になる所があるなぁ〜。うーん、どうしょうかな?
一応診てもらいましょう。紹介状を出すから。」と
PETを受けるようにすすめられました。

紹介状を透かしてみてみた所
「浸潤影にも見えるのですがいかがなものでしょうか。」と記載がありました。

この浸潤影とはどんな物なのでしょうか?
やはり肺癌などの疑いがあるという事なのでしょうか?
父はもう歳だし、遠い病院へ行ってまで検査を受けたくないと言います。
CTやMRIでは足りないものなのでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

肺に白いものが一部にうつって(いるように)見えるということでしょう。

でもそれだけではなにもはっきりしない(何でもないのかもしれないし何かの病気かも知れない)ので、癌の最良の検査法と考えられるPETを念のためやって見たいのでしょう。肺癌は難病なので早期発見は大切ですが、微細な症状で判断を下すことになりますので(念のため手術などと言われたりして)患者としても適確な判断を求められると思います。お年ですし。(私は専門家ではありません)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父の背中に異物があるのです。

皆さん初めまして。
父の症状の経緯なんですが、約20年前に背中から膿が出て痛いというので、毎日私が消毒を毎日しておりました。
少し前のことで記憶がさだかではありませんが、ちょうど背中の中央に少し赤い膨らみがあり、穴から少し多めに膿が出ておりました。
父は仕事を優先するあまり病院へは行かずじまいでしたが、膿は少しずつ出なくなり小さな穴だけ残りました。
いつごろからかその穴の内部に一円玉を一回り小さくしたような異物ができ現在に至ります。
現在の見た目は3ミリ程度の穴が残り、ちょうど皮膚を浮き上がらせるように一円玉のようなもの(黒いもので穴からも皮膚からも薄っすら見えます)があります。
今も消毒をできるだけしていますが、大丈夫なのか心配しています。
私が見る限りではその異物を体が出したがっているので、穴がふさがらないように見えます。
父は健康状態はいいのですが、お酒を飲みすぎることが多く、タバコも多い、ストレスも抱えやすい性格なので心配です。
このようなことについて、知識のある方や何か情報のある方ご意見を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

実際に拝見していないのではっきり言えませんが、経過から言って「粉瘤(ふんりゅう)」の可能性が高いと思われます。

以下に参照したページは大変分かりやすいのでお勧めします。

病院を受診する場合は皮膚科、または外科、形成外科を受診されると良いでしょう。

参考URL:http://www.mediawars.ne.jp/~iwamotoc/faq_html/atherome.html

QCT検査について

腹部のCTを撮りました。15秒息止めを4回ぐらいしました。
4枚の写真がありました。
その後、CTの被爆量が多い(腹部は特に多い)と聞いて心配です。今まで生きてきて7~8回CTを頭部や胸に受けた事があります。
大丈夫でしょうか?これからは簡単にCTを撮らない方がいいですか?

Aベストアンサー

先日CTを2か月にかけて2回撮影しました。

心配で結果を聞くとき医師に訪ねましたら、放射線被爆のガイドラインが決まっているとの事でした。

今後、大きな病気であちこちにかかるようなときは
どこでどういったレントゲン検査を受けたのかを医師に伝えたほうが良いのかもしれませんね。

QCTスキャンの被爆について

ここ半年左腹痛に苦しんでおり、これまで、
婦人科検診、胃腸科での、エコー検査、尿検査、血液検査、大腸透視を受けましたが、特に異常がみられませんでした。
しかし、痛みが続くので、医者にCTスキャンを勧められましたが、被爆が心配です。
先月末大腸透視を受けたばかりなのに、また放射線を浴びる事により、将来妊娠、健康に害が及ばないのか、不安です。放射線のリスクを考えるなら、特に今までの検査で異常がないので、暫く様子を見た方が良いのでしょうか。悩んでいます。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
わたしは、放射線を専門としています。

結論から言えば、全く放射線障害の危険性はありません。

具体的に被爆量を申しますと、大腸で、3.2 mSv、腹部CTで0.23 mSvです。
検査で合計3.43mSvとなりますが、一番程度が軽い障害が現れるにも、同じ検査を約300回受けなければなりません。

よって安心して検査を受けてくださいね^^

QCT撮影での放射線被曝量

近々、検査のためCT撮影の予定があるのですが、短期間に都合3回のCT撮影を受けることになり、被曝について心配になりました。
過去の投稿や様々なHPを閲覧しましたが、各所の数値もバラバラで理解できたとはいえない状況です。
まことに申し訳ありませんが、具体的に次のようなケースでは放射線被曝量はどの程度になるのかお教え願えないでしょうか。

(1)心臓CT(9枚ぐらい)
->11日後に
(2)胸部CT(5mm間隔)
->5日後に
(3)頚部,胸部,腹部CT(これから撮影予定)
(1・2回目と3回目は検査を受ける病院が異なります)

また、短期間にこれだけCT撮影をすることは避けたほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

心臓CTに関しては、学会レベルでもまだ結論が出ていません。
報告によって、
・心臓カテーテル検査と同等。
・心臓カテーテル検査よりも被曝量は少ない。
・心臓カテーテル検査よりも被曝量は多い。
の3通り出ています。
その方の体型や年齢(小児と大人ではデータが全然違ってきます)によっても大きく変わってくると思います。

具体的な数値が知りたいのではなく、短期間に3回のCT検査が問題ないかどうかと言うことであれば、これは全く問題ありません。
「CT検査の被曝量は年間200回までなら大丈夫」というのが放射線科医の間の常識です。
胸部CTであれば、海外旅行を1回するのと被曝量に大きな差はありません(標高の高いところでは、宇宙から降り注ぐ放射線で被曝します)。

>また、短期間にこれだけCT撮影をすることは避けたほうがよいのでしょうか?

避ける必要は全くありません。
むしろ、心臓CTで心臓の状態を確認し、その後胸部単純CTで肺や縦隔の精査をし、単純ではよく分からないから、と造影でのCTをする。しかも、頸部を含めて・・・。
ここまでするということは、それなりに必要があるからやるはずです。
質問者様の原疾患や症状が分からないので断言はしかねますが・・・。

(2)と(3)の検査に関してですが、単純CTと造影CTでは情報量が大きく変わってきます。
もちろん、肺炎のようなものなら単純CTを撮る必要はないですが、肺の血管の評価をしたいときやリンパ節、縦隔などの評価をしたいのならば造影CTを再検査する意味はありますよ。
まして、今回は頸部と腹部が追加になっているのですから。
もしかしたら、(2)の検査で頸部か腹部に気になるものが映っていたが、胸部の検査であったために全貌が把握できなかったのかもしれません。
いずれ、これも質問者様の原疾患や症状によって大きく変わってきます。

最後に。
それでも、どうしても検査に納得できないのならばCTを撮る前に同意書の「同意しない」の欄に丸を付けてください。
現場の医師、看護師から主治医に連絡が行くはずです。そうすれば、主治医の先生も質問者様の不安を察して今度はCTを撮る必要性などについて詳しく説明してくださるはずです。

心臓CTに関しては、学会レベルでもまだ結論が出ていません。
報告によって、
・心臓カテーテル検査と同等。
・心臓カテーテル検査よりも被曝量は少ない。
・心臓カテーテル検査よりも被曝量は多い。
の3通り出ています。
その方の体型や年齢(小児と大人ではデータが全然違ってきます)によっても大きく変わってくると思います。

具体的な数値が知りたいのではなく、短期間に3回のCT検査が問題ないかどうかと言うことであれば、これは全く問題ありません。
「CT検査の被曝量は年間200回までなら大丈夫...続きを読む

Qレントゲンで影と血痰が出る

よろしくお願いします。
当方27の男で非喫煙者です。
受動喫煙もそんなにしていた記憶がありません‥

先日健康診断で右の肺の上の方に影があるという診断をうけました。
そこで市立病院でレントゲンを撮ったところやはり右肺の上部先端付近に影が写っていてかかったお医者様の話では空洞っぽいかなという話でした。
見た感じゴルフボールと同じくらいな丸いもので白い影ではなく周りに似た色で薄い青っぽい影のような色でした‥
二十日に痰を採取して培養して調べる検査とCTを撮るそうです。

そしてそのときは気にしなかったのですがネットで調べてみると肺がんの初期症状に血痰と空咳があるということで

「そういえば歯槽膿漏のせいかと思っていたけど‥」

と思いここ何ヶ月か朝痰に血が混じっているのを思い出して
昨日歯茎が出血しないよう歯を磨いて寝て翌朝見てみたところやはりお腹(肺?)から吸い出すように痰を出すとやはりたまにですが血が混じってます。
痰が全て真っ赤な場合とちょっと混じってるという時があります。
朝以外は全く血が混じらなくなる事が多いです。

そして「ヤバい」と思って今日病院に駆け込んだところアドナ錠という止血剤を処方され結核の可能性も高いと言われました。
これを次の検査の5日後まで飲んで血が止まらなかったら伝えてくださいといわれました。

空咳というかどうかはわかりませんが今思い出すとここ一年くらい前からですが二ヶ月かそのくらい間隔で一週間くらい何故か風邪でもないのにゴホゴホ出ることがありました。

正直今の心境としては「結核だったらついてるのかなぁ‥」くらいの心境なのですがガンの可能性はどのくらいありますか??
調べなきゃわからないと言われたらそれまでなのですが‥
ご回答よろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。
当方27の男で非喫煙者です。
受動喫煙もそんなにしていた記憶がありません‥

先日健康診断で右の肺の上の方に影があるという診断をうけました。
そこで市立病院でレントゲンを撮ったところやはり右肺の上部先端付近に影が写っていてかかったお医者様の話では空洞っぽいかなという話でした。
見た感じゴルフボールと同じくらいな丸いもので白い影ではなく周りに似た色で薄い青っぽい影のような色でした‥
二十日に痰を採取して培養して調べる検査とCTを撮るそうです。

そして...続きを読む

Aベストアンサー

再びNo.1です

結核についてですが、排菌していない場合(痰から菌が出ない)は通院で大丈夫だと思います。
私の場合は肺炎だと思われていた影が1ケ月たっても消えず、その後咳が2週間以上続いてしまった為、結核(排菌している)の疑いで入院させられました。

その後、痰の検査で菌が発見されました。

入院期間は個人差がありまして、培養検査で痰から菌がなくなるまで入院(隔離)させられます。
培養の期間は4~8週間で最低でも4週間陰性(菌が発生しない)が続かなければ培養の結果が陰性とはならないそうです。
しかもそれが何回か続かなければ退院できません。
私の病室にいた人達はだいたい2ケ月~3ケ月入院していました。
私の場合は結核薬の一つが体に合わず(副作用)急性肝機能障害が入院中に3度も起こったので、その分治療が遅れ4ケ月入院していました(肝機能障害が起こった期間は薬を全てストップしました)。
薬の服用期間も個人差があり6~9ケ月ぐらい治療に時間がかかります。

結核だったとして・・・
私が疑いの段階の時に入院までの数日間はマスクを着用するよう医師に言われ、マスクをして会社に行っていました。
sippuさんは咳は出ていないけど痰が出ていますよね・・・
もし痰の中に菌がいて咳やくしゃみをすると空気中に菌を撒き散らすことになるので(空気感染)、念のためマスクをして外出された方がいいと思います。 目の細かいマスクがなお良いです。
sippuさんも変な菌をもらわないですみますし。

大きな病気じゃないことを願っています。

再びNo.1です

結核についてですが、排菌していない場合(痰から菌が出ない)は通院で大丈夫だと思います。
私の場合は肺炎だと思われていた影が1ケ月たっても消えず、その後咳が2週間以上続いてしまった為、結核(排菌している)の疑いで入院させられました。

その後、痰の検査で菌が発見されました。

入院期間は個人差がありまして、培養検査で痰から菌がなくなるまで入院(隔離)させられます。
培養の期間は4~8週間で最低でも4週間陰性(菌が発生しない)が続かなければ培養の結果が陰性とはな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報