新築するのですが、冷暖房の設備でセントラルヒーティングする場合50坪、木造2階建てで設備の方法、金額がどの位必要か、メリットデメリットを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

追加、今私が新築するとしたら、どうするか。


セントラルのエアコン(ヒートポンプ式の冷暖)を1台設置し、勿論ダクトで全館を冷、暖し、関東地方であれば(北海道,北陸,東北の寒冷地でなければ、)1階部分を電気式の床暖房を追加することで十分であろう。エアコンの電源は、3相の動力がよろしいと思います。(電気料金、能力の観点から)
    • good
    • 1

セントラルヒーティングですか。

全館冷暖房には向いています。
最近の木造住宅でも気密性が高くなっていますので効率もいいと思います。
皆さんのおっしゃる通り、全館を対象にする場合はいいのですが、部分的に使う場合には非効率的です。
 現在ではエアコンでも大体の温度環境は悪くはありません。
床面積から考えてもエアコンで十分だと思います。安上がりなのはエアコンです。
セントラルヒーティングはデメリットは多いと思います。
    • good
    • 1

私の家は、25年ほど前に新築したときにセントラルにしました。

以来大きな故障無く現在も快適に使用しています。当事工事費込みで、300万円ほどでした。
石川島製作所のリビエラという機種です。
セントラルには、各種の方法があると思いますが、リビエラは、部屋の外に(機械室)暖房用のボイラー(石油で、温風を作る)、冷房用のエアコン(電気で、冷風)により、夏,冬共通のダクトにより室内の全ての部屋に冷風または温風を送るものです。この機械のメリットは、メンテナンスの必要な部分は、機械室内いのみで良く、故障に強いこと、各部屋は、機械部分が無く、風の噴出し口のみで、部屋が広く使えること、使わない部屋は、噴出し口を塞げば良く(ただし、全室塞ぐことは,できない、半分くらいまでか)、タイマーで、24時間、毎週、生活パターンに合わせ、冷暖できます。
日本では、必ずしも、普及していないようですが、外国、特にアメリカの一般的な家庭(東側の北の町、私の住んでいたワシントンDC集辺)では、ほとんどこの方式でした(ただし暖房は、天然ガスを使用)。
ランニングコストおよび設備費は、個別の冷暖と大差は無いと思います(私の独断ですが、100m2程度の家の場合)。
ご興味があれば、もっと詳しいデータ等、お教えします。
    • good
    • 4

我が家も最初はセントラルヒーティングにしました。



まず、金額や設備の方法などの点は、具体的に家のどの部屋に暖房器具を置くか、部屋の広さはどのくらいか等によって異なってきますので、設備業者の方と打ち合わせをしてみないと何とも言えないと思います。

メリットデメリットの点ですが、セントラルヒーティングの場合、全部屋の暖房を、年中つけっ放しにし、お湯もガンガン年中使うというような家ならば、各部屋にエアコンを設置し、給湯器を別にして使用した場合と比べるとトータルで安くなると思います。

しかし、逆に、たった一部屋だけ暖房したいという場合や、お湯だけ使いたいという場合には、それだけを使いたくても、結局は、家全体を暖め同時にお湯も出すことができるだけの大きな能力を持ったボイラーを焚くことになるわけですから、それでは無駄です。

それに、暖房とお湯と両方を賄うタイプ(おそらく大抵そうでしょうが)だと、ひとたび故障ということになると、修理が終わるまで、お湯も暖房も一切使えなくなります。

反対に、各部屋にエアコンを設置し、給湯器も別にした場合、最初の設置費用は割高になるかもしれませんが、それぞれの部屋で各別にエアコンを使用した場合には、その使用した分だけ電気代を、給湯器を使ってお湯を出した場合には、その使用した分のガス代なり電気代なりを支払えば良いわけです。
そして、それぞれの機械が故障した場合でも、他の機械や設備には何ら影響ありません。

このような理由から、我が家では、現在はセントラルヒーティングを撤去して、お湯はお湯のためだけの給湯器、エアコンの必要な部屋にはエアコンを設置して、必要なものを必要な時だけ使うように変えました。

ASUKEさんのお考えになる使用頻度・状況によって変ると思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセントラルヒーティングのメリット・デメリット

北海道で、セントラルヒーティングと強制換気システムを組み込んだ住宅メーカーの家を検討中です。
1、温度の調節に限界があって暑過ぎて窓を開けざるを得ない場合もある。
2、灯油代がべらぼうに高い。
3、他の暖房に比べて空気が乾燥し易い。
4、温まるまで時間がかかる。
などのデメリットを指摘する声も時々耳にします。
2階建てで、総床面積が20坪ほどの小さな家ですが実際のイメージが掴めず心配で、具体例や実際にすんでみた感覚を知りたいと思っています。
無論、メーカーさんにも尋ねていますが、みなさんのご経験談を教えていただければ有り難く思います。

Aベストアンサー

東北の雪国に住んでいます。
空調暖房で暮らしています。
セントラルヒーティングはパネルヒーターが主で他にオール電化の蓄熱暖房と思いますがそのほかにこういうものもあります。この良いところはパネルヒーター等の室内の設置物がないということで室内の家具配置等が自由になることです。
さて、質問の項目について分かる範囲で。これはパネルヒーターもほぼ同じです。
1.今の温度の調節はセンサーにより自動でコントロールされるようになっています。設定温度まで上がると後はその温度を保つように運転しますので、暑すぎるようにはなりません。ただ、日中で太陽の光が入ると暖房は止まっても温度が上昇することがあります。
2.私の場合は古い家との比較で灯油の使用量は1割ほど増えました。家が1割くらい広くなった分多くなったという感じです。前は各部屋の暖房でしたので、家全体を暖めている分快適です。
3.空気の乾燥は確かにします。しかし、これはある程度はしょうがないと思います。元々外の空気が乾燥しているのですから。現在は室内に燃焼ガスを出すタイプの暖房機器は通常避けますのでどうしても乾燥してしまいます。室内に加湿をすると結露の問題が出てきますし。
4.これはその通りです。熱量が限られているボイラーで家全体を暖めますので、時間が掛かります。基本的に24時間暖房を考えた方が良いです。我が家もそうしてます。外出から帰ったときに暖かいというのは本当に良いものです。前はストーブを焚いて暖めていましたがそのときはPCや電気製品の結露に悩まされました。そういう心配が無くなったのも良いことです。
セントラルヒーティングはとにかく家の断熱性能が良くないと効率が悪いです。北海道でしたら大丈夫でしょうけれど。
困ったことは、冬でも家の中では食べ物が腐ります。断熱を切っている納戸のような部屋があると便利です。

東北の雪国に住んでいます。
空調暖房で暮らしています。
セントラルヒーティングはパネルヒーターが主で他にオール電化の蓄熱暖房と思いますがそのほかにこういうものもあります。この良いところはパネルヒーター等の室内の設置物がないということで室内の家具配置等が自由になることです。
さて、質問の項目について分かる範囲で。これはパネルヒーターもほぼ同じです。
1.今の温度の調節はセンサーにより自動でコントロールされるようになっています。設定温度まで上がると後はその温度を保つように運転...続きを読む

Q築25年セントラルヒーティング

北海道札幌近郊に住んでます
昨年築25年の木造モルタルの中古住宅を購入しました
5LDKの大きめの家です
昨冬は居間(約14畳)にFF式ストーブ一台寝室に一台ですごしてみましたが、とても寒くて寒くて大変でした。
そこでセントラルヒーティングで家中を暖めよう計画を考えているのですが、なにせ築25年・・・
隙間風、断熱材の入れ方等いろいろ問題があると思います
断熱材は確認はしていませんがあまりよい状態ではないと思います
この状況でセントラルヒーティングにしてきちんと温まるのでしょうか?
また大雑把な工事費等わかれば教えてください。
一番大事なのは冬暖かくすごせることなのでセントラルヒーティング以外にも何か良い方法があれば教えてください。
予算は200万くらいかなって思ってます

Aベストアンサー

基本的に住宅の性能が良くないと思います。
25年前は高暖型のグラスウールが出るか出ないかの
時期でまず違うでしょう。そこにセントラルを入れても
あまり効果が無く灯油代の下敷きになると思います。
予算的にはその範囲で収まるとは思いますが。
現在使用のストーブは居間=6000カロリー寝室=3000カロリーと
言う所ですか?(最大運転)暖房ボイラーは
14000カロリーぐらいの熱量です。旭川より暖かい札幌で
寒いのであれば無理でしょう。それより
もう少し予算を上げてリフォームを考えた方が
お金を捨てずに済みそうです。数件の業者に
相談した方がいいですね。

Qセントラルヒーティングの燃料代

購入しようか迷っている中古住宅があるのですが、その物件の暖房は灯油セントラルヒーティングです。現在の我が家は木造で各部屋にストーブをつけて使っているのですが、セントラルヒーティングは普通のストーブに比べて燃料代はどんなものなんでしょうか。家全体を暖めるということは、やはり結構かかるのでしょうか。
セントラルヒーティングにも色々あるのでしょうか?もしあるのでしたら、こういう点をチェックすべし!というのがあれば、教えていただきたいです。
まったくの無知でお恥ずかしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして お住まいが不明なのですが・・・

・下記URLが、北海道札幌市の木造2階建、床面積129m2、4LDKのモデルコストです。(ページ中ほど、左側の灯油+ガスのパターン)

http://www.hepco.co.jp/alldenka/newbuild/new1.html

・冬期間の暖房シーズンピークで、2万2千円/月程度です。(暖房シーズン―暖房シーズン以外の数値)

・我が家も、24H灯油セントラル+ガスレンジで、ほぼ同じコストです。

・給油は、ホームタンク(490リットル)を使用し、おまかせ給油(定期的に契約先の配送用タンクローリが、勝手に給油していく)しています。

・チェックポイントは、購入前にボイラーを起動させ、セントラルヒーティング機器が、使えるか確かめることかと思います。(全部温水が回るのに1時間程度かかります)

お役にたてば・・・

参考URL:http://www.hepco.co.jp/alldenka/newbuild/new1.html

Qパネルヒーターの灯油代

灯油代が高くて困っています。使ってから8年経つのですが、最初の数年は全館暖房で使っていましたが、約400Lタンクに満タンにしても1ヶ月も持ちませんでした。ちなみに建坪は65坪(2階建て)程度です。
その後、2Fのパネルは設定を0にし、1Fだけを使うことにしました。更にボイラー設定を最低の1にし、個々のパネルも1~9のうち1,2程度に設定しました。それだけだと流石に寒いので通常は灯油の温風ヒーターと併用で使っています。ベースになる部分はパネルヒーターで温度をキープし、足りない部分を温風ヒーターで補うという考えで。パネルを触るとほとんどの時間は冷たく、余り動いていないようですが、夜中は時々動いている音が聞こえます。
なのに・・・・多少持ちは良くなりましたが、それでも1ヶ月程度しか持ちません。温風ヒーターで使っている灯油も考えるとほとんど同じかも。
どんな使い方が一番良いのでしょうか?1Fだけ使っていると言うことがかえって悪いのでしょうか?
詳しい方、アドバイスをいただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メーカーは違いますが、自宅やお施主さんでご予算が合えばパネルヒーターを導入しています。
パネルヒーターの暖房のシステムですが、これは空気を暖めて暖房する類ではありません。壁や天井、開口部などから熱を逃がさない様な設置で、熱損出を押さえ、少ないエネルギーで家全体を暖房するものです。例えば60坪の家で個室や廊下トイレや洗面所まですべて、個別のファンヒーターの類で暖房したら、月400Lじゃとても足りないですよね。
燃費は、住宅の断熱性能によります。
当方は東北の南部で、最近ですと外気温はマイナス5度~プラス5度の間ぐらい。
この時期になりますと、40坪程度の家でも300L以上は消費します。(フラット35でいう省エネ断熱程度の断熱性能・エコポイントが30万もらえるる程度のものです)
また、今時期に成れば点けっぱなしになりますからねぇ。
私も色々試しましたが、ボイラーを点けるか消すか?で燃費は変わりますが、ボイラーの出力を1か2かではそう極端に燃費は変わらない。(そういっても1日3L程度変わりますから月に100L近くなりますが)
60坪の家で使用しない部屋が沢山あり、空室までいつも暖房しているならば確かにもったいないことです。
しかし、2階を消したりすれば、そちらは冷えているので1階の天井やどこかしからか熱は逃げて、非常に効率が悪くなってしまいます。
室内にいて、寒くないと感じるのは人により様々ですが、22~23度ぐらい。20度を割ると寒く感じると思います。
外出する時は消して、帰ったら点けてという暖房ではありませんから、正直燃費は仕方ない部分があると思います。
本来、設置時に「これぐらいは、灯油使いますが大丈夫ですか?」という施工側とのやりとりがあれば、最初からわかっていたことでしょうが・・・・・
1階の数部屋だけ暖かければ良いという事であれば、もったいないですがパネルはそのままにしても使用しないで、温水ルームヒーターなどを新たに導入(3箇所ぐらいの設置)したほうが灯油は食いません。
尚、ボイラーの熱源を電気に変えても(ヒートポンプ)、現在の状況でしたら逆に電気代の方が高くなるでしょうから、これは選択肢から外してください。(北海道並みの断熱性能でなければ電気では無理ですから)
確かに灯油が上がると頭痛いですよね。昨年は60円台ぐらいだったのが今は80円越してますし・・・私はそのぐらい食うのは2ヶ月(1、2月)なので、(それ以外はタイマーで点けたり消したりでも十分暖かい)家全体の暖かさをを考えると、あきらめてます。
良い案がご提示できていませんね・・・・

メーカーは違いますが、自宅やお施主さんでご予算が合えばパネルヒーターを導入しています。
パネルヒーターの暖房のシステムですが、これは空気を暖めて暖房する類ではありません。壁や天井、開口部などから熱を逃がさない様な設置で、熱損出を押さえ、少ないエネルギーで家全体を暖房するものです。例えば60坪の家で個室や廊下トイレや洗面所まですべて、個別のファンヒーターの類で暖房したら、月400Lじゃとても足りないですよね。
燃費は、住宅の断熱性能によります。
当方は東北の南部で、最近ですと外気温...続きを読む

Q北海道のオール電化住宅 冬の電気代&節電術は?

去年の夏、オール電化の新居に引っ越しました。
冬場の電気代がすごいことになってしまいました。

9月 13103円
10月 17594円
11月 26506円
12月 42325円(>_<)!
1月 63090円(+o+)!!!

・3人家族

・家の造り RC3階建て+屋上 4LDK 
1階和室、書斎 
2階リビング、ダイニング、キッチン、バストイレ
3階洋室、寝室

・暖房設備
リビングに蓄熱暖房、各部屋にパネルヒーター、床暖なし

・電気代がここまで上がってしまった理由
1、室内に吹き抜け階段があることにより暖気がすべて上の階へ・・・(部屋の中で風さえ感じることも。それくらい空気が動いていた。)

2、この家に住み始めてから初めての冬ということもあり、暖房器具の使い方が下手だった。冷え込みが厳しかった1~2月はすべての部屋のパネルヒーターを付けていた(温度設定は低めだが24時間付けっぱなし)蓄熱暖房の熱も夜には足りなくなるので追いだきをしてしまった。(深夜電力を使っていないので割高になる)

冬場とはいえ、さすがに6万の電気代は痛いです。
2月は寒さも緩んだので日中はリビングの蓄熱暖房を切ることもありました。さらに、吹き抜け対策で階段にのれん状の物を下げ、暖気が上昇するのを防いでいます。これはかなり効果がわかりました。2月の電気代はまだはっきりしていませんが、蓄熱以外の電力だけでも1万円は下がっているようです。6万の請求を見て、パネルヒーターは全部切りました。

最後になりますが質問したいのは次の2点です。
・北海道で同じようなオール電化住宅に住んでいる方、冬場の電気代はいくらですか?
・電気代を抑えるためにできることはないでしょうか?

去年の夏、オール電化の新居に引っ越しました。
冬場の電気代がすごいことになってしまいました。

9月 13103円
10月 17594円
11月 26506円
12月 42325円(>_<)!
1月 63090円(+o+)!!!

・3人家族

・家の造り RC3階建て+屋上 4LDK 
1階和室、書斎 
2階リビング、ダイニング、キッチン、バストイレ
3階洋室、寝室

・暖房設備
リビングに蓄熱暖房、各部屋にパネルヒーター、床暖なし

・電気代がここまで上がってしまった理由
1、室内に吹き抜け階段があるこ...続きを読む

Aベストアンサー

同じく北海道在住で、新居で初めての冬を過ごしています。

質問者さんとはちょっと違い、オール電化ではありませんが、暖房はすべて電気でまかなっています。
木造2階建てで、1階がリビングで吹き抜けあり、リビング階段あり。
暖房は、全館空調システム。補助的にガスの床暖房がありますが、利用していません。
キッチンやお風呂の給湯はガスを利用しています。

電気代ですが、全館空調で1月20,000円、2月17,000円程度。
そのほかの電気とガスを合わせて、全体の光熱費で35,000円前後です。

我が家もオープンなつくりのため、吹き抜け上部や2階にどうしても暖かい空気がたまり、
1階が暖まりにくかったので、サーキュレーターを購入しました。
ボルネードという会社のちょっと高めのものだったのですが、効果は十分あります。

将来的には吹き抜け部分の天井に、シーリングファンを設置しようかと検討中です。

あと、我が家では、どうしても全館空調だけで暖まらなければ、
補助的に、灯油のファンヒーターを利用しようかと考えています。
(利用しないまま、寒さのピークを越えましたが。)

湿度の問題と換気の問題で、HMの担当者からは使用しないようにと言われていますが、
常時つけておく訳ではなくあくまで短時間利用ですし、24時間換気もあるし、
同じように全館空調をつけた友人宅で、補助的に使用しているので、
自己責任で利用しようかと考えています。

同じく北海道在住で、新居で初めての冬を過ごしています。

質問者さんとはちょっと違い、オール電化ではありませんが、暖房はすべて電気でまかなっています。
木造2階建てで、1階がリビングで吹き抜けあり、リビング階段あり。
暖房は、全館空調システム。補助的にガスの床暖房がありますが、利用していません。
キッチンやお風呂の給湯はガスを利用しています。

電気代ですが、全館空調で1月20,000円、2月17,000円程度。
そのほかの電気とガスを合わせて、全体の光熱費で35,000円前後です。

我が家もオープ...続きを読む

Q灯油ボイラーかエコキュートかの選択肢

こんにちは。

以前同じようなご質問があったかとは存じますが、ケースバイケースという事を念頭に置いて質問させていただきます。

近いうちに新築予定の家についてです。

当初、オール電化という提案もあり、エコキュートを勧められましたが料理でガスコンロを使用したいと思いオール電化という選択肢は消えました。

ですがお風呂などの給湯に関してはどうすべきか迷っております。

料理はガスコンロにしてエコキュートを給湯に使用するか、それとも給湯及びお風呂は灯油ボイラーでやるか、という二つの選択肢で悩んでおります。

どちらにしても普段、電力は使用する為、灯油ボイラーを給湯システムとして選択した場合は一年を通してガスと電気と灯油の三つのエネルギーを使うことになります。

比較意見を聞いたりすると「エコキュートでは意味がないのでそれでいいのでは」というのが割と多いのですが、果たして自分たちの生活パターン(ほぼ日中は不在)ではそれがいいのだろうか、と疑問があったりします。

かといってエコキュートを選択した場合は、オール電化でない以上、あまりメリットがない...と聞いたりしますし、もしかして電気でお湯を沸かすと結構なコストになるのでは、と思ったりもします。

皆さんの経験上のご意見、そして何か参考になるアドバイスをいただけたら幸いです。

地域としては冬の積雪がある山間部の都市の住宅地。
当方は40代夫婦二人暮らし。子供はおりません。
一週間を通してほぼ日中は不在。
なのでガスも給湯システムも休日以外は18時以降~24時くらいまでの間で使用すると思います。
ガスはプロパンガス。

どうぞ宜しくお願いします。

こんにちは。

以前同じようなご質問があったかとは存じますが、ケースバイケースという事を念頭に置いて質問させていただきます。

近いうちに新築予定の家についてです。

当初、オール電化という提案もあり、エコキュートを勧められましたが料理でガスコンロを使用したいと思いオール電化という選択肢は消えました。

ですがお風呂などの給湯に関してはどうすべきか迷っております。

料理はガスコンロにしてエコキュートを給湯に使用するか、それとも給湯及びお風呂は灯油ボイラーでやるか、という二つの選択...続きを読む

Aベストアンサー

最初に整理しておきたいこと=地区の電力会社によって料金メニューはかなり異なります。
それ故、【毎月届く電気の検針票】を全て持参すれば良いのですが、無い場合は該当の電力会社で
相談されれば、シミュレーションしてくれると思います。
 ※場合によっては個人情報の関係で身分証提示有り

◆東電管内の場合、【電化上手】【ナイト8】【深夜電力】の3種類でシミュレしてもらうと良いでしょう。

◆エコキュート導入の際は、【寒冷地仕様+脚カバー】・容量は【370L】か、ご家族が絶対に増えないの
 であれば【300L】で。【180L】のハーフサイズも有ります。
・お二人限定でしたら売れ筋【フルオート】でなく、【給湯専用】か【セミオート】で良いかも知れません。
  ※寒冷地仕様ですと、タイプが限定されるかも知れません。
  ※私の家・家族2人の場合、・沸かすのを「深夜のみ」の設定ですので【セミオート】で充分でした。

◆ランニングコストは・東電管内・電化上手・家族4人で平均的な使用で・風呂・シャワー・台所と洗面所
 への【給湯全てで1ヶ月平均1,100円位】ですので、コスト的には圧倒的に有利。仮に9/1より夜間料金
 も値上げになりますが、まだ優位性は有るでしょう。
 ただ、質問者さんの所は気温が低い所でしょうから3割位は高くなるでしょう。

・耐久性は、エアコンや冷蔵庫と同様コンプレッサー使用タイプは、ガスや灯油などの燃焼器具に比べ
 まして長持ちと言えます。
 ただし、発売からまだ11年しか経っていませんので統計的には不明ですが、根本の部分が×になった
 ことは殆ど聞きません。

◇エコキュートの最大の長所を3つ
【お湯のなめらかさ】です。タンク内で1晩寝かすからでしょうか、塩素が抜けると言われます。
 もう、ガスや灯油の風呂には絶対戻れませんね。 全然違います。
 ただ、感覚的なことですので、かなり個人差が有ります。感じない方も結構いらっしゃいます。

◇特に真冬など寒い時でも浴槽への給湯時間は一定で13分とかなり早いこと。半分の時間です。
◇空気が乾燥する1~2月も背中などのかゆみが無くなった。

ということで、私はエコキュートをお勧めします。

最初に整理しておきたいこと=地区の電力会社によって料金メニューはかなり異なります。
それ故、【毎月届く電気の検針票】を全て持参すれば良いのですが、無い場合は該当の電力会社で
相談されれば、シミュレーションしてくれると思います。
 ※場合によっては個人情報の関係で身分証提示有り

◆東電管内の場合、【電化上手】【ナイト8】【深夜電力】の3種類でシミュレしてもらうと良いでしょう。

◆エコキュート導入の際は、【寒冷地仕様+脚カバー】・容量は【370L】か、ご家族が絶対に増えないの
 であれば...続きを読む

Q全館空調システムの利点欠点

新築時に全館空調システムの導入を検討しております。
このシステムの利点欠点についてアドバイスをお願いします。
オール電化化を予定しておりますので、昼間の電気料金が割高になります。その場合、夏場、冬場に24時間運転した場合、各個室毎にエアコンを設置して必要な部屋のみ必要な時間稼動した場合と電気代に大きな差が出るでしょうか?また、冬場一晩中暖房を稼動した場合、空気が乾燥するように思いますがその点はいかがでしょうか?

Aベストアンサー

外断熱の200平米をたて、全館空調(x菱製)を利用して2年になります。
特徴に付いては他の方々が説明していますので、アドバイスをさせていただきます。
[電気代について]
● 一年目は全館24時間を試したところ、夏は電気代が2.5万円。春、秋は1.5万円でした。冬は4万円となります。
夏は24時間を工夫することで電気代を下げられますが、冬は外断熱でも空調を切ると14-16度になるので、大変でした。
● 2年目の冬にガスファンヒーター(x菱製)の外気のみを利用するタイプで、室内はクリーンなものを導入し、電気代が2.3万円まで抑えられました。ガス代は5000円上がりましたが。
●アドバイスとしては、外断熱であろうと壁内にも断熱材をたっぷり入れておくことをお勧めします。
[換気について]
●同全館空調により24時間換気しています。熱交換式を導入していますが、室温は70%ほど確保できます。それでも、外が寒いと換気によって寒い空気が入ってきます。
●以前は車通りの激しい地域にすんでおり、換気口の周りがすぐ真っ黒になっていましたが、今は、少し空気のきれいなところで、快適です。もし、空気がきれいでないなら、NOx除去のフィルターを換気の機会に取り付けることをお勧めします。ただし、交換は頻繁になると思います。
[オール電化について]
●IH式はお勧めしません。電磁波と健康について調べてみることをお勧めします。命を縮めたくないもので。
●密閉式の家でも、給排気式のキッチン換気扇を取り付ければ、ガスコンロでも十分だと思います。
[太陽光発電について]
ここまで検討されているのなら、夜お得な電気料金系の導入ですね。全館空調の電気代もタイマーを工夫すれば比較的安く抑えられます。
●我が家も発電パネルを取り付ける予定でしたが、元を取るのに18-20年かかる計算となり、今設置するよりも、パネルがもっと安くなってから(中国などで大量生産されれば)、導入した方が採算が良くなります。なにせ、パネルの寿命が20年ですし、故障や変換効率の悪化、パネルの掃除など屋根の形にもよりますがメンテナンス性の良いフラットな屋上であることが望ましいと思います。
[乾燥について]
●全館空調にして噴出し口をそれぞれコントロールできれば、洗濯物を噴出し口の板に干すことができ、早く乾きます。湿度が落ちてきたら洗濯します。
●浴室に噴出し口を設けると湿度のコントロールが容易です。
●我が家は夏は50-60%、冬は35-50%に維持できています。
加湿器は使っていますが。

外断熱の200平米をたて、全館空調(x菱製)を利用して2年になります。
特徴に付いては他の方々が説明していますので、アドバイスをさせていただきます。
[電気代について]
● 一年目は全館24時間を試したところ、夏は電気代が2.5万円。春、秋は1.5万円でした。冬は4万円となります。
夏は24時間を工夫することで電気代を下げられますが、冬は外断熱でも空調を切ると14-16度になるので、大変でした。
● 2年目の冬にガスファンヒーター(x菱製)の外気のみを利用するタイプで、室内はクリーンなものを導入し...続きを読む

Qガスのセントラルヒーティング

中古住宅を購入し、近々引っ越します。
北海道道南で、木造2階建て4LDK、築13年でFFストーブがついています。
ガスでのセントラルヒーティング(床暖房式)の、ランニングコストや暖かさについて、情報をお持ちの方教えてください。
高気密高断熱でなければ、セントラルヒーティングはやはり寒かったりハイコストだったりするのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

私は道東在住で、トステムのスーパーシェルという工法の住宅に住んでおります。
暖房は灯油セントラルです。
局所暖房に慣れた方がセントラル暖房の家に住むと、最初の1~2年は少し肌寒い感じに慣れず、
ついつい過剰に暖房してしまう傾向にあります。数年すると慣れますが。

さて、築13年との事ですが、どの程度の気密・断熱性能があるのか判りませんが、
いずれにせよ局所暖房からセントラル式の全館暖房に換えただけでは、
コスト上昇は否めないと思います。
玄関ホールなど、かなりの熱量が必要になると思われます。
長期間にわたるコストを考えると、やはりきちんとした断熱改修の後の導入が、良いと思われます。
また、今年は灯油の高騰が続いておりますが、それでもまだガスよりはコスト面で有利だと思います。

最近はきちんとした断熱改修の技術がある工務店も増えていますが、
道南の方で「スカート断熱」などされている工務店はあるのでしょうか?
この工法をやって(知って)いるような工務店は、断熱改修についての知識も豊富かと思われます。

関東の冬の過ごし方なら、15度でも我慢できるかもしれませんが、
北海道の人にはまず無理でしょうから、その分暖房コストはかかります。
ですが長期間に渡って、快適且つ低コストな生活を考えると、
やはり建物自体の断熱性能を良くする事が、重要だと思われます。

こんにちは。

私は道東在住で、トステムのスーパーシェルという工法の住宅に住んでおります。
暖房は灯油セントラルです。
局所暖房に慣れた方がセントラル暖房の家に住むと、最初の1~2年は少し肌寒い感じに慣れず、
ついつい過剰に暖房してしまう傾向にあります。数年すると慣れますが。

さて、築13年との事ですが、どの程度の気密・断熱性能があるのか判りませんが、
いずれにせよ局所暖房からセントラル式の全館暖房に換えただけでは、
コスト上昇は否めないと思います。
玄関ホールなど、か...続きを読む

Qヒートポンプ式の温水パネルヒーターはどうですか?

建て替えを予定していますが、経済的な理由から、エコキュートで、深夜電力を使い、蓄熱式暖房にしようかと思っています。
ただ、室内に蓄熱式暖房器設置で、場所を取られるのがキツイです。

温水パネルヒーターが見た目も良くていいと思うのですが、ランニングコストにどのくらい差が出ますでしょうか?
オール電化住宅対応の「ヒートポンプ式」が、経済的で環境にもやさしく、冷房も兼用できるときいたのですが。
某雑誌には、ヒートポンプ式の温水暖房について、「都市ガスの約2分の1」とありましたが、それがエコキュートと比べるとどのくらいかが分かりません。

ちなみにこちらは、寒冷地で、雪はほとんど降りませんが、真冬となるとかなり寒い地域です。
夏は時々冷房をつける程度ですが、暖房を使用する期間はかなり長くなり、温かさも重要ですが、経済的な暖房方法を一番に考えています。

ご存知の方、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エコキュートは、効率良いヒートポンプで深夜の割安な電気代を使用
蓄熱暖房機は、電熱器で深夜の割安な電気代を使用
ヒートポンプ熱源のパネルヒーターは、効率良いヒートポンプで時間帯に応じた電気代を使用
です。

ヒートポンプの効率であるCOPは3~4程度ありますから、同じ熱量を得るための消費電力量が、電熱器に対して、1/3~1/4になります。
契約が東京電力の電化上手なであった場合には、
http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/gokatei/denka/index-j.html
時間帯に応じた電気代が、およそ昼間28円、深夜9円、朝晩23円ですから、
一日の平均は、
(28x7+9x8+23x9)÷24=20円です。

したがって、COP3.5のヒートポンプを一日中使った場合、
蓄熱暖房機の1kWh分の消費電力量で発生する熱量で比較すると、
蓄熱暖房機:9円
ヒートポンプ:20円x1/3.5=5.7円
となり、ヒートポンプの方が、遥かに安くなります。

(家の熱損失係数と述床面積、平均気温など分かれば大まかに1ヶ月の電気代も見積もれます)

エコキュートを暖房に使えれば、電気代が最も安くなるのですが、
貯湯量が少ないですから、通常の高気密・高断熱住宅レベルの熱量をまかなえる分だけありません。
極めて超高断熱の住宅を建てられれば、エコキュートでも足りる可能性はあります(家の熱損失を計算すればどれだけ必要か分かります)。

また、パネルヒーターのセントラルヒーティングですと、窓からのコールドドラフトを防げて極めて快適です。
したがって、ご質問のヒートポンプ熱源のパネルヒーターは、
環境面・経済性・快適性といった面でベストな選択だと思います。

なお、パネルヒーターで冷房も出来るものもありますが、エアコンを別途設置した方が安上がりかと思います(あくまで推測です)。
冷房の使い勝手や快適性について、体験・吟味されることをお勧めします。

また、今では、蓄熱暖房機で有名なスティーベルもヒートポンプに力を入れていますから、蓄熱暖房機はこれから導入する設備ではないでしょう。

エコキュートは、効率良いヒートポンプで深夜の割安な電気代を使用
蓄熱暖房機は、電熱器で深夜の割安な電気代を使用
ヒートポンプ熱源のパネルヒーターは、効率良いヒートポンプで時間帯に応じた電気代を使用
です。

ヒートポンプの効率であるCOPは3~4程度ありますから、同じ熱量を得るための消費電力量が、電熱器に対して、1/3~1/4になります。
契約が東京電力の電化上手なであった場合には、
http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/gokatei/denka/index-j.html
時間帯に応じた電気代が、およそ昼...続きを読む

Qアスファルト舗装の単価

アスファルト舗装の単価
自宅前の空き地をアスファルト舗装にしようと思っています。
平米あたりの単価はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

事例で説明

条件 空き地
   排水溝なし(自然と端部に流れる勾配)
   面積 10m×10m=100m2
   基礎砕石 5cm
   アスコン 5cm(細粒加熱アスコン使用)

工事費
   材料
      砕石     100×0.05=5m3            25000円
      アスコン   100×0.05×2.3t/m3×1.2=14t    182000円
   労務機械
      整地、砕石工事、アスコン舗装工事         150000円 
   経費                           40000円
   合計                          397000円(税別)  
   
    


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング