これからの季節に親子でハイキング! >>

金魚と一緒に入っているプールで射精してしまいました。水の中を泳いでで精子が金魚のクリトリスに入っちゃったら妊娠して魚人が生まれますか?
もし漁場が生まれたら何の餌を揚げれば良いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

魚類に限らず、異種の生物間では、そのような事は、あり得ません!



簡単に説明すると、異種の生物では、それぞれ染色体の数が異なるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

今後もプールで金魚と遊びます

お礼日時:2016/08/17 10:48

人間でも受精しないよ、そこは。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですかありがとうございます
なら魚人は大丈夫ありがとう

お礼日時:2016/08/17 10:40

>>> クリトリスに入っちゃったら



う~む、もう少し勉強してから書きべし。基本的に色々と豪快な誤解が有る様だ。これじゃ生身の女性に嫌われるぞ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

金魚はクリトリスがないんですか

お礼日時:2016/08/17 10:22

魚人が生まれます。


人魚はそうやって存在するのです。

金魚のエサも、人間の食べ物も、すり潰せばどちらも食べれます。
収入が必要なら 水族館に売ればいいでしょう。
大切にしてもらえます。

生物を研究する機関に売り込んでもいいでしょう。
研究対象となりますが 貴重な生物として珍重されます。

可哀想なら川に放流するといいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

生まれませんよ

お礼日時:2016/08/17 10:06

生まれません。



もし生まれたら、粉ミルク、でしょうか?

パンパースも必要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

頭が悪い方は回答しないで下さい
穢れます

お礼日時:2016/08/17 10:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q金魚の産卵後の処置について 今朝、金魚が産卵しました。追い回されていたので有精卵の可能性が高いで

金魚の産卵後の処置について


今朝、金魚が産卵しました。追い回されていたので有精卵の可能性が高いです。

底に、たったの20個程度がばらまいてあるだけで、水草には全く産み付けていない状況です。

その少ない卵を金魚たちが食べていたため、急いで別の水槽2つに雄グループと雌グループに分けて隔離しました。

卵はそのままにして仕事に出かけたのですが、今日夕方戻ってから何をしたらいいでしょうか。

卵を拾おうとしたら潰してしまったため移動させるのは難しいです。
孵化するまでの間、さっきまで金魚たちが生活していた水槽に入れたままにしていて大丈夫でしょうか?

親魚たちは、一つの水槽にまとめて、次の産卵に備えようと思うのですが、しばらくわけていたほうがいいでしょうか。
私がずっと家にいるならば今朝もそのまま次の産卵を待つことができるのですが、また産卵しても食べられるだけですし、一匹だけが特に追い回されていて疲れてグッタリしていたため、オスメスわけました。

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

金魚、メダカ等を中心に繁殖をさせていますので回答をします。

 ベテランの飼育者は水草以外にシュロ、ヒゲノカズラ等を敷き、そこに産卵させます。金魚の種類に依っても対策は異なりますし、ランチュウ、ハナフサ等はシュロ等が無いと完全な産卵はできませんし、オランダ、リュウキン等は餌が色揚げ、倍体用の物を与えていると水草を食べますので親を隔離しないと孵化はできません。

 産卵期にはオスがいなくても産卵をしますし、これが続くとワキン系の個体は腸満と呼ばれる癌に罹患しますので危険ですし、卵管筋腫等にもなりますので隔離をする場合は慮らないと駄目です。追い回しはメスがオスに生殖器を見せ付け、興奮させているのが原因ですから最悪の場合は死ぬまでやります。

 水槽の下に産み落されている卵は孵化しても全てがハンデがある個体になる訳でなく、餓死や共食いで食い殺されるので育たないだけであり、環境が良ければ健康な個体は出ます。私はオランダ、リュウキンの系統を中心に金魚を飼育しており、親の隔離をすれば卵が100個以上あれば孵化して最低でも5匹位は泳いでいる状態を観ております。プランターに入れておいて2週間程度で孵化した個体を確認し、餌を与えて育てたリュウガン、チョウビ等は品評会に出して賞をいただきました。

 メダカ、アカヒレで同様の事をしますと1000匹単位での孵化が可能ですし、カラー物や変わり物の個体を育てる場合に適しており、卵の隔離よりも親の隔離の方が良い個体を得れます。

金魚、メダカ等を中心に繁殖をさせていますので回答をします。

 ベテランの飼育者は水草以外にシュロ、ヒゲノカズラ等を敷き、そこに産卵させます。金魚の種類に依っても対策は異なりますし、ランチュウ、ハナフサ等はシュロ等が無いと完全な産卵はできませんし、オランダ、リュウキン等は餌が色揚げ、倍体用の物を与えていると水草を食べますので親を隔離しないと孵化はできません。

 産卵期にはオスがいなくても産卵をしますし、これが続くとワキン系の個体は腸満と呼ばれる癌に罹患しますので危険ですし、...続きを読む


人気Q&Aランキング