お世話になります。
以下仕分けで困っています。わかる方ご回答お願い致します。

・不動産管理
・借主から賃料を弊社あてに送金
・管理手数料1万円を引いて大家へ送金

100万円 仮受金 / 普通預金 100万円

1万円 仮受金/売上金 1万円
1万円 現金/普通預金 1万円

通帳に振り込まれた(家賃)仮受金から弊社売上金にして、
通帳から現金取り出しという流れですが、上記の感じであってるのか間違ってるのかわからなくなりました。

A 回答 (1件)

店子から入金された家賃から管理手数料を受け取った差額を大家さんに渡すわけです。



入金時

普通預金  9999  / 借受金  9999

管理手数料(売上)の計上時

仮受金    999 / 売上  999

大家さんに受け取った家賃の支払いをするとき

仮受金   9000 / 現金 9000
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経理の用語「仕訳」「振替」と「前受金」「仮受金」「預かり金」

経理の用語「仕訳」「振替」と「前受金」「仮受金」「預かり金」

経理の用語で「仕訳」と「振替」の違いを教えて下さい。
仕訳とは…
振替とは…
という形で教えていただけたら幸いです。

あと
「前受金」商品を売った時に内金を入れてもらった時のお金
「仮受金」何の代金になるかわからない時のお金
「預かり金」税金など、会社の売り上げにはならないお金

という認識でよろしいでしょうか?
よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

〇仕訳=複式簿記で,取引を借方要素と貸方要素とに分解し,格要素に付すべき勘定科目と金額とを決定し,その結果を仕訳帳などに記すること。
給料計算で,A税金を仕訳計上しました。【借方】給与000/【貸方】預り金000

〇振替=簿記で,ある勘定の金額を他の勘定に移すこと。
Aに仕訳計上した税金を納付する期日がきたので振替して振り込みます。【借方】預り金000/【貸方】預金000

〇前受金=商品やサービス等の提供に先だって受け取った代金のこと。

〇借受金=勘定科目や最終金額が決まらないまま受け入れたこと。

〇預り金=他人が負担すべき代金などを一時的に預かった代金のこと。

Q経理の用語で勘定科目とありますが、前受金・預かり金・現金・普通預金・当

経理の用語で勘定科目とありますが、前受金・預かり金・現金・普通預金・当座預金・売掛金・買掛金…などたくさんありますが、
(1)費目は何がありますか?
(2)勘定科目が大分類で、その中に費目があると考えてよろしいでしょうか?

よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

〇先ず経理の用語ではなく会計用語といいます。
〇(1)と(2)の考え方を少し書いてみます。
(1)は企業が収益を上げるために消費した財の価値や借りた資本の利子などの総称です。
例えば損益勘定科目の中に,売上高・仕入高・給料手当・法廷福利費・福利厚生費・旅費交通費・通信費・事務用品費・雑費等々沢山あります。
(2)はhisoft39さんが記入されたような勘定科目をいいます。
資産勘定科目=現金・当座預金・普通預金・売掛金等です。
負債勘定科目=買掛金・前受金・預り金等をいいます。
(1)(2)をここで書くのは大変です。勘定科目・仕訳事典と会計用語辞典を買って見てください。

Q仮受金の処理

A社からの不明な入金があったので、入金日で普通預金/仮受金処理をした後
A社からの入金と判明、さらに半額はB社から頂くべきものとわかりました。
これからB社へ請求をするのですが、この場合の事後処理としては

仮受金/A社売上(半額金額・入金日で起票)
仮受金/B社売上(半額金額・B社入金日で起票)

以上で正しいでしょうか?
本来の手順は、

未収入金/A社andB社売上金額(請求日で起票)
普通預金/未収入金(A社andB社入金日)

とするはずなのですが、A社入金が請求書発行前だったため今回の処理となりました。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仮受金で受けておられた半額を、

B社、送金時

仮受金  /  普通預金

として、

残り半額が

仮受金  /  B社売上

なので、仮受金はゼロになりますね。
普通預金も半分になります。

Q仮受金がよくわかりません

新しい会社での仕訳の仕方がわかりません。

3月に決算なのですが、前期の決算で、仮受金200,000円を計上していました。

このお金は現金で入ったお金のようです。

その200,000円というのは何年か分の広告費のようです。

そして2月に広告費として50,000円が発生しました。

仮受金を計上したときの仕訳は

現金 200,000   /  仮受金 200,000

となっていました。

そのあとの仕訳の流れがよくわかりません。

仮受金と現金で逆の仕訳をすると、仮受金は消えますが、広告費が計上されない。

どのような仕訳をすればいいのでしょうか?

基本的なことだと思うのですが、恥ずかしながらわかりません・・・。

教えてください。

Aベストアンサー

関連会社から広告費として使うようにと20万円を受け取ったときに「仮受金」としていたのは少々問題があり、そのとき「雑収入」とすべきだったように思います(翌年以降、20万円すべてを広告費として使うとは限らないので)。

したがって今期
ア.(仮受金を全額なくす)
 仮受金 200,000 前期損益修正益 200,000
 宣伝広告費 50,000     現金 50,000


または
イ.(仮受金を5万だけ減らす)
 仮受金 50,000 雑収入 50,000
 広告宣伝費 50,000 現金 50,000

というところでいかがですか。

Q仮受金???の処理について

学習塾で経理をしています。
来月、生徒30人に業者のテストを受けてもらうので、
受験料(2000円)をぼちぼち集金している最中です。
うちの塾は、その業者の有料会員になっているので、
受験料は75%だけを払えば良いので、
(25パーセントはうちの収入になる)
30人分の受験料60000円の75%(45000円)を、
既に立て替えて業者に支払っています。
ところが、
まだ集金していない生徒のうちの1人が、
受験できなくなったので、
業者から、その分(2000円×75%=1500円)が、
返ってきました。
年末には、29人分の受験料の25%(14500円)を、
雑収入として計上しようと思いますが、
それまでの経緯を、どう記帳すれば良いのか、
迷っています。
どうか、ご指導をお願い致します。

Aベストアンサー

業者に支払った仕訳
 立替金45,000 現預金45,000

ひとり分の戻り
 現預金 1,500 立替金 1,500

29人分が全部集金できたとしての仕訳
 現預金58,000 立替金43,500
        雑収入14,500

集金がばらばらの場合は 
 現預金 2,000 仮受金2,000
       ↓
 現預金 2,000 仮受金2,000
 
全員回収できたら
 仮受金58,000 立替金43,500
        雑収入14,500
  
これでどうでしょうか。
 
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報