ID登録せずに、ニックネームで質問できる♪教えて!gooアプリ

当社は部門がいくつかありますが、その中の一部門について期末棚卸残高が合わず、解明できません。
状況。
部門棚卸の中にガソリン、軽油合計1,000,000円(仮)があったため期末に貯蔵品に振り替えました。
貯蔵品 1,000,000円 /期末棚卸残高 1,000,000
と仕訳しましたが、会計ソフト(勘定奉行)にて期末棚卸残高が1,000,000円減ることを想定した対応ですが、逆に1,000,000円増加しています。
①仕訳が間違っているのでしょうか?
②当社は生コン製造業で、ミキサー車に使用する燃料(ガソリン、軽油)を材料費としていますが、そもそも棚卸に含めるべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

①については、その仕訳の場合、期末棚卸高は増加します。

期末棚卸高は貸方に計上すると増加する科目だからです。商品の棚卸などでしたら、適切な仕訳です。

仕訳は、ガソリンや軽油を何に使うのか、どのように売るのかによって異なります。ガソリンスタンドのようにガソリンや軽油が商品になるのでしたら、「商品/期末商品棚卸高」と仕訳を切るのが適切です。原材料に使うのでしたら、「原材料/期末原材料棚卸高」と仕訳を切るのが適切です。燃料に使うのでしたら、「貯蔵品/燃料費」と仕訳を切るのが適切です。

御社の場合、「貯蔵品/燃料費」と仕訳を切るのが適切です。(理由は後述)


②については、材料費ではないものの、金額次第で棚卸計上しておいたほうがいいと思います。

材料は、製品を構成するもので、原型をとどめているものをいいます。製品を構成するもので原型をとどめていないのが原料です。生コンの場合、それを構成する物質としてのセメントや砂、砂利、水、混和剤等が材料となります。

ミキサー車に使うガソリンや軽油は、生コンを構成するものではありませんから、原料にも材料にも該当しません。そのため、仕訳も材料費ではなく燃料費に計上するのが適切です。

この燃料は、期末時には棚卸をして数量管理しておくのが管理上望ましいと思います。金額がある程度以上になるのでしたら、「貯蔵品/燃料費」と仕訳を切って、貯蔵品勘定で帳簿に棚卸計上しておくのがいいと思います。金額が少額でしたら、数量管理にとどめて仕訳は切らなくても差し支えないと思います。
    • good
    • 0

材料費としてるのですね。

つまり
材料費  9999  / 現金預金   9999

このうち期中で消費しなかった分を経費から除く仕訳をするのですから、

貯蔵品  9999  / 材料費   9999

です。


期末棚卸残高を貸方にもってきてしまうと、前期の期末棚卸残高が違ってたので、今更ながら訂正するという意味になってしまいます。
    • good
    • 0

御社の製品は生コンですから、生コンの材料は、普通に考えれば、


1.砂利
2.セメント
3.水
でしょう。

ガソリンや軽油は、生コンを製造する機械や車両のエンジンを動かす燃料であって、生コンの材料ではありません。

ですから、御社の場合は、ガソリンや軽油を材料として扱うのは、誤りでしょう。


ガソリンや軽油を購入した時は、
〔借方〕燃料費☆☆☆/〔貸方〕未払金☆☆☆

また、砂利やセメントを購入した時は、
〔借方〕材料費◎◎◎/〔貸方〕買掛金◎◎◎
《注》「材料費」よりも「材料仕入高」が普通です。

と仕訳して下さい。

そして、もし、期末にガソリンや軽油の在庫がある場合は、
〔借方〕貯蔵品◇◇◇/〔貸方〕燃料費◇◇◇

と仕訳して下さい。「貯蔵品」も棚卸資産です。
    • good
    • 0

燃料費を材料費に計上すれば


当然帳簿上はその分増加になるだろうね。
    • good
    • 0

材料費ということは、仕入れた時点で在庫になっているのでしょうから、棚卸し時点で残っていればカウントしないと合わなくなるのては?



しかし、何故燃料のガソリンを材料費として計上するのですか?
取引先にガソリン代に儲け分を乗せて請求しているのですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税にかかる棚卸資産の決算処理について

棚卸資産の決算処理について質問です。

今、消費税について税込処理をしていますが、
仕入した分の消費税について決算をまたぐもの
は翌期の仮払消費税としています。

仕入 105,000  / 現金 105,000

これを翌期に繰り越すときに、

商品 105,000  / 仕入 105,000

という経理を起こし、期首に、

仕入 105,000  / 商品 105,000

という経理をおこしているので、仮払
消費税が繰り越していることになっていると
思います。またその分仮払消費税は当然
当期の申告計算には反映させていません。

これは間違っているように思うのですが
私の認識違いでしょうか。

期末に

商品 100,000  / 仕入 105,000
仮払消費税 5,000
という処理になると思うのですが。税込
処理の場合は処理方法は異なるのでしょうか。


それから、軽油引取税については課税
対象外取引であると思うのですが、
その認識は間違いでしょうか。

Aベストアンサー

仕入れた商品については、仕入先にお金を支払って(もちろん買掛金計上を含みますが)、商品という対価を得ていますので、仕入れた時点で仕入税額控除しなければなりません。

棚卸というのは、法人税の上で、売上が実現していないものについて翌期に繰り延べるべきものであって、消費税においては翌期に繰り延べる意味はなんらありません。
従って、今までのやり方は間違っている事になり、通常の場合は、消費税では棚卸に関しては何も考慮する必要はありません。

仕入れた都度、仕入税額控除する事になります。

軽油引取税については、#1の方が書かれている通りで、例え一般消費者であっても元売業者から購入したものは、課税対象外となります。
下記サイトを参考にされてください。
http://sme.fujitsu.com/accounting/taxation/taxation004.html
レシート上で、軽油引取税等を区分して、それ以外に対して消費税をかけているものであれば元売業者に該当すると思いますので、一般的には通常のガソリンスタンドであれば該当すると思います。

これに対して、ガソリンにかかる税金については消費税の対象となってきますので、#2の方はそれと勘違いされているのでは、と思います。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6313.htm
http://homepage2.nifty.com/akahori/new_page_163.htm

仕入れた商品については、仕入先にお金を支払って(もちろん買掛金計上を含みますが)、商品という対価を得ていますので、仕入れた時点で仕入税額控除しなければなりません。

棚卸というのは、法人税の上で、売上が実現していないものについて翌期に繰り延べるべきものであって、消費税においては翌期に繰り延べる意味はなんらありません。
従って、今までのやり方は間違っている事になり、通常の場合は、消費税では棚卸に関しては何も考慮する必要はありません。

仕入れた都度、仕入税額控除する事になり...続きを読む

Q資料せん(一般取引)について質問です

 どなたか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。資料せん(一般取引)の調査書が来たのですが、初めてのことでよくわかりません。国税局のホームページでQ&A集や書き方のようなページを探しているのですが、見つかりません。どなたか、ご存じないでしょうか? また、国税局ものでなくてもかまいませんので、初心者向けの親切なページがあれば教えてください。

 また、この教えてGOOで、過去の検索をしてもほとんど質問事項が見当たらないのですが、検索のキーワードが何か適当なものがあるのでしょうか?


 資料せんの内容のことで、次のことがわかりません。(今手探り状態です。)
 

 ・資料せんに記入する金額は税込でしょうか? 
 ・「一回の決済金額が10万円」と「期中の取引が10万円」とは、どのような違いがあるのでしょうか?
 ・上と重なるかもしれませんが、決済と取引とは、どのような違いがあるのでしょうか?
 ・同じ会社でも部署を分けて取引をしていた場合、取引の単位は1(会社)でしょうか?それとも2(部署)でしょうか?

 ご親切な方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

 どなたか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。資料せん(一般取引)の調査書が来たのですが、初めてのことでよくわかりません。国税局のホームページでQ&A集や書き方のようなページを探しているのですが、見つかりません。どなたか、ご存じないでしょうか? また、国税局ものでなくてもかまいませんので、初心者向けの親切なページがあれば教えてください。

 また、この教えてGOOで、過去の検索をしてもほとんど質問事項が見当たらないのですが、検索のキーワードが何か適当...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に、資料せんは、法的に定められたものではなく、実は任意のものですので、国税局等のHPにも記載はないものと思います。

資料せんについては、ほとんどは今の時期に送られてきて、返送されたものは国税局単位で管理して、資料せんの提出者ではなく、提出された資料せんに書かれた会社の調査の資料とされます。
ですから、取引先等の税務調査が原因で来ている訳ではなく、時期的に今ごろ来るものです。
(全ての会社に送付する訳ではないので、来ていない会社は多いと思いますが)

資料せんそのものについては、過去ログをご参考にされて下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=765963
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=987268

>・「一回の決済金額が10万円」と「期中の取引が10万円」とは、どのような違いがあるのでしょうか?

おそらく同封されている記載要領に書いてあるはずと思いますが、基本は税込みだったと思います。
(任意の協力ですので、わからない時は「資料せんの書き方について」と、税務署に尋ねれば、喜んで親切に教えてくれるはずです。)

>・「一回の決済金額が10万円」と「期中の取引が10万円」とは、どのような違いがあるのでしょうか?
> ・上と重なるかもしれませんが、決済と取引とは、どのような違いがあるのでしょうか?

基本的に、決算金額は入出金ベース(実際にお金が入金・支払された時)、取引は発生ベース(その事実が発生した時)、と考えられたら良いと思います。
おそらく売上関係については発生ベースで、仕入・費用等については、入出金ベースで記載すべきように書いてあるはずだと思いますが。
それぞれの取引区分(売上・仕入・費用等)に応じて、作成範囲が決まる事となります。

>・同じ会社でも部署を分けて取引をしていた場合、取引の単位は1(会社)でしょうか?それとも2(部署)でしょうか?

最初に書きましたが、相手先の調査の資料となりますので、部署単位ではなく、会社単位で作成すべきものと思います。


それと、資料せんについては、下記サイトで作成のためのフリーソフトを公開していますので、掲げておきます。
http://www7.ocn.ne.jp/~yukisaki/Homepage/mitu.html
(この中の、メニューから「オリジナルフリーソフトウェア」をクリックして、その中から選んでダウンロードされて下さい。)

基本的に、資料せんは、法的に定められたものではなく、実は任意のものですので、国税局等のHPにも記載はないものと思います。

資料せんについては、ほとんどは今の時期に送られてきて、返送されたものは国税局単位で管理して、資料せんの提出者ではなく、提出された資料せんに書かれた会社の調査の資料とされます。
ですから、取引先等の税務調査が原因で来ている訳ではなく、時期的に今ごろ来るものです。
(全ての会社に送付する訳ではないので、来ていない会社は多いと思いますが)

資料せんそのも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング