ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

4月中旬入学のフィリピン留学を3/10に申し込みをし、3/29にキャンセルをしました。
入学以前にキャンセル料のことは聞いておらず、ホームページや斡旋会社のメール本文中には下記のような記載がありました。

「出国予定日から1週間以上前に入学をキャンセル、返金申請を行った場合、入学登録金を除いた全額を返金致します」
「入学後のキャンセルの場合は学校の返金規定に従います。学校のキャンセル規定をよく把握されるようお願いいたします」

ただ、入学受領後に受け取った資料には30日前からキャンセル料がかかると書いてありました。事前にキャンセル料のことを聞かなかった私も悪いと思いますが、入学が受領されてから、キャンセル料のことを聞かされ(特に申し込みの時点でキャンセル料がかかる時期に入っていた)キャンセル料を請求されることに納得が出来ません。

約款とまでとは言わずともこうした規定があるのならなぜ事前にホームページ等で公開しないのでしょうか。

留学斡旋会社は何としてもキャンセル料を払ってもらうと言っているのですが、この場合、キャンセル料は支払わないといけないのでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

キャンセル料は遺失利益の補填のためです、といつも書いています。

ですから、遺失利益がないのに補填するのはキャンセル料の取りすぎになります。

ただ、今回の場合はキャンセル料が発生するのは仕方が無いとおもいます。なぜなら「入学許可が下りた後」だからです。

学校というのは当然ですが、定員があります。質問者様に入学許可が出た、ということは誰かが入学できなかった、もしくは申し込んだけど締め切られてしまった、ということです。学校側としては質問者様が辞退すると、今からでは欠員になってしまう可能性も大いにあります。

このような場合はキャンセル料が発生しても当然であるといえます。

また、キャンセル料に対しての説明がなかった、ということですが、事前に説明する義務がどこまであるのかもちょっと微妙です。
まず一般的な知識として、キャンセルにはキャンセル料が発生する可能性があることは誰でも知っているはずです。学校の斡旋というものなら、ホテルの宿泊などと違い、募集にはそれなりの期間と入学者の決定と手続きにそれなりの時間がかかることは容易に想像がつくはずです。
ようするに4月中旬に入学するのに、今キャンセルしたらほかの人を入れて定員を埋めるのは難しい、と容易に分るはずだ、ということです。

であるなら、キャンセル料が発生するのは仕方がありません。

ただ、留学斡旋会社のほうの問題も指摘しておくべきでしょう。少なくとも
「出国予定日から1週間以上前に入学をキャンセル、返金申請を行った場合、入学登録金を除いた全額を返金致します」
という謳い文句は「優良錯誤」を引き起こします。

優良錯誤というのは「非常によい条件で契約や取引ができるように見える」ということです。この謳い文句からすれば、質問者様のキャンセルは入学登録金以外返金されてしかるべきであろう、とも考えられるからです。

とりあえずは、消費者保護センターなどに相談してみることをお勧めします。それでなんなら弁護士などに相談してもいいとおもいますが、粘り強く矛盾点をつく交渉をすれば、キャンセル料を取りかえすことができるかもしれません。

最初に書いたようにキャンセル料というのは、遺失利益の分の支払です。質問者様がキャンセルしたことによって、学校と留学斡旋会社は入る予定の利益を失っているわけです。この利益を補填するためには、質問者様からキャンセル料を貰うか、新しい入学者を探すしかありません。新しい入学者が入るとしても、その手間と時間分の費用は質問者様に請求できるというのが基本です。

後は、優良錯誤の部分とどれだけ相殺できるか、を交渉してみるのがいいとおもいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明で納得できました。事前にキャンセル料の確認を怠った私の非であることは、多少は分かっていましたが、両者の視点から意見を伺えて大変勉強になりました。最終的にキャンセル料は払いますが、この会社の対応(HPの記載や契約方法など)に疑問を持ったため、ご意見を伺いたかった次第です。ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/23 20:29

一番大事な点です。



キャンセル料の話は一切なかったんですか??

YESならば、「キャンセル料の話があるなら、そもそも契約していなかった。」と主張してください。

相手が質問者さんにキャンセル料を法律的に払わせるためには、「契約時点でキャンセルの件についても双方合意していた」という法律的に認められる根拠が必要です。





ただね、契約した際に書面と取り交わしはなかったんですか???

そこにキャンセルについて何か書かれていませんか?書かれていたなら、それがすべてです。(質問者さんもそれに納得して契約したんですよ。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ネットで申し込み→入学許可がおりる→オリエンテーション資料(キャンセル料の記載あり)が送られてくるという流れで、ネットでの申し込みの場合、書面での取り交わしがどの時点にあたるのか分かりませんがどちらにしてもきっと事前に確認してないこちらの非になるのでしょうね...ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/23 18:38

自分で納得して契約した契約書があるはずです。

ホームページで公開しろなどという前に確認してください。

キャンセル料が法外な場合は消費者契約法により合理的な金額を超える部分についてその契約は無効となります。実際にかかった費用は当たり前ですが支払いは必要です。

業界団体の自主基準では以下だそうです。
契約日から算定して
・契約日から8日目まで、申込金の0%
・9日目以降、申込金の30%
授業開始の前日から逆算して
・90日目以降、申込金の50%
・60日目以降、申込金の70%
・30日目以降は100%

契約から19日もたっているのですから申込金の30%なら妥当だと思います。

【弁護士に聞く】留学エージェントのトラブル5~適格消費者団体と留学エージェントの解約料を巡る訴訟
http://ryugaku.ablogg.jp/583/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正式な書面といえば、入学許可書(キャンセル料の記載なし)と入学許可がおりた後に送られてきたオリエンテーション資料(キャンセル料の記載あり)でした。。。事前に確認すべきでした。回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/23 18:42

日本の恥を海外で晒すのはどうかと思います。



入学申し込む前に入念なリサーチをしていなかっただけのこと。

気楽にほいほい申し込むからそうなる。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

仰る通りです。回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/23 18:43

払うんだと思いますよ。

来てくれるものだと、準備にいろいろ手間もかかるでしょうから。拒否しても構いませんが、合法的に請求されるのではないでしょうか。

 参考にしてくだい。

https://www.wavenetwork.com.au/company/policy.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。今回は払うことにします。回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/23 18:44

そのホームページを見てみないことには何とも言えませんが、納得できないのでしたら


最寄りの消費生活センターに相談してみてはいかがでしょう。
下記のサイトで検索できます。

http://www.kokusen.go.jp/map/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正直、納得出来ない点があることは確かですが、今回は払うことにします。。。回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/23 20:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャンセル料の支払いを拒否できますでしょうか?

キャンセル料の支払いを拒否できますでしょうか?


趣味でバンドをやっています。

練習スタジオを1週間前に予約したのですが、
こちらの一方的な都合でキャンセルをしました。

キャンセルをしたのは、予約をした次の日で、
当日の6日前です。

しかし、その練習スタジオでは、1週間前からの予約変更は
キャンセル料が50%かかるという約束になっているようです。

たしかに、突然のキャンセルですので、こちらに非があるのは分かるのですが、
キャンセルするときまで、キャンセル料が発生するのを聞かされていませんでした。

また、その練習スタジオを数年前に使ったときは、キャンセル料の規定など
なかったので、突然の支払い請求にどうしようかと迷っています。

キャンセル料というのは、いわゆる損害を補償するものだと思うのですが、
今回のケースでは、損害をあちら側に与えているとは思えません。
また、事前にキャンセル料が必要なことを聞かされていませんでした。

このケースで、支払う必要はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

消費者契約法では、キャンセルによって通常、現実的に被る平均的な損害を超える部分については無効って事になってます。

消費者契約法
| (消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)
| 第9条
| 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。
| 一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分

スタジオ側に、6日前のキャンセルによって、50%程度の損害が出るって事の根拠を提示してもらいます。

1月の間とかに、予約がどれくらいの件数あり、だいたいどれくらいの件数断っているか?通常、どれくらい前に予約が入ってるか?とか。


行政の相談先としては、消費者センターになると思います。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

--
ただし、ほかの方が言うように、そういう部署の介入を受けると、今後利用しにくくなるなる可能性があります。

まずは、
・6日も前で50%は高いので、見直ししして欲しい。
・キャンセルの規定を分かりやすく提示して欲しい。
・例えば、ホテルや旅館のキャンセル料だと、不泊や当日50~100%、前日~3日前で20%程度とかの目安が、運輸省から「モデル宿泊約款」って形で提示されていたりします。
などの内容をしっかり話し合いしてください。
支払いには応じたいが、50%の根拠が不明瞭、納得できないので、「なるほど」と思える根拠を提示して欲しいとか。
話し合いの内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などはガッツリ記録します。
必要ならば、ICレコーダーなども使用します。

消費者契約法では、キャンセルによって通常、現実的に被る平均的な損害を超える部分については無効って事になってます。

消費者契約法
| (消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)
| 第9条
| 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。
| 一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契...続きを読む

Qホテルキャンセル料の請求、被害届

今日沖縄を旅行しているのですが、普通のホテルに宿泊しています。泊まってるホテルを予約する前に民宿に予約しており、色々都合が悪くてキャンセルしましたが、今日宿泊ですよね?と夜民宿か親が電話し話があり、え?キャンセルしたはずですけどと言ったら、誰にですか?と言われ、誰にってそこだけどっていったらキャンセルされてません!しました!の言い合いで、オーナーもそんな電話されてませんよとガンとして言い切り下がりません!カチンときて何の証拠もないくせにしたと言ってるだろーとサヨナラ!と一方的に電話を切ったら、100%のキャンセル料請求メールと電話のしつこさが続き、ずっと無視してたら、2日間無視されて未払いされると警察なりに被害届だすことになりますと一方的にいってんの?となので親に言ったら電話してくれると言うので、しつこい電話を避けながら、親から電話いくから待ってろとメールしたら、脅迫メール確認しましたので警察署へ被害届出しますとメールきました。親が電話しても一方的で言い切るらしいです。1ヶ月ちょい前に電話したと思うので履歴も残ってないし。。。支払い泣く泣くするものですか?なんか一方的すぎてこのまま支払いするのが悔しくて質問しました。被害届出させればいいと親は言うのですが、被害届出されたら警察は何をしてくるのですか?キャンセルしてませんよと何度も言われ続け、やってなかったのかな?と心理的に不安になってきたりします。確かな証拠が残ってないために自分でもわけわからなくなりそうです。電話きてキャンセルしたのになにいってんの?と最初思って話してましたが。。
せっかくの旅行が最悪で始まりました。詳しい方いらっしゃいましたら返答宜しくお願いします。

今日沖縄を旅行しているのですが、普通のホテルに宿泊しています。泊まってるホテルを予約する前に民宿に予約しており、色々都合が悪くてキャンセルしましたが、今日宿泊ですよね?と夜民宿か親が電話し話があり、え?キャンセルしたはずですけどと言ったら、誰にですか?と言われ、誰にってそこだけどっていったらキャンセルされてません!しました!の言い合いで、オーナーもそんな電話されてませんよとガンとして言い切り下がりません!カチンときて何の証拠もないくせにしたと言ってるだろーとサヨナラ!と一...続きを読む

Aベストアンサー

お互いに売り言葉に買い言葉が積み重なり、最初にきちんと話をすればここまで大事にならなかったのでは・・・という印象を受けました。(^_^;)
何の証拠もないのは質問者さんも同じですよね。

質問者さんは、いつ、誰に、どのようにキャンセルの旨を伝えたのかを覚えていますか?
誰というのは、その民宿の誰に、です。女性とか男性とか、民宿だからそんなにスタッフも居ないでしょう。
あとは具体的な日時とか、一度冷静になって良く思いだして、まずはそれを民宿側に伝えた方が良いのではないでしょうか。
それを伝えたら、民宿側も「そういえば・・・」と思い出すかもしれません。
ここまで来たら最後まで頑なかもしれませんけどね。
でももし本当に警察沙汰になったら、説得力のある詳細を覚えていると警察の人も信用してくれやすいと思います。

でもその民宿もどのような被害届を出すんでしょうね。
質問者さんがどのような脅迫メールを送ったか分かりませんが、サービス業とは思えない対応ですね。
普通客が怒っていたらなるべくなだめるような対応を取るのが当然ですよね。
沖縄の民宿ってそういう概念無いんでしょうか。

お互いに売り言葉に買い言葉が積み重なり、最初にきちんと話をすればここまで大事にならなかったのでは・・・という印象を受けました。(^_^;)
何の証拠もないのは質問者さんも同じですよね。

質問者さんは、いつ、誰に、どのようにキャンセルの旨を伝えたのかを覚えていますか?
誰というのは、その民宿の誰に、です。女性とか男性とか、民宿だからそんなにスタッフも居ないでしょう。
あとは具体的な日時とか、一度冷静になって良く思いだして、まずはそれを民宿側に伝えた方が良いのではないでしょうか。
それ...続きを読む


人気Q&Aランキング