留学エージェントとして起業したいと考えています。
海外に長く住んでいたこともあり、多国に友人がいて色々協力してくれることになっています。
私の理想としての形は、短期留学や、親子留学なのど、学校へ入学手続きが必要なレベルではないものを扱いたいのですが、色々調べてみると旅行業に該当してしまう部分があるようで、少々混乱しています( ; ; )
本当にこの分野の勉強を始めたばかりで何もわかりません。情けないのは重々承知です。どなたか教えてくださる方がいたら嬉しいです。
頑張りたいんです!

まず、
⚫︎現地にいる友人①を通して、更に友人宅をホームステイ先として紹介するのは、友人①がホームステイ斡旋会社としての立場がないとダメということでしょうか?留学エージェントができる「ホームステイ先の手配」の定義がイマイチわかりません。

⚫︎例えば、ハワイにただ旅行に行きたい友人同士を、ホームステイを紹介し、終日フリーで!という形の斡旋は、旅行業になってしまいますか?

⚫︎サマーキャンプなど子供向けの事も力を入れたいのですが、学校、ではなく、ただの地元のコミュニティーセンター主催の物に参加させてあげたいのですが、それはやはり旅行業でしょうか?

質問自体が分かりづらいかと思います…申し訳ありません。今とにかく必死にその分野について勉強中です。
せっかく沢山のコネクションが多国にあるので、頑張って本当に、起業したいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あなたの考えていることは「旅行業法」の規制を受けるので、観光庁長官の登録を受けなければ出来ません。



旅行業法では第2条(定義)に「…旅行業とは報酬を得て次に掲げる行為を行う事業…をいう」と定められ、一から九までビッシリと書かれています。
これを読み解くのには苦労しますが、要は旅行の計画(プラン)を作って契約をしたり、それに付随するサービスの提供契約をしたり、旅行の代理業務・媒介・取り次ぎをしたり、旅行者の案内や旅券の手配代行をしたり、「旅行に関する相談に応ずる」ことは、すべて旅行業になります。

これに抵触しないのは、無料で(つまりいっさいお金を取らずに)やることだけです。ビジネスでやろるとすれば、登録がいります。
    • good
    • 0

市場調査をちゃんとした方が良いね。

需要ある?競合他社多くない?

まずは、自分でホームページでも作って、「短期留学コーディネートします!」って掲げてみたら?

チケットなんかは、やり方だけ本人に教えて、自分で購入して貰えば「友達が手伝ってくれた」って状態に出来るよね。

でも、いったいどの辺で利益をあげようとしているのかね?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q介護・福祉分野における新規起業

現在なんとなく介護・福祉分野における新規起業を身内でできないかなぁと考えております。(首都圏ではなく地方です)
しかし,現時点で施設は飽和状態になりつつあり,なかなか利益を得ることは難しくなってきている気がします。
当方あまり知識もなくこれから色々と情報を仕入れていきたいと思っておりますので漠然とした質問で申し訳ありません。どなたかこんな業種はどう?とか意見をください。
私が保持している資格は医師免許・介護支援専門員・専門医があり,身内に看護師2名・ヘルパー1級1名・作業療法士2名います。

Aベストアンサー

現在、高齢者福祉に携わっています。
高齢者という分野でお答えしたいと思います。

今、高齢者福祉は介護保険制度の見直しの時期になっており、現場ではこれからどうなっていくのかとても不安があります。

現在、介護保険の認定者の半数が要支援・要介護1で占められており、財政を圧迫しています。そこで、新・予防給付という考えが出てきています。
要介護状態になってからでなく、そうならないように予防していこう!というものです。要支援・要介護1の大半の方は、おそらく新・予防給付の対象になっていくと思われます。
そうなると、現在の福祉はずいぶん変わってしまうのではないかと思います。
これからは、施設ではホテルコストを取るようになりますし、ユニットケアが推進されていくと思います。国としては在宅重視したいと考えているようです。これからは、小規模・多機能な施設が求められてくると思います。

これから新規起業されるのでしたら、
 ☆在宅福祉サービス
 ☆小規模・多機能施設
 ☆介護予防
の分野はいかがでしょうか?

介護保険はまだ見直しの段階です。どのように変わっていくのか?何が求められていくのか?を勉強していくことが大切だと思います。

参考URLのページはぜひ見てください。全国の介護保険・支援費の事業所や病院・診療所などの検索もできますし、各種会議資料など行政関係資料も多数掲載しています。
今は大きな転換期なのでじっくり見据えていただきたいと思います。

頑張ってくださいね!

参考URL:http://www.wam.go.jp/

現在、高齢者福祉に携わっています。
高齢者という分野でお答えしたいと思います。

今、高齢者福祉は介護保険制度の見直しの時期になっており、現場ではこれからどうなっていくのかとても不安があります。

現在、介護保険の認定者の半数が要支援・要介護1で占められており、財政を圧迫しています。そこで、新・予防給付という考えが出てきています。
要介護状態になってからでなく、そうならないように予防していこう!というものです。要支援・要介護1の大半の方は、おそらく新・予防給付の対象になって...続きを読む

Q家庭教師斡旋業を開きたい

今度、家庭教師の斡旋会社を開業したいのですが、どの様にしたらよいでしょうか?
実際開業されてる方教えてください。
ちなみに、経営者は接客サービス業出身で定時性高卒ですので、教育産業に全くの無縁で尚且つお受験の経験なしです。  よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんばんは。

(1)広告を出す。
(2)同時に家庭教師の希望者をたくさん募る(例えば大学生とか)
(3)お客さんから連絡があると、そのお客さんの希望を訊き、適した人材を選んで派遣する。
これが一応骨組みです。

しかし何年生を扱うのか、教材はどうするのか等、細かいしくみを考える必要もありますし、その他付加的なサービスはどうするのか、などいろいろご自分で考えて決めていくことがあります。

骨組みや、しくみは大手家庭教師派遣会社のチラシなどを見てある程度真似てみればいいでしょうが、付加的なサービスなどはやはりご自分で考えることが大切です。

そういったことを決めていくのは、他の方が書いておられますように、やはりその事業をする上でのあなたの理念をはっきりさせる必要があります。
教育ビジネスだけでなく、一般のビジネスでも絶対必要なことだと思います。
それがしっかりしていると、そこから根本的に大切なサービスが生まれてきます。
そういったサービスが生まれてこなければ、それは理念が間違っていると言えるでしょう。

私はこれから新しいビジネスに挑戦されるあなたを応援します。どうか頑張ってください。
あ、ちなみに私はライバルではありません。

こんばんは。

(1)広告を出す。
(2)同時に家庭教師の希望者をたくさん募る(例えば大学生とか)
(3)お客さんから連絡があると、そのお客さんの希望を訊き、適した人材を選んで派遣する。
これが一応骨組みです。

しかし何年生を扱うのか、教材はどうするのか等、細かいしくみを考える必要もありますし、その他付加的なサービスはどうするのか、などいろいろご自分で考えて決めていくことがあります。

骨組みや、しくみは大手家庭教師派遣会社のチラシなどを見てある程度真似てみればいいでしょうが、付...続きを読む

Q分野の全く違う業種を複数もつ起業はダメ?

現在、個人事業主で複数の全く異なる業種の仕事をもっています。

業種はそれぞれ全く異なりまして、

Aの仕事:メイン売り上げ、メイン収入
Bの仕事:2番目、売り上げそこそこ
Cの仕事:売り上げは少ないが、ひきは強く、これからって感じ
Dの仕事:テスト中だがこれも将来性あると感じている

この4つです。全て黒字です、赤字をくったことはありません。
Aの仕事以外では人は雇ってません。
BCDは外注、下請けに仕事をさせ、オペレーションは私自身でやってます。

どれも、わが子のようにかわいい存在なのです。
来年、法人化する予定ですが、

知り合いの先輩経営者に相談すると、
「業種を1つに絞れ!」
とか
「いろいろやりすぎ!」
などと アドバイスを頂いてます。

理由は経営者のパワーが分散するから結局良くないということです。


僕はどうしても一つの業種に絞ることはできません。

こういう経営はダメですか???
ちなみに借金はしてません。
自分の貯金と友達から出資(返還の義務無し)をうけてます。

経営者は私一人です。

現在、個人事業主で複数の全く異なる業種の仕事をもっています。

業種はそれぞれ全く異なりまして、

Aの仕事:メイン売り上げ、メイン収入
Bの仕事:2番目、売り上げそこそこ
Cの仕事:売り上げは少ないが、ひきは強く、これからって感じ
Dの仕事:テスト中だがこれも将来性あると感じている

この4つです。全て黒字です、赤字をくったことはありません。
Aの仕事以外では人は雇ってません。
BCDは外注、下請けに仕事をさせ、オペレーションは私自身でやってます。

どれも、わが子のよ...続きを読む

Aベストアンサー

いくつも事業のタネがあって羨ましい限りです。
一つに絞るも良し。二つに絞るも良し。全てやるも良しです。
先輩経営者様の助言は的を得ています。金融機関もだいたい同じ考えです。ですから、それはそれで、良く吟味ください。捨て置いてはいけません。考え方からはいろいろむとヒントがあるでしょう。

ここでは、4つ全てやることの意義と方法を考えて見ましょう。
【意義】
(1)成長過程において、ある程度成長した企業は、次に多角化を考えるじゃないですか。スタート時より多角化してるんですよね。
(2)一つに絞ったその業種が、環境変化で先行き不透明になったらどうでしよう。4つも事業の柱があれば、少々ではへこたれませんよね。
(3)一見バラバラの業種でも、直接的か間接的な相乗効果があるのではないでしようか。A事業での成功・失敗経験をB事業に活かすという考えです。文房具や事務所も共有であれば相乗効果ですよね。
(4)一つの事業にフォーカスしても、その事業が分化していけば、多角化になっていく。その管理方法を今から練習できる。
etcいくらでも、やっていくためのGOODな部分ありますよ。
頑張ってください。

【方法】
(1)各事業の優先度を事前に決めておく。資金的・人的・時間的限りがあるので、二つの事業から取捨選択の決断を迫られた場合に、即断できるよう常にシュミレーションしておく。どちらの事業部から「社長今から一緒に取引先に来てください」と言われた時等です。優先度は常に変化してよいのですが、その場になって慌てても遅いのです。
(2)より楽な管理手法を編み出しておく
(3)No.2、3の人材を育ててて、任せていくようにする
等々です。

がんばってください

いくつも事業のタネがあって羨ましい限りです。
一つに絞るも良し。二つに絞るも良し。全てやるも良しです。
先輩経営者様の助言は的を得ています。金融機関もだいたい同じ考えです。ですから、それはそれで、良く吟味ください。捨て置いてはいけません。考え方からはいろいろむとヒントがあるでしょう。

ここでは、4つ全てやることの意義と方法を考えて見ましょう。
【意義】
(1)成長過程において、ある程度成長した企業は、次に多角化を考えるじゃないですか。スタート時より多角化してるんですよね。
(...続きを読む

Q留学エージェント

留学手続きなどを代行するエージェントを起業するには、どういった資格、手続きが必要でしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の友人も留学手続き代行ビジネスを考えていて、一度調べたことがあるのですが、留学エージェントは現在許認可制ではないようです。(つまり特に資格がなくても誰でも開業できるということ)その分トラブルなども多いらしく、最近、資格認定試験ができたらしいです。

その他、起業形態にもよりますが個人であれば開業届け、法人であればそれぞれの手続きが必要かと思います。

参考URL:http://allabout.co.jp/travel/homestay/closeup/CU20041203A/

Q旅行業の起業・・・必要な契約

お尋ねします。旅行業で起業したいのですがひとつわからないことがあります。
第2種を登録するとして、都道府県への諸手続きはある程度わかるのですが、受託契約に関してどのように契約するものなのか知りたいと思います。また、契約に際してどのような資格などが必要で、業務をはじめてからの自社と委託した旅行業者との間のお金の流れについてもお願いできれば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に旅行代理店には「総合旅行業務取扱管理者」が一人以上必要です。(海外も扱う場合)
受託契約はたとえば旅行会社なら「エージェントセンター」等の代理店専門窓口がありますので、そちらにどうぞ。 基本的に何の商品を手数料何%で取り扱いして貰うのか等の契約だと思うんですが。
なお、海外旅行を行う場合JATAに営業保証金を預ける必要がありますので、その分も加味して資金を用意してください。
なお! 手数料率は低いので聞いて愕然としないように! 人脈等がないと難しいですよ。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報