位置情報で子どもの居場所をお知らせ

『心理学の三大源流』とは、どれにあたるのでしょうか?
私は、
(1)構成主義・精神分析・行動主義
(2)ゲシュタルト心理学・精神分析・行動主義
(3)行動主義・精神分析・認知心理学
こういったいくつかのパターンが浮かんだんですが、わかりません。どうかお答えの方を宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「現代心理学の」三大源流ということなら


精神分析,ゲシュタルト心理学,行動主義を挙げるのが妥当でしょう。

#1さんが解説してくださっているとおり,
精神分析は心理学アカデミズムの外側で生まれ育ったものであり,
これを心理学に含めることに異論があることは事実です。

しかしながら
精神分析をいち早く評価したのは20世紀初頭の米国の心理学者たちであったこと,
また精神分析の知見を取り込もうとする努力が心理学発展のひとつの原動力であったことも事実です。
良くも悪くも精神分析をぬきにして20世紀心理学の歴史を語ることは困難でしょう。

ゲシュタルト心理学は20世紀後半の社会心理学や認知心理学に大きな影響を与えつつ
すでに歴史的使命を終えたというのが一般的な見方ですが,
その理念はギブソンやナイサーらの生態学的視点に受け継がれています。

ワトソンが旗揚げした狭義の行動主義はセンセーショナルなわりに短命でしたが,
これを受け継いだ新行動主義が20世紀中葉の支配的パラダイムであったことは誰もが認めると思います。

20世紀最後の四半世紀は認知心理学が一躍主役の座に躍り出ました。
一部に誤解があるようですが,
認知心理学は新行動主義を否定してそれに取って代わったわけではなく,
実際には新行動主義から多くのものを受け継いでいます。

認知心理学は情報科学の発展を背景として
ゲシュタルト心理学,新行動主義,
そしてピアジェやバートレットのようなインディーズ系!の流れが合流して生まれたものと見るべきでしょう。

人間性心理学はもともと学派としての体を成しておらず,
一部は70年代以降,ニューエイジ・ムーヴメントと結びついてトランスパーソナル心理学へと発展しますが,
心理学界内部における影響力は限定的です。
    • good
    • 0

 心理学の2大勢力は行動主義心理学、精神分析学といわれています。

マズローは人間性心理学を上の2つに次ぐ第3勢力であると主張しています。
 まあ、一般的には行動主義心理学>精神分析学>人間性心理学といった感じでしょう。
    • good
    • 0

難しい問題ですね。

興味があったので自分なりにまとめて見ましたが、以下の考えは、あくまでも私見です。

「源流」という言葉を「歴史的に古い」という意味で解釈するなら、「構成主義(要素主義)心理学、行動主義心理学、ゲシュタルト心理学」ではないかと思います。これらはどれも“心理学”という枠組みの中で理解されており、現代の「科学」としての心理学の源流と考えられるからです。その点、精神分析は実証科学としての体をなすことを目指しておらず、前記の三者とは異質なものです。

しかし、歴史的に古いだけでなく、現在の心理学に対する貢献、という点から考えると「行動主義心理学、ゲシュタルト心理学、精神分析学」を選びます。精神分析は発祥は心理学とは別の枠組みでしたが、自己心理学や人格心理学への影響を考えると、心理学の源流の一つと考えていいだろうと思うからです。また、構成主義(要素主義)は今では方法論として用いられておりませんので、はずしても構わないと判断出来るでしょう。

他にも分け方は色々ありますね。

例えばマズローは「人間性心理学」を「行動主義・精神分析に次ぐ第3の勢力」と言っていますので、彼は心理学のメインストリームとして「行動主義・精神分析・人間性心理学」を考えていたのでしょう。

また、お書きのとおり、認知心理学の流れも見逃せません。人間の情報処理機構としての機能を明らかにしようとした発想は従来の心理学にはなかったものですし、現在の心理学で最ももてはやされているのが「認知」の枠組みだと考えられるからです。

さらに、社会心理学や発達心理学、性格研究や知能研究なども、その源はまったく独自のものです。これらも心理学の「源流」に加えてしまうと、「3大」に入れてしかるべきものの種類が膨大になり、その組み合わせも膨大になってしまいます。

というわけで、色々意見はあると思うのですが、「どのような視点から分類するか」というパースペクティブを固定しないと、答えは無限に出てきてしまいそうです。

もし、このご質問が、大学などでの課題の回答を求めるものでしたら、無難なのはsnoopinistさんがお書きの(2)ではないでしょうか?もしくは、「構成主義・行動主義・ゲシュタルト」だと思います。(もちろん、どのような授業だったか、ということにもよるとは思いますけどね…。)

ま、正直言うと、「3大源流」を絞り込むことに意味を感じないのですが。ほかにもまだまだ「源流」と呼ぶに値するものは沢山ありますので…。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理療法の3大潮流

心理療法の三大潮流は何を指すのでしょうか?

心理学の三大潮流ならゲシュタルト心理学、行動心理学、精神分析学でいいようなのですが、
心理療法の三大潮流も同様と考えてもいいのでしょうか?

心理療法なら認知行動心理療法とか来談者中心心理療法とかも大事な気がするのですが・・・

Aベストアンサー

総合病院精神科に勤務する臨床心理士です。

さて、「心理療法の三大潮流」という言葉はあまり聞いたことがありませんが、
一般的には「精神分析療法」「行動療法」「来談者中心療法」ということになるのではないでしょうか。

手元にある書籍等でソースを探してみましたが、見つけきれなかったので、
下記URL(PDFです)を参考にしてみてください。

参考URL:http://cert.shinshu-u.ac.jp/ht/csst/PDF/GAIRON1.PDF

Q「学生生活を通して得たこと」の添削お願い致します。

初めて、投稿させていただきます。

履歴書に書く「学生生活を通して得たこと」という欄にとても悩まされています。
添削、アドバイス等いただけると大変助かります。
拙い、文章ですがなにとぞよろしくお願いします。

私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました。大学の授業で展示会をすることになり私はB2パネル4枚にボールペンでイラストを描くことにしました。約半年かけての制作だったためなんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし締め切りギリギリに利き手である右手の手首を骨折してしまいボールペンを握れる状態ではなく制作が出来なくなってしまいました。なんとか反対の手で描いていきましたが思い通りに書き進めていくことができず結果、未完成のまま展示することになってしまいました。もし、私が早い段階で計画的に進めていれば締め切りギリギリよりも前に描き終わらせることが出来たのではないかと思い自分の無計画さを悔やみました。この経験から事前に計画を立てることの大切さを学びました。

こういう感じで書き進めているのですが「計画を立てる」なんていうのは普通のことだとは思うのですが思いつかなくて.....。

本当にだめな文章だとは思いますが添削、アドバイス等何でも構いませんのでどうぞよろしくお願いします。

初めて、投稿させていただきます。

履歴書に書く「学生生活を通して得たこと」という欄にとても悩まされています。
添削、アドバイス等いただけると大変助かります。
拙い、文章ですがなにとぞよろしくお願いします。

私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました。大学の授業で展示会をすることになり私はB2パネル4枚にボールペンでイラストを描くことにしました。約半年かけての制作だったためなんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし締め切りギリギリに利き手であ...続きを読む

Aベストアンサー

1番気になったこと。それは、
あなたは今回の経験で学んだことを、社会人としてまたは入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?


こんにちは。
就活を終えた大学4年生です。
私の回答は全部で5部構成にしており、少々長いですが最後までお付き合いいただければ幸いです。


1.アドバイス

文章の最後を「大切さを学びました。」で終わらせていますが、この終わり方はあまり良くないですね。
この手の文章で最も重要なのは、"学びました"の次にくる一言です。

その一言とは、あなたは今回の経験で学んだことを社会人として、または入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?ということ。

「~を経験し、~を学んだ。~が身に付いた」このような文章は誰でも書けます。
大事なのは、今後どうしていきたいのか。どうしていくべきなのか。というように、文末に将来を見据えた一言を入れることです。






2.添削

~~私は学生生活を通して事前に計画を立てることの大切さを学びました~~
ここで書くべき項目は"学生生活を通して得たこと"なのですから、最初の部分「私は~通して」は書かなくても大丈夫です。

~~大学の授業~~
大学なのですから、授業ではなく「講義」の方がいいでしょう。

~~ボールペンでイラストを描く~~
「ボールペン」は不要です。

~~約半年かけての制作~~
「約」などという曖昧な表現は絶対にダメです。
また、半年なら"6か月"、半月なら"15日"というように、数字で表現した方が説得力が増します。

~~ギリギリに利き手である右手の手首を骨折してしまい~~
「ギリギリ」は「直前」という言葉に替えましょう。
「利き手である右手」は不要ですね。書くとしても「利き手を骨折」だけで十分です。


~~もし、私が早い段階で計画的に~~
「もし、」というのは不要です。

**全体的に**
一文一文が長すぎる個所もあるので、句読点もっと意識した方がいいです。


3.文章構成について



文章構成の基本は「起承転結」です。

起:学生生活を通して得たことは何なのか。
承:具体例や経験談。
転:その後どうしたのか。
結:学生生活を通して得たことは何なのか。それを今後どう活かしていきたいのか。

ですが、今のあなたの文章は「起承  」になっています。
「結」もあるにはあるのですが、途中で終わってしまってします(1.アドバイス参照)。

あなたが書くべき「転」とは、悔しい思いをしたあと、二の舞を踏まないようにどのように行動したのか、その行動した結果はどうだったのか。ということです。




4.修正後の文章

1~3の項目を踏まえて、あなたの文章を書きかえてみました。修正する時の参考になれば幸いです。
上記に挙げたところ以外にも、ちょくちょく修正を入れています。


事前に計画を立てることの大切さを学びました。
大学の講義で展示会をすることになり、私はイラストを描くことにしました。この時の私は、6ケ月かけての制作だったため、なんとかなるだろうと思い無計画に進めていました。しかし、締切り直前に利き手骨折してしまい、イラストを描くことが出来なくなったため、未完成のまま展示することになってしまいました。この時、早い段階で計画的に進めていれば、締切り日から余裕をもって描き終えることが出来たのではないかと思い、自分の無計画さを悔やみました。

その後は同じ思いをしないために、出題される課題やレポートは締切りより2日前に終わらせることを目標にスケジュール表を作成し、計画的に物事を進めるように心がけました。その結果、最近は展示会で感じた悔しさを感じることはなくなりました。
私はこの経験から、学んだ「事前に計画を立てることの大切さ」を活かし、入社後は~~のようにしていきたいと考えています。




5.最後に

「計画を立てるなんていうのは普通のことだとは思うのですが思いつかなくて」

それでいいんです。
今は普通なことを「普通だ」と感じ、普通のことを普通にできる、普通な人のままでいいんですよ。
たかが大学生の歳で、人よりスバ抜けたことをアピールできる人なんてそうそういるもんじゃないです。「この人すごいな」と感じたら、それはその人が説明上手なだけで、元を正せばなんてことありませんよ。



今後あなたがとるべき行動は、
1.他の回答者様の意見も併せ、今の文章を修正する。
2.面接を受ける。そこでは質問されるので、質問内容を覚えておく。
3.同じ質問をされないように内容や表現を修正する。
4.面接を受ける。そこでは質問されるので、質問内容を覚えておく。
(以下、繰り返し)

書類審査のない企業も多々あるので、そのような企業にはバンバン書類を出してください。たとえ興味なくてもです。
面接を受け、上記リストを繰り返してください。そうすれば、文章は完成系へ近づき、面接などに場慣れすることもできます。
個人的にですが、就活で最も危機感を覚えるのは、面接や試験に場慣れした他の就活生がいることです。面接などに不慣れで緊張していると、自分の100%を出し切ることが難しくなってしまいます。しかし、場慣れ人たちは100%を出し切る方法を知っているので、いい印象を与えることができます。

面接を受けた後、次の日にでも選考辞退の旨を伝えれば、悪いことは何も言われません。
ここで受ける企業は本命ではないのですから、辞退することであなたの印象が悪くなろうと関係ありません。他の企業にあなたの評判が広まるなんてことはありえません。
堂々と選考辞退しちゃってください。


書類を出すだけでなく、興味のない企業でも説明会などには参加してください。たとえ本命とは他業他社でもです。得るモノがあるはずです。

私は建設業には毛頭興味はありません。ですが、友人の付き添いで建設系企業の説明会に行ったとき、人事の人が言った言葉があります。その言葉は「我々は建物に命を吹き込む仕事をしている」というのもでした。私はその言葉を少しアレンジし、本命の製造業向けに変えた言葉をESや履歴書に必ず入れていました。偶然か否か、その後の書類選考の通過率は高かったです。


「習うより慣れろ」です。

1番気になったこと。それは、
あなたは今回の経験で学んだことを、社会人としてまたは入社後、どのような場面でどのように活かしていこうと考えていますか?


こんにちは。
就活を終えた大学4年生です。
私の回答は全部で5部構成にしており、少々長いですが最後までお付き合いいただければ幸いです。


1.アドバイス

文章の最後を「大切さを学びました。」で終わらせていますが、この終わり方はあまり良くないですね。
この手の文章で最も重要なのは、"学びました"の次にくる一言です。

その一言とは、あなた...続きを読む


人気Q&Aランキング