【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ブロック積みにアルミの支柱高さH=1800、根入れ400mm程度を立てたいのですが、ブロック積みの天端ブロックと2番目のブロックとの間に横筋があり支柱の根入れが取れません。支柱間隔は1m程度を考えています。

質問として
①ブロック積みの横筋は切断しても問題ないでしょうか。
②ブロック天端から、間口7cm程度の穴から20cm下の横筋を切るのはどのような方法があるのでしょうか。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すみませんNO2です。

CBは6段で高さ1.2mとなります、
4段なら80cmですね。お詫びして訂正します。
鉄筋は通常目地部分にいれます。
80cm位の塀で鉄筋があることから結構まじめな施工がなされているものと思います。
必ず縦筋もあるでしょう、せっかく良い施工されているものを改悪しないように
してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。フェンス基礎はCBとは別施工で考えようと思います。

お礼日時:2016/08/29 14:37

CBは何段積みですか、1.2m(4段)あれば建築基準法上の規制に掛かります。


その場合縦横とも80cm以内の間隔で配筋することが必要ですのでむやみに切断するのは
控えてください。
もし4段以下でも支柱間隔1mで鉄筋切断すると横筋の有効性がなくなります、お止めください。
また、横筋があるとすれば縦筋もあるはず、こちらとバッティングすると切断する方法はブロック解体しか
ないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CBはちょうど4段積みです。縦筋はCBとCBの間(セメントで埋めてある部分)以外にも入っているものなのでしょうか?
縦筋は気にしていませんでした、ありがとうございます。

お礼日時:2016/08/28 21:24

ブロックの積みの横筋は隣とのブロックの剛性を持たすために、何段かのピッチで入っているはずです。

したがってこれを切ることは、その下のブロックより上は砕けやすくなるわけです。

支柱はあと施工の場合、塀の面に添わせて立てるのが原則ですが、基礎からさほど高くない3段以内のところであれば、支柱と縦筋で持たすことも可能しょう。

どうしても切断するにはコアカッターという専門の機械(HCや素人の家には道具はありません)が必要になります。 
でなければ、余分なところまで壊して、ガスかのこぎりで切断です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい、回答ありがとうございます。コアカッター初耳でした勉強になりました。

お礼日時:2016/08/26 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2~3段の低いブロック塀の基礎は、深く根入れしなくても大丈夫でしょうか?

自宅外構工事にあたり、業者と打ち合わせ中で、隣地との境界を、2~3段のブロック塀とネットフェンスで施工予定です。

境界塀の施工方法を確認したところ、ブロック塀が低いこともあるのでしょうが、「基礎厚10cmで幅30cm、かぶり厚5cm、GLより5cm低い所から化粧ブロックを積む様になる」との説明を受けました。
塀は直線で、ネットフェンスもあまり高くしない予定です。
1.2m以下のブロック塀の基礎は、規正の対象外であるのは承知していまが、
このような施工方法で問題ないでしょうか?
倒壊の危険性が心配です。

基礎断面の概略図を添付しましたので、皆様、ご指導宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 確かにパッと見でも首を傾げたい施工ですね。
全体に化粧ブロック1個下げたほうが無難ですね。
 つまり図面の基礎天端がブロック1個目で、3段積みでしょうね。
確かブロック積みの根入り深さは30センチ以上取れという法律が
あったような気がしますよ。

 あるいは完全な布基礎を施工してブロックを1段積んでからフェンスを建てるというのが耐久性ではずーと上です。
 つまりGLより掘削50センチ、基礎砕石(クラッシャーランC80)厚10センチ。
 捨てコンクリート厚み10センチ、布基礎幅150mmxh40センチ(GLより100mm天端)。
 これに化粧ブロック1段積んでフェンス立て込みというのがよろしい
でしょうね。
 (質問の施工より5センチ低くなります。)

Qブロックを積むとき

ブロックを2段積みしフェンスを立てようと思っています。基礎はもう出来上がっており鉄筋がブロック2段用にもう立っております。
教えて欲しいのは
(1)鉄筋と鉄筋の間にブロックを積んでいくのか、またブロックの穴に鉄筋を通してつんでいくのかを教えてください。個人的にはブロックの穴に鉄筋を通したほうが強いのかなと思いましたがモルタルを重ねるとき、ちょっと鉄筋が邪魔になったので・・・。
(2)ブロックとブロックの間を約1センチ開けるといいますが、ブロックをたてて短いほうにモルタルをのせ、それを横にして、セットしようとするとモルタルが落ちてしまいうまく出来ません。何かコツがあるのでしょうか。モルタルはセメント1に砂3の割合で混ぜ水を加えて混ぜ合わせ、山を作っても崩れない硬さといいますか、ちょっと表現が難しですが。柔らかくしてみたのですがやはり、ずるずると落ちてしまうもので・・・。
以上2点、アドバイスいただければうれしいのですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

経験者から順序不動でお答えしますね。。

まづ道具はきちんとブロック用を使っていますか?
それとモルタルを練っておく小さめの舟(ふね:箱のことです)もありますね。 この道具の使い方とモルタルセメント量が問題です。

>セットしようとするとモルタルが落ちてしまいうまく出来ません

  これがスムーズに出来ればプロ級ですよ。 出来なくて当たり前です。
セメント量を多くして粘り気を出します。 また水の含める量は練ったあとに「ブロックごて」で適量(目地分)を漉き取って少し傾けても落ちない程度の粘性にする必要があるのです。

 これが出来たら布基礎の両端に一個ずつ据え付けてレベル合わせをして
一段目をその日のうちに全部仕上げます。
 全部で積むブロックの量が出ていませんが、私の場合は積んでジョイントモルタル充填して目地切をして、大体一日80個~100個程度施工してます。 プロは何個位積むのかな?。

>鉄筋と鉄筋の間にブロックを積んでいくのか、またブロックの穴に鉄筋を通してつんでいくのかを・・

 これは絶対ナニが何でも「ブロックとブロックの繋ぎ目に」縦筋が来るようにします。 そう施工マニュアルにも書いてあるはずです。 またそのように布基礎のではブロック積用にピッチを@400の倍数で配筋します。
 これを割付といいます。 プロのブロックやさんはこれを土木やさんにくどい様に説明します。 最悪型枠に印をつけてやったりもしていますね。
 
 なじぇなら横筋用のUブロックはジョイント部分以外ふさがっているからですし、そうでなくてもブロックの中穴に入れるよりは一個積む時間は短くなるんだよね。 400x200cx100だから中穴というアホな考えもでるがこれが
大谷石の最細目だったら一日で腰が潰れるよ。
 ああ、それと基礎にモルタルを並べるときは三列と縦の部分で5箇所でね。
先に横だけ3個分ぐらいモルタルを乗っけてからやるのが能率的ですねえ。
 終わったらジョイントに緩くしたモルタル流し込みます。
程よいころに目地切をして目地仕上げをしながらブロックを積んでいきます。
 この一連の流れ作業がスムーズにいかないとまともなブロックは積みあがりません。 
 気温が高くなっていますので目地は乾かないうちに仕上げましょう。

あとフェンスが間柱タイプなのかフリーポールタイプなのかわかりませんが建柱する場合は空モルタルを使います。
 これはフェンス屋さんの施工方法です。 この方法で柱を先に全部建てて
穴の上3センチ程度だけブロック積み用のモルタルで仕上げます。
 この状態でその日の施工をやめて柱が自立できる状態になってからフェンスパネル本体の取り付けとなります。
 この方法が一番施工能率が高いです。 やってみてください。

経験者から順序不動でお答えしますね。。

まづ道具はきちんとブロック用を使っていますか?
それとモルタルを練っておく小さめの舟(ふね:箱のことです)もありますね。 この道具の使い方とモルタルセメント量が問題です。

>セットしようとするとモルタルが落ちてしまいうまく出来ません

  これがスムーズに出来ればプロ級ですよ。 出来なくて当たり前です。
セメント量を多くして粘り気を出します。 また水の含める量は練ったあとに「ブロックごて」で適量(目地分)を漉き取って少し傾けても...続きを読む

Qブロックの穴あけ

ブロックの上に、アンカーボルトを打ちたいのですが、ブロックが割れないように、下穴をあけるには
どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

ブロックのどういう場所かわかりませんが、ハンマードリルの振動で割れるくらいの位置ですと、アンカーを叩き込んだ時の拡張(しないと利きません)でブロックが割れます。積んでいるブロックの天端でしょうか?通常ですと最上段はY(横筋)なので、水平に鉄筋が通っています。これはハンマードリルの錐では切れませんし、ちょうどセンターに通っているとも限りません。以上の理由でブロックへのアンカーボルトの打ち込みは不向きです。
何かを固定するのですよね?ビスではダメですか?コンクリートビスでしたら、下穴は3.5mm前後ですので振動ドリルで十分ですし、ブロックのどの位置でも割れる心配はまずないですよ。
どうしてもアンカーボルトでないとダメなら、ケミカルアンカーという、アンカー自体が拡がるのではなく、薬剤で固定するアンカーもあります。
ブロックのセンター近くを狙ってハンマードリルで穴あけ、鉄筋に当たったら諦めて別の位置に…。

Qセメントブロック1段にフェンス支柱用の穴をあけたい

素人ですがよろしくお願いします。
境界内側に土留め用のセメントブロックが1段で施工されています。
このブロックの下にはL型にベースコンクリートも30cm程度埋まっています。
ブロック上部の3つの穴はセメントでふさがれているようです。
この穴をふさいであるのは仮のものでたたけば簡単に空くのかと思っていたのですが、バールでたたいてもダメでした。
このブロックの上にフェンスを自作したいのですが、支柱用の柱を立てる穴を空けるのは素人では難しいものでしょうか?素人でもできる方法、また、こんな道具がいるよ!というのがあれば教えていただきたいのですが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

支柱がどのようなものかによりますが、基本的に
コンクリートブロックに穴を開けなければならないと思います。
必要な工具として、電気ドリルとコンクリートドリル(刃)が
最低必要でしょう。
そのためにはフェンスの支柱をどのように取り付けるかをよく検討して
それから工具を(特にドリルの寸法)決めるべきだと思います。

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む


人気Q&Aランキング