「材料に遺伝子組みかえのものを使ってたから回収された」っていう記事がありましたが、なぜ遺伝子組みかえのものを使うといけないんですか?
なにが人体に影響がでたりするんですか?
教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私は個人的には遺伝子組み換えは大変な問題だと考えております。

ただ、それが良いか悪いかという判断はできません。日本では人口が減少しつつありますが、世界的には増加の一途で、効率的な食料生産ができないと将来食糧不足になる。こういった観点で、遺伝子組み換えの技術を研究されている方は立派かもしれません。でもただそれが儲かるとか、こんな技術で有名になりたいとか考えて遺伝子組み換えの研究をされるのはどうかとも思います。研究者であるから人体に影響があるものを造る訳がないという意見もありましたね。本気でこう答える方は立派な方です。でもすべての研究者が立派な方かどうかは今の教育現場ですべての教師が立派であるとは限らないという場面でも想像はつくのではないでしょうか。不安な方が騒ぎたてる。それを否定する権利はありませんね。やはりちゃんと証明されていないから不安になるのは当たり前でしょう。
ここで、大変な情報があります。友人の経営者からの聞き伝えですからこの発言には責任は持てませんが、彼は事実であると言っています。遺伝子組み換えが人間にとって有害か無害かは簡単には証明できません。何故なら、子供、孫の代まで何十年もかかる人間ではわずか数年、数十年の研究では証明しようがないからです。
ところがアメリカでこんな事件がありました。遺伝子組み替えで造られたお花畑で、ハチがつくったハチミツに重大な変化が起こったのです。ハチも自分の食料として、花粉や蜜を食べますね。その花が遺伝子組み換えでつくられた花だったわけですが、この花の蜜や花粉を食べたハチ、そのハチがつくったハチミツという流れです。先程の人間の例では孫の代に行くまでに最低でも30年40年でしょう。でもハチの寿命はわずか1ヶ月なのです。ですから遺伝子組み換え作物の影響がもろに出てくるわけですね。どうなったかという具体的な詳細はわかりません。ただ、このお花畑でハチミツを作ることは禁止となり、そのニュースがアメリカ中に流れて、ブラジルのハチミツが何倍にも高騰したのです。ブラジルは真っ向から遺伝子組み換え作物には反対を表明している国なので、そこでとれるハチミツは安全で、自然のものだからです。こういったことが本当の事実だとすれば、やはり遺伝子組み換えは相当危険なものであると言わざるを得ないのではないでしょうか。それとも人間は大丈夫、それはハチの話でしょ・・なんてのんきに考えている場合ですか?
    • good
    • 0

少し誤解もあるようなので、できるだけ分かりやすく書いてみたいと思います。


今実用化され、日本に輸入が許可されている遺伝子組換え作物は、除草剤を撒いても枯れない品種か、害虫がかじると死んでしまうような品種がメインだと思います。
除草剤を撒いても枯れない品種は、特定の酵素を作る遺伝子を入れたことによって、ある除草剤を撒いても枯れず、その他の雑草は枯れてしまいます。害虫がかじると死んでしまう品種は、微生物から採った遺伝子を入れることで、作物中にあるたんぱく質が作られます。害虫(蛾の幼虫)は葉っぱや茎をかじると死んでしまいますが、人にはそのたんぱく質の受容体(結合する部分)がないので特に影響はありません。これらの作物は外国の企業によって安全性が審査され、それに合格したものがアメリカなどで販売されます。その後、日本の厚生労働省と農水省で安全性が審査され合格したものが日本への輸入が許可されているんです。
これらの審査はかなりきちんと行われているので、人体に影響が出ることはないと思います。最近騒がれているジャガイモのニューリーフプラスなどにしても、アメリカでは許可されており、日本でも審査中のはずなので、ものすごくやばいものというわけではないと思っています。
ただ日本という国の法律で、審査が済んだものでないと輸入してはいけないことになっているので、回収することになったのは仕方がないことです。遺伝子組換え作物すべてがいけないものであるとする風潮は、今後10年や50年の食料の供給を考えると見直すべき部分であると私は思います。うまく書けなかった気もしますが、こんなんでどうでしょうか?下のHPも見てくださいね。
    • good
    • 0

皆さんの回答難しいそうなんで、お子様に教えるバージョンで。



まず、なぜ遺伝子を組替えるのか?
遺伝子を組替えると、メリットが大きいんです。たとえば1.5倍の実をつけたり、干ばつにめちゃくちゃ強かったり、また、成長スピードが速くなったり。いろいろです。だから世界で“遺伝子組替え”が注目されてるんです。

でも、いいことばかりではないんです。デメリットもあります。人体に有害な物質が出来てしまったりするのです。でもこれって必ず発見されるワケじゃないんですね。メリットははっきりしてるけど、デメリットは?なんです。要はデメリットの部分の研究をしっかりせず、有害と知らずに生産されてしまう、場合があるんです(全部が全部じゃないですけど)。つまり安全性が保障されてないんですよ、組替え植物は。
厚生省はこれを恐れてるんですね。日本の食品会社も。これが現状です。
    • good
    • 0

回収騒ぎはオーザッ○に始まり、じゃ○りこ、ポテ○カと広がっているようです。


今回の回収騒ぎと遺伝子組換え食品の安全性とは別の次元の問題です。
遺伝子組換え食品は厚生労働省の安全性審査が完了し、食品としての安全性が確認された後でなければ、輸入、販売することができません(食品衛生法)。
また、農林水産省の指示により、遺伝子組換え農産物が原料として使用されている場合は
原材料「ジャガイモ(遺伝子組換え)」
原材料「ジャガイモ(遺伝子組換え不分別)」
の表示義務があります。

今回の騒ぎの元となったジャガイモ品種「ニューリーフ プラス」は害虫及びウイルス抵抗性を遺伝子組換えにより付与した品種ですが、食品としての安全性評価の申請はされているものの、まだ確認されていません。したがって輸入してはいけないものです。
また、メーカーが「ニューリーフ プラス」の混入自体を知らなかったため、「ジャガイモ(遺伝子組換え不分別)」の表示がされておらず、農林水産省の規定にも反しています。
したがって、回収は当然の措置です。

遺伝子組換え食品に対しては、安全だと考えている方もいれば、不安を感じる方もいると思います。
私は、個人的には厳正な安全性評価を経た「遺伝子組換え食品」は農薬づけの非組換え体農産物よりは安全であると考えています。しかし、その考えを「遺伝子組換え食品は危険」と主張する方々に押しつけることはできないでしょう。
遺伝子組換え農産物の環境への影響、食品としての安全性評価がきちんと行われるとともに、消費者に情報開示されることが必要です。また、消費者が選択できるように、原材料表示が徹底されることが必要でしょう。
    • good
    • 0

遺伝子組換えと一口に言ってもその内容には大きな違いがあります。


今回(じゃがりこ)のジャガイモに組み込まれていた遺伝子が何かは知りませんが、前回問題になっていたトウモロコシに組み込まれていたのはBT毒素というタンパク質の遺伝子です。このタンパク質はもともとある菌類に含まれており、鱗翅目(蝶や蛾の類)というごく一部の昆虫の体内に入ると特殊な代謝系によりその毒性を発揮して消化器に穴をあけてしまいます。しかし、それ以外の昆虫や鳥類、哺乳類などがこのタンパク質を摂取してもその特殊な代謝系がないため、まったく影響は生じません。それにこのタンパク質は組換えトウモロコシの茎や葉、花粉などでしか生産されておらず、実には含まれていないはずです。
また、植物の都合の悪い形質(すぐいたんでしまう、食べたときの風味が悪いなど)が現れるのを遺伝子組みかえにより防いでいるものもあります。この場合は何も新しいタンパク質が生産されません。
そしてもう一つは既存の植物の良い形質を作物に導入したものです。この場合も生産されるタンパク質はその他の植物で既に口にしているかもしれないものです。
導入される遺伝子、つまりDNA自体は食べても分解されるだけで何の効果も示しません。(当たり前です。牛を食べたからといって牛になったり、牛乳が出せるようになったりしては困りますからね(笑))
では、なぜ問題になるのか?
世の中には自分の知らない(理解できない)ものに恐怖を覚える人、隣の人が怖がっているとなぜか自分も怖いような気になる人、意味もなく多くの人に危機感をあおることが好きな人が多くいるからです。
そのような人たちが「知る権利」として遺伝子組換え食品かどうかを知らせるように要求しており、それが満たされないと騒ぎになる。それだけのことです。
人体に影響が出るものなら研究者も作るわけがない。
私もこの分野の研究者の卵として腹立たしい限りです。
いつかきっとこんな風潮もなくなっていくことでしょう。
    • good
    • 0

遺伝子組み換え作物は、現在の技術ではまだ、同じ物を沢山つくる事ができないのです。


つまり、新しく追加した遺伝子が、元の作物の遺伝子の何処に入るかまで制御できないので、同じ種類の作物を使って、同じ遺伝子を組み込んでも、元の作物の遺伝子のどの部分を壊すかが作るたびに不確定なので、理屈から言えば、「新しく遺伝子を追加したその株ごとに審査をしなければいけない」状況なのです。ですから、原子力発電のように実用化を急ぎすぎた技術だと言えると思います。
これが、組み換えた株を何代も増やして・・・っていうのなら、その影響もつかみやすいのですが、今、流通してるの伝子組み換え作物は、そのようには使われておらず、組み換えた株を企業から農家が買ってきて、2代目を育ててはいけないという契約を結んでいる、あるいは二代目が育たないように細工されている作物なんです。

そうではないタイプ(何代も育てて増やせる)タイプの作物もそろそろ流通し始めたようです。こちらは、影響がつかみやすいので、もう少しましな議論になると思います。
    • good
    • 0

他の回答された方々は特に触れていないようなので、追加で一つ。


遺伝子組み換え食品をなぜ生産するのかということですが、主な目的としては、「害虫駆除」にあります。
今までは、定期的に畑に農薬を散布して害虫駆除を行っていたわけですが、これは農薬散布をする人々自身の健康被害はもちろん、消費者も農薬をたくさん使われた食品に異常に過敏になっていましたよね。要するに農薬=毒と言う意識があったわけですが、農薬を散布する側としては、健康被害以外にも、それにかかるコストの問題、そして収穫量等にも影響があったわけです。
遺伝子組み換えした食品は、その食品を害虫が食べると、その害虫に対して毒として働く物質を食品自体が作り出す(この毒を産生する遺伝子が組み込まれているわけです)ことにより、農薬を散布することなく害虫は死んでしまいます。

消費者側が最も神経質になっている点は、これです。要するに、「害虫が死んでしまうような食品を人間が食べても大丈夫だという証拠はどこにあるのか?」と。当然かもしれません。

実際に今までにそんな報告はなされていませんが、こういった事の影響は孫の代ぐらいまで行かないと安全性の確認なんて出来ないでしょう。
それを買うか買わないかは人それぞれのそういったことに対する考え方次第ですが、家族を思うなら、確かな安全性の証拠が提示されるまでは避けて通りたいですね。
ですがこれだけではなく、こういった点を詳細に消費者に説明することなしに生産者が勝手に(遺伝子組み換え食品であることを隠して)販売したことにも問題が生じているわけです。信用問題ですよね。

今回のようなことで、消費者への説明義務の重要さを痛感させてもらいました。しかし消費者側もよく勉強しなければならないことを思い知らされました。
    • good
    • 0

遺伝子組替え食品(トウモロコシ、ジャガイモ)は、自然界には存在せず、人間が人工的に作りあげたものです。


従って、組み込まれた遺伝子が、人(および家畜)にどのような影響を与えるか分かりません。
そこで、食品衛生法によって、人体に無害であることが立証されるまで遺伝子が組替えられている原材料を使用することが禁じられています。
今回のお菓子は、安全性が立証されていない遺伝子組替えジャガイモを使用したという理由で回収することになった訳です。
    • good
    • 0

ニュースを見ましたが、この内容については、人体に影響…などの問題ではなく、使用されているという認識がなかった(メーカー側に)のに使用されていたため、自主回収されたものと思います。

問題が起こってからでは遅いというのが最近のニュースで色々ありましたから、ブランドイメージを保つ為に頑張っているのだと思います。
遺伝子組換え商品自身は、表示などがされていれば、今のところ問題はありません。
    • good
    • 0

今の段階では「安全の確認ができていない」という理由です。


ただその理由も少し希薄で「じゃあいつになったら安全の確認ができるの?」という感じです。
反対派の意見は「子供の代、孫の代に影響がでるかも」なのでいつまでたってもOKにはならないでしょう。
「有害」とされているカップ麺のポリエチレン(環境ホルモンに悪影響)も別に改善されていないので
「ヒステリックに叩かれてるな」と個人的には思っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝子組換え食品について

最近食品一括表示欄に(遺伝子組換えではない)と表示が見られるんですが
遺伝子組換えだと何か問題があるのでしょうか?
これは国内だけの表示であって
輸入品とかは、そういった事(遺伝子組換え品かどうか)がわからないのでしょうか?

Aベストアンサー

 遺伝子組換え食品が世に出てすでに四半世紀たっていますが、ヒトに害があると実証された例は確認されていません。最初は「急性毒性はなくても長い間に影響があるかも」なんて声も強かったんですが、さすがに四半世紀もたって何も出てこないもんで、安全性の面で反対する方はちょっと旗色が悪くなっています。今は反対派も「でも、生態系に影響するぞ」って方向に向きつつあるようですね。
 また、遺伝子組換え技術は基本的にアメリカが独占状態に近いので、下手に頼りすぎるとアメリカの穀物メジャーに胃袋を握られてしまうという危険性があります。食料は戦略物資でもありますし。日本の農家はこのあたりを危惧して反対しているんじゃないでしょうか。
 ただ、大豆やトウモロコシなんかだと、アメリカではすでに作付け面積の大半が遺伝子組換え作物になってますし、自給率一桁の日本はそこからずっと大豆やトウモロコシを輸入してるわけですから、いまさら何をという感もないわけではありません。すでに我々は随分と口にしちゃってるわけですし。

 表示のしくみは国ごとに異なりますが、わかりやすくまとめたサイトがあります。
⇒http://www.cbijapan.com/worldcontext/legislation.html#
 アメリカ以外は何らかの表示義務がある、って感じですね。ただし輸入品であっても国内流通する際は国内の法律が適用されますので、日本で売る場合は表示が必要だと思います。

 遺伝子組換え食品が世に出てすでに四半世紀たっていますが、ヒトに害があると実証された例は確認されていません。最初は「急性毒性はなくても長い間に影響があるかも」なんて声も強かったんですが、さすがに四半世紀もたって何も出てこないもんで、安全性の面で反対する方はちょっと旗色が悪くなっています。今は反対派も「でも、生態系に影響するぞ」って方向に向きつつあるようですね。
 また、遺伝子組換え技術は基本的にアメリカが独占状態に近いので、下手に頼りすぎるとアメリカの穀物メジャーに胃袋を握...続きを読む

Qスーパーや回転寿司のアナゴって海蛇のものも有るって聞いたんですけど本当なんですか?

よく会社帰りにスーパーの惣菜コーナーによって惣菜を買います。
私はアナゴが好きなのでよくアナゴの天ぷらを買います。
また回転寿司ではアナゴがお気に入りです。
友人から聞いたのですが、安い外食産業のアナゴは海蛇を使ってることが多いと聞きました。びっくりです。
確かにいかに仕入れに努力しても、中国産の養殖でも150円でアナゴの天ぷらが買えるとは思えなくなってきました
ほんとのところどうなんでしょう・・・

Aベストアンサー

確かに「海蛇」を使っているお店もあるようですよ。
と言っても爬虫類を思わせる蛇ではなく、見た目はアナゴっぽいようなウツボっぽいような和名「マルアナゴ」がその一つです。
参考URLのもあるように、煮あなご・刻みあなご・寿司だねなどにされているようです。
生物学的分類では「ウナギ目ウミヘビ科ウミヘビ属」であることから、「海蛇」と言う言葉がだけが一人歩きしてしまったのではないでしょうか(あながち間違いではないですけどね)?
市場にどれくらいの量が流通しているのかは分かりませんが、あのグロテスクな容姿(そう思わない方には失礼ですが)の蛇でなくて良かったですねぇ。

http://www.osakana-center.com/osakanaseat/017/maruanago.htm
http://www.osakana-center.com/osakanaseat/017/2.htm

Q浅漬けのもとって使い切り?!

液体の浅漬けのもとって一回(漬ける時間が短時間)でも再度使ってはいけないんですか?何故でしょうか?皆さん一回使い切りでしょうか?

Aベストアンサー

 基本は使い切りです。
 野菜って意外に雑菌の付着が多いですし、(失礼ながら)調理の際の手指からの細菌付着、空気中に存在する細菌の付着もあります。
 浅漬けの素はそもそも水分と栄養分の塊みたいなものですし、それがさまざまな雑菌によって汚染されることになりますので、扱いによっては細菌が急激に増殖する可能性もあります。
 雑菌の中にはそれなりの確率で食中毒菌も存在します。使いまわしはしないにこしたことがないと思いますよ。

Q本当は材料として使っていないのに…

「わらび餅」や「葛餅」は、本来名前の通り、蕨や葛を材料として作られるものですが、
漫画「美味しんぼ」でも指摘されたように、今ではじゃが芋などの澱粉を用い、蕨や葛を使っているのはごく少数だとか。
それでも品名に堂々と「わらび餅」「葛餅」と表記される事が何故許されるのでしょうか?
明らかな「不当表記」だと思うのですが。

かつて「蟹肉が入っていないのにカニ蒲鉾とは何ぞや」と指摘されて以降、「カニカマ」という表記は消えましたが、
材料として使っていないものを商品に堂々と謳うのは、法律で規制出来ないものでしょうか?
何故こういった状態が野放しになってるんでしょう?

回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

仰る通り、「わらび餅」に関しては安価な代替の馬鈴薯でんぷん粉で作られている場合がほとんどです。
本来の材料が手に入りにくくなり、そして大量生産が始まった時期からこのような品物が出回るようになりました。
もし歴史の浅い物でしたら政府の指導もありこのような事態は許されないでしょう。消費者を惑わせないために。(カニカマの例)

この馬鈴薯でんぷんで作ったコピー商品?が出回るようになってからかなり時が経ってしまいました。
ために、ほとんど一般の消費者は安価なわらび餅に本物の粉が使われているとは思ってはいません。本物を使えば値段が跳ね上がるということは認識していると思われます。そのような状態では法律で規制ということにはならないのではないでしょうか?(下のサイトでは通称化という言葉を使っています)
それにそれを言い出だせば「片栗粉」という名称も使えなくなってしまいます。もちろんこれも昔は「カタクリ」の根から取ったでんぷんだったのですが。

http://www.gishi.co.jp/home/faq_01a.htm

あと、もともと「くずもち」には本物の葛粉を使った半透明のとろりとした柔らかい物と、お大師さんの門前などでよく売られている小麦粉を使った灰色の固い物と両方あります。私は関東の人間ですが「くずもち」というと後者を思い浮かべますしこちらのほうが好きです。おそらくご質問者さまは関西の方ではないかと思いますが・・・

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200310/2003101900023.htm#0005

もちろん発祥は関西でしょう。
けれど、これがもう関東で「食文化」の域に達している以上、「くずもち」という名称を関西の物にだけ限定するということは出来ないと思います。
関東の物も歴史は100年くらいあるようです。

仰る通り、「わらび餅」に関しては安価な代替の馬鈴薯でんぷん粉で作られている場合がほとんどです。
本来の材料が手に入りにくくなり、そして大量生産が始まった時期からこのような品物が出回るようになりました。
もし歴史の浅い物でしたら政府の指導もありこのような事態は許されないでしょう。消費者を惑わせないために。(カニカマの例)

この馬鈴薯でんぷんで作ったコピー商品?が出回るようになってからかなり時が経ってしまいました。
ために、ほとんど一般の消費者は安価なわらび餅に本物の粉が使...続きを読む

Qスーパーのもも肉 売り物?

野方の駅近くの某スーパーで鶏もも肉を買いました。
2パック購入し、1パック200gで400円です。
ここでもも肉を買うのは2回目です。
あけてみると、どうみても捨てる部分ではないのか?と思ったので気になって質問しました。
1度買った時は偶然かなと思っていたのですが、今回2パック買って同じ部位でした。

左の方にササミの切れ端の様なものがみえます。
すべての部分が切れ端の集まりのような感じです。
今までスーパーでもも肉を買ってもこういう肉は見たことが無かったので、
大丈夫なのか知りたいです。

もし詳しい人がいれば宜しくお願いします。

味も違和感を感じる味でパサパサしています。

富士山麓 健美肉と書いてあります。

肉の写真をはります!

Aベストアンサー

たびたびすいません。
No.1回答者です。

鶏もも肉は一羽の鶏から2枚取れます。足が2本ありますからね。

その内の1枚(片足分)です。

他の回答者の方々へのお礼文を拝見しましたが、写真左側に写っているスジですが、確かにササミのスジと同じに見えますが、実はもも肉にもスジは普通にある物なんですよ。

それが目に触れる状態かどうかなだけなんです。

そんなに太いスジではないので、調理した時に口の中で気になることはないですけど。

後、包丁を入れ過ぎと言いますか、肉がヘロヘロに見えるのは、やはりさばく時の上手下手が左右しているんじゃないかと私は思います。

先ほども書きましたが、アルバイトでたくさんの鶏肉を見てきて、見栄えの良し悪しはほんと色々あります。

さばくのが不慣れだった人、知らずにもも肉のスジを取り除こうとしちゃった人、あらゆる原因が考えられますが、見る限り丸々そのまんま鶏もも肉ですから、ご心配されるような変な代物ではないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報