これからの季節に親子でハイキング! >>

スマホのホーム画面の壁紙の後ろに他のアプリの画面がうっすら残ってしまっている状態です。
再起動しても直りません。
どうしたらいいかわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

液晶やけですね。


http://topiclabo.net/yakitsuki

全画面で

の画像をループして数回再生させ、丸一日電源を切るとかで消えそうです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

液晶やけ、と言うんですか!初めて知りました^^;
ありがとうございます!試してみます

お礼日時:2016/08/28 12:09

説明は、スマフォではなく一般的な液晶画面に関してだが


原理的には変わりないので参考になる

EIZO株「液晶モニターの残像現象について」
http://www.eizo.co.jp/eizolibrary/knowledge/zanzo/

一番確実なのは、電源を切って数時間休ませる
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、そういう原理なのですね!ありがとうございます!

お礼日時:2016/08/28 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壁紙の残像が残る

XPのHOMEですが、起動時に以前使用していた壁紙(JPEG)の残像が残ります。
すでに該当のJPEGファイルは削除し、別の壁紙を設定しておりますが残ったままです。
暫く(1分くらい)表示され続けた後、本来の正しい壁紙に切り替わり
正常にデスクトップも表示されます。
この現象を回避させる方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

次のようにしてください。
1)トップ画面の右クリック→プロパティから「背景なし」に設定→OKで→再起動します。
2)立ち上がった画面で背景が無い事を確認したあと→再度希望の背景を設定し→再起動。
以上の操作で旧画面は出なくなると思います。

Q有機ELの焼きつき?

安かったので有機EL搭載スマホを購入したのですが、携帯ゲーム機のなんとかVitaやスマホのギャラクシーなんとかの有機ELの焼き付きがよく注目されているようですね。
実験動画ではしっかりと焼き付いていました(笑)
カラー有機ELディスプレイは開発当初から寿命が短いところが欠点と分かっているのに無理矢理製品化するなバカ野郎と言いたいところですが…

有機ELの焼き付きは長時間同じ画面を表示することが直接の原因では無く、有機EL素子体自体の劣化によるものという認識で間違いないでしょうか?
スクリーンセーバー等では防ぎようのないことで、気にしても仕方ないですよね。

できれば長く使いたいので防止法があればお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q/有機ELの焼き付きは長時間同じ画面を表示することが直接の原因では無く、有機EL素子体自体の劣化によるものという認識で間違いないでしょうか?

A/長時間同じ画面を表示することによって劣化が早く進むというのは正しいです。
寿命が短いからというのは、そもそも有機パネルの寿命が、焼き付きで短くなる要因でありません。
そのものの欠点です。

ずっと違う画なら、焼き付きが起きるようになるまでの寿命は、長くなります。(品質がある程度保たれます)
これは、CRTとは異なる原理ですが、基本的にプラズマでも自発光型の無機EL、有機EL(以下OLED)でも言えることで、同じ映像をずっと表示し続けると、各ドットを形成するRGBのいずれかのドット(セル)が、他のセルに比べて早く劣化するようになります。

その結果、それぞれの色素子の原色輝度のバランスが崩れ、特定の色素子が暗くなります。すると、色のバランスが周囲とは変化してしまい。焼き付き現象として現れるのです。

尚、動画ばかりを表示している場合でも、ずっと同じ色の場所がモニターのあるエリアに多ければ、焼き付きとなりますが、極端に常時同じ色でなければ、目に見えたものとはならず、焼き付けというより、全体的に色の均一性が取れなくなり、画質が悪くなる現象となります。
これは、例えば全体を一色の壁紙などにすると一部は明るく濃く、一部は暗く薄く、一部は青っぽくなどといった形になるかもしれません。それは、たいていの色差(コントラスト)を判断する機材でなければわからないと思いますけど。

これが、バックライト光源を別に持っていないモニターの宿命となります。
たとえ、それがPDPであろうが、OLEDであろうが、利用によってドットが持つ光量が徐々に落ちれば、急速に焼き付き現象が進みます。

尚、CRTのそれも、基本は同じですが、電子銃から放たれた電磁線を浴びて発光する蛍光素子(蛍光体)が、各色毎にあるのですが、特定の色ばかりが強く発光していると、蛍光素子が徐々に劣化して、周りと同じ品質の十分な光量で光らなくなることが原因です。

まあ、寿命が短いことも原因の一つです。
光源が弱くなるまでの寿命が延びれば、全体として長持ちしますから、不均一表示が始まるまでの時間は伸びます。ただ、これは焼き付きの理由ではないのです。

最後に、スクリーンセーバーなどを使えば、ある程度均一性を保てる場合がありますので、焼き付きまでの時間は、パネルの設計寿命の許す範囲で多少伸ばすことができます。また、パネルの輝度を低めに設定しておけば、発光素子の劣化速度が抑えられ、最終的な寿命は、最大輝度でずっと使い続けた場合に比べて長くなるのが一般的です。

尚、最大輝度で常に使い、スクリーンセーバーを使わない、さらにビビッドなど極端に鮮やかな色で再現する設定の場合は、標準輝度や、設計寿命の想定より若干早く、寿命が来ることもあります。

そして、現在存在する自発光型のパネルは、絶対に焼き付きを防ぐことはできず、バックライトを備えた液晶では、このような現象は発生しません。(まあ、一時的に似た症状が出ることはありますが、永久にその現象が続くことはないのがバックライト光源を使うパネルの特徴です。)

以上のようになります。

Q/有機ELの焼き付きは長時間同じ画面を表示することが直接の原因では無く、有機EL素子体自体の劣化によるものという認識で間違いないでしょうか?

A/長時間同じ画面を表示することによって劣化が早く進むというのは正しいです。
寿命が短いからというのは、そもそも有機パネルの寿命が、焼き付きで短くなる要因でありません。
そのものの欠点です。

ずっと違う画なら、焼き付きが起きるようになるまでの寿命は、長くなります。(品質がある程度保たれます)
これは、CRTとは異なる原理ですが、基本的にプラズ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較