うまみを計測する機器は有るのでしょうか。
レンタルする事は、出来るのでしょうか?
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下のメーカー及び製品が測定できます。


詳細は、各問い合わせ願います。

メーカー名:電気化学計器バイオセンサー
製品名:BSK‐1
エチルアルコール,酢酸,BODグルコース,L‐アスコルビン酸,L‐乳酸L・グルタミン酸などのバイオセンサーキット

メーカー名:浜松ホトニクス生物分野用画像解析システム
製品名:AQUACOSMOS

メーカー:モリテックス
製品名:フロースター
 蛍光マイクロプレートリコーダー
製品名:ポーラスター
 偏光蛍光マイクロプレートリコーダー
製品名:ルミスター
 化学発光マイクロプレートリコーダー

メーカー名:ヤマト科学
製品名:VS501
ATP測定器コンパクトルミ
培養・発酵用培地成分自動分析装置

レンタルは、オリックスオリエントオールなどのレンタル会社であれば、リール又はレンタルできます。
レンタル会社は、新たに購入しレンタル・リースするのが商売なので、審査などの問題がなければ、評価したレベルに応じてどんなものでもレンタル会社が新規に購入し、御社(あなた)にレンタル又はリースしてくれます。
    • good
    • 0

確か人間の舌を真似た装置はあるみたいですね。

TVで見た事があります。
ただ、レンタルってのは難しいんじゃないかと思われます。
どこのメーカなのかどんな装置なのかは残念ながら忘れました。
    • good
    • 0

何のうまみでしょうか?


食品によって、うまみ成分は全く異なります。
一般的には、昆布などのグルタミン酸ナトリウムを指すようですが。
お酒や、お茶のうまみ成分はこれとは違う物です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素材の旨みを逃がさない調理法

 肉や魚をちょっとでもおいしく調理できたらなあと思っています。
 まず、保存法についてなんですが、氷温冷蔵って言葉を聞いたことがあるんですが、実際にどういう意味なんでしょうか。それについて、わかってる部分では、0度くらいの温度帯のところへ入れて保存すること、素材の旨みをにがさないこと、ってところです。その具体的なやり方とか教えていただくとありがたいです。
 あと、真空調理も旨みを逃がさんようにする効果があるって聞いたことがあるんですが、実際のところどういうものなんでしょうか。
 二つのうちのどちらかだけでもいいですし、わかる範囲で十分ありがたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>その具体的なやり方とか教えていただくとありがたいです。

氷温冷蔵とは、氷温(氷点下であっても凍らない状態)で冷蔵保存する方法のことをいうそうです。

家庭の冷蔵庫でしたら、『チルド室』と呼ばれるものが氷温冷蔵です。
『チルド室』がなければ、その状態にするのは難しいと思いますよ。

>真空調理も旨みを逃がさんようにする効果がある

圧力鍋のことでしょうか?
圧力鍋は高温高圧で調理しますので、お料理の時間も短くて済みますし
味も染み込みやすいと思います。

他には、無水調理も素材の旨みを逃さず調理できますよ。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~koi/cook/musui.htm

肉を焼く時には、肉汁が出ないように最初に表面を焼き固めたほうが良いと思います。

魚を焼く時には、種類や旬によって焼き方は変わってきます。
脂ののった魚(旬の魚)は、脂を多く含んでいますので、
皮から焼くとちょうど良い脂の加減になります。

白身魚や川魚は淡白で脂分が少ないので、身から脂が流れないように
身から焼いたほうがいいと思います。

参考URL:http://www.pluto.dti.ne.jp/~koi/cook/musui.htm

>その具体的なやり方とか教えていただくとありがたいです。

氷温冷蔵とは、氷温(氷点下であっても凍らない状態)で冷蔵保存する方法のことをいうそうです。

家庭の冷蔵庫でしたら、『チルド室』と呼ばれるものが氷温冷蔵です。
『チルド室』がなければ、その状態にするのは難しいと思いますよ。

>真空調理も旨みを逃がさんようにする効果がある

圧力鍋のことでしょうか?
圧力鍋は高温高圧で調理しますので、お料理の時間も短くて済みますし
味も染み込みやすいと思います。

他には、無水調...続きを読む

QISO9001の計測機器校正について

これから認証を受けようという会社です。
大雑把ながら製品規格上PH7.0以上ということで製品の品質に関する部分でPH計を使用しています。
このPH計いままでは月に一度程度標準液で確認しずれていれば校正していました。
また、ハンディ式で簡易的なものでありわざわざメーカーに校正に出す必要もないと考えており今後どのように管理すればよいか悩んでいます。

検定周期は従来通りでかまわないと思うのですが、自社での検定成績書?と標準液のJCSS証明書があれば大丈夫なものでしょうか

Aベストアンサー

JIS Q9001:2000 7.6監視機器及び測定機器の管理  には十数項目の行うべき事が書かれています。これらをすべて満足する必要はあると思います。要求されていることは常識的なことばかりです。十数行の文書ですので、一度目を通されてはどうですか。ネット検索でもJISは印刷は出来ませんが、読むことは出来ます。(ご存知であれば、すいません。)
二つだけあればよいと言うものでもありません。(結果的に文書、記録が二つだけの場合もありえますが)

>自社での検定成績書?
校正の記録があればよいと思います。いつ、誰が、どの機器をどのように校正したのか等など(参考)。校正は月1回でもそのことをきちんと決めて(部門長の承認)おけばよいと思います。いままでと同じ方法をとり、万が一不具合があれば改善すればよいだけのことです。

>標準液のJCSS証明書
(PH計についての知識はありませんが)国際または国家計量基準が存在しない場合には、校正または検証に用いた基準を記録する、とあります。有効期限内?ロット?の証明書があればよいと思います。

しつこいようですが、この二つの文書、記録さえあればよいという訳ではありません。実際に管理することが大切なことと思います。(どのように管理するかをお尋ねですが。)

JIS Q9001:2000 7.6監視機器及び測定機器の管理  には十数項目の行うべき事が書かれています。これらをすべて満足する必要はあると思います。要求されていることは常識的なことばかりです。十数行の文書ですので、一度目を通されてはどうですか。ネット検索でもJISは印刷は出来ませんが、読むことは出来ます。(ご存知であれば、すいません。)
二つだけあればよいと言うものでもありません。(結果的に文書、記録が二つだけの場合もありえますが)

>自社での検定成績書?
校正の記録があればよいと思い...続きを読む

Q肉は旨み成分が少ないのに何故おいしいのか?

肉は旨み成分が少ないですよね?それなのに旨みがあるし、塩をかけると旨み成分が入ってる証拠である旨みの増幅が見られます。

肉はなんでおいしいのでしょうか

Aベストアンサー

肉には旨み成分が少ないというのは大きな間違いです。

具体的な成分は、

風味としての旨み成分=アルギニン
甘味としての旨み成分=アラニン・グリシン
代表的な旨み成分  =グルタミン酸・アスパラギン酸

などが豊富に含まれ、熟成度が増すにしたがってこの成分数値も増えていきます。

旨み成分があるからこそ、うまいと感じるのですから、なければおいしくない物になってしまいます。

Q計測機器の校正対象

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正を行なわなければならなくなり、コスト的に耐えられなくなってしまいます。
 ISO要求は校正と調整を行なう事となっていますが構成する計測器個々の構成が不可能な場合、複合機全体としての調整のみでも良いのかが解りません。
 校正対象と調整対象及びトレサビリティーなどISO要求7.6に対する論理的な正しい設定の仕方に付いて上記事例の扱いに付いて教えて頂けないでしょうか。
 あと別件になりますが、識別ラベルで以前より、校正対象外ラベルを貼るようになっていますが、貼らないものが校正対象外と識別できるので不要のように思えるのですが、何か必要な理由があるのでしょうか・・・併せて教えて頂けないでしょうか。
 宜しくお願い致します。

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正...続きを読む

Aベストアンサー

>見解の違いから指摘される事はどの様なものでしょうか又、それに対応する論理的解釈はどの様な事を備えておけば良いでしょうか。

担当官によっては何も言わない事もあれば、それで不良品の割合を
**%以下にできる根拠を示せって言われる事もあります。
統計的見地から理論的に説明できるような数値があると、第3者から見ても判りやすいので、
できれば理論武装しておくと良いでしょう。

説明できないからといって即認証取り消しになるわけではありませんので
慌てずしっかりした書類を作成して下さい。

機器の調整方法やサンプル数に変更がある場合は、ちゃんと変更履歴(理由と変更可能と判断した根拠)を
残すことをお忘れなく。

Q肉は旨み成分少なのに何故あんなにうまいのか

肉より旨み成分が多い食品はたくさんありますでもそれらよりも肉は旨みがあると思っています

何を根拠に言っているかというとグアニル酸グルタミン酸いのしん酸といった3つの主要な旨み成分がどれぐらい含まれているかといったグラフを見たからです 干し海老 ひらめ タイ 肉より旨み成分も多いですが旨みはやはり肉の方が多いし塩をかけたときに肉の方も旨みが強くなるような気がします

何故でしょうか

私の思いつく理由としては味の相乗効果が原因ではないかと思われています味の相乗効果をおこすための旨み成分のバランスが整っているのだと思います

他には人間はおいしいものを脳で判断しているため肉が好きだから旨みをよく感じるのだとか

でもこれ以外の核心を突いた理由が存在するのだと私は思っています
これ以外の理由を全ていってもらえるとありがたいです(ワガママですいません)

Aベストアンサー

>肉は旨み成分少ないのに何故あんなにうまいのか

↑私の味覚では、焼き肉やステーキなどは「タレやソース」の味付けで肉が旨いと感じるだけで、タレやソースなどで全く味付けしない焼き肉やステーキは大して旨いとは思わないです。

しかし、霜降り牛肉なんかは「脂肪の旨み」だけで肉全体が旨いと感じることはありますが、脂肪分の少ない部位の肉はタレやソースの味付けなしで食べても旨いとは思わないです。

実際、バーベキューなどで肉を焼いても「タレの違いで肉の旨みは違ってくる」ことは何度も経験してますが、何も味付けをしない焼き肉が旨いと感じたことは今まで記憶にありません。

従って、質問者様が何も味付けしない焼き肉などを旨いと感じるなら、肉に対して特別な味覚を持ってるだけではないでしょうか?

Q計測機器の誤差の書き方

計測機器の校正に関する業務に携わるものです。
すごく基礎的なことをお聞きますがお願いいたます。
計測機器の校正をおこなった後、その記録を作成します。そこで、誤差の書き方について。

例えば、ピンゲージの校正をおこなった場合。
測定器(ピンゲージ)の値が、0.300mmを示しました。
使用した標準器の値が、0.296mmを示しました。
この時、誤差は+0.004になるのでしょうか?
「-0.004」という書き方はおかしいですか?
また、試験記録に誤差と記載していますが。
誤差でも器差でも、どちらを記載してもよろしかったですか?

Aベストアンサー

ちょっと言われてる事が理解できませんが....

呼び、0.300mmのピンゲージを基準器で測定すると0.296mmだった言う事ですか?

それなら、誤差は-0.004mmです。
呼び(期待値)より実物は0.004mm小さいと言う事でしょ?

Q肉より旨み成分が多い食品はたくさんあるのに・・・・

グアニルサン グルタミン酸 いのしん酸といった主要な旨み成分の含まれた量のグラフを見ると、肉より旨み成分の多い食品としてはヒラメ タイ コンブ(圧倒的に多い) 鰹節(これも圧倒的に多い)干しえび といった感じでした

ヒラメやタイより圧倒的に肉の方が旨みがあるようなきがしますけど何故ですか

塩をかけると旨み成分が含まれている証拠である旨みの増幅もみまられます

肉は旨み成分が一種類だけでなく2種類入ってるから味の相乗効果があるとはいえど他の食品も旨み成分はふたつはいっていたりします

ワガママですが一般人の知らないような理由や肉がうまいと感じる理由を全部答えて頂けるとありがたいです
すいません。

Aベストアンサー

自由研究なのかな。
わがままはいいのだがそのデータを出されないと。遊離したアミノ酸の量ですか。
それこそ貴方が思っているだけになりますよ。
肉というのは生肉なわけ。焼いたり茹でたりすると違いますよね。それでも魚の方が味が濃いような気もします。質問者自身が肉好きで言われているだけの話にもなります。
あと肉汁という要素がありますね。
成分よりも性状になります。
極論すれば肉と魚をパウダー状にしてどうか。鰹節と肉節のどちらが美味いかなど。
謎の理由の前に、あることと感じるに至ることを考えないと。
干物の差は大きい気がしますが。死んだばかりの生の場合は熟成分解されていませんよね。熟成過程は異なります。その差を調べる事です。

Q計測機器の校正及びトレーサビリティについて

タイトルのように、計測機器の校正に関して、ありとあらゆる機器(種類別)のトレーサビリティ体系図を知りたいのです。元締めは1つの省庁ではなく、複数にまたがると思います。体系図を入手しようと思っても、結局業者の体系図になってしまい、それが本当に正確なのか、又、ある機器を校正しようとして業者へ依頼するとしても、そこが本当に”依頼しようとしている機器”の校正資格(体系図上たどり着く公的機関よりの認証)を持っているのか、判断が付きかねます。どなたか詳しい方、各分野の機器の体系図があるURLだけで結構です。お教え下さると幸いです。

Aベストアンサー

各計測器はそれぞれのメーカーで製造・校正しているわけですから、体系図が業者のもの(体系に業者が含まれるもの)になるのは当然ではないでしょうか?
メーカーはたくさんありますから、役所側から全てのメーカーを網羅する体系図を出すことは事実上不可能であると思います。

体系図や校正資格を示す証明書が本物であるかどうかは、実際に書類を入手して、書類に御墨付きを与えている公的機関に調べてもらう他ありません。

製品によっては校正資格や設備を維持するのにもお金がかかりますから、弱小業者だとインチキをしていて、それがバレて廃業した業者もあります。

Q旨み成分の種類

旨み成分は自分はいのしん酸グルタミン酸グアニルサンを知っています。これ以外に旨み成分はありますか?さらにあるとしたらそれは味の相乗効果 味の相互効果などの現象を起こせる物質化など各論を述べてもらうとありがたいです。もしですけど、もしこれら以外にあまりはっきりとした旨み成分がないとしたら旨みが少ないにも関わらず肉に塩をかけるとまるで塩を昆布にかけたときのように飛躍的に旨みがグーンと増幅するのはどうしてですか?

後もう一つ質問ありますじゃがいもの旨み成分は何ですか?

Aベストアンサー

他には、乳酸、大豆タンパクの分解したの、糀菌で分解したアミノ酸、納豆の糸のアミノ酸、等々、沢山有ります。
乳酸発酵で旨味が増すのに、糠漬け。
大豆タンパクが糀菌で分解して出来たアミノ酸を旨味の基としているのが味噌、醤油。日本人が洋食にでも何でも醤油をかけるのは、知らず知らずに旨味成分を足しているのであって、塩分を足しているのでは無い。
糀菌は今だと塩糀で浸けた物のタンパク質を分解して旨味成分のアミノ酸を作る。
納豆はアミノ酸の塊。特にあの糸はアミノ酸そのもので、糸が出ていなくてもアミノ酸量は変わらない。

残念ながら、私の頭では一つ一つのアミノ酸の名前はわからない。

おまけで、旨味調味料、今は、サトウキビから砂糖を搾った残りから、アルコールを作り、その残りから旨味調味料を作る。
テレビコマーシャルで言うサトウキビから○○○○○は、嘘ではないが、正しい表現でもない。

Q退社する間にすることって(出来る事)ってなんですか??

退社する間にすることって(出来る事)ってなんですか??

もう少しで1年目なのですが、給料体制や自分の業務外もありやめようと思っています。
入社する前に紙で最初の三ヶ月は試し期間で、その後は給料の見直しありと書かれていたのにも、初日に6ヶ月定期代をもらいました(もちろん見直しはありませんでした)。

うちの会社はない月残業代が30時間分まで支払われますが、それ以降はありません。
一日7時間労働でそれ以降は残業になりますが、一度も7時間で終わったこともないです(当たり前といえば日本では当たり前なのかもしれませんが)。

有給は一度も使ったことがありませんので、もし支払いを要求できるならしたいです。

証拠はないのですがタイムカード式なので、会社が保管はしていると思いますが、さすがにコピーをくださいと言いにくいです。

なんでもいいので助言をください、(残業は当たり前といいますが、僕はその考えこそが労働者そのものを苦しめてると思っています)会社にうらみはありませんが、受け取る権利があるものはもらうべきと強く思います。  長くなって大変申し訳ありません。

退社する間にすることって(出来る事)ってなんですか??

もう少しで1年目なのですが、給料体制や自分の業務外もありやめようと思っています。
入社する前に紙で最初の三ヶ月は試し期間で、その後は給料の見直しありと書かれていたのにも、初日に6ヶ月定期代をもらいました(もちろん見直しはありませんでした)。

うちの会社はない月残業代が30時間分まで支払われますが、それ以降はありません。
一日7時間労働でそれ以降は残業になりますが、一度も7時間で終わったこともないです(当たり前といえば日本では...続きを読む

Aベストアンサー

かなり昔の事なので覚えていないけど
初年度って有給ってあったっけ?

まぁーどちらにしても有給を現金化する事はないでしょうから
やめる前に使うのが一般的ですね

それに給料の見直しっていい方に見直しとは限らないし
これはなんともいえませんね

残業だって営業だと手当に含まれている会社も合ったりするので
その会社がどのような形になっているかにもよりますね
一日7時間?普通休憩除く8時間じゃないの?
まぁー総時間で考えた方が正しいと思う。
タイムカードがあるのなら十分証拠です。
とにかく関係機関に相談したらいいのではと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報