『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

父親に先立たれた母が亡くなり姉と二人で遺産を相続することになりました。
遺産は私と母が一緒に住んでいた築30年の木造住宅と現金です。
家の造りとしては一般的な2階建て4LDKです。これからもこの家には住んでいこうと
思っています。

築30年の古家なので土地代のみの価値しかないと思っていたのですが
姉は知り合いの不動産屋さんに聞いた話として、『あなたは今現在この家に
住んで居るので150万~200万の価値が有ると言っています』

遺産は2分割します

私→土地代500万+家150万+現金200万
姉→現金850万
というのが姉の提案です。

遺産分割の時、築30年の木造住宅に価値は有るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

NO3です。


不動産の評価額を列挙したさいに「公示価格」を忘れました。
その他にもあり、不動産には「一物一価」の原則は全くあてはまりません。
相続で得た者が「売っぱらった場合にはいくらになるのか」という考え方をしていくのが良いと思うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと教えて頂きありがとうごさいました。近々不動産屋さんに見積もりをお願いした上で、姉と相続することにしました。

大変参考になりましたm(__)m

お礼日時:2016/08/29 10:13

不動産については、第三者に売却する予定は無いようですね。



姉妹お二人が相続者であれば、単純に預貯金1/2、不動産も1/2で全てを二分割して相続するようにしたらいかがですか。

その上で、不動産部分に対する対価の1/2(お姉さんの相続分に相当)を現金でお支払いするような方法は取れないのでしょうか。

お姉さんのご提案のようであれば、そのまま逆に相続をするといっても良いのではないでしょうか。
お姉さん→土地代500万+家150万+現金200万
あなた→現金850万

お姉さんは、あなたに対して提示した内容ですから、これで飲めるのですよね。
    • good
    • 0

価値というのは、様々なとらえ方があります。



あなたは家に実際に住んでいるので、それは住まいとしての価値があるから、ということになります。
しかし、中古住宅の売買として考えるなら、築30年の木造は価値ゼロとして、土地のみの価格で売られていることはよくあります。

今すぐ引っ越しをするとして、家賃5万のアパートに2年半住み続けると総額150万円です。家に住み続けると、その分の家賃は浮きます。
一方、自宅の土地建物をすぐに売った場合、建物に値段をつけて売ることはなかなか難しいと思います。

姉の知り合いの不動産業者に聞くだけでなく、自分でも他に不動産業者を見つけて、査定して貰ったらいかがでしょう。

姉の提案を鵜呑みにするのではなく、自分で考えた金額を姉に逆提案されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『逆提案』 そうですね、そういう事も必要だと思いました。
ありがとうございますm(__)m

お礼日時:2016/08/31 12:15

市役所に行き、家の評価額が解ります。


その他でも調べてください。
姉と貴女は仲が悪いのでしょ!
公正証書に残すことをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)m
遺産相続の話が出るまでは家族ぐるみで仲良く付き合ってきたつもりですが、今回の姉の口調や態度に戸惑いを感じました。
市役所にも足を運んで、この先もわだかまりなく付き合えるように話し合いたいと思います。

お礼日時:2016/08/31 12:09

「築30年の木造住宅」は少なくとも無価値ではないですよ。


仮に誰も住まない家だとして、「この家をただで貸します」としたら、多くの方が希望してくるはずです。
つまり無価値ではないんです。

土地建物を不動産と言いますが、不動産の評価額は一つではありません。
1、簿価(買った額から減価償却費を引いた残額)
2、時価(実際に取引されうる額)
3、固定資産税評価額
4、相続財産評価通達による評価(相続税算出に使用)
5、不動産鑑定士による評価額

遺産分割協議で上記のどの評価額を採用するかは、相続人の自由です。
2または5が良いと思います。

現実的には「遺産として残されてる土地と建物」を一緒に相続する人がいるわけです。
土地は姉、家は妹が相続するという話ではないでしょう。
遺産に現金がありますので、土地建物の評価額が、まともに現金の分配率に変化を与えます。

不動産鑑定士に依頼しても良いですが報酬が必要となります。
お金をかけないでする方法として、数件の不動産屋に「いくらなら買うか」を聞いてみることです。
むろん売る気もないのに聞くのは、相手にとっても迷惑な話ですから、多少のお礼をする条件提示も必要です。
今売るとしたらの金額を「土地建物の時価」として遺産分割されれば、双方に異議が出にくいと思います。


数件の不動産屋が「土地建物合わせて1千万円」「同、1、100万円」「同、900万円」と出したとします。
平均すれば1千万円です。
これに現金1,050万円を足して合計して2、050万円が遺産の時価。

家を相続する人が「家と25万円の現金を相続する」
もう一人の相続人が「現金1,025万円を相続する」
というように分割することができます。

要点は
「今、実際にいくらなら売れるか」を確定させること。
そのためには不動産屋に聞くのが最も早く、確実です。
不動産鑑定士の評価額は専門家が出すだけあって「なるほど」という額ですが、その額で町の不動産屋が買ってくれないのでしたら、報酬負担してまで評価額を出すのはもったいないのです。
なるべく多くの不動産屋に「買値」を付けてもらうことを推奨します。
    • good
    • 0

No1です。

 こちらが参考になるでしょう。

http://www.matsumoto-souzoku.jp/blog/koteisisann …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2016/08/28 19:11

建物に対して、固定資産税を納めているのではありませんか。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング