殻つきのまま冷凍したあさりを、解凍すると口を開くのですが、それはあさりが仮死状態で生きているからですか?
教えてください。

A 回答 (1件)

 違います(笑)


 よく言われますけどね。貝を焼くと口を開くのは、熱くなって逃げるからだって。

 実は違うんです。貝は死んでいても口を開きます。
 貝が口を閉じれるのは貝柱でくっついているから、ということはご存知だと思いますが、この貝柱は、蛋白質によって殻とくっついています。
 熱を加えると、この蛋白質に化学的変化が起きてくっつくことができなくなり、はがれてしまうんです。

 それが証拠に、焼くと「貝柱ごと外れ」ますよね? 貝は自分の意志で貝柱を殻から外すことができないので、もし熱くて口を開くんであれば、貝柱はくっついたままのはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。
貝柱とは、気づきませんでした。
子供の頃からずーっと、あさりは熱くなって口を開くのかと思ってました。

お礼日時:2001/07/02 14:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 生きたまま冷凍保存して未来へ

 生きたまま冷凍保存して未来へ
 
よくSFで人間を冷凍保存して未来で復活させるというのがありますけど
実際に(原理的に)可能なんでしょうか?
 
生きた金魚を液体窒素に付けて凍らせた後,
すぐ水に戻すと生き返るのは聞いたことあります.
 
しかし,金魚を長期間(年単位)凍らせた場合は
生き返るのでしょうか?

Aベストアンサー

マウスでの実験では、数年間の冷凍保存後の蘇生の成功例はあるそうです

蘇生後も寿命を全うし、健康に生きたそうです

冷凍保存自体は難しくないみたいですが、瞬間冷凍と解凍が難しく、マウスみたいに小さくて軽いとなんとかなりますが、人間だと瞬時に凍らせるのが大変

技術的には難しそうですが、同じほ乳類のマウスが大丈夫なら人間も不可能ではないかもしれませんね

Q冷凍睡眠は現代ですでに冷凍して眠らせるだけは可能で、解凍が難しいのだと、テレビで観たのですが…

冷凍睡眠は現代ですでに冷凍して眠らせるだけは可能で、解凍が難しいのだと、

しかし、未来の解凍技術に期待して、眠らせる…。

このような情報を、
数年前にテレビで観たのですが、

具体的に、どの国のどこがこのビジネスをおこなっているのですか?研究所の名前や、企業名、住所などを教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

冷凍睡眠ですか?
死んだ後に遺体を凍らせる人体冷凍保存のこととして話を進めます。
Cryonics Instituteというアメリカミシガン州の会社で行っています。

解凍技術は難しいですね。
生の鶏肉買ってきて鮮度がいいうちに冷凍しても、
解凍してみたら肉の質は変わってるでしょ?
それと同じ現象が人体にも起きてしまうんです。
実を言うと、精子の冷凍保存なんてよく聞きますが
解凍技術はまだまだ確立されていません。
毎年こうした方が、ああした方が、と学会で報告されています。

ちなみに金魚も完全に凍らせたら生き返りません。
デモンストレーション的にやってるのは
金魚の体表を瞬時に凍らせて仮死状態にしてるんです。
10秒以上液体窒素に漬けておいたら
ほとんどの金魚は復活しませんでした。

参考URL:http://www.cryonics.org/

Q「ヨーグルトの乳酸菌は生きていますか?」生きたまま腸に届くってどういう

「ヨーグルトの乳酸菌は生きていますか?」生きたまま腸に届くってどういうことですか?

Aベストアンサー

腸で善玉菌となって活躍するということです。でも腸に届くまでに胃液などでやられてしまうこともあるので、なるべくなら食後に食べるのが良いようですよ。

Qメダカを冷凍して、解凍する。本当にダメ?

先ほど、同旨の質問に「無理でしょう」との回答があり、こちらも投稿しようとした矢先、残念ながら質問が締め切られてしまいました。
しかし、私は可能であると考えています。
以下が先の質問に用意した回答です。同じ経験をされた方がいらっしゃったら、お知らせいただけませんか。

本当です。メダカではありませんが、フナでなら経験があります。
子供の頃、川で捕ったフナやハヤを浅い水盤などで飼っていると、真冬の朝など底までキレイに凍っていることがありました。もちろん、魚も氷詰めですが、昼頃になって氷が融けると、何事もなかったように泳いでいました。
実際、自宅の冷蔵庫で缶詰の空き缶に入れた小ブナを凍らせ、みごと解凍に成功した実績もあります。(凍った状態を母親に見つかり、こっぴどく叱られましたが。)ただし、40年近くも昔のことです。
生き物の細胞が凍ると壊れてしまうことは確かですが、体液には塩分やらアミノ酸やらたくさんの物質が含まれていますから、真水よりは凝固点が低いはずで、氷の中でも魚の身体自体は凍っておらず、同時に極めて代謝も低い状態になっていたためではないかと思います。氷の下にすむ「コマイ」という魚の例もありますしね。
ただし、上記の実験?に使用した冷蔵庫は、当時の1ドアで上の方にしょぼい「製氷室」があるタイプで、有り体に言えばなかなか凍らないし、カチカチの氷もできない。じわじわ冷えて程よく凍ったのが、成功のカギではなかったでしょうか。
今どきの「瞬間急速冷凍」とか「マイナス18度」とかいう新鋭冷蔵庫だと、やはり死んでしまいそうな気がしますね。

先ほど、同旨の質問に「無理でしょう」との回答があり、こちらも投稿しようとした矢先、残念ながら質問が締め切られてしまいました。
しかし、私は可能であると考えています。
以下が先の質問に用意した回答です。同じ経験をされた方がいらっしゃったら、お知らせいただけませんか。

本当です。メダカではありませんが、フナでなら経験があります。
子供の頃、川で捕ったフナやハヤを浅い水盤などで飼っていると、真冬の朝など底までキレイに凍っていることがありました。もちろん、魚も氷詰めですが、昼頃...続きを読む

Aベストアンサー

金魚はかなりしたたかな生き物です。外の水槽で飼育していた金魚が凍りましたが,そのままにしていたら夕方には何もなかったかのように泳いでいましたよ。さすがに冷蔵庫で凍らせることは実験していませんが… また,グッピーと一緒に飼育してい金魚は,ヒーターの故障で40℃を超える水温になった際にグッピーさんは皆さんご臨終でしたが,一層赤くなったような感じがするだけで死にはしませんでした。

赤虫等の餌をチルド室の設定温度を低くして(冷凍庫ではありません)凍らせて解凍すると生き返ります。これらは徐々に温度を下げる方が彼らは対応が出来るようです。

針葉樹等では氷点下になりますと細胞内の水分を細胞外に押し出し,細胞膜を保護し,凍結の害を防ぐ仕組みが知られています。解凍しても生きている動物にも何らかのそのような凍結被害を防止する策を持ち合わせているのかもしれません。誰か研究しているヒトいないのでしょうか。研究費が付かないか?何かの参考になりましたなら…

Qめだかを冷凍して、解凍する。

友人と話をしていました。
「めだかを家庭用の冷蔵庫で水と一緒に冷凍して、
常温で徐々に解凍しても、
めだかは生きている」
みたいな話を聞きました。

これって、本当なんですか?

Aベストアンサー

たぶん、無理でしょう。
水は凍らせると体積が膨大します。

細胞にも水が含まれますが、こうした体積変化により、細胞膜を壊したりしますので、生存は難しいでしょう


人気Q&Aランキング

おすすめ情報