『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

私は投資の超初心者なのですが、投資をしてみようかと色々資料を集めております。
その中で、投資アドバイスと有価証券投資をおまかせできる会社があると言うのを知りました。
入会金を払えば、投資に関する情報を教えてくれるというのです。
その情報に基づき、その会社が勧める信託会社を使って運用し、利益の50%を成功報酬として情報提供会社に渡すという仕組みらしいのです。
高利回りを保証してくれるとか書いてあるので大変気になってるのですが、お金を預けるので、この会社を信用していいのかどうか不安になりまして。
特に入会金を払った後に、成功報酬を支払うというのは普通の話なのでしょうか?どなたか教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 高利回りを保証してくれるとか書いてあるので大変気になってる


> のですが、お金を預けるので、この会社を信用していいのかどう
> か不安になりまして。


信用して良いとは思えません。

有価証券及び商品先物取引に関する投資顧問業は、登録業種です。
有価証券投資信託に関する助言の場合、証券投資顧問業の登録をした業者でなければ、日本国内では業を営んではなりません。

投資顧問業には、助言投資顧問と、認可投資顧問の二つがあります。
助言投資顧問業者は取引一任契約を締結してはなりません。
認可投資顧問業者が、取引一任契約を締結することが出来ます。日本における認可投資顧問業者は、投資信託などの運用会社で、個人向けに個別資産運用業務を提供している会社は寡聞にして存じません。

ご質問の内容だと、助言投資顧問業者のことではないかと想像されます。


助言投資顧問業者と認可投資顧問業者の何れも、利益、高利回り、といったものを保証することは禁止されています。

ですからまず、「保証」と書いてあったらその時点で信用できません。
登録業者ではないか、登録業者であっても法令違反をしている者です。

また、保証していると誤認するような記載がある場合にも、信用すべきではないと思います。まっとうな営業をしており、能力のある業者であれば、わざわざそのような記載で集客する必要は無いと思います。


ところで、日本の法律は特殊な場合を除いて海外に影響しません。
ですから、海外で営業している業者が、海外で立てたサイトで、日本法では違法となる業務を紹介していても、日本の公権力は及びません。
国内での宣伝等は日本国法に於いて違法と言えるかもしれませんが、罰則を適用したり業務を差し止めることは困難です。

またこの他、最近流行りの為替証拠金取引に関しては、一任売買契約、元本・利回り保証等は、それ自体を取り締まる法律が日本国内にありません。

このような理由で、合法的にご質問にあるような業務を行っている会社があることは事実です。

しかしそもそも、元本・利回り等を保証する行為の禁止が法制化された背景には、そのような保証を謳いながらけっきょく満期には債務履行できず倒産する、計画倒産する、資金だけ集めて雲隠れする、といった問題が明治時代だかに頻発したからです。
現在、元本と利息を保証して出資を募集できるのは、郵便局と銀行等の金融機関に限定されており、それぞれの業務内容や財務状況には厳しい制限が付されています。それでも破綻する銀行はありますが。


合法か非合法かの議論を除外して、信頼性だけを考えても、非合法の綱渡りをしている会社であればいつ摘発されるかわかりませんし、海外の法人なんか雲隠れされたら追いかけたり訴追することはまず不可能です。

以上のような理由から、ご説明文を読む限りですが信用するに足る会社であるとは思えません。


> 特に入会金を払った後に、成功報酬を支払うというのは普通の話
> なのでしょうか?どなたか教えていただければ幸いです。


これは、ごく普通の投資顧問会社の費用体系だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる回答をありがとうございました。

簡単に手を出そうと考えてしまっていたということが重々分かりました。
もっと、色々な会社を勉強してから始めようと思います。

海外の事まで詳細に教えていただき、誠にありがとうございました。

お礼日時:2004/07/29 09:24

投資顧問の部類ですよね。



まず、投資顧問業は、内閣総理大臣の登録を受けなければなりません。
と言え、下記サイトがHPになりますので、そこにあなたが受けようとする会社が無ければ辞めてください。
http://jsiaa.mediagalaxy.ne.jp/aramasi/index.html
第十五条 投資顧問業者は、投資顧問契約を締結したときは、遅滞なく、総理府令・大蔵省令で定めるところにより、次に掲げる事項についてその契約の内容を明らかにする書面を顧客に交付しなければならない。
 一 投資顧問業者の商号、名称又は氏名及び住所
 二 契約年月日
 三 助言の内容及び方法
 四 報酬の額及び支払の時期
 五 契約の解除に関する事項(第十七条第一項から第四項までの規定に関する事項を含む。)
 六 賠償額の予定(違約金を含む。)に関する定めがあるときは、その内容
 七 前各号に掲げるもののほか、総理府令・大蔵省令で定める事項

が締結時に届きます。
 第四章 投資一任契約に係る業務
(認可)
第二十四条 投資顧問業者は、投資一任契約に係る業務を行おうとするときは、その行おうとする業務の内容及び方法を定めて、内閣総理大臣の認可を受けなければならない。

とあるため、一任勘定取引は合法である企業もあります。

ただ、元本保証、高利回りを保証と謳っているのであれば、明らかに違法行為になります。

普通の投資顧問
入会金を払って情報を受けるのは、どこも同じです。
利益に対する報酬が50%と言うのは、かなり暴利ですね。
普通、20%~30%です。それ以上になると、あなたがやってる意味がありません。
彼らはこれで食っているのです。
証券会社が取り次ぎ手数料を取るように。

ただ、あなたの質問から見ると、イー●ャピタ●(2回不渡りだしたという噂)、ノー●ルあたりだと思いますが。
地方の投資顧問をあたってみてもいいでしょう。
規模が小さいので、利益に対して20%の成功報酬と謳っています。登録料もソコソコです。

泰山なんてことは無いですよね?

参考URL:http://www.normanet.ne.jp/~hourei/h074eR/s610527 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
自分のお金を使うとなると、本当に色々悩んでおりましたので、大変参考になりました。
50%が暴利だというのが、わかっただけでもありがたいことです。
違う会社を探してみようかと思います。
ちなみに泰山ではありません(笑)。

お礼日時:2004/07/29 09:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング