学校の研究室でLINUXマシンを与えられたんですが、
スーパーユーザーが教授とかなので、
make install でソフトをインストールすると
権利のないところにディレクトリとか作ってファイルを
置こうとしてるみたいでエラーになります。

どーしたらいんんでしょうか?
どーも教授が苦手で聞きにくいんです。

A 回答 (4件)

make installは、スーパーユーザーになる必要があります。


sudoは、使えないでしょうか?
    • good
    • 0

とりあえず自分一人で使いたい、というならば、


No.2の方のようにすればよいでしょう。

研究室の多くの人に利益をもたらしそうで、みんなに使ってもらいたいならば、
とりあえずスーパーユーザの人に
/usr/local/share/bin と /usr/local/share/lib とかいうディレクトリを
パーミッション 777 で作ってもらい、
一般ユーザがソフトをインストールするときにそこに入れるようにしとけばいいでしょう。
というか、私が学生のときはそういうふうになってました。
意外と便利ですし、憎めないいたずら(slとかいうコマンドを入れとく)もできますし;p
    • good
    • 0

インストールを行おうとするソフトの内容にもよりますが、システムに影響を及ぼさず他者がログインした場合には使用出来なくても良いのであれば、make する前に そのソフトの インストレーションconfig周りのファイルに変更を加え、インストール先ディレクトリの変更を行ったものを make し make install すれば宜しいでしょう。


その再の適切なインストール先は カレントユーザ(貴方です)のホームディレクトリに binディレクトリ を用意し、そのディレクトリに対して行うのがベストです。

また、自分のログインシェルスクリプトにPATHを追加しておくと便利ですよ。
    • good
    • 0

管理者がその教授ならその人に聞くのが一番なのでは?


(それは、学校のマシンでも会社のマシンでもそうです)

その教授にアプリケーションをインストールするので、権限をもらうか
一時的にスーパーユーザーにしてもらってはいかなでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報