社会で認識されているオーナー社長は、必ずしも株を過半数もっているかと言うと、そうでもないですよね?
では、そのオーナー社長自身は、何割程度もってるんですか?
家族でもち、トータルでやっと過半数?
一方で上場企業なら、上位何人で全体の何割までしか持ってはいけないと規定もあるんですか?
実際、それに違反して捕まった人もいるとか。

A 回答 (3件)

明確な定義はないので大雑把に説明しますが、


1/3、1/2、2/3の3段階あると言えます。
1/3あれば重要議案に関する拒否権が使え、1/2あれば通常議案の決定権があり、2/3あれば重要議案の決定権があります。
オーナー社長と呼ばれる人は少なくとも1/3の株を自由にできる状態にしている、ということです。

個人で保有する場合もあれば、親族や資産管理会社を通じて保有する場合もあります。
上場企業でも創業社長が過半数を超える株式を保有しているケースもありますが、
その辺は会社をどう成長させるかの戦略によっても異なります。
会社が大きくなればなるほど事業拡大を自己資金のみで行うことは難しく、
外部資本を入れるとその分持株比率は下がります。
また例えカリスマと呼ばれる創業社長でも見誤ることはあるわけで、何が正しいとは言いづらいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2016/09/02 04:15

では、そのオーナー社長自身は、何割程度もってるんですか?


家族でもち、トータルでやっと過半数?
   ↑
それは会社によって異なります。
一族で総て持っている会社もあるし
数%しか持っていない会社もあります。


上場企業なら、上位何人で全体の何割までしか持って
はいけないと規定もあるんですか?
   ↑
あります。
超えると上場出来ませんし、上場廃止に
なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2016/09/07 00:22

株を過半数持ってるとは限りませんね。


一例として、一族会社なら社長4割
家族で100パーセント
もあり得ます。
大企業ならば、社長が筆頭株主で一割ぐらいというのもあり得ます。
上場企業の株の所有上限は社法とかなので、法的拘束力はありません。規定はないと思われます。それどころか、公正な取引に制限をかけるとは考えにくいです。非上場の会社の場合、譲渡するのに株主総会の承認が必要な時もあります。
捕まっているのは、インサイダー取引や粉飾決算などで、株を不正に取引している為だと思います。
後、子会社は親会社の株を買えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2016/09/02 04:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大株主はそんなに強いのか?

大株主はそんなに強いのか?

私は会社経営の事などは良く分かりません。

先日、友人の会社の大株主(社長は別にいます)の話しをしていた時に

「株主が社長を解雇すると言ったら会社がどんなに実績・利益があっても
社長を解雇する事が出来る」

と言うのです。友人の会社は現社長(大株主は前社長)になってから売上も
徐々に上がって来ているそうなのですが・・・

ちなみに、他の株主は会社には出入りしていないので、現社長になってからの
頑張りなどは見ていないし、前社長にかなり好意(?)を持っているそうです。

売上さえ伸ばしていても解雇など出来るのでしょうか?

なんだか、不当解雇の様な気がしてなりません・・・

前社長(大株主)と現社長はものすごく経営方針を巡って仲が悪いらしいです。

友人は解雇後、前社長がもう一度社長の座に入ったら確実に会社は潰れるだろう。
とボヤいていました。(前社長の考え方は昭和初期いわゆる古い考え方らしいです)

潰れると分かっているのに、大株主(他の株主)の一言で現社長を解雇する事は
出来るのですか?
(ちなみに解雇理由は現社長のやり方が気に食わないからなのだそうです)

友人は結婚し、家も買い、子供も産まれ幸せそうにしているのに今から失業する事を
考えると可哀そうでなりません・・・

大株主ってそんなに偉いんですか?また、それを阻止する方法はないのですか?

大株主はそんなに強いのか?

私は会社経営の事などは良く分かりません。

先日、友人の会社の大株主(社長は別にいます)の話しをしていた時に

「株主が社長を解雇すると言ったら会社がどんなに実績・利益があっても
社長を解雇する事が出来る」

と言うのです。友人の会社は現社長(大株主は前社長)になってから売上も
徐々に上がって来ているそうなのですが・・・

ちなみに、他の株主は会社には出入りしていないので、現社長になってからの
頑張りなどは見ていないし、前社長にかなり好意(?)を持っている...続きを読む

Aベストアンサー

「社長」というのは会社に雇用されているのではありません。会社の運営を「委託」されているのです。「雇用」ではありませんからやめさせるのは「解雇」ではありません。委託契約を打ち切るということです。
「もうお宅からは買わないよ。」とか「もうお宅の携帯は使わないよ。」とか「プロバイダーはお宅をやめてよそにするよ。」と言うのと同じで、「もうお宅には頼まないよ。」と言うだけなのです。従って「不当解雇」にはあたりません。

雇用されているわけではなく委託されているのですが、では誰が経営を委託しているかというと、それは株主総会なのです。「誰に会社経営を委託するか」は株主総会で「多数決」で決まります。ただし、ここでいう「多数決」というのは人数の多い少ないではありません。持っている株式の多い少ないなのです。

株式と言うのは会社にお金を出したということです。たとえば1株が1万円だったとします。10株持っている人はその会社に10万円投資したということです。1000株持っている人は、その会社に1000万円も投資しているのです。10万円しか出さない人と1千万円出した人の発言権が同じだというのは不公平ですよね。ですから、たとえば1株につき1票の投票権を持ちます。ですから10株持っている人は株主総会で10票の投票ができますし、1千株持っている人は1千票の投票ができるわけです。

ある会社で10株持っている株主が100人いて、2千株持っている株主が1人いたとします。10株持っている人は10万円を出した人です。100人で1千万円を出しています。もう一人の株主は1人で2千万円を出しています。会社が倒産してしまうとその2千万はゴミになってしまいます。でも10万円しか出していない人は、会社が倒産しても10万円を損するだけです。
人数割りで多数決にすると、会社のお金の3分の2を出している人の意見はかき消されてしまいます。これは不合理です。ですから、株式数によって投票数が決まるようになっているのです。

2千株を持っている大株主は、株式数による多数決を行うと、絶対的な多数を持っているわけですから、社長との委託契約に関して「お宅とはもう契約しないよ。」と言うことができるわけです。

「社長」というのは会社に雇用されているのではありません。会社の運営を「委託」されているのです。「雇用」ではありませんからやめさせるのは「解雇」ではありません。委託契約を打ち切るということです。
「もうお宅からは買わないよ。」とか「もうお宅の携帯は使わないよ。」とか「プロバイダーはお宅をやめてよそにするよ。」と言うのと同じで、「もうお宅には頼まないよ。」と言うだけなのです。従って「不当解雇」にはあたりません。

雇用されているわけではなく委託されているのですが、では誰が経営を委...続きを読む

Q社長は株を少しでも持っていないといけないもの?

教えてください。
私の勤めている会社は、創業者が100%株主です。
創業者が代表取締役の座を退き、平の取締役1人を代表取締役に据えました。
しかし、新・代表取締役は1株も持っておらず、創業者が相変わらず100%株を所有しています。
代表取締役が1株も持っていなくても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

「代表取締役が1株も持っていなくても良いのでしょうか?」

もちろん、持っていなくてもよいです。
株式会社の所有者は「株主」ですが、実際の株式会社の経営は、株主総会において「取締役」を選任し、経営を「委任」します。これを「所有と経営の分離」といいます。会社と取締役の関係は「委任契約」関係にありますが、委任された取締役は、株主のために会社経営を実行し、利益を追求することになります。

Q社長を退任に追い込むには

社長を合法的に退任に追い込む方法をご教授下さい。

【背景】
・従業員の意見を聞こうとするも結果、必ずトップダウン。
・頑張っている従業員に対しても、自分の好き嫌いだけでしか評価しない。
・全従業員のモチベーションがダウン
・退職者の90%の退職理由が社長の存在
・社長の存在があるからこその売上や利益は殆どない(10%未満)
・取引先との重鎮の付き合いが、ない(むしろ人見知りする)
・経営能力がなく財務諸表もみられない
・技術屋出身ながら、会社の伝統を支えた経緯はない
(会社の未来を創った開発経験などは皆無)
・そもそも社長選出された理由は、社歴のみ(就任から1年)
(創始者(先代社長)は、若くして他界した為)
・持株については、従業員持株よりも低く全株式の10%未満(第5位)
・同族輩出でなく「たたき上げ」である。(その為会社が危機に
瀕した時は、早々に逃げ出す腹づもりが言葉の片鱗に見え隠れ)
・小心者で責任を取らなければならないケースになると謝罪でしか
解決できない無能ぶり
・従業員が主役となりうる会社行事でも口出しを欠かさない。要は、”任せる”という事を
絶対にしない、させない。(要は、社長の器でなくいわゆる営業部長的タイプで懐の深さがない)
【情報】
・業種は、IT 従業員は、80名 資本金は5000万円

以上の背景と情報より退任に追い込む方法をご教授願います。

社長を合法的に退任に追い込む方法をご教授下さい。

【背景】
・従業員の意見を聞こうとするも結果、必ずトップダウン。
・頑張っている従業員に対しても、自分の好き嫌いだけでしか評価しない。
・全従業員のモチベーションがダウン
・退職者の90%の退職理由が社長の存在
・社長の存在があるからこその売上や利益は殆どない(10%未満)
・取引先との重鎮の付き合いが、ない(むしろ人見知りする)
・経営能力がなく財務諸表もみられない
・技術屋出身ながら、会社の伝統を支えた経緯はない
(会...続きを読む

Aベストアンサー

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E5%C9%BD%BC%E8%C4%F9%CC%F2

取締役会で代表取締役の解任が第一ステップです。
サイトをご覧下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報