素人です

公転の様子は正円でもなく、また、天王星だったか公転角度もほかの惑星と異なると聞きますが
そうしたことは、省略して

太陽から地球までの距離を1とすると
太陽から惑星までの距離
水星  0.4
金星  0.7
地球  1.0
火星  1.5
木星  5.2
土星   9.6
天王星 19.2
海王星 30.1
だそうです。   手元に30cmの定規があり、海王星までこんなに遠いのかと印象。
         冥王星(惑星でない)はその先にある。

太陽から木星までの距離は、地球の5倍、土星は10倍、天王星20倍、海王星30倍
なぜか、だいたい、キリのよい倍数です

これはなぜでしょう。  5,10、20、30

そういえば15、25がないですね。冥王星公転は楕円でしょうか、それでも
平均となれば、どのあたりなのか。30の次の40?

A 回答 (5件)

ティティウス・ボーデの法則といって1766年に発見された法則です。


当時は水星・金星・地球・火星・木星・土星の6つの惑星で、軌道半径aは
a/AU=0.4+0.3×2^n
AUは天文単位で地球と太陽の平均距離。水星n=-∞、金星=0、地球=1、火星=2、木星=4、土星=5
として表されていました。
N=3の惑星がないので探索した結果、小惑星ケレスが発見されて小惑星帯があることが分かりました。
N=6や7に惑星があるのではないかということ検討され、天王星や海王星の発見に繋がっています。
小惑星帯、海王星と冥王星の関係などや、近年の系外惑星の発見とその研究から、
この法則は偶然の方に説が傾いていますね。

↓ティティウス・ボーデの法則
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深く読みました

私が最初に発見したかと興奮して投稿したのですが、250年前に先に見つけられたとは

偶然ですね、回答ありがとうございます

お礼日時:2016/09/03 17:57

こんにちは。



>太陽から木星までの距離は、地球の5倍、土星は10倍、天王星20倍、海王星30倍
なぜか、だいたい、キリのよい倍数です
これはなぜでしょう。 5,10、20、30

私は、ティティウス・ボーデの法則にも、質問者が指摘する数列「5,10、20、30」の存在にも早くから気づいており、その理由を考えていましたが、未だに答は見つかっていません。

多くの天文学者が偶然説を唱えているようですが、私は偶然とは思いません。理由があるはずだと思います。

ただ、天文学の知識や手法を駆使しても答は見つからないのではないか。これは天文学の問題ではなく数学の問題ではないか。この問題を優れた数学者にぶつければ、答を見つけてくれるのではないか。

最近は、そのように考えています。


>冥王星公転は楕円でしょうか、それでも
平均となれば、どのあたりなのか。30の次の40?

冥王星の平均公転半径は30ではなく40です。質問者が指摘する数列を考える場合、冥王星を加えて「5,10、20、30、40」で考えるべきでしょう。


※ちなみに、私は素人です。好奇心の強い科学好きに過ぎません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〔参考〕

今年1月、米国カリフォルニア工科大学の研究チームが、「海王星の外側に新たな惑星が存在する可能性がある」との予測を発表しました。

その惑星の通称は「プラネット・ナイン(Planet Nine)」。同チームによると、Planet Nineは地球の10倍程の質量。太陽から海王星までの平均距離30AUの20倍遠い軌道を回っている。つまりPlanet Nineの平均公転半径は600AU。公転周期は1万~2万年という。木星や土星などと同じガス惑星とみられる。

これは天体観測のデータに基づく予測ではなく、コンピュータ・シミュレーションに基づく予測です。5年以内に実際の天体観測で発見されるだろうとのこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2016/09/24 00:16

「天王星は公転軌道がほかの惑星が水平に公転するのに比べて角度がついていることは関係がありましょうか」について


・「公転軌道が角度がついている」とか「水平に公転する」って, どういうこと?
・これがなにと「関係がある」といっているのかな?
    • good
    • 0

じっと見ればわかりますが, 単なる「数字遊び」です. 端的なのが天王星で, 「19.2」を「20」としたところに恣意性が入っています. 普通 19.2 を整数に丸めたら 19 だよね.



ちなみに現在の学説によれば「現在たまたまこうなっているだけ」です. 過去においては違う位置にいたとされています (特に海王星は天王星よりも太陽に近い位置で誕生し, 現在の位置まで移動する過程で外部にあった小惑星群をかき集めて「冥王星族」を作ったと考えられている) し, 計算上未来においても位置は変わってしまいます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか。

天王星は公転軌道がほかの惑星が水平に公転するのに比べて角度がついていることは関係がありましょうか

冥王星族ですか、興味ある回答です、ありがとうございます

お礼日時:2016/09/09 23:39

冥王星の評判が悪いのには多くの理由がありますが、ど素人の私でも知っているのは。


1.他の惑星より楕円の比率が大きい、細長い。
2.海王星より現在太陽と近い。
3.他の惑星全てのなす平面からずれすぎている。
4.衛星カロンが大き過ぎる。なおわてらの月も大き過ぎる。
5.アメリカ人が発見した唯一の惑星だったので、アメリカ人以外誰も惑星だなどと思う気は無かった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました

お礼日時:2016/09/06 22:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかれんという名のアニメキャラ

「かれん」という名前のアニメキャラってどれだけいるのでしょうか。
現時点で自分が知っている範囲では「プリキュア5」のかれんと「反逆のルルーシュ」のカレンしか知りません。
漢字、カタカナ、ひらがな、英語、男女は問いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

黄桜可憐(有閑倶楽部)
可憐(シスタープリセス)
園宮可憐(スカイガールズ)
カレン・クラヴィウス(夜明け前より瑠璃色な)

Q木星のサイズ、天王星と海王星のサイズ

火星が地球より小さいのは、隣の木星が火星軌道方向にずれた時期に、
星になる材料を奪ったからと聞きます。
その後に、木星はいまの位置へ(外側)へ移動した。

天王星と海王星のサイズは地球より大きいですが、
大体、どういうことで、その大きさになりましたか
基本的に、その位置にある星の材料をあつめて、その大きさになったということでしょうか

Aベストアンサー

まだ、惑星がその位置で形成されたのかは、まだよく判っていませんね。
天王星型惑星は形成された位置にあったもので出来ているようですが、組成を考えると今の位置にあることが説明できていないです。
今の木星型惑星の位置で形成されたとする説があるのですが、他の惑星も含めて太陽系の形成がどのような過程を辿ったのかはまだまだ研究途上です。
Wikiの 太陽系の形成と進化 のページです↓。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB%E3%81%AE%E5%BD%A2%E6%88%90%E3%81%A8%E9%80%B2%E5%8C%96

さらに、近年、系外惑星が多く発見されていて、太陽系とは違う惑星系が多く、太陽系の形成の議論にも大きな影響を与えています。
研究が進むと、まだまだ、太陽系の形成過程は見直しや変化をしていくと考えます。

Qこのかれんな花を咲かせている植物の名前を教えて下さい。

このかれんな花を咲かせている植物の名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

恐らく 忘れ名草でしょう 違っていたらすみません

Q惑星の公転の不思議

前々から疑問に思っている事があるのですが、

例えば我々が住んでいる地球は、太陽を中心に公転しているのですが、
これって、凄くシビアなバランスを保っていると思いませんか?

地球と太陽は、引力で引き合って距離を保っていると思うのですが、
少しでも距離が変われば、加速的に引き合うか、遠心力で何処かにとばされるという事が起きそうなのですが、現実には何億年以上も
遠心力と引力のバランスを保ちながら、公転しています。

そんな惑星や月みたいな星が、太陽系だけでも20以上あると思います。
これってとても不思議です。

例えば人工衛星等は、制御が利かなくなった時点で短期間に、地球に落ちるか宇宙に飛び出す事なりますよね。


憶測でもいいです。ご意見等お聞かせ下さい。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

 
>例えば我々が住んでいる地球は、太陽を中心に公転しているのですが、
>これって、凄くシビアなバランスを保っていると思いませんか?

そのように感じられるのは自然なことで、驚異する心も重要です。しかし、天体力学的に言いますと、「凄くシビアなバランス」ではないのです。「非常に安定したバランス」なのです。

たとえ話だと、底が窪んでいるお盆のようなものを考えてください。十分に窪みが深いとします。このお盆にビー玉のような玉を入れます。最初、ビー玉はころころ転がっていますが、やがて、底の一番深い部分で止まります。

このような位置を、ポテンシャル的にもっとも低い位置と呼びます。ポテンシャルの井戸という表現もあります。この井戸の底から出ることが、例えば、地球が太陽の公転軌道から脱することを意味します。

しかし、そのためには、もの凄いエネルギーが必要になります。深い井戸から水を汲み出そうとすると、随分力がいるはずです。それと同じで、もの凄いエネルギーが地球に加わらないと、公転安定軌道というポテンシャルの井戸の底から地球は出てきません。

月が、地球の周りを公転していて、何十億年もたつのに落ちてこないというのも同じ原理です。月を地球の公転軌道から外すには、もの凄いエネルギーが必要です。地球と月のあいだの距離が、ゼロになった場合が、実は、地上にいるわたしたちの状況です。

わたしたちも、地球のまわりを公転しています。ただ、丁度、自転と同じ運動の公転なので、公転に思えないのです。地球はもの凄い速度で自転しています。そんな地球の上にいて、宇宙に吹き飛ばされないだろうかというおそれが出てきますが、大丈夫です。

地球の表面の自転=公転軌道から脱出するには、莫大なエネルギーが必要です。宇宙ロケットの発射を見られると分かりますが、大量の液化燃料をもの凄い速さで燃やして、その反動で、エネルギーを得ます。ロケットはせいぜい、数トンとか10トンというぐらいで、実際に、衛星軌道に出るのは、もっと軽くなります。

月が、地球の公転軌道から脱出しようとすると、月の質量はもの凄いですから、それに見合ったもの凄いエネルギーが必要になります。太陽のまわりの地球の公転も同じことです。

こういう風に公転運動は非常に安定しているのです。

ただし例外があります。太陽系の諸惑星が公転をし続けて行くとき、その配置で、少しづつ、特定の惑星に軌道を離れるエネルギーを与えて行き、やがて軌道から逸れるという可能性がありえるのです。また、特定の惑星配置になった時、こういうことに近いことが起こり、太陽系の公転の秩序に攪乱が生まれる可能性があります。

これについては、天体力学的な色々な手法で計算したり推定しても、極度に微小な誤差あるいは、計算上無視したファクターの影響で、何十億年間などの天体の運動がどうなるのか、正確に把握できないという事実があります(現在の安定が長期的には維持されないという可能性があるのです)。

しかし、こういうことが起こるとしても、何百万年とか何千万年という過程が必要になります。予兆があれば、現在観測で分かります。

それよりも、「衝突軌道交差」という問題があります。これは、小惑星と惑星の衝突ではなく、惑星同士が、軌道の少しづつのずれで、やがて正面衝突するのではないかという問題です。こちらも方も「ない」とは言えませんが、想像を絶する微小な確率だということでしょう。

第二に、別の恒星の接近や、別の太陽に匹敵するぐらいの質量天体の太陽系への異常接近という問題があります。例えば、現在約4光年の距離にある、アルファ・ケンタウリ星が、千天文単位ぐらいの所まで接近して通過すると、太陽系のシステムは、ばらばらに乱される可能性があります。

しかし、こういうことが起こる確率も、相当に小さなものです。

なお、人工衛星は、エネルギーは最初に与えたものが基本で、後は、慣性運動と言って、そのまま運動し続けるままにします。人工衛星の軌道は低いので、まだ大気がごく薄くあるので、大気との摩擦で、公転を維持している運動エネルギーが失われて行きます。

段々、人工衛星は、低い軌道に移って来るのです。そして高度が低くなると、大気密度はより大きくなりますから、摩擦はますます大きくなります。

衛星軌道の高度が、地表面よりも高く維持できなくなると、人工衛星は落下して来ます。ただし、「落下」というよりも、正確には、地面に対し斜めの方角から、地表面に突っ込んで衝突するのです。真上から落ちてくるのではありません。
 

 
>例えば我々が住んでいる地球は、太陽を中心に公転しているのですが、
>これって、凄くシビアなバランスを保っていると思いませんか?

そのように感じられるのは自然なことで、驚異する心も重要です。しかし、天体力学的に言いますと、「凄くシビアなバランス」ではないのです。「非常に安定したバランス」なのです。

たとえ話だと、底が窪んでいるお盆のようなものを考えてください。十分に窪みが深いとします。このお盆にビー玉のような玉を入れます。最初、ビー玉はころころ転がっていますが、...続きを読む

QKEY GOT CREWの「かれんそう」のPVに出演している女性の名前

さっきMTV観ていたらKEY GOT CREWの「かれんそう」って曲流れていました。
浴衣姿の女性がとても曲にマッチしていて良かったです。
その女性の名前分かる方いませんか?
一発でファンになりました。
どうかお願いします。

Aベストアンサー

黒宮ニイナさんという方のようです。

http://niina-blog.sideline1998.com/

http://sexy.nifty.com/cs/catalog/sexy_tdb-talent/catalog_2000023077_1.htm


↓MSNビデオでPVがフル視聴できます。
(◆ KEY GOT CREW、「夏恋想」のPVはこちら!のところから)

http://music.jp.msn.com/news/3221.htm

参考URL:http://jp.video.msn.com/v/ja-jp/v.htm

Q海王星と天王星の燃料

海王星と天王星燃料が一緒でも地球へ帰ることができるんですか?

Aベストアンサー

「海王星と天王星燃料」ってなに?

QYes!プリキュア5GoGoで教えてください。(こまちとかれんの関係)

確か、こまちとかれんがまだ呼び捨てではなく名字で呼び合っていた1年生の頃に何か学校の行事で仲良くなり呼び捨てになったと思うのですが、何でしたっけ? 社会科見学?かは分からないのですがどうして、名字で呼び合っていた頃仲良くなったのか教えてください。アニメでも、触れたと思うのですが思い出せません。お願いします。
下の画像だと思うのですが、教えてください。

Aベストアンサー

確か、もともと行くはずだったところがキャンセルになって新しい見学先をこまちとかれんが一緒にさがして、なんとか間に合わせたというお話です。

Qなぜ地球型惑星と木星型惑星に違いができたのか?

太陽系の惑星は地球型惑星と木星型惑星に大別される。そしてこれらはその大きさや構成物質等に違いが見られるが、なぜこのような違いができたのだろうか? ということを教えて下さい。。

Aベストアンサー

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重力で軽い元素を充分に引き止めておけるようになります。そして引き止めておくだけでなく、その重力によって周りの空間にある物質も引きつけ、取り込んでいくことにより大きく成長していくことになります。ということで比較的軽い物質からなる巨大な惑星ができあがることになります。これが木星型惑星です。
惑星にはもう一つ、冥王星がありますが、これはあまりに遠く且つ探査機もまだ到達していないので詳しいことはわかっていませんが、どちらの型にもあてはまらないものと考えられています。木星や土星の衛星のような氷状物質でできているというのが一般的な説です。したがって、元来は惑星ではなく海王星の衛星であったのではないかという説や、超巨大な彗星だという説があります。

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重...続きを読む

QOKWAVE七不思議ってありますか?

 皆様方に伺いたい事がございます。

 世界の七不思議、学校の七不思議等、世の中には、様々な場所で七不思議と呼ばれる現象が有りますが…、

 OKWAVE内に七不思議不思議はあるのでしょうか?

 皆様方の知識を分けてください。

Aベストアンサー

#4です。
>アレクサンドル大王の質問以来ですね。 いつも回答ありがとうございます。
おお、私のような者のことを憶えていて下さるとは光栄の至りです。
私なぞ、しがないスキマス・・いやスキマ職人に過ぎないというのに。
え? 「スキマ職人」ですか? そうですね・・まあ「ひとりスキマ産業」のような感じで捉えて下さい。
しかもユーモアのセンスを褒めて下さるとは。
私のセンスをおわかりとはお客さん中々の通ですね・・・いや、すいません、調子に乗り過ぎました(笑)
 
そういえば先日もあったのですが、私が回答を試みることにして文章を書きはじめますと、書き終わった頃には何とその質問が締め切られてしまっているという「不思議」にこれまで幾度か遭遇しております。
正直あの時のやるせなさといったらないですね。
別に質問者の方に何か落ち度がある訳でもないので、この気持ちをどこへぶつけたらいいものかと・・。
いや、ただ私が入力が遅いくせに長々と書いたりするのが原因というだけのことなんですけどね。
ぶつけるところ明らかに間違ってますけど、この際それも「七不思議」に加えて頂こうかななんて。
え? 普遍性がなくて駄目ですか?・・やっぱり(笑)

質問者さんの魅力的なテンションに触発されて再度顔を出してしまいました。失礼致しました。

#4です。
>アレクサンドル大王の質問以来ですね。 いつも回答ありがとうございます。
おお、私のような者のことを憶えていて下さるとは光栄の至りです。
私なぞ、しがないスキマス・・いやスキマ職人に過ぎないというのに。
え? 「スキマ職人」ですか? そうですね・・まあ「ひとりスキマ産業」のような感じで捉えて下さい。
しかもユーモアのセンスを褒めて下さるとは。
私のセンスをおわかりとはお客さん中々の通ですね・・・いや、すいません、調子に乗り過ぎました(笑)
 
そういえば先日もあ...続きを読む

Q最近の木星の小惑星の衝突のように何処からともなく飛来する小惑星の衝突っ

最近の木星の小惑星の衝突のように何処からともなく飛来する小惑星の衝突って予測できるのですか?
別に地球に限っていることではありません。
あと、もし予測できないのであれば、惑星規模の星がすっとんできて木星やその他太陽系の天体に衝突するというようなことは考えられるのでしょうか?

Aベストアンサー

惑星規模であれば、すでに「小惑星」とは呼べず、太陽系の仲間で、
そうした「すっとんで来る」としたら、彗星ですね。
太陽系のずっと外の方(0.1~1光年)に、太陽系をつくった残りの
物質が漂っていて、時々お互いの重力作用で、公転の運動量を失って、
太陽に向かって落ちてくる(それで加速されて(惑星にぶつからなければ)
放物線軌道をえがいて去って行く)のです。
彗星のやってくる確率は、ご存知の通りで、かつ直径は大きいもので
数十kmで、「惑星規模」となると有史以来ないほどの低い確率です
(データが0で確率も推定できません)。


人気Q&Aランキング