Jimdoでホームページを作成しました。
そしてアクセス解析のためgoogle アナリティクスに登録し、これまでのところアクセス数や検索キーワードなどの分析は順調です。

しかし、性別と年齢については、全く反応していません。
性別と年齢の項目をクリックしても、グラフは地べたを這ったように一直線のままです。
さらに上の方に「このレポートのデータの一部は、しきい値の適用時に削除された可能性があります。 詳細」という表示がでます。
「詳細」のところをクリックして、説明を読みましたが、何のことかサッパリわからず、役に立ちませんでした。

ちなみに私はJimdoで別のホームページを持っていますが、その別のホームページでは、性別・年齢が表示されます。(サマリーとして表示されます。性別・年齢をクリックしても、グラフは一直線で地べたを這ったままですが…。)

同じJimdoで、同じように設定したつもりなのですが、なぜこのような結果の違いが出るのかがわからず、戸惑っています。

そこで質問です。
Jimdoのサイトをgoogleアナリティクスを使って分析する場合、性別・年齢の解析をする際に注意すべきことはありますか?
一つのサイトでは解析結果が出るのに、もう一つのサイトでは、全く出ないのは、どうしてなのか、その原因をについて思い当たることがある方はいらっしゃいませんか?
どうすればよいのか、アドバイスを頂けますでしょうか?

jimdoでサイトを作成はしましたが、基本的にはこの分野には素人ですので、バカでもわかるようにご説明頂けると助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

データを取るのに一定数に達していないということなので、数日すれば見れるようになりますよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
でも、私がgoogleアナリティクスに登録してからもう2週間以上経過しますし、性別と年齢以外は表示されるんです。
ですから、データ不足ではないようです。
すみません、私の説明不足のようで。。。

お礼日時:2016/09/09 22:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFC2アクセス解析の保存方法について

お世話になります。

少し前にFC2アクセス解析の表示方法が変わって、検索ワードなどが表の形であらわされるようになりました。
なのでこれまでは、検索ワード等をバックアップするときは、ドラッグしてメモ帳にコピペしていたのですが、それをするとレイアウトがめちゃくちゃになり、できません。
アクセス解析のダウンロードの仕様はあるのですが、それはログのごくごく一部だけで、あとはたくさんのデータが表になってしまったので、うまくバックアップ保存できないでいます。

画面上で表になっている、FC2のアクセス解析のデータを、できるだけ簡単に保存バックアップするにはどうすればよいでしょうか。
貴重なデータの数々だし初心者だしで、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクセルかOpenOfficeCalcなどの表計算ソフトがあるならば、こんな方法はどうですか?

(1)保存したいアクセス解析の保存したい部分をマウスで選択して、右クリックでコピー
(2)エクセルを開いて、右クリックで形式を選択して貼り付け
(3)パネルがでるので「書式設定されていないテキスト」を選択
(4)区切り位置の「スペース」をチェックしてOK

これでいけないかな?
(3)は「HTML形式」を選択してもいけました

QGoogleアナリティクスに設定するウェブサイトのURLはトップページorランディングページ?

Googleアナリティクス設定画面の「プロパティの設定」に、ウェブサイトのURLを記入する項目がありますが、ここには分析したいサイトのトップページのURLを記入すべきなのでしょうか?

それとも、まさに分析したいページ(ランディングページ)のURLを記入すべきなのでしょうか?

ご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちはー
プロパティでは、トラッキングするウェブサイトのドメイン名(ほとんどの場合、トップページURL)を入力します。

目的のページを見たい場合は、サイトを見るのと同じようにページに飛ぶと解析結果がわかります。
解析についての細かい設定はビューをいじってみてくださいね。

Qエラー発生アプリケーション mmc.exe

管理ツールのイベントログを見たり、保存したりすると、管理ツールが落ちてしまいます。
何とか、落ちながら保存された、イベントログには
「エラー発生アプリケーション mmc.exe、バージョン 5.1.2600.0、エラー発生モジュール mmcndmgr.dll、バージョン 5.1.2600.0、エラー発生アドレス 0x00054e27」
とあります。
何が壊れているんでしょうか。

Aベストアンサー

mmc.exeは管理ツール。mmcndmgr.dllはそのアイコン・ファイルのようですが。回答になっていませんね。
http://www.zdnet.co.jp/magazine/pcjapan/0009/sp4/08.html

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/magazine/pcjapan/0009/sp4/08.html

Q日本語URLでアナリティクスの設定

WPでブログ運営をしています。
日本語URLのブログを新設したのですが、
Google Analytics のデータで自サイトの内部リンクを辿ったユーザーが
外部リンクからのユーザー (Referral)として判定されてしまいます。

アナリティクスが日本語URLを外部リンクと判定しているように感じますが、
セッション数や滞在時間にも影響が出ると思うので、対策を講じたいと思います。
どなたか適切な対策をご存知の方はご教授ください。

Aベストアンサー

Analyticsのトラッキングコードは、アクセスがあった際に、アクセスされたURL、ページのタイトル、参照元のURLなどの情報を「GETメソッド」でビーコンサーバーに伝えます。

その際に、トラッキングコードがビーコンサーバーに情報を飛ばすURLの長さが長すぎると、利用者には通知されない内部エラーとなる様です。

さらに、「そのサイトに始めて訪問したときの参照元URL」は、その後のアクセスでもずっと引き継がれる。

自分で制御する事が出来ません。

対策としてはurlを短くする事くらいです。

「はじめに」と言う4文字も、%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%ABと結構長くなりますから・・。

Qmultiple definitionというエラー

現在Ubuntu LinuxのgccでC言語のプログラムをやっています。

https://sourceforge.jp/projects/cc1101driver/scm/svn/blobs/2452/trunk/20140411/code.h

このツリーのcode.hに ”const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {” というコードを追加してmakeを行うと次のようなエラーが出て実行ファイルが出力されません。



(エラー内容)

---------------(中略)-----------------
gcc -o exe main.o event.o env.o audio.o task.o comm.o menu_show_status.o mount.o net.o misc.o -lpthread
event.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
env.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
audio.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
task.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
comm.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
mount.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
net.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
misc.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
collect2: error: ld returned 1 exit status
make: *** [exe] Error 1






この const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {をコメントアウト正常にビルドできるのですが、




この問題を解決するにはどうすれば良いのかご教示頂きますようお願い致します。

現在Ubuntu LinuxのgccでC言語のプログラムをやっています。

https://sourceforge.jp/projects/cc1101driver/scm/svn/blobs/2452/trunk/20140411/code.h

このツリーのcode.hに ”const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {” というコードを追加してmakeを行うと次のようなエラーが出て実行ファイルが出力されません。



(エラー内容)

---------------(中略)-----------------
gcc -o exe main.o event.o env.o audio.o task.o comm.o menu_show_status.o mount.o net.o misc.o -lpthread
event.o:(.rodat...続きを読む

Aベストアンサー

お約束の「ヘッダに実体を定義してはいけない」ってヤツです。

code.hに記述した内容はall_includes.hに適用されます。
all_includes.h内で#include "code.h"していますからね。

で、all_includes.hの内容はそれぞれ
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
つまり、code.hに記述した内容も
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
それぞれのオブジェクトファイルにPVC_TCP_SIG_CODE[100]が存在します。

リンクする段階でどのオブジェクトファイルのPVC_TCP_SIG_CODE[100]を使用したらいいのでしょうか?????
というエラーです。

extern宣言して、実体をどこかのソースファイルのみに記述する。
というのが一般的な対処方法です。
# static宣言にすればとりあえずリンクは通るかもしれませんが…無駄が出ますねぇ。
# 今回はconstなので、メモリに無駄が出るだけ…で済むかと思われますが。
http://d.hatena.ne.jp/saitodevel01/20110321/1300685958

お約束の「ヘッダに実体を定義してはいけない」ってヤツです。

code.hに記述した内容はall_includes.hに適用されます。
all_includes.h内で#include "code.h"していますからね。

で、all_includes.hの内容はそれぞれ
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
つまり、code.hに記述した内容も
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
それぞれのオブジェクトファイルにPVC_TCP_SIG_CODE[100]が存在します。...続きを読む

Qホームページ制作のSEO対策でテーブル作成はあまりよくないとお聞きしま

ホームページ制作のSEO対策でテーブル作成はあまりよくないとお聞きしますが、何故でしょうか?
私はDREAM WEAVERとFLASHを使用しています。
皆様は作成する際にどのような工夫をされていますか?

Aベストアンサー

検索ロボットがテーブルを使わない簡単なタグを好みやすいという理由もあるのではないでしょうか?
テーブルだと<tr>とか<td><tbody>とかいろいろ使用するタグがふえますよね。
それよりも<div>などで区切って外部CSSでレイアウトを設定したほうがロボットが読みやすく好むらしいと聞きました。

私も知識が浅いのであいまいな回答で申し訳ないのですが、なにかのお役にたてれば幸いです。

QCarbon Copy Cloner Error code: 51

MacBookProをCarbon Copy Clornerで外付けのHDDにBackUp(4回)しました。4回とも同じ問題で止まってしまいました。

”最終段階でバックアップ中に問題が発生しました。”

Error code: 51

でCompleteしません。
環境はOS Tiger 10.4.11, 外付けのHDDはLaCie 160GBでFirewireで接続しています。

以下にlogの問題があると思われる箇所をコピーします。
是非、解決策を教えてください。
お願いいたします。

--------------copy------------------
16:22:34Warning user about performing a destructive action.
16:22:36User chose to proceed with destructive action.
16:22:36コピー先ボリュームの所有権を有効にしています...
16:22:43コピー先ボリュームの所有権が有効になりました。
16:22:43コピー先ボリュームのアクセス制御リストが有効になりました。
16:22:43コピー元ボリュームへの排他アクセスを確認しています...
16:22:43Aborting block-level clone, starting over with file-level clone.
16:22:43検証しています...
16:22:43同期エンジンを初期化しています...
16:22:44クローンを作成しています...
18:00:24CCC はコピー先ボリュームのアクセス制御リストを有効にすることができませんでした。
18:00:26CCC はコピー先ボリュームのアクセス制御リストを有効にすることができませんでした。
18:03:11rsync error: some files/attrs were not transferred (see previous errors) (code 23) at /Volumes/Home/Users/bombich/Development/Bombich_Software/rsync-3.0.5pre2/main.c(1047) [sender=3.0.5pre2] (51)
18:03:12rsync: バックアップ中に問題が発生しました。, Error code: 51
18:03:13Sync Engine warnings: (
"rsync: set_acl: sys_acl_set_file(Volumes/iDisk, ACL_TYPE_EXTENDED): Operation not supported (45)",
"rsync: set_acl: sys_acl_set_file(Volumes/iDisk, ACL_TYPE_EXTENDED): Operation not supported (45)",
"rsync error: some files/attrs were not transferred (see previous errors) (code 23) at /Volumes/Home/Users/bombich/Development/Bombich_Software/rsync-3.0.5pre2/main.c(1047) [sender=3.0.5pre2]"
)
================================================================================

MacBookProをCarbon Copy Clornerで外付けのHDDにBackUp(4回)しました。4回とも同じ問題で止まってしまいました。

”最終段階でバックアップ中に問題が発生しました。”

Error code: 51

でCompleteしません。
環境はOS Tiger 10.4.11, 外付けのHDDはLaCie 160GBでFirewireで接続しています。

以下にlogの問題があると思われる箇所をコピーします。
是非、解決策を教えてください。
お願いいたします。

--------------copy------------------
16:22:34Warning user about performing a destru...続きを読む

Aベストアンサー

まずマルチはやめてください.

昨日も使いましたが
CCCの最新バージョンは3.1.3です.
開始前にアクセス権の修復.できればシステムディスクで起動してディスクの修復とアクセス権の修復.
LacieはGUIDパーティションですよね.
オプションでコピー先ボリュームを消去.

Q現在、HP作成業者さんがつくったホームページの更新をひきついでいるので

現在、HP作成業者さんがつくったホームページの更新をひきついでいるのですが、
DTDがStrictに設定されています。ですが、そのままだと構文エラーがいくつかでてくるんです。

なので、ためしにtransitionalにかえてみたところ、ほぼエラーがなくなることがわかりました。

現在の知識ではstrictでエラーのない構文に作り変えることが難しいため、
たちまちはtransitionalに変えて、エラーをすべて解決しようと思うのですが・・・・


SEO上strictのほうが評価が高いと聞きましたが、エラーが発生するくらいなら(さまざまなブラウザーで問題なく表示はされます。)、
いっそtransitionalでエラーなしのホームページに作りかえたほうが評価につながるでしょうか?

検索ランクが下がることを避けたいので、わかる方いらっしゃいましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

transitionalで良いと思います。
エラーを0にする必要もないと思います。

もちろん、文法通りに正しく記述されていることは評価されるべきことではありますが、エラーだらけならともかく、少数のエラーを全て解決してエラーを0にしたところで、SEO的に評価が格段にアップするというものでもありません。

HP作成者として、理想をW3C準拠とおくことは(技術者としては)評価されるべきことですが、それが本質であるかのような考えはお持ちにならない方が良いと思います。

私も、数年前にW3C準拠絶対論者と討論したことがありますが、疲れるだけです。
本当に大事なのは、HPの中身(コンテンツ)です。後、ユーザビリティなんかも…。

このユーザビリティ改善のためにW3Cに則った改善を試みるのが本来の目的であり、SEO的にも大きく評価される部分です。

多少のエラーを頑張って0にすることは余分な労力を使うだけであり、場合によってはせっかくのデザイン性を犠牲にすることにも繋がりかねません。

具体例:
tableタグでのレイアウトをCSSでレイアウトし直してスッキリとしたソースにすることはSEO的にも効果がありますが、画像で鮮やかに飾っているキャッチやバナーの部分まで頑張ってテキスト化することは、SEO的には評価されても、成約率の低下に繋がる可能性があります。

transitionalで良いと思います。
エラーを0にする必要もないと思います。

もちろん、文法通りに正しく記述されていることは評価されるべきことではありますが、エラーだらけならともかく、少数のエラーを全て解決してエラーを0にしたところで、SEO的に評価が格段にアップするというものでもありません。

HP作成者として、理想をW3C準拠とおくことは(技術者としては)評価されるべきことですが、それが本質であるかのような考えはお持ちにならない方が良いと思います。

私も、数年前にW3C準拠絶対論者と討論...続きを読む

Qcanon PIXUS MP600 エラーコード6B00

電源を入れると、ディスプレイにエラー 6B00 プリンタトラブルが発生しましたと表示され、それ以降まったく動作しません、プリンタカバーを開けてもプリントヘッドが交換位置に移動しません。
メーカーへは問い合わせ済みです。
出来れば、自分で修理したいのですが、推測される原因、修理方法等
教えていただけないでしょうか?
googleでcanon error 6B00で検索したところ何点かヒットしましたが、外国語でいまいちわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

英語には自信はありませんけど、大体の意味は「ヘッドの下の辺りに、何か遺物が引っかかっていることがあるので、プリンタをさかさまにして振ってみてください」で良いと思います。
実はこの作業に関しては、(別の故障の対応として)このカテで紹介しているのですが、今回のエラーに関しては無関係と考えても良いでしょう。

エラーそのものは紙送りモーターの動作不良ですが、メインの紙送りではなく、シートフィーダー内のモーターのようです。
原因としてはモーター不良か、メイン基板の不良になるようです。
実はモーター単品の部品設定は無く、シートフィーダーの交換になります。

おそらく、英文の案内は紙の破片がギアに噛み込んでモーターが回らないことを想定しているのでしょうけど、場所から考えてそういったものが入っていくようなところではないでしょう。
紙が詰まったときに無理矢理引き抜いたとか、エアダスターでやたらに吹きまくった等でなければ、トラブルが起こることも考えにくいですね。

このユニットを交換するためにはが外装カバーをすべて外し、メカユニット自体をおろ差無ければ出来ない作業です。
メイン基板が壊れているとしたら、廃インク吸収体の交換も必要になるケースもあります。
(No2さんが言っているパッドは正式には廃インク吸収体といって、メカユニットの下に仕込まれています。ここまでバラすのが大変です)

メイン基板に廃インクの量が記録されています。そのデーターを持ち越すことが出来ないので、一定の量(若干の余裕を持たせています)を超えていたら交換が必要になるわけです。

プリンタの修理屋です。

英語には自信はありませんけど、大体の意味は「ヘッドの下の辺りに、何か遺物が引っかかっていることがあるので、プリンタをさかさまにして振ってみてください」で良いと思います。
実はこの作業に関しては、(別の故障の対応として)このカテで紹介しているのですが、今回のエラーに関しては無関係と考えても良いでしょう。

エラーそのものは紙送りモーターの動作不良ですが、メインの紙送りではなく、シートフィーダー内のモーターのようです。
原因としてはモーター不良か、メ...続きを読む

Qホームページ作成会社を探してます。大変お恥ずかしい質問です。SEO対策には必ず費用がかかるもので

ホームページ作成会社を探してます。
大変お恥ずかしい質問です。
SEO対策には必ず費用がかかるものですか?

Aベストアンサー

費用なんて掛かりません。
先ほど書いた回答
【引用】____________ここから
 そもそもSEOを誤解されている節があります。SEO( Search Engine Optimization )とは、県産エンジン最適化という意味で、検索エンジンにそのページの内容が正確に伝わる手法・技術です。文書構造がわかるように、HTML4.01では、<h1>ここは文書の見出し</h1>、<p>ここは一つの段落</p>から始まり、それで足りないときは、<div class="header">ここはこの文書のヘッダ</div>、<div class="aside">これは主題に関係ない補足記事(検索エンジンは無視してね)</div>、<div class="navigation">ここはナビゲーション</div>のように、
★DIV要素・・は、id属性及び class属性と併用することで、文書に構造を付加( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html4 … )  してきましたね。あまり守られなかったので、HTML5では、
★文書構造を明確化するために新しい要素が追加されました。
 http://standards.mitsue.co.jp/resources/w3c/TR/h …
★【問題2】文書内に埋め込まれた「意味」が不明確( http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1008/30/n … )
 ご存知だと思いますが、ここまでがSEOの基本です。それがあって初めて検索エンジンはあるキーワードで検索されたときに、どのページがそのキーワードに対して最も適切かを提示できるのです。いわゆるSEO対策とは、結果であって目的ではない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[SEOについて - HTML | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9212912.html )]より

 ですから、<em>何をアピールしたい</em>か、どの言葉が<strong>重要</strong>かも自分ならわかりますから、自分で作成するのが、ベストなのです。さすれば、費用なんて掛からない。

SEO対策と言った時点で、そもそもおかしい「Optimization」自体に対策という意味があるのでね。
 SEOをします。という日本語でないとおかしい。営業がそんなこと言った時点で「あなたはSEOを知らない。そんな会社に頼めるか!!」

 まあ、「SEO対策」を謳っているいる時点でアウトです。

 あと技術的な問題は、その会社が製作したいくつかのウェブサイトのいくつかを
Another HTML Lint - Gateway( http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html )
 でチェックするだけで、SEOとは別に技量がわかる。・・
 無駄にjavascripを多用し、見栄えだけが良いページとか・・。誰もデザインでそのページの価値は決めていない。持ち_論検索エンジンも・・

費用なんて掛かりません。
先ほど書いた回答
【引用】____________ここから
 そもそもSEOを誤解されている節があります。SEO( Search Engine Optimization )とは、県産エンジン最適化という意味で、検索エンジンにそのページの内容が正確に伝わる手法・技術です。文書構造がわかるように、HTML4.01では、<h1>ここは文書の見出し</h1>、<p>ここは一つの段落</p>から始まり、それで足りないときは、<div class="header">ここはこの文書のヘッダ</div>、<div class="aside">これは主題に関係ない補足記...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング