私は学校の教師なのですが、空気中に窒素が存在することを証明できるような方法を探しています。酸素だとか二酸化炭素は燃焼による考察やガス検知管を使用する方法がありますが、窒素はガス検知管も無く、不活性ガスのため何かと反応させることができず、子どもたちにどのようにして存在を教えようか悩んでいます。
よい方法を教えてください。また、空気中の窒素だけを全部取り除く方法はあるのでしょうか?
実験道具はごく普通の学校にあるようなものしかありません。ご助力お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

空気を何かに入れ、その中で金属タワシを燃やすといいです。


酸素が金属タワシの鉄と結びついて酸化鉄となり、容積が小さくなります。
20%程度の気体が消えるので、袋なら縮むでしょうし、
メスシリンダーなら水位が変化するでしょう。
燃え残ったものが窒素という話ができると思います。
学校なんて書かれると答えにくいです。
小学校とか中学校とか高校と書いてくれるとよかったのに。
リチウムがあれば、水でも点火できるけど、
小中学校にはありませんね。

私は子供の頃、鉄タワシが燃えた灰が、
元のタワシより重いことにびっくりしました。灰のくせに!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

酸素を除去する事は頭にあったのですが、残った気体が窒素であることの証明ができなくて困っていました。できないのであればそれはそれで結構です

お礼日時:2001/06/26 12:19

学校にあるような、試験器具で窒素のみを除去するのは、不可能でしょうと、書いたら回答になりませんので、私のアイデアを回答します。



空気の組成は、ご存知のとおり、おおざっぱですが窒素78%、酸素21%残りの1%は炭酸ガスとしてよいでしょう。(これを仮定として提示)
まず、空気中の酸素を燃焼反応で極力、炭酸ガスに変えます。そしてダメ押しで脱酸素剤(酸化防止剤)で、ほぼ確実に酸素を除去します。
次に、炭酸ガスを、生石灰等に吸わせます。
そうすると、酸素・炭酸ガスの性質がわかっていれば、残りの気体が何かを論議できますよね。

残りの気体の性質が、反応性がなく、助燃性がないとすれば、窒素の証明になるのではないでしょうか。
たしかに、厳密にいえば、希ガスであるという可能性がありますが、ここで、大切なことは、仮定を組み立て、既知の事実で検証をし、証明をするという、科学全般の根本的な考え方を習得できるのがミソといえるのではないでしょうか。

手前ミソになった回答でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

酸素を除去した後どうしようかと思っていたのですが、舌足らずな質問をしてしまいました。

お礼日時:2001/06/26 12:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメタンガス ch4 1kgが完全燃焼する時の理論空気量は? メタンガス ch4 1kgの完全燃焼

メタンガス ch4 1kgが完全燃焼する時の理論空気量は?

メタンガス ch4 1kgの完全燃焼
ch4 + 2O2 → CO2 + H2O
この場合酸素 2m3N 必要です。
どんな理論や計算方法から、
酸素が2m3Nが必要なんでしょうか?
素人にわかるように解説願います

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
1級ボイラー技士の平成21年度後期B、問4の問題は、メタン(CH4)1m3Nを完全燃焼する場合の理論空気量を求める問題です。
したがって、質問文のCH4 1kgとは条件が異なります。
CH4 1m3Nを完全燃焼させる酸素量は、CH4 1molに対して、酸素(O2)2molですから、気積はCH4の2倍となります。
したがって、酸素(O2)は2m3Nとなります。
理論空気量は、酸素濃度21%で算出するので、理論空気量=2/0.21≒9.5m3Nとなります。
もとの問題は、CH4の気積が与えられているので、反応式から、CH4に対して2倍の酸素が必要な事と、理論空気量に対する酸素の割合がわかれば、解くことが可能です。

Q窒素は燃焼しないんですか?

窒素は燃焼しないんですよね?理由などお分かりになる方教えて下さい。

Aベストアンサー

 窒素は必ずしも燃焼しない訳ではありません。
 1000℃前後か、それ以上の高温になると、空気中の窒素と酸素の一部が化合して、二酸化窒素(四酸化二窒素)等の窒素酸化物が発生します。
 但し、窒素と酸素から窒素酸化物が生じる反応は、吸熱反応といって、(燃料の燃焼の様にエネルギーが発生する反応とは逆に)エネルギーを消費する反応であるため、反応が進む程、温度が低下してしまいます。
 前述の様に、窒素と酸素から窒素酸化物が生じる反応は、高温でなければ反応が進みませんから、反応が進む程、反応が進む温度ではなくなって行きます。

Q可燃性ガス検知器について

 こんばんは。
 職場に有る可燃性ガス検知器の説明書を読んでいて疑問に思ったことについて教えてください。
 この検知器は可燃性ガスを測定できるのですが、測定対象となるガスが『イソブタン』と書いてあります。イソブタン自体がいまいちよく分からないのですが、この検知器ではブタンやメタンなどの他のガスは測定できないということでしょうか?他の製品の説明をメーカーのホームページで見ても、簡易のものはイソブタンを測定の対象としているものが多いように思いますが、イソブタンはそんなに一般的な気体なのでしょうか?
 化学の知識に乏しいため、的外れな質問をしているのかもしれませんが、どなたか詳しい方がおられましたら、回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

接触燃焼型というのは,ハクキンカイロのようなものが原理です.
ハクキンカイロは,燃料を触媒上でゆっくりと燃やして熱を発生させる携帯カイロです.燃料はベンジンとかを使い,空気中の酸素と職場以上で反応して (つまり燃えて) 発熱するわけです.
この原理をガスセンサーに使います.つまり,センサーの触媒上で可燃性ガスが酸素と反応して燃え (酸化され) ます (なので,接触燃焼式という).このときに熱が出ます.熱量はわずかですが,センサーの温度自体はこれで変化するので,この温度変化を測定します.ガス濃度が高ければ温度が大きく変化するわけです.
ということは,触媒上で酸化がおこるものはすべて検出されます.選択性が低いというのはそういうことです.そして,ガスが違えば燃える速度も,燃えたときに発生する熱量も違います.これがガス種による感度の違いのもとになります.
ということで,ガス種を指定しないと目盛りが打てません.違うガス種がまざったら,検知器の数値は目安以上の意味を持ちませんし,完全に違うガス種に対しては,数字が出ているから何かあるんだろうなあ,というくらいにしか判断できなくなる可能性もあるわけです.

接触燃焼型というのは,ハクキンカイロのようなものが原理です.
ハクキンカイロは,燃料を触媒上でゆっくりと燃やして熱を発生させる携帯カイロです.燃料はベンジンとかを使い,空気中の酸素と職場以上で反応して (つまり燃えて) 発熱するわけです.
この原理をガスセンサーに使います.つまり,センサーの触媒上で可燃性ガスが酸素と反応して燃え (酸化され) ます (なので,接触燃焼式という).このときに熱が出ます.熱量はわずかですが,センサーの温度自体はこれで変化するので,この温度変化を測定します...続きを読む

Q液体窒素を入れるための管

真空蒸着のために液体窒素をトラップに使いたいと考えています。
液体窒素を入れるための管に金属管を使うことは分かっているのですが、加工等の問題からゴム管を使用したいと考えています。
そこでゴム特性について調べているのですが、なるべく劣化に耐えられるゴムの種類について教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ゴムでは低温に耐えられませんので、テフロン管をお奨めしてみます。これなら極低温にも耐えられる製品があります。フッ素樹脂ですので加工も簡単です。金属管と同様な接続継ぎ手もありますので検討してみてはいかがでしょう。

Q空気が酸素と窒素に分かれないのはなぜ?

食べ物の酸化を防ぐ保存方法で二酸化炭素を入れることを教わりました。
分子量が44で空気より重いので、ドライアイスを容器に置いておけば、下にたまるそうです。
でも、よく考えてみると酸素は16×2で32。窒素は14×2で28。酸素の方が14%も重いのに酸素は下にたまらないですよね?
部屋の天井付近で酸欠になる事ってないですよね。
アリが二酸化炭素中毒で死んだってのも聞いたことないですよね。
もっと深刻に考えると、植物の保存のしかたで発生することのある一酸化炭素って軽いから上にいくって言う人もいるけど、28だからそんな事ってないですよね。
高い山の上って酸素が少ないけど、これって酸素と窒素が分かれて窒素ばかりってわけではないですよね?
だとすると、気体は分子量の差で分かれるわけではないってことでしょうか?
もしかすると、一定温度で風が入らない箱を何日間もそっと置いとけば、酸素が下にたまっているのでしょうか?

Aベストアンサー

均一に混ざったものが、自然に分離してくることはありません。難しい言い方をすれば、エントロピーが減少する方向には変化しないと言うことになりますし、大げさな言い方をすれば、これが自然の摂理ともいえます。

ドライアイスの場合には、まず、二酸化炭素の分子量が大きいこともありますし、発生した二酸化炭素が冷たくて密度が大きくなっていることも無関係ではないでしょう。そのために、空気よりも密度がかなり大きくなっています。
したがって容器などの底にたまりやすく、たまった二酸化炭素は、撹拌しなければ、空気とは混ざりにくいということです。
しかし、混ざるのが遅いというだけで、混ざらないわけではありませんので、かき混ぜれば、簡単に混ざり合いますし、長期間放置しておくだけでも混ざり合います。
ひとたび混ざり合えば、「自然に」分離してくることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報