最近、気分が落ち着かずよく気が変ったりします。これって、精神分裂症と言われるものなのでしょうか?また、精神分裂症とはなんなのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

僕は専門家ではないのでなんともいえないですが、精神病の経験者です。

今も治っていません。自分がおかしい事に気づいているなら良くなるのは早いと思います。でも病気ではないということもあるので病気という面だけから見るのはどうかと思いますが。
ただ、ちょっと自分でコントロールが効かないというところがあるのでしょうか?どういう状態かわかりませんが、僕はいま一人の時に落ち着くということと、人のいる場所で落ち着くということに心がけてます。
僕は自分がおかしいということがわかっているので、自分一人でいてはどんどん悪くなる(人間的でなくなるというか・・・それが精神病というものかもしれないですけど)と思い、人の中に身を置くようにしてます。人の中にいることで、自分が過剰になっている部分に気づけるからです。例えば、神経が過敏になっているとか、変なところに気がいっているとか、そういう精神や体の平衡感覚というかバランスを正常な状態にもっていこうとしてます。後は深く考えすぎない事です。頭の中で作り出すときりがないですから。そのためにも外に出て気持ちを開放させたりしています。
自分の感覚って自分で分かりますよね。心の状態も。それをいつもの、または今までの自分の状態になるようにすると良いかもしれません。それから今よりひどくなったり、その事が心配になりすぎると本当に自分を見失ってしまうので、自分を大切にして、今の自分の状態を良く考えて、何かを断ったり、いまは退いてみたり、あまり無理して動こうとしないほうがいい様に思います。僕も自分の状態がおかしい時には、自分を大切にしています。こういう時こそ自分の見方になってやらないと、と思ってます。
それではあまり無理をせず、自分を大切にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/27 19:33

私も気分が落ち着かない時がありました。


これにはおそらく必ず原因があると思います。

精神分裂かどうかは専門家に聞かないとダメですが、私は「情緒不安定」の様におもいます。
なぜなら、私は以前「情緒不安定」と診断されてことがあるからです。
その時の症状と今貴方がおっしゃっている症状が似ているからです。

気が変わる・・・とは、おそらく貴方の頭の中では「こうなって、ああなって」と、気が変わっていく経緯があるのではないでしょうか?でも人に話したり行動したりするときは、1からいきなり8ぐらいまでとんでいるとか。。。

精神安定剤などお薬を飲むことも、こういった精神状態は効果的かもしれませんが、私は「どうしてこの様な気分になってしまうのか?」原因を追求し、取り除くことがいいと思います。

その他にも症状があれば別ですが、上記に書かれた「最近、気分が落ち着かずよく気が変ったりします」だけであれば、原因究明し、原因となったものを取り除く!これが一番だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/27 19:33

気分が落ち着かないのは何故でしょう。


ただ単に気分が落ち着かず良く気が変わるだけですと病気と言うほどではないと考えられます。
もし気になるようでしたら参考URLに精神分裂病に関するページをあげておきますのでご覧になってみて下さい。
幻聴、妄想、無関心、自発力の低下等が症状としてみられるようです。
貴方が質問に書かれているような症状は普段の生活の中で誰にでもある事です。
ただ、そうなる原因もありますね。
不安を感じる原因になるものです。
例えば返せない借金があるとか、約束を忘れているだとか、職場で何かあったとか、好きな異性が出来たとか、最近体の調子が悪いとか何かあると思います。
貴方が自分で落ち着かない原因をご存じなら、一番簡単なのですが、落ち着かない原因が判らないのであれば、気分を変えるために何かしてみたらどうでしょう。
散歩や、ドライブ、山や海に行ってみたりとか自分の気分を落ち着かせる方法を探ってみては如何でしょう。
最近仕事や交友関係で何か無かったか、体調は良いかどうか、落ち着いてゆっくり考えてみましょう。
原因が判ればそれを取り除けばいいし、どうしても判らなければ、カウンセリングを受けても良いかと思います。
もし可能なら、病気を疑る前に、自分の分析をしてみるのも良いかと思います。
ゆっくりじっくり時間をかけてみてください。

参考URL:http://www.med.net-kochi.gr.jp/seishin/bunretsu/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/06/27 19:32

まず、はじめに書いておきますが、「気分が落ち着かず」、「よく気が変わる」ぐらいでは分裂病とはいえません。

無論私は精神科医ではありませんので、断言するべきではないのですが、99%、違うと思います。

「精神分裂病」といっても、別に精神が分裂した状態になるわけではありません。この病気特有の症状としては幻覚、妄想です。 幻覚は実際には「幻聴」が多く、実際には何も起きていないのに、「頭の中で誰かが自分に話し掛ける」と信じ込んでしまいます。また、妄想とは、一番多いのは「迫害妄想」と呼ばれるもので、「最近、自分の周囲の人々の様子が変だ。どこへ行っても自分のことが知られている。」「人々がグルになって自分を追いかけてくる。おかしなことだ。」「あまりにも周囲が変なので警察に行った。なぜこんなに追いかけられるのか、警察ならば知っていると思って、訊きに行った。」などと、大真面目に主張します。

原因の詳細は不明です。脳の神経細胞と神経細胞の間の伝達に何らかの異常があることは確かなのですが、それ以外にも何かの要因があるかもしれないわけです。 今のところ解明されていません。遺伝と環境の両方に原因があるのであろう、と考えられているだけです。

日本を含め、世界中どの国でも、発症率は約0.8%です。大雑把にいうと、100人に1人弱の割合で発病することになるわけで、一般に想像されているよりも、多い病気です。発症する年齢は10代、20代の若い人が圧倒的に多いです。

経過は人によって様々ですが、治療しなければ、まず間違いなく悪化します。治療して比較的早く良くなる人から、何十年も慢性化する人まで、様々ですが、最終的には半数以上の人が治っています。

治療は、薬物療法が中心です。精神分裂病の治療薬は、抗精神病薬、または、メジャートランキライザーといいます。脳の中にある、ドーパミンという脳内神経伝達物質の受容体(レセプター)をブロックする作用がある薬が大部分で、種類はいろいろありますが、主な作用は妄想や幻覚を消すことです。有名な薬としては、セレネース(一般名、ハロペリドール)、コントミン、ウィンタミン(クロルプロマジン)、ドグマチール(スルピリド)などです。

精神分裂病になったからといって、廃人のようになってしまうわけではありません。1994年にノーベル経済学賞を受賞したジョーン・ナッシュという人は、31歳で精神分裂病になり、数ヶ月単位の入院を何回も繰り返しましたが、その後次第に症状が軽くなり、ついに60代でノーベル賞を受賞しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/27 19:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング